公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

ビジネス版(毎週月曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2008年03月29日号

印刷用ページ
━ Weekly Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  3,785,217 部発行 ━

        ウィークリーまぐまぐ[ビジネス版増刊号] 2008/03/29 号
                        http://www.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>     ウィークリーまぐまぐ[ビジネス版]特別増刊号をお届けします      <

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●気になる話題を分かりやす〜く徹底解説!特別増刊号をお送りします
■気になる話題はこの人に聞け!『もっと知りたいニュース』
 ●“国民総健康志向”でもみんな上手くいかない?
  7割が失敗するダイエット、気合じゃない成功の秘訣
 ●橋下知事は「感謝している」と言っているけど…
  サービス残業って許される?過去にさかのぼって請求できる?
 ●週末に寝溜めをしている人、要注意!
  忙しい仕事人の“質の高い”睡眠のとり方とは?

=====================================================================
    まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
       無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。
=====================================================================

┏━━━━ ▽ウィまぐスピードくじ☆毎週10万円が当たります▽ ━━━━┓

 毎週火曜日の午後5時から、翌週火曜日午後4時まで開催しているウィまぐ
 スピードくじ。今週も厳正な抽選により当選者は既に決まっています!当選
 者がスピードくじに参加しなかった場合、今週分の10万円は翌週に持ちこし!
 キャリーオーバーで最高1000万円!只今、ポイントの数だけ当選確率が上が
 る「スピードくじ確変ポイント」プレゼント中!ポイントをためて当選確率
 を上げよう!『ウィークリーまぐまぐ』登録中のメールアドレスで挑戦♪

       【通常版】 http://lucky.mag2.com/wmagspeedkuji/tsujo 
       【仕事中】 http://lucky.mag2.com/wmagspeedkuji/oshigoto 

┗━ △挑戦すればするほど当選確率が上がる!チャレンジしなきゃ損!△ ━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●気になる話題を分かりやす〜く徹底解説!特別増刊号をお送りします
最近は、新聞やテレビだけでなく、インターネットなどでも簡単に情報を手に
入れられるようになりました。しかし、その一方で、自分から情報を集めよう
としないと、知らないまま損をしてしまうことも。

そこで今回は、注目のニュースをピックアップし、その分野に詳しい専門家に
解説いただく特別増刊号をお送りします。ぜひぜひ参考にしてくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■気になる話題はこの人に聞け!『もっと知りたいニュース』
────────────────────────────────────
毎日、何気なく目にしているニュースも、少し掘り下げてみると意外な裏側が
見えてくることもあります。そこで今回は、注目のニュースピックアップし、
その分野の専門家であるメルマガ発行者さんに解説いただきました。

やっぱり気になる「ダイエット成功の秘訣」、他人事じゃない「ただ働き分の
賃金を取り戻す方法」、健康管理の基本「質の高い睡眠のとり方」と、みなさ
んの生活に役立つテーマばかり。ぜひご覧になって、参考にしてください。


>> §気になる!その1≪ダイエット≫

●“国民総健康志向”でもみんな上手くいかない?
 7割が失敗するダイエット、気合じゃない成功の秘訣


最近は、「メタボリックシンドローム(メタボ)」という言葉が広く聞かれる
ようになり、健康に気を使う人も増えています。キリンビールが実施したアン
ケートによると、全体の90%以上が「健康を気にかけている」と回答したとの
こと。まさに“国民総健康志向”です。

★キリンビール「健康」に関する意識調査について
http://www.kirin.co.jp/company/news/2008/0303_01.html 

中でも、「万病の原因」とも言われる肥満を解消(予防)しようと、ダイエッ
トに挑戦したことがある割合は、67%を超えています。しかし、挑戦しても、
その内6割以上が「失敗した」「いったんは成功したがリバウンドした」と答
えています。

胸を張って「ダイエットに成功しました」と言えるのは少数派。「健康のため
にも体重を落とさないといけない。分かっちゃいるけどうまくいかない…」と
いうのが多数派です。

ではなぜ多くの人がダイエットに失敗してしまうのでしょうか。メルマガ『あ
なたはホントはやせられる!ダイエットのツボ!』の発行者・もみいりかさん
は、「何事も原因があって結果があります。多くの人が自分の体重を増やして
きた原因から目をそらし、ただ体重を落とすという結果だけを求めいろんなダ
イエット法を転々としがち」と指摘します。

「ダイエットの語源はギリシア語の“diata=生き方”。今までの生き方が今
のからだを作っている以上、今のからだを変えるためには今までの生き方を変
えることが必須条件。そのステップなくしてダイエットに成功も終わりもない
(もみいさん)」のです。

つまり、“小手先”のテクニックでは成功は難しい、ということです。とはい
え、「生き方を変える」といわれると、なんだかもう無理!という気もしてし
まいますが…。

もみいさんによると、「やせている人と太っている人では、生き方、つまり生
活の仕方が少しずつですが、全部違います。その事実に目を向けた『生活改善
ダイエット』をおすすめします」とのこと。

例えば、どんなところが違うのか。もみいさんによると、分かりやすい例では
食事の食べる順番が違うそうです。太っている人ほどご飯やメインのおかずか
ら箸をつけがち。しかし、やせている人はサブメニューから先に食べ始めるそ
うです。

些細なことのように見えるこの違い、実は非常に重要なのです。野菜などサブ
メニューを先に食べることで血糖値の上昇を押さえ、インシュリンの働きによ
り脂肪の蓄積を防ぐことが期待できるのです。

「生き方を変える」というと難しそうに聞こえますが、このようにやせている
人と自分の差を知ること。そしてそれを自分の生活に落とし込む「生活改善ダ
イエット」であればできそうな気も。「これを1週間実践するだけで、体重も
体調もビックリするぐらい変わってきます!(もみいさん)」とのことなので、
みんさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


≪ダイエットの専門家・もみいりかさんのメルマガはこちら≫
◎あなたはホントはやせられる!ダイエットのツボ!
http://www.mag2.com/m/0000131152.html  週刊
行列の出来る「ダイエット・カウンセリング」のすご腕カウンセラーがそのノ
ウハウをぎりぎりのところまで無料で公開!「最後のダイエット」を目指すあ
なた、「読むだけでやせる」と評判のメルマガでその「目からウロコ」のノウ
ハウをぜひどうぞ!!


────────────────────────────────────
>> §気になる!その2≪サービス残業≫

●橋下知事は「感謝している」と言っているけど…
 サービス残業って許される?過去にさかのぼって請求できる?


1月の就任以来、その言動が注目を集めている大阪府の橋下徹知事。中でも、
3月13日に開いた、30歳以下の若手職員を対象にした朝礼は話題を呼びました。
話題になりすぎ、批判も殺到。朝礼は2回目から非公開となりました。

1回目の朝礼で橋下知事は、始業前に朝礼を行おうとしたところ、超過勤務に
なるのでできなかったことに不満を漏らしました。それに対して、ある女性職
員が「どれだけサービス残業をやっていると思っているんですか」と反論。橋
下知事は余裕の表情で「サービス残業に感謝している」と返していました。

★橋下知事が初朝礼 女性職員、発言にかみつく一幕(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/0313/OSK200803130060.html 

確かに大阪府の財政は危機的な状態。世論は職員の“甘い意見”に風当たりが
強いようです。しかし、サービス残業自体は違法なのでは?知事が「感謝して
いる」などと発言して問題ないのか?

労働問題に詳しいメルマガ『重要判例から学ぶ!10分で経営を伸ばす人事労
務戦略』の発行者で社会保険労務士の中村雅和さんによると、「サービス残業
は別名『不払い残業』ともいわれ、れっきとした労働基準法違反」とのこと。

そもそも「使用者は原則として労働者を1日8時間、週40時間を超えて働かせ
てはならないし、仮に残業させたい場合には、36協定といって労働者の過半数
代表との書面による協定が必要。公務員の場合は行政実例により、36協定は原
則不要だが、残業代の支払いはもちろん必要(中村さん)」なのです。

サービス残業について中村さんは、「そもそも使用者、労働者の双方に労働時
間の意識が薄く、労働時間内に処理できる仕事量と個人の処理能力を混同して
いることが問題。そこに格差社会の拡大によってパートタイマーなどの非正規
雇用が激増したため、そのしわ寄せが正規雇用の労働者に押し寄せている実態
がある。うつ病などメンタル面が原因の自殺の増加も、サービス残業に象徴さ
れる長時間労働と無関係ではない」と述べています。

では、実際にサービス残業をしていた場合、過去にさかのぼってその分の賃金
を請求することはできるのか?中村さんによると「可能」とのことです。

実際に、05年には東京電力が2年間分のサービス残業の賃金約69億4,800万円
を支払っていなどの実例があります。使用者側にも、サービス残業の発覚で、
団体交渉や未払い賃金への対応に忙殺され、肝心の経営がおろそかになること
を避けたいとの認識が広まりつつあるようです。

とはいえ、社長に直談判したら支払われるのか、というとなかなか難しいでしょ
う。では、もしサービス残業を強いられていたとしたら、どのような手段をと
るべきなのか。

中村さんによると、「最近は、労働基準監督署に内部告発したり、1人でも入
れる労働組合に駆け込んで救いを求める労働者も増えている」そうです。

労働者側も、薄々問題を感じつつなんとなくサービス残業を受け入れてしまっ
ている風潮があるのも事実。「労使双方にこの問題への真摯な対応が求められ
ている(中村さん)」ことを念頭に、疑問を感じたら行動を起こしてみること
が大切かもしれません。


≪労働問題の専門家・中村雅和さんのメルマガはこちら≫
◎重要判例から学ぶ!10分で経営を伸ばす人事労務戦略
http://www.mag2.com/m/0000252731.html  週刊
経営者、人事労務担当者、労働組合役員はもちろん、法律専門職(士業)の方
にもおすすめ!判例は争いから産み出された大事な教訓。労働組合役員を経験
し、地方公務員でもある社会保険労務士が、人事労務管理のつぼを労働法の重
要判例からやさしく解説します。


────────────────────────────────────
>> §気になる!その3≪睡眠≫

●週末に寝溜めをしている人、要注意!
 忙しい仕事人の“質の高い”睡眠のとり方とは?


忙しいビジネスパーソンにとって、いかに睡眠時間を確保するかはとても大切
な問題。ウィークデーは睡眠不足に悩まされ通勤電車でウトウト、週末にまと
めて寝溜めする、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな不規則な睡眠が糖尿病の危険性を増している、との研究結果が
発表されました。

★寝過ぎ、寝不足で糖尿病増…肥満の予防にも睡眠重要(ZAKZAK)
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_03/t2008031323_all.html 

疲れが残る、日中ボーっとしてしまうなど、寝不足が身体に悪そうだというこ
とを身をもって理解している方も多いでしょう。しかし、この研究によると、
寝不足だけでなく、寝過ぎも身体に悪いのです。

具体的には、糖尿病は、睡眠が6時間以上8時間未満で最も少なく、6時間未
満や8時間以上だとその3〜5倍とのこと。もしかすると、ウィークデーは仕
事に追われて寝不足で週末にまとめて長時間寝る、というのは「最悪の睡眠パ
ターン」なのかもしれません。

とはいえ、仕事が山積みなのにそれを無視して帰宅、早く寝るというのも難し
いもの。まずは「質の高い睡眠」から目指してみましょう。

10年前に創刊した老舗メルマガ『【快眠情報】 あなたにやさしい快眠情報』
の発行者で日本睡眠環境学会会員の三島治さんは「質の高い睡眠」を、「入眠
にかかる時間が短く、ぐっすりと深く眠り、途中目を覚まさず、気持ちよく目
覚めるの四拍子がそろった眠り」と定義します。

また、「睡眠は植物でいうと根のようなもの。しっかりとした根は、幹や枝葉
を支え、きれいな花を咲かせます。同じようにしっかりとした睡眠は心身とも
に健康な身体を作り、美容にもいいといえます(三島さん)」。

では質の高い睡眠をとるにはどうしたらよいのか?

まずは物理的な環境を整えることから始めましょう。たとえば枕選び。三島さ
んによると、頚椎を支える1点が定まっているだけで、よい眠りに向かうこと
ができるとのことですので、購入前にはきちんと確かめましょう。また、寝床
の中は、温度33℃、湿度50%がベストとのこと。寝付けない方は一度、温度計、
湿度計で調べてみてはいかがでしょうか。

また、人間の睡眠はおよそ90分のサイクルでレム睡眠、ノンレム睡眠を繰り返
しています。レム睡眠に向かうときに目が覚めてしまうようですが、三島さん
によると、ここでも寝床環境を整えることが大切なのです。

赤ちゃんなどがアクリルの毛布を使った場合、吸湿性の良い純毛の毛布を使っ
た場合と比べて、夜泣きの回数が2倍になったとの調査結果もあります。「暑
さ寒さ以上に、蒸れを防ぐ吸湿性の良い寝具をはじめとする環境づくりが質の
高い睡眠には大切です(三島さん)」。

眠りよければ目覚めよし。1日をいい形でスタートするためにも、普段あまり
気にすることのない「布団の中の湿度」に気を使ってみてみましょう。


≪睡眠の専門家・三島治さんのメルマガはこちら≫
◎【快眠情報】 あなたにやさしい快眠情報
http://www.mag2.com/m/0000005529.html  週刊
眠りの質の向上、あなたにやさしい睡眠環境「睡眠の自然体」を目指して、睡
眠改善インストラクター・日本睡眠環境学会会員・三島治がジュビロ磐田ホー
ムタウン・ジュビロードからお送りするメールマガジン。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ウィークリーまぐまぐ[ビジネス版増刊号]】2008/03/29号
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/business.html 
 メールアドレスの変更はこちらから↓
  http://www.mag2.com/tool4reader/addrchg.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=biz&d=20080329 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【ウィークリーまぐまぐは、転載, 複写, 大歓迎です。】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Weekly Mag2 [Business Edition] ━━

【小メモ】
●父の誕生日祝いに実家へ。散歩がてら、いつもと違う道を行ったら迷いまし
た。25年住んでいた街ですが、知らないことっていっぱいあるのね…。(けい)

●大学の後輩が社会人になるのを機に引越したそうです。なんと家から3分く
らいの場所に!なんでも会社の借り上げ住宅なので近くにきたそうな。その話
を聞いたとき、コボちゃんが頭を回って「?」だったのは秘密です。(おーつ)

●ファッション系雑誌を読まない私ですが、通販カタログ『haco.』は大好き。
写真や商品がかわいくて毎号買ってます♪でも「わーほしいー」と眺めてるう
ちに期限が過ぎてます。一度も注文したことないな、通販なのに。(なおみ)

●「ダイエットしよ!」って思ってたけど、カロリーを気にして、食べたいも
のを我慢してたらなぜか余計太りました。もういい!自由に生きる!(ひろ)
ビジネス版(毎週月曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ