公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

ビジネス版(毎週月曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2003年03月28日号

印刷用ページ
━ Weekly Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 1,748,296部発行 ━

          ウィークリーまぐまぐ[ビジネス増刊号] 2003/03/28 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●パソコンのお引越し
■ビジネスお役立ち!心理学講座
■おすすめメルマガ@ビジネスの殿堂
■まぐまぐVOW
 ●【お仕事NOW】“先週の第1位”特集
■スタッフ今日のささやか〜な贅沢〜


┏━━  ★ウィまぐスピードくじ第15回は150万円が当たるっ★  ━━━┓

  このメルマガのどこかに、応募ページへつながるURLがあります!!
  URLを探す→クリック♪→メルマガ登録中のメールアドレスを入力!
  →当たれボタンを押すと結果がその場で!すぐに表示されます!
              (応募受付期間:3月26日0時〜4月1日18時)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●パソコンのお引越し
最近、会社のパソコンを引越ししました。新しいマシンをネットワークにつな
いだり、旧→新マシンにデータを移したり、けっこう時間がかかって大変でし
た。とは言っても私が自力でしたことは、新しいマシンを箱から出して(笑)、
モニターや電源、LANケーブルをつないだくらい。しかもLANケーブルをハブに
さしこむ場所を間違えて、他のスタッフがネットワークにつながらなくなった
り、結局全部やってもらって周囲は大迷惑!まあ、ハブにはさしこんじゃいけ
ない場所がある!(常識ですか?)というのを知っただけ勉強になったという
ことで♪みなさんは、自分のパソコン、自分で全部設定できますか…!?(恵)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ビジネスお役立ち!心理学講座
────────────────────────────────────
> 『心理学ショートショート マガジン』第112回 より

●プロジェクトの成功と失敗は誰のせい?

>                              白石 崇


 案件が終了する際、やはり気になるのは、果たしてそれが「成功したのか失
敗したのか」ということです。無事に成功して、予想通りの利益を上げられて
いればいいのですが、そうそう上手くはいきません。売上げ目標に達成しなか
ったり、利益が少なかったりすることもあるはずです。
 そんなとき、皆さんはどんな理由を口にしますか?
 心理学の分野では、成功したときと失敗したときに口にしやすい理由という
ものがあるのでした。皆さんは、その原因はどんな所にあると思いますか。

A.成功も失敗も自分のせいにする
B.成功も失敗も他人のせいにする
C.成功は自分のせいにする。失敗は他人のせいにする
D.成功は他人のせいにする。失敗は自分のせいにする


■勝因と敗因の内容分析

 Lau&Russell(1980)は、人が自分自身の体験の中の「成功」「失敗」した原因
を、自分自身の内面的なものか、自分の周囲の外面的なものか、どちらに求め
るのかを調査により検証しました。
 彼らは、新聞に掲載されているスポーツに関する記事を集めました。そこに
は前日のスポーツの試合結果と、その後の選手やコーチの談話が掲載されてい
ました。
 それらの記事の中の談話の内容を以下のように分析しました。

【条件】
試合に“勝った”チームの選手・コーチの談話の中で、何%が
 1)自分のチームのことについて話をしたか
 2)相手のチームのことについて話をしたか

試合に“負けた”チームの選手。コーチの談話の中で、何%が
 1)自分のチームのことについて話をしたか
 2)相手のチームのことについて話をしたか

 試合に勝った時のコメントと負けた時のコメントにおいて、コメントの対象
が異なるかどうかを統計的に調査したのでした。
 結果は以下のようになりました。

【結果】
 勝ち試合:自分チームの話題「75%」  相手チームの話題「25%」
 負け試合:自分チームの話題「55%」  相手チームの話題「45%」
 ※明らかに、勝ち試合と負け試合では話題の対象が異なっている

 つまり、試合に勝ったときには「自分のチームの話題」を中心に話しをし、
逆に負けたときは「相手のチームの話題」を取り上げる比率が高くなる傾向が
見られたのでした。“勝った”という結果の原因を、自分自身の内面的なもの
に求める行動(帰属)をとったのでした。

 一般に、成功体験は自分自身の能力や努力にその原因をもとめ、失敗体験は
周囲の人や運に原因を求める傾向があるといわれています。この現象は、セル
フサービングバイアス(self-servingbias)と呼ばれています。


■成功は私のせい、失敗はあなたのせい

 ここまで読まれた皆さん、いかがでしたでしょうか。今回は、なんといいま
すか、少々人間の本性を暴いてしまった感のある結果でした…
 というわけで、冒頭の設問の答えは「C」となります。

 人は、成功体験に関しては「自分が頑張ったから成功した」と思いやすく、
また、失敗体験に関しては「周囲の環境や条件が悪かったから失敗した」と思
いやすいのです。もちろん、人によってその思いの強さには差があると思いま
す。失敗を自分の努力・能力不足に思ったり、成功を周囲の人のおかげと感謝
する人もたくさんいます。今回の結果は、あくまでそういう大まかな傾向があ
るということでご理解下さい。

 皆さんの周りで、上記の結果に当てはまりそうな人というのはいますか?私
自身、正直に言うと調査結果通りの感情を持ってしまうことがあります。先日
も、とある自社サイトを立ち上げた際になかなか申し込みが集まらなかったと
きのこと。「もしかしたら、リリースの時期が悪かったのかも」「ドメインが
わかりにくかったかな」「申し込みフォームのデザインが見えにくいかも」
「そもそもこのアイデアを承認した人の検討不足では!?」……
 最後に自分で確認した案件だったのに、どうしても他者に責任を求めようと
考えてしまいました。結局は、「事前にそれらの懸念点に留意しなかった自分
が悪い」というところまでたどり着くには、しばらく時間がかかりました。

 皆さんの周りには、下記のような方々はいませんか?

・当初なかなかGOサインを出さなかった上司が、成功したら自分がリーダーだ
ったように振る舞う上司
・何人かでプロジェクトを推進していたのに、成功したらまるで自分が立役者
のように振る舞う同僚
・見込み客からキャンセルが合った時、クライエントのせいにする営業マン
・残業が多いのを、最初から会社の業務フローが悪いと嘆く同僚
・売れないのを、商品開発部のせいにする営業部
・売れないのを、営業部のせいにする商品開発部・・・等々

言い換えれば、自分自身が上記のようにならないよう日々気を付けなければい
けない点だと思います。

【人間は、失敗の原因を他者や周囲に帰属してしまいがち】

 この言葉を念頭に置きながら、成功の秘訣や失敗の原因を正確に把握し、そ
の後の仕事に生かしていきたいものです。

 今回の調査結果を「なんて人はずるいんだ」と考えるのではなく、成功・失
敗の原因を考える際に「人はこういう傾向があるから、それを差し引いて出来
るだけ客観的に考えよう」「本当に他人・他部署のせいなのかどうか」と思う
一つの切っ掛けとして捉えてもらえれば嬉しいです。

——このコラムが面白くなく失敗だった時、それは誰のせいなのでしょうか。
  やっぱり、私ですよね・・・(笑)。

□主な引用・参考文献□
Lau,R.R.&Russell,D. 1980 Attributions in the sports pages. Journal of
Personality and Scial Psychology,39,29-38

────────────────────────────────────
【読者登録はこちらから!】

◎心理学ショートショート マガジン
http://www.mag2.com/m/0000001225.htm  毎週月曜日
【感謝!読者40,000人!】学術的な心理学コラム集。単なる心理テストとは違
った、心理学の実験を紹介しています。毎コミ社連載中のコラムも掲載。心理
学入門メルマガ&サイトです。気が付けば創刊5年目。感謝。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめメルマガ@ビジネスの殿堂
────────────────────────────────────
まぐまぐに新しく新設された『殿堂入りメールマガジン』。創刊2年以上、読
者数3000人以上の人気メールマガジンのコーナーです。殿堂入りの中のビジネ
ス系カテゴリからメールマガジンを50誌ピックアップしました。

殿堂入りメールマガジン  http://www.mag2.com/dendo/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆コンピュータ・インターネット  http://www.mag2.com/j/05/dendo.htm
────────────────────────────────────
●すべてのクリエイターのために【日刊デジタルクリエイターズ】
http://www.mag2.com/m/0000005757.htm  日刊
デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている
本格派。総発行部数約20000!真のクリエイターを目指している方からデジタ
ルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

●読む Windows PC マガジン [BaseBand] for Free
http://www.mag2.com/m/0000002459.htm  毎週月曜日
DOS/V PC, Windows, Internet, ネットコミュニティなど広範なテーマについ
て、周辺知識を織り交ぜながら丁寧に解説する総合コンピュータ講座の無料版
です。98年2月に創刊し、5年間1度も休まずに発行を続けています。

●なるほど!WINDOWS
http://www.mag2.com/m/0000054515.htm  日刊
なーるほどドットコムの「なるほど!シリーズ」。読者さんからの質問に、少
数精鋭の回答執筆者がメルマガ上で回答します。なんと、合計読者数は【13
万名!】 大変役立つとの評価をたくさん頂いています。
○なるほど!VBA           http://www.mag2.com/m/0000038154.htm
○なるほど!EXCEL       http://www.mag2.com/m/0000014791.htm
○なるほど!ACCESS     http://www.mag2.com/m/0000037745.htm
○なるほど!WORD         http://www.mag2.com/m/0000036447.htm
○なるほど!インターネット   http://www.mag2.com/m/0000054514.htm
○なるほど!ホームページ     http://www.mag2.com/m/0000038459.htm

●知って得する!インターネット基本塾
http://www.mag2.com/m/0000061764.htm  日刊
10万人の読者を持つなんぱそドットコムが自信を持って送るインターネットQ&A
マガジン。毎日購読するとみるみる無料でインターネットの知識がつきます。
○知って得する!Excel基本塾   http://www.mag2.com/m/0000062465.htm
○知って得する!パソコン知識  http://www.mag2.com/m/0000043030.htm

●65歳パソコン教師の日記
http://www.mag2.com/m/0000022784.htm  日刊
創刊から3年、千号を超えました。内容は初心者のためのWindowsPCに関する
ことです。掲示板「PC質問箱」は毎日数百人が訪れます。中高年者のサーク
ル会員は千名超、あなたもどうぞ!

●WEB DESIGNERS MAGAZINE 『GAUZINE』
http://www.mag2.com/m/0000015223.htm  月刊
『GAUZINE』はWEB制作者のためのメールマガジンです。WEB制作に関連する情
報やおすすめサイトなどをご紹介していきます。企業のWEB担当の方も必見。

●Internet/Web Design magazine 『Design Wedge』
http://www.mag2.com/m/0000005412.htm  月刊
ホームページのデザインに悩む全ての人に。インターネットデザインの今をさ
ぐるをテーマに毎月発行している月刊・無料のインターネットデザインの専門
誌。海外のウェブデザイン情報、インターネット広告など。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆科学・技術                    http://www.mag2.com/j/13/dendo.htm
────────────────────────────────────
●一日一題 高度をめざす情報処理技術者試験宿題
http://www.mag2.com/m/0000001414.htm  日刊
情報処理技術者試験を目指す人のための宿題を毎日メールでお届けします。
無料で試読できます。

●Info-Star MM
http://www.mag2.com/m/0000021152.htm  日刊
国内外の最新天文ニュースを始め、イベント、新刊、TV、ソフトウェア、プラ
ネタリウムなど膨大な天文情報を毎日お伝えする天文マガジンです。あなたの
電脳天文ライフのインターネット羅針盤としてご活用ください。

●のんびりやろう!情報処理試験!-1問1問コツコツと-
http://www.mag2.com/m/0000024856.htm  日刊
ソフトウェア開発技術者(旧1種)、基本情報技術者(旧2種)の午前問題を
中心に初級シスアドや高度区分まで幅広く対応中!毎日コツコツ一緒に勉強し
ましょう!

●ちょっとサイエンス
http://www.mag2.com/m/0000046152.htm  不定期
科学に関するテーマをとり上げて、短い文章で説明する「科学のミニ雑学マガ
ジン」です。なるほど!と思うような、おもしろくてためになる知識を送りま
す。

●ネットサイエンス・インタビュー・メール
http://www.mag2.com/m/0000003911.htm  不定期
科学者インタビューをコンテンツとしたメールニュースです。若手から大御所
まで「私の研究は面白いんだ」と自信を持って語る現役科学者たちの生の声を
お伝えします。25,000部突破、研究者・学生・科学ファン必読!

●ポピュラー・サイエンス・ノード
http://www.mag2.com/m/0000014382.htm  週刊
ポピュラーサイエンス系の楽しい話題や、科学に関するURLなど、とにかく素
人が科学を楽しむためのメールマガジンです。読者数10,000部突破!

●ネットワークのおべんきょしませんか?
http://www.mag2.com/m/0000046467.htm  週2回
TCP/IPってなに?LANって?ルータって何をするの?というネットワークに関
することをわかりやすく解説します。情報処理やドットコムマスター、各種ベ
ンダ資格の試験を受けられる方にもぴったりです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆学校・教育                    http://www.mag2.com/j/15/dendo.htm
────────────────────────────────────
●英会話とっさのワンフレーズ
http://www.mag2.com/m/0000014582.htm  日刊
日本実業出版社「英語のしくみ」「英作文逆転の発想」などの著者中嶋太一郎
「とっさのワンフレーズ表現」を毎日5フレーズお送りします。毎日覚えてい
けばいつの間にか、英語が話せます。

●日刊英語マガジン『ENGLISH STEP UP!』
http://www.mag2.com/m/0000008796.htm  毎週月・水・金曜日
【発行部数35000部突破】英会話に役立つ基本単語・表現・文法を毎日チェッ
ク!驚きの海外小ネタ集を毎日お届け。あなたの英作文を添削。人気映画の表
現もチェック!英語を使えるようになるための基礎英語です!

●毎日1分!英字新聞
http://www.mag2.com/m/0000046293.htm  日刊
TOEIC、TOEFL、英検、留学、受験対策に。英語、英会話系の定番。毎日1分!
英字新聞 -- 時事英語、ビジネス英語、日常英会話に強くなろう!主にアメリ
カの新聞から。TOEIC受験者にぜひお薦め!

●Excelの基礎&Coolな英単語をいっぺんに。日刊!一石二鳥
http://www.mag2.com/m/0000007415.htm  週刊
ちょびっと、パソコンのツボ・ぐりぐり。身につくスラング(英語)・スーイ
スイ。Excelコマンドの基礎と使える英語を1センテンス週2回配信。

●ビジネス英会話を120%利用するメルマガ
http://www.mag2.com/m/0000038545.htm  毎週月〜土曜日
NHKラジオ「ビジネス英会話」の放送中に講師の先生やゲストの方がされた解
説をディクテーションしてお送りしています。聞き取れなかった表現の確認等
にお使いください。

●0からの速読術
http://www.mag2.com/m/0000059111.htm  不定期
速読術を独学で修得するための支援メルマガです。サイトと合わせてご利用く
ださい!

●一日一文らくらく中国語会話
http://www.mag2.com/m/0000030797.htm  週2回
役立つ実用的な中国語を一日一文無理なく覚えていく無料メールマガジンです。
初心者から上級者まで幅広い層に対応、 みなさんのリクエストも受け付けま
すので、ぜひ勉強に役立ててください。

●英語がぺらぺらになりたい!
http://www.mag2.com/m/0000023640.htm  毎月10・20・30日
英語がもっと話せたらなぁ、とお悩みの方は必見!直訳でなはく、単語を頭の
中で絵としてイメージしながら覚えます!英会話上達のコツが詰まった100%使
える英語マガジンです。

●教養大学
http://www.mag2.com/m/0000044252.htm   毎月一日
学際的教養を必要とする方、知的刺激を求める方、思索力を鍛えようとする方
のために、毎月様々なテーマの講義をお届けするバーチャルカレッジ。本誌を
ガイドに、エキサイティングな学問の世界を旅行しませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆行政・政治・団体              http://www.mag2.com/j/14/dendo.htm
────────────────────────────────────
●自由党ニュース速報
http://www.mag2.com/m/0000033978.htm  週1〜2回
自由党本部が発信するニュース速報。党首記者会見録、政策や動向が逐次更新。

●e-hokiマガジン[官公庁新着情報]
http://www.mag2.com/m/0000057289.htm  平日
毎日更新される中央省庁(行政)・裁判所(司法)・国会(立法)・主な自治
体などのホームページの主要な新着・更新情報をはじめ、法律に関連する情報
およびそのURLを平日毎日お届けします。

●チホウ政治じゃーなる
http://www.mag2.com/m/0000011899.htm  週1〜3回
「民主主義の学校」と呼ばれる地方自治には、不思議なことがいっぱい。そん
な誰もが知れば呆れる「知呆」な「地方」の政治の話を樺嶋秀吉が独断で報告。

●江田五月 メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000055519.htm  週2回
民主党・参議院議員(岡山県)、江田五月のメールマガジンです。週2回刊
(月・木、PM9時発行)。内容は、(1) ショートコメント、(2)政策情報サー
ビス、(3) 江田五月の予定表、(4) 最新活動日誌です。

●weekly公明TOPICS
http://www.mag2.com/m/0000049376.htm  週刊
公明党のメールマガジンです。公明党の国会での活躍ぶりや折々の時事問題の
解説など、政治のホットな情報を毎週お届けします。ぜひご購読してください!

●山崎拓の時々刻々
http://www.mag2.com/m/0000029851.htm  不定期
衆議院議員 山崎拓 のメルマガです。海外での政治活動、国内での議員活動、
永田町に思うこと、ふるさと福岡への思いなどを、時々刻々綴っていきたいと
思います。

●国会からの手紙
http://www.mag2.com/m/0000016530.htm  不定期
発行者は、30歳の衆議院議員。かつては「参議院議員(民主党)の政策担当秘
書がおくる国会レポート」だったメルマガです。メルマガのおかげで候補者に
なったのは、史上初?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆企業・ビジネス                http://www.mag2.com/j/11/dendo.htm
────────────────────────────────────
●経営戦略入門—マーケティング入門編
http://www.mag2.com/m/0000051960.htm  週刊
使い方:事例を読む→戦略理論を学ぶ→シュミレーションする→自分のプロジェ
クトに当てはめる→体系化される。読んで、考えて、仲間たちとスーパーサラ
リーマンになろう!!辛口コラムも好評!

●編集長村上龍 Japan Mail Media
http://www.mag2.com/m/0000015619.htm  週4回
作家・村上龍が編集長を務めるメールマガジン。村上龍と金融経済の専門家の
ネットワークによる金融経済関連の記事を中心に、妙木浩之の心理経済学講座、
アン・ヨンヒの韓国レポート、村上龍と風俗嬢の交換メール等。

●増田俊男の時事直言!
http://www.mag2.com/m/0000021636.htm  週刊
国際金融アナリストの増田俊男さんが主催する、時事問題その他を取り上げて
発行しているFAX通信「増田俊男の時事直言!」の中身をそのままでお届けいた
します。

●がんばれ社長!今日のポイント
http://www.mag2.com/m/0000041796.htm  日刊
このマガジンが本になりました。『経営の教科書』といい、2002年12月にはビ
ジネス書週間ランキングで首位になりました。さあ、あなたの個人的参謀マガ
ジンとしてお役立て下さい。

●知恵市場ニュースレター
http://www.mag2.com/m/0000000731.htm  週刊
「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける
知恵市場から、更新情報をお届けします。

●初心者のための経営・財務分析
http://www.mag2.com/m/0000054973.htm  毎週月曜日
決算書をタテ・ヨコ・ナナメから読みこなしたい方のために基礎から分かる決
算書読破術を伝授いたします。会社の数字に強くなる/財務分析編でおなじみ
のドマーニキャリアアップ委員会プレゼンツ。

●今日の雑学+(プラス)
http://www.mag2.com/m/0000001916.htm  毎週月・木曜
ウェブサイト構築やマーケティング、インターネットビジネスなどに役立つ最
新情報を英語サイト含めて紹介。ひと息つける雑学コラムも好評。インターネッ
トマーケティングの定番情報源です。

●ビジネス選書&サマリー
http://www.mag2.com/m/0000022303.htm  日刊
ビジネス系他誌を圧倒する読者数が質を保証。多忙で勉強熱心なあなたのビジ
ネス書選定と立読みを代行。プロの書評家が週に1冊厳選、要点を1500字にま
とめて毎朝お届け。保存版は12月に本になりました。

●業績アップ!船井総研「五十棲マジック」実践講座
http://www.mag2.com/m/0000023760.htm  週刊
日本で唯一の上場コンサルティング会社(株)船井総合研究所の中で、人気度、
実績、売上ともにNO.1のスーパーコンサルタント五十棲剛史の実践レポート。
「五十棲マジック」と呼ばれる業績アップの秘訣を語ります。

●ビジネスマガジン『ちょっと為になる話』
http://www.mag2.com/m/0000004833.htm  週刊
新入社員の方はもちろん、すべてのビジネスマンに毎週2、3話お届けします。
朝礼など、ミーティングの場におけるスピーチの話材としても、ご利用いただ
けると思います。是非、ご登録ください。只今7800部。

●米国ビジネス知識・最前線 FIS=Foresight & Insight
http://www.mag2.com/m/0000014236.htm  毎週火・金曜日
米国ビジネス最前線のホットな情報と知識を貴方にお届けするメルマガ。ビジ
ネスの成功要因(Why)や要素(What)を、いち早く日本語でお届け。

●ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則
http://www.mag2.com/m/0000048497.htm  週刊
読むと目からウロコが落ちると評判の経営戦略。面白く読むうちに高度な原理
がスッとわかる内容。経営戦略・小売・流通・情報技術戦略・金融・経済・ロ
ジスティクス・EC・SCM・CRM。良質な情報の提供。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【単行本発売中!近くの本屋さんで熱い視線を感じたら…】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm

●【お仕事NOW】“先週の第1位”特集
今回は、これまでにまぐまぐVOW投票でみごと“先週の第1位”に選ばれた
お仕事ネタを一挙公開します。あなたも会社で、バイト先で、周りの人をちょ
っと観察してみてください。思わず「ププッ」と笑ってしまったら、すかさず
投稿プリーズ! → osn@mag2.com                              (えみこ)


○問い合わせの電話で、相手の住所を聞いていた時のこと。
客:「○○市なかがわ町〜」
私:「真中の中に三本川のカワですか?」
客:「いいえ、三途の川です」
私:「・・・・?」
客:「三途の川です」
私:「三途の川??・・・ですよね?」(「だから、三本のカワだろがっ?!」)
・・・しばしの沈黙・・・
客:「(爆笑!!)さ・ん・ず・いのカワです!!」
一緒に笑うしかなかった。スンマセン…。
                                                          (2002/02/18)

○営業でペアを組んでいる上司は車のラジオからプロジェクトXのテーマ曲が
流れてくると決まって「取引先の要求は勝手だった。現場の怒りは頂点に達し
た。」とつぶやく。
                                                          (2002/03/04)

○「先日はお忙しい中対応下さり、笑止な報告書を送っていただき恐縮です。」
というメールの次に、「『詳細な報告書』の誤りでした」という平謝りメール
が入っていた。丸1日かけた詳細な報告書です。
                                                          (2002/03/18)

○4月から女性上司の元に配属された。周りのみんなとセクハラ発言には注意
しようと話していたらそれが聞こえたらしく、「なに小さなことにこだわって
るの。玉付いてるんでしょ!」と一喝された。
                                                          (2002/04/15)

○皆さんの会社内のトイレには何かの標語などは書かれているでしょうか?取
引先の有名大手菓子製造会社工場に訪問したときのこと。トイレに入ったとき
全ての便器(注:男子小用)の前に、小さな文字で「君のは君が思っているほ
ど長くはない。半歩前へ。」と書かれていました。直接的だか間接的な表現だ
かよくわかりません。半歩前というのがまた微妙というか正しい指導というか。
自信のない私はとりあえず半歩前に出て用を済ませました。(ここじゃダメ)
                                                          (2002/06/10)

○当社に面接にきた若い男性は、自分の短所を聞かれて「あわてんぼうなとこ
ろです。」と答えていたが、履歴書によると小学校を出た後、同じ小学校に入
学し、三年後に高校に進学していた。私は反対したが、結局採用された。
                                                          (2002/07/22)

○暑い夏の日、丘の上にある得意先から電話が鳴った。「コンピュータから
『じーっ』という異音がするんですよ。でも確認しようとすると止まっちゃう
んです」。しばらく様子を見るよう伝え、原因の見当をつけていたところに再
び電話。「あのぉ〜、コンピュータの後ろにセミが留まって鳴いてました。人
の気配がすると、鳴くのを止めていたみたいです」。ああぁそんな愉快な障害、
俺も見たかったぞ。(よひ)
                                                          (2002/08/05)


【投稿募集中!】ちょっと聞いてよ、と話さずにはいられない!働く現場での
面白いできごとを教えて下さい。ほら、目の前に素材はごろごろいるでしょ。
投稿は osn@mag2.com まで。


────────────────────────────────────

    「5分に1回、オマエのもとに会いにいくぜっ。熱烈だぜっ」

     ☆ mypop @ぎゃはは☆まぐまぐ投稿コーナーもあるよ ☆
         http://www.mypop.jp/reg/magclick 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第15回ウィまぐスピードくじ@150万円!チャレンジしないとぉ〜!
────────────────────────────────────
【通常版】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/a.cgi?key=20030326goodluck
【仕事中】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/a.cgi?key=20030327goodluck
※3月26日0時〜4月1日18時の間に当選申告なき場合、賞金全額次週に持ち越し!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■スタッフ今日のささやか〜な贅沢〜
給料日なのでビールにしました
                           (しお@82円50銭高)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ウィークリーまぐまぐ[ビジネス増刊号]】2003/03/28
『ウィークリーまぐまぐ [ビジネス] 』を登録中の方にお送りしています。
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【ウィークリーまぐまぐは、転載, 複写, お花見休暇 大歓迎です。】
━━━━━━━━━━━━ Weekly Mag2 [Business Edition extra issue] ━━

ビジネス版(毎週月曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ