公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

ライフスタイル版(毎週木曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2004年01月19日号

印刷用ページ
━ Weekly Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 1,591,122部発行 ━

     ウィークリーまぐまぐ[ライフスタイル版増刊号] 2004/01/19 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

> 『安い!オフシーズンこそ休暇とって海外旅行しちゃえー!』の巻☆彡

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●北海道 vs. 沖縄 vs. グアム
■おすすめメールマガジン情報@世界一周したいあなたに旅マガ20誌
■ななめよみ@まぐプレ「ダウンロード書籍」特集
 ●海外旅行の裏ワザ・隠しワザ2『安全なホテルはロビーでわかる』
■まぐまぐVOW3
 ●出来事2004〜旅行には笑いが付き物!特集〜
■スタッフ今日のおのぼりさん


┏━━ ▽ ウィまぐスピードくじ第57回!賞金80万円が当たる! ▽ ━━┓

 当選者は厳正な抽選により既に決まっています!当選者がスピードくじに参
 加した場合、その場で賞金ゲット!ががっ、参加しなかった場合は…当選権
 利消失で、賞金は翌週に持ちこされてしまいます!

 【通常版】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/a.cgi?key=20040114ecology 
 【仕事中】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/a.cgi?key=20040115ecology 
           (応募受付期間:1月14日午前0時〜1月20日午後6時)

┗━━━━━ △当選してる?当選してない?確認はこちらから△ ━━━━━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●北海道 vs. 沖縄 vs. グアム
去年のうちに「来年こそは旅行に行こうね!」という約束を3つしてしまいま
した。北海道と沖縄、そしてグアムです。しかも全部夏に。さすがに全て叶え
るのは時間的にも金銭的にも難しいです。1つに絞ろうと思っても、大好きな
北海道は捨てられないし、沖縄で常夏気分を味わいたいし、久々に海外にも行
きたいし…。断るなら早めに決めなきゃ。うーん、どこにしよう。(ユミ子)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめメールマガジン情報@世界一周したいあなたに旅マガ20誌
────────────────────────────────────
今、日本は円高。安く海外旅行したいなら今がチャンス!各国のお役立ち情報
やちょっとしたトリビアのつまったマガジンを熟読して、いざ旅立ちましょう!

………………………………………………………………………………【 アジア 】
●アジアのまっすぐな瞳 (ユーラシア一周旅行記)
http://www.mag2.com/m/0000104929.htm  《HTML形式》週2回
読者数2千人を超える人気旅行記がHTMLマガジンになって再登場。貧しく
ても懸命に生きるアジアの人々の姿を、鮮やかな写真と文章で伝えます。今一
番ホットな中国やイスラム諸国に興味のある方にもお勧めです。

●Lucyみさおの逃亡日記タイ・バンコック編
http://www.mag2.com/m/0000117011.htm  週刊
米国・インド・セブと続いた逃亡日記の第四弾!今回はタイ・バンコックへ一
人で逃亡!キンキラキンのテンプル、アユタヤ、マハーチャイや、タリンチャ
ンなどへも足を伸ばしたイケイケどんどん、抱腹絶倒の旅日記。

●ちょっとバリ気分
http://www.mag2.com/m/0000066274.htm  週刊
バリ島に関する情報を毎週お届けします。ニュース、ホテル情報、バリ語会話
など、バリ島にいる気分を味わってください。

●ダン!ダン!ヨルダン!
http://www.mag2.com/m/0000119425.htm  不定期
初めて海外暮らしを始める僕、滞在先は中東のヨルダン。日本とはちょっと
(かなり?)違う当地の生活を、僕のあたふたぶりと一緒にお届けします。あ
んまり縁のない国かもしんないけど、その分、面白い国かもよ。

…………………………………………………………………………【 オセアニア 】
●オーストラリア旅行記
http://www.mag2.com/m/0000014151.htm  不定期
このマガジンさえ読めばオーストラリアの事が全て分かる!といいなーとぼん
やり思う今日この頃。オーストラリア一周旅行の模様をドキュメントタッチで
お伝えします。

●ニュージーランド大全集
http://www.mag2.com/m/0000038632.htm  月刊
ニュージーランドに興味のある方、セミ・リタイアして将来移住・永住をお考
えの方、ニュージーランドをご紹介します。現地から最新情報もあります。今
から準備しましょう。

…………………………………………………………………………【 北米・南米 】
●南北アメリカふたり旅
http://www.mag2.com/m/0000114073.htm  不定期
結婚13年目の永石修一・千賀夫妻が、仕事を辞めてまで、長年の夢を追いかけ
るため、南北アメリカ大陸縦断のリアルタイム旅行記です。

●おばちゃんの偏見メキシコニュース解説
http://www.mag2.com/m/0000122596.htm  週2回
メキシコのニュースをメキシコ在住のおばちゃんの偏見解説でお伝えします。
観光本にはないメキシコのリアルタイム情報です。

●ハワイのタクシー寝言録
http://www.mag2.com/m/0000087842.htm  隔週刊
毎日、小さな空間にいろんなお客さんが乗られ、短い時間でもドラマがあるん
ですよ。おもしろ、びっくり、オフレコ・・・。そして、ハワイの情報も随時
載せていきます。

●バンクーバー映画留学日記
http://www.mag2.com/m/0000096659.htm  週4回ほど
男29歳にして映画監督になる事を決意した筆者tomoの、カナダはバンクーバー
での奮闘ぶりと現地でのショッパイ生活をお届けします。現地で覚えた生英語
講座も開設。

●極北カナダとオーロラ
http://www.mag2.com/m/0000123224.htm  《HTML形式》不定期
極北カナダの紹介と、オーロラの写真をテーマに発行しています。真冬の12月
から初春4月まで、さらに8月中旬から9月下旬まで、カナダ北部ではオーロラが
とてもよく見えます。

…………………………………………………………………………【 ヨーロッパ 】
●セピア色のヨーロッパ旅行記
http://www.mag2.com/m/0000107378.htm  隔週刊
米ドルを持ってアンカレッジを回って、ヨーロッパへ行く。そんな時代に、女
二人で自由旅行した思い出を元に書いたお話。これから自由旅行したい若者や、
若い時に自由旅行した中年の皆さんも、読んでみてね。

●パリのおいしい香り パティシエールのパリ滞在記
http://www.mag2.com/m/0000103380.htm  隔週刊
パリの魅力とフランス菓子の世界を滞在記形式でお届け。パリでの生活の仕方
やおいしいお店など実体験に基づくお話。これからパリに行く人、パリ好きな
人、お菓子が好きな人必見です。

●フランス発の世界奇行・・・「現代の妖怪」
http://www.mag2.com/m/0000100316.htm  不定期
現代人の心の妖怪を具現化し、日常の感情体験を描き出すフランス発の異色マ
ガジン!「生活珍事」「パリ情報」「妖怪会話集」「国際派HP紹介」「人生
相談」他。海外在住ライターが送る世界奇行をお楽しみ下さい。

●数字で見るイタリアの常識・非常識
http://www.mag2.com/m/0000113446.htm  週刊
イタリアを取り巻く色々な数字で、この不思議の国を大解剖。「とっさのイタ
リア語」「イタリア散歩」「イタリアの今を遊ぶ」などコンテンツもりもり。

……………………………………………………………………………【 アフリカ 】
●africa now
http://www.mag2.com/m/0000056406.htm  《HTML形式》不定期
アフリカの生活を覗いてみよう!アフリカの田舎町に住む唯一の日本人ツアー
ガイド ちはるが、アフリカの人々、食べ物、生活など写真つきで紹介します。
南アフリカ・ナミビア・マダガスカルを中心に取材。

●めざせチュニジア!
http://www.mag2.com/m/0000119957.htm  不定期
「世界遺産──行かずに死ねるか!」というメルマガを現在も発行中の私です
が、昨年のイタリアへの家族旅行に続き、今回は北アフリカはチュニジアへの
一人旅を報告します。リゾートと遺跡と砂漠の国にお連れします!

●エジプト通信
http://www.mag2.com/m/0000088409.htm  毎月1・15日
エジプトの個人旅行専門会社ナイルストーリーがお届けするエジプト情報満載
のメールマガジンです。旅行に役立つ情報や、カイロから最新のニュース、知っ
ていると楽しいエジプト豆知識などをお届けします。

………………………………………………【 どこに行こうか迷っているなら! 】
●メルマガ旅日記クラブ
http://www.mag2.com/m/0000060177.htm  不定期
「私たちは旅でこんな感動体験をした!」ホームページで知り合った、海外旅
行好き・元ツアコン・海外滞在経験者が、オムニバス形式で海外旅日記・海外
情報をお届けします。「あなたも感動を探しに旅に出よう!」

●旅に出よう ゆれる心に耳を澄ませて
http://www.mag2.com/m/0000066615.htm  《HTML形式》週刊
いろんな国を旅した時のエピソードを写真入りでお送りします。続いて第8部 
「中国編」 です。ちょっと驚き、ちょっと笑い、ちょっと考えて、一味違った
旅日記をお楽しみください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ななめよみ@まぐプレ「ダウンロード書籍」特集
────────────────────────────────────
●海外旅行の裏ワザ・隠しワザ2


>『安全なホテルはロビーでわかる』

そのホテルが安全かどうかを見分けるなら、ロビーに注目しよう。ロビーにファ
ミリー客が多ければまず安全。子供がロビーで遊んでいたりすればさらに安全
と考えてもいいだろう。逆に、地元の連中がゴロゴロしているようなホテルは
要注意だ。

中庭が吹き抜けになっているホテルもちょっと注意が必要だ。チェックインす
る客を中庭から見張っていて、ボーイになりすました不審者が後で押し入ると
いったケースが少なくないからである。

一般的には、バスターミナルや駅周辺のホテルは避けたほうが無難。便利なぶ
ん、各地から集まってきたいろいろな人物が立ち寄り、また去っていくので、
なにか犯罪などがあったときに犯人を見つけづらいからだ。


>『ホテルのフロントで値切るテク』

ホテルのフロントに直接出向いて交渉する場合、どうすればディスカウントに
成功するだろうか。フロントでの直接交渉は値切れないというのが定説だが、
ここにも値切りテクニックは存在する。

まず、ひとつ目。交渉はフロントにほかの宿泊客がいないときに行うこと。ホ
テル側としたら、ほかの宿泊客がいる前で、その人だけ安くすることなどでき
ない。

2つ目は、こちらから適当に安い金額を言ってみること。「この前宿泊したと
きはたしか○○○ドルだったけど」「友人から○○○ドルで泊まれると聞いて
きたんだが」など、作り話でいいから、それっぽいリアリティをもたせて言っ
てみるのだ。

もちろん、言い値がそのホテルの相場とかけ離れていたら通用しないだろうが、
ディスカウントの範囲内だったら、それで交渉成立することもある。

────────────────────────────────────
◎海外旅行の裏ワザ・隠しワザ2 《まぐまぐプレミアムダウンロード書籍》
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/magpre/frame/DP007495 
海外旅行のお役立ち本第2弾!コミュニケーション術やインターネット活用法
など、新ジャンルも追加。後悔しない旅が実現できる! 
【 河出書房新社 刊 / 平成暮らしの研究会 編 / 450円(税別)】

※ご購入の際には、まぐまぐプレミアム会員登録(無料)が必要です。
 【会員登録】→ http://premium.mag2.com/faq/rd_howto.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【発売中!近くの本屋さんの恐るべき触手が窓の外から…】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm

●出来事2004〜旅行には笑いが付き物!特集〜
イタリアの空港でトイレに行きたくなったので空港のインフォメーションで
場所を聞いたら親切丁寧に香水コーナーに案内してくれました。(エータ)


○駅前留学をし自信を付けた私は彼女と2人で初めての海外旅行にでかけた。
彼女の羨望の眼差しの中、空港でもホテルでも何の問題も無く切り抜けてきた
のに、レストランで出会った青森出身の老夫婦の日本語が全く分からなかった。

○私の友達(同性です)は酔っ払うと「ねぇ、今度一緒にトラブル行こうよ〜」
と言って絡んできます。そういう人との旅行は控えています。

○75歳の祖母をつれての旅行中の飛行機の中での会話。
祖母「前に乗った韓国の飛行機、あるじゃろう。」
私「あー、大韓航空ね。」
祖母「あんときに食べたビリー・バンバンほんとにおいしかったねえ。」
私「ほんとおいしかったねビ・ビ・ン・バ。」
この会話を聞いて横で笑っていたのは、似たもの親子の母でした。

○私(女)はクシャミがどうしても『ファッ○ュー』となってしまう。海外で
はクシャミを堪えるのが大変です。

○以前ラスベガスへ旅行へ行ったときのことです。ショッピングプラザで絶叫
マシンで有名なジェットコースターの半額チケットをもらい友人とさっそく乗
りに行きました。ところが料金所のおばさんに通常料金を請求されうっかり払っ
てしまい、乗り終わってから降り口で係員にカタコトの英語で半額チケットの
ことを話しました。すると係員は「OKOK!」と言って今絶叫してきたばか
りの私達をそのままジェットコースターに乗せ、あっというまに出発。確かに
半額だよね・・・。

○4年前の新婚旅行の時、自営業の主人がノートパソコンの電源を忘れて来た
ことに気づき、店の従業員さんに至急宅急便で送ってくれと頼みました。届い
た伝票には【品名:わすれもの】と記入されていました。   (nagineko)

○ロンドンに旅行に行ったはずの叔母から電話があった。
「間違えてテレビのリモコン持って来てしまったんだけど、荷物に押されてボ
タンを押してしまったかもしれない、衛星放送だから心配だ、テレビ見に行っ
てくれない?」と頼まれた。面白かったので「ついてたけど主電源から消した
からもう大丈夫」ともっともらしいことを言っておいた。この恩はお土産に反
映されるらしい。

○日本語も少し不安なうちの上司がオーストラリアへ旅行する事になった時、
「来月はゴーストコーストでバカンスだ!」と、だれかれ構わず自慢して大は
しゃぎしていたが、絶対そんなところには行きたくないと思った。


【投稿募集中】人生はドラマ。あなたの身の回りにもさまざまなドラマが転がっ
 ているはずです。そんなドラマを短い文字列にギュッと凝縮して、送ってき
 て下さい。投稿は http://www.mag2vow.com/toukou.htm (出来事2004)まで!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■スタッフ今日のおのぼりさん
外国行くと怒られてばっかなんスよねー
                              (エータ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ウィークリーまぐまぐ[ライフスタイル版増刊号]】2004/01/19
 『ウィークリーまぐまぐ [ライフスタイル版] 』
 を読者登録中の方にお送りしています
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/lifestyle.htm 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【ウィークリーまぐまぐは、転載,複写大歓迎です。水上バスにタダ乗り禁止!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Weekly Mag2  [extra issue] ━━

ライフスタイル版(毎週木曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ