公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

ライフスタイル版(毎週木曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2004年11月01日号

印刷用ページ
━ Weekly Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 1,541,251部発行 ━

     ウィークリーまぐまぐ[ライフスタイル版増刊号] 2004/11/01 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>      『ちゃんと知っておきたい医療のこと』の巻☆彡

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●歯医者嫌
■今週の既刊メールマガジン紹介
 ●これでアナタも病院イラズ!ネコでもわかる医学知識集
 ●貴方の身の回りにある病院や医療に関するクチコミ情報
■おすすめメールマガジン情報@医療関連20誌
■ななめよみ@まぐプレ「ダウンロード書籍」特集
 ●正しい姿勢のウォーキングなら腰痛も予防できる
■まぐまぐVOW
 ●出来事2004〜 病室ではお静かに…特集 〜
■スタッフ今日の厚生施設


┏━━ ▽ ウィまぐスピードくじ第98回!賞金20万円が当たる! ▽ ━━┓

 当選者は厳正な抽選により既に決まっています!当選者がスピードくじに参
 加した場合、その場で賞金ゲット!ががっ、参加しなかった場合は…当選権
 利消失で、賞金は翌週に持ちこされてしまいます!

 【通常版】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/a.cgi?key=20041027boots 
 【仕事中】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/a.cgi?key=20041028boots 
          (応募受付期間:10月27日午前0時〜11月2日午後6時)

┗━━━━━ △当選してる?当選してない?確認はこちらから△ ━━━━━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●歯医者嫌
さっさと行けば軽い処置で済むのに、なんでギリギリまで行くのをためらって
しまうんでしょうねぇ、歯医者。「あー、これはずいぶん放っておいたねぇ」
の一言がお決まりです。で、医者に行くのをためらう間に歯痛のツボとか、い
ざって時のための薬の知識とかに詳しくなるわけです。意味がない。(エータ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今週の既刊メールマガジン紹介
────────────────────────────────────
ライフスタイル分野で好評発行中のメールマガジンをご紹介いたします。

●これでアナタも病院イラズ!ネコでもわかる医学知識集
http://www.mag2.com/m/0000129059.htm  週刊
「え?病院キライ?オレも大キライだぜ!」元:医学博士、現:野良医者(ホー
ム“レス”ドクター)が、シキイの高い医学界を、力いっぱい引きずりおろし、
細かくクダいてさしあげる、一番“わかりやすい”医学知識集

●貴方の身の回りにある病院や医療に関するクチコミ情報
http://www.mag2.com/m/0000132773.htm  毎週木曜日
"白い巨塔"のごとく隠される医療ミスや情報の改ざん。病院、薬、獣医、ペッ
ト、バイテク、野生生物等"生"に直結する情報をクチコミ、現役医療関係者の
現場リポート、看護師の週記、患者の本音+α交えて伝えます!


厳選!女が上がるメルマガあります http://www.mag2.com/set/set_lady.htm 
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめメールマガジン情報@医療関連20誌
────────────────────────────────────
病気になることを100%防ぐことはできませんが、病院に行けば早く元気な身体
を取り戻せます。お医者さんが書いたメルマガには、病気を悪化させないため
の正しい治療法や、健康を維持する方法など役立つ知識が満載です!

…………………………………………………………………………………【 内科 】
●役に立つ!医学と健康の豆知識
http://www.mag2.com/m/0000060518.htm  毎週月曜日
内科の医師が医学と健康の話題について毎回わかりやすくお届けします。医学
の雑学として3分で気軽に読める内容です。一般の方やコメディカルの方が知っ
てて役に立つ情報です。

●e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室
http://www.mag2.com/m/0000106985.htm  週2回
読者の質問に、内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病
気に関することなら、何でも相談してください。医者には聞けない事、聞くの
が恥ずかしい事など、どんな質問にも全てお答えいたします

●内科医が無料で提供する体に関する面白マガジン!!
http://www.mag2.com/m/0000139027.htm  週刊
現役内科医師で博士課程大学院生が送る、体の不思議や健康、病気に関する楽
しいメルマガです。数分で読みきれる内容で医学、美容、健康の分野を中心に
わかりやすく取り上げていく予定です。よろしく、お願いします。

…………………………………………………………………………………【 外科 】
●浪速のあきんどクター狭間研至の お手軽 医学概論
http://www.mag2.com/m/0000135841.htm  週刊
薬局の息子が外科医になりました。難しいことも、わかりやすくお伝えするこ
とが大切だと感じるようになりました。ご一緒に、勉強してみませんか?

●Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道
http://www.mag2.com/m/0000133997.htm  毎週月曜日
腰痛、肩こり、五十肩、椎間板ヘルニア、捻挫、腱鞘炎など。現役整形外科医
がわかりやすくガイドします。

●美容外科は怖い!?現役美容外科医の告白
http://www.mag2.com/m/0000137354.htm  毎週月・木曜日
女性なら誰でも綺麗になりたいと思っています。でも、「美容外科は怖い」、
と思っていませんか。美容外科の実情を、表から裏までお知らせします。皆さ
んの、美容外科選びのお手伝いが出来れば幸いです。

●「Beautify!」 ニキビと脱毛の情報メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000067961.htm  月刊
ニキビ(にきび)・脱毛・しみ・しわ、みんなが知りたいお肌のお手入れやお
肌のトラブルのこと、脱毛のあれこれ。スペシャリストの皮フ科・形成外科の
女性ドクターがわかりやすくお伝えします。

…………………………………………………………………………………【 歯科 】
●週刊デンタルマガジンby駅前歯医者.com
http://www.mag2.com/m/0000111917.htm  週刊
お口はあなたの体の中で一番活用されるパーツです!発行の目的は、少しでも
多くの読者が、ご自身の歯に対する価値観を見直して、生涯できる限り自然の
ままで残していただくことです。無料でお悩み相談受付中!

●復刻版『いろ歯カルテ』
http://www.mag2.com/m/0000126291.htm  《HTML形式》週刊
歯医者さんコワイ?いいえ患者さんだってコワイのだ。とある歯科医院で起こっ
た決して他人事ではない話。人のふり見て我がふり直すちょっとしたアドバイ
スです。

●親の失敗を子どもに繰り返させない☆予防歯科学
http://www.mag2.com/m/0000137549.htm  週刊
「子どもの歯を虫歯にしたくない!」と思うお母さん必見の予防歯科学講座。
予防は継続が命。時間のかかる歯みがきだけでは挫折して当然です。虫歯予防
大国フィンランドの効率的な予防の秘密を毎週お届けします。

●メールマガジン「坂本歯科医院」
http://www.mag2.com/m/0000079218.htm  月刊
メールマガジン「坂本歯科医院」は歯科医療のこと、歯についてのおもしろい
話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から脱線するような話など、お役立ち情
報を月1回お届けいたします。

●独断と偏見の歯科医療ブッタ斬り
http://www.mag2.com/m/0000112088.htm  隔週刊
厚生労働相のお役人からも問い合わせが!?歯科医療の実態を現役歯科医師が
余すところ無く伝えます。本当に良い歯科治療を受けるためのポイントは?歯
科医院選びの一助に!

…………………………………………………………………………………【 眼科 】
●ひとみ つうしん
http://www.mag2.com/m/0000118777.htm  週刊
眼科医師の立場から医学、医療知識を中心に提供します。緑内障、白内障、視
力、コンタクトレンズ、眼鏡、弱視、飛蚊症、眼底、網膜剥離、めがねなどの
知識はもちろんですが体と心の健康法、医療随筆もお届けします。

………………………………………………………………………………【 精神科 】
●シカゴ発 映画の精神医学
http://www.mag2.com/m/0000136378.htm  週刊
アメリカ、シカゴ在住の精神科医が、「癒し」と「心の問題」をテーマに、精
神医学、心理学的に最新映画をわかりやすく紹介します。これを読めば、映画
が変わる。そして、あなたも変わる。

●やまいは「気&氣」から
http://www.mag2.com/m/0000123262.htm  週刊
精神科医&キネシオロジストのドクトルふじいが、ストレス(気)と氣の関係
に鋭く迫ります。病気の本当の原因は何か?なぜ症状は再発するのか?どうし
たら根本的な解決が得られるのか?知りたい方はどうぞ!

●「セクシー心理学」 7秒で相手の心を溶かす心理秘術
http://www.mag2.com/m/0000034430.htm  週刊
読者数十万人!本当にありがとうございます。世界史の美女たちが無意識に使っ
ていた心理学技術を、精神科医ゆうきゆうと学んでいきましょう。ご登録は3
秒程度。でも心を溶かしたときの喜びは、一生モノですよ。

………………………………………………………………………………【 薬剤師 】
●健康身体を維持するのは情報入手
http://www.mag2.com/m/0000132846.htm  毎週土曜日
最新の健康情報は入手していますか?新聞5誌からピックアップした健康情報
を薬剤師が解説を加え、わかりやすく+αして情報をお届けします。

●薬剤師だから知っている。3分間の薬と健康の裏情報
http://www.mag2.com/m/0000128457.htm  週刊
目からウロコの新知識を解りやすく伝えます。「白い巨塔」もぶっ潰し、間違
いだらけの健康・医学情報を「知ってて良かった」と貴方に思って頂ける内容
を目指します。創刊号リノール酸は猛毒の油に変身する!

●心と体の相談薬剤師、りえぴょんの治癒力アップ養生法
http://www.mag2.com/m/0000137969.htm  週刊
癌、アトピー、自律神経失調症などの慢性の病気は、今の生活を見直し、心と
体のバランスを図ることで脱却できます。開局薬剤師が、日常の相談を通じ、
食事、生活、心の三点から健康を取り戻す方法をご紹介します。

●金曜 ★ クマのよむクスリ
http://www.mag2.com/m/0000019085.htm  週刊
薬剤師クマが、健康と美容に役立つ豆知識や雑学をお届けする、読者参加型マ
ガジン。ドラッグストアで売れてるコレ、薬食同源、薬のニュース、ロングセ
ラーの秘密、くすり屋さんの裏のウラなど、コーナー盛り沢山。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ななめよみ@まぐプレ「ダウンロード書籍」特集
────────────────────────────────────
●正しい姿勢のウォーキングなら腰痛も予防できる

>               医者がすすめる1日30分の速足健康法 より


>『悪い姿勢と運動不足が原因』

腰痛は「急性」と「慢性」の2つに分かれます。急性腰痛症は、急激に体位を
変えたり、重いものを持ち上げたりしたときに起こり、代表的なものが「ギッ
クリ腰」などと呼ばれています。つまり、腰椎関節のねんざです。

一方の慢性の腰痛は、長い時間、腰に負担をかけるような不自然な姿勢や、や
わらかいふとんに寝ていたり、あるいは長時間ハイヒールを履き続けて、腹筋
や背筋が衰えるなどの習慣が要因となるのです。

体を動かすたびに痛むとか、朝起きたときに痛むなど、その症状は様々です。

もちろん、過度のスポーツなどによって発症するケースも少なくありません。
中学・高校時代に運動部に在籍していた人が、脊椎分離症(脊椎すべり症)な
どの症状を起こし、中高年にいたっても寒い季節を迎えると腰の痛みを感じる
ことなど、枚挙にいとまがありません。

しかし、それとは別に、成人してからの腰痛患者が目立って増えているのは、
正しくない姿勢を続けて生活してきたことと、運動不足(肥満)が最大の原因
とみられています。

そして高齢になると、老化による脊椎の変成(背骨が曲がる)や、骨粗しょう
症などによって、さらに腰痛が増えるのです。

>『椎間板ヘルニアの防ぎ方』

「椎間板ヘルニア」という言葉を、よく耳にすることでしょう。椎間板とは、
骨と骨がぶつからないようにショックを吸収する役目をしているゼリー状の軟
骨です。

この軟骨が、周囲を圧迫したり、すき間からはみ出した状態を、椎間板ヘルニ
アと呼びます。骨からはみ出した部分が、脊椎や神経を圧迫するために、腰痛、
神経痛などの痛み、麻痺を起こすわけです。

椎間板ヘルニアは、頸椎、胸椎、腰椎の3か所に発生しやすく、一般に多いの
が腰椎椎間板ヘルニアです。

急性腰痛症(ギックリ腰)のケースでは、症状が軽くなっても、その後の生活
動作に充分な注意をはらい、積極的に腰椎体操を行なったり、腹筋、背筋を鍛
えるためにウォーキングを続けるなどの運動を心がければ予防効果があります。

しかし、腰痛のなかでも、もっとも手術率の高いのが腰痛椎間板ヘルニアです。
正しくない姿勢を続けている生活習慣が原因ですが、ギックリ腰を繰り返すう
ちに、しだいに腰痛椎間板ヘルニアに移行することが多いので、ギックリ腰の
経験をもった人は、年齢にかかわらず、運動習慣の改善につとめなければなり
ません。

運動のなかでも、なぜ速足ウォーキングが最適であるかといえば、2章でもた
びたび述べたように、生活習慣予防のための「早歩き」は背筋を伸ばし、正し
い姿勢で行なうのが基本だからです。

そしてもっとも重要なことは、ウォーキングは正しい姿勢を身につけるだけで
はなく、腰痛の原因のひとつである肥満の予防にも最適であることを忘れては
なりません。


────────────────────────────────────
◎医者がすすめる1日30分の速足健康法
http://premium.mag2.com/reader/servlet/Search?keyword=DP006715 
生活習慣病が気になったら「速足健康法」がお薦め!1日30分速足で歩くだけ
で生活習慣病が予防できる、驚きの健康法を即実践!
【 サンマーク出版 刊 / 佐藤祐造 監修 / 1050円(税込)/ 98頁 】

※ご購入の際には、まぐまぐプレミアム会員登録(無料)が必要です。
 【会員登録】→ http://premium.mag2.com/begin.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【発売中!近くの本屋さんも匙を投げる難解書!?】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm 

●出来事2004〜 病室ではお静かに…特集 〜
ヤケドをしてしまい、皮膚科へ。1ヶ月後、だいぶ良くなり「もう痛みやか
かゆみはないですね?」と聞いてきた先生に言いたかった。そんなにさすっ
たら痛いしかゆいです、と。   (さんき@おじいちゃん先生は心配性)

         ☆今回は過去の投稿からピックアップ☆

○変身ものが大好きな我が家の次男が、自転車にはねられ足を骨折し、病院の
先生に初めて自分のレントゲン写真を見せられた。
次男「僕もう悪い事出来ないなぁ…」
母 「どうして?」
次男「だって、今日ぼくの正体がばれちゃったんだ」      (ロシェ)

○10歳の娘を風邪で病院に連れて行きました。
医者「頭は痛いですか」
娘 「いいえ」
医者「ムカムカしますか」
娘 「はい、弟が…」                   (ぷいぷい)

○私の妻は結婚前に激しい腹痛のため病院に行ってレントゲンを撮ってもらっ
た。お医者さんからの説明は「直腸ガンか便秘ですね」だった。今でも妻は元
気に生きている。                   (ドジラス2号)

○右足に連続でダメージを受け、珍しく病院へ行く羽目に。問診で素直に、
「右足なんですけど、馬に踏まれて猫に噛まれて自分でタンスに小指ぶつけま
した」
と申告すると、看護婦さんが笑いをかみ殺していました。仕方ないじゃん、事
実なんだから。              (X線異常無し、抗生剤処方)

○ある日のことです
×子:「Aが突然の血尿で病院に行ったらしいよ」
×美:「へぇ怖い。うちらも気をつけた方がいいよ、徹夜続きだし」
×江:「突然?ほんと怖い!!濡れたズボン大丈夫だったのかな〜。男は特に
    危険!やばいよ」
一同:「・・・・・・?」
ケツニョウ、すなわちケツから出る尿だと30年間思っていたそうだ。
                            (プエルトリ子)

○俺の妻は最近よくどこそこが痛いというので、その度に病院に行けばといっ
ている。先日、おなかが痛いというので病院に行ったら、先生が「食べすぎで
すね」と。この前もおなかが痛いと言い、今度は食べすぎではないからと言っ
て病院に行ったら今度は「筋肉痛ですね」と。さらに、足の付け根にしこりが
出来たので、これはもしかして…と思い、病院に行ったら「パンツキツクない
ですか?」だった。今度は何て言われるか、今から楽しみです。(奥様は病女)

○アレルギー治療のため、当時小学1年生だった私は、とある私立病院に通っ
ていた。私立というだけあって保険が効かず、母はブーブー文句を(陰で)言っ
ていた。ある日、診察が終わって母が私を連れて帰ろうとすると、私はトコト
コ戻っていって…
「先生」
「なんだい?」
「お母さんがね、“この病院は高いから早く縁切りたい”って言ってました」
「……………………そうだよね、君みたいな小さな子が来ちゃいけないよね」
かなり無理して、お医者さんはそう言いました。母に殺されかけました。

○私は病院に勤めています。ある日、通院のため2人の孫を連れてくるおばあ
ちゃんが「下の子(弟)の病気が治ったのはいいんだけど、兄ちゃんの薬を飲
みたがって困るんだ。この子は薬大好きだから…」と言いました。何と言った
らいいかわからずにいると、そのおばあちゃんが続けてこう言いました。
「あんまり騒ぐもんだから、“きなこ”出してやったら喜んで飲んでるわい」
…さすが!他のどんな粉類より薬っぽいです。

○高校生の時自転車で帰っていたら先輩がスクーターで追ってきた。ゆっくり
走りながら待っていたら、後ろのほうで「ドンッ」という音がしたので、なん
だろう?と思って見に行くと、先輩が車に轢かれてた。急いで先輩に駆け寄っ
たら、顔を真っ青にして口をぱくぱくさせていた。良く聞くと「メットインの
中にエロビデオが入ってるからそれを持って帰ってくれ…」と言っていた。先
輩が救急車に乗って病院に行くのを見送り、僕は家に帰りビデオを楽しんだ。


【投稿募集中】人生はドラマ。あなたの身の回りにもさまざまなドラマが転
 がっているはず。そんなドラマを短い文字列にギュッと凝縮して、送って
 下さい。投稿は http://www.mag2vow.com/toukou.htm (出来事2004)へ!


─────────────m───m──────────────────
    ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々な、まぐまぐ公式情報メールがあります。英
語や懸賞、育児など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

    ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
    ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
    ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.htm 
    ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.htm 
    ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.htm 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■スタッフ今日の厚生施設
えっ?豊胸手術?
                              (さんき)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ウィークリーまぐまぐ[ライフスタイル版増刊号]】2004/11/01
 『ウィークリーまぐまぐ [ライフスタイル版] 』
 を読者登録中の方にお送りしています
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/lifestyle.htm 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【ウィークリーまぐまぐは、転載, 複写, 願望ポロリ☆彡 大歓迎です!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Weekly Mag2  [extra issue] ━━

ライフスタイル版(毎週木曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ