公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

まぐまぐ!プレミアム(発行)

規約に同意して 登録 解除

2008年10月22日号

印刷用ページ
━  Magpre News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                まぐプレニュース [号外]  2008/10/22号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のまぐプレニュースは、月に一度の特別企画『人気メルマガななめ読み』
をお届けします。今回は、9月に相次いで新創刊された著名な専門家メルマガ
を一挙公開。様々なマスメディアで活躍してきた執筆者たちは、今、電子メー
ルというパーソナルな媒体で読者の皆さんに何を伝えようとしているのでしょ
うか?それでは、注目の内容をちょっぴりお届けします。

━【今回のCONTENTS】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人気メルマガななめ読み 〜最新の内容をちょっぴりお届けします〜
> ◎森本敏氏
  国際・国内情勢を読み解く!現状分析から将来まで
  <半島情勢の危機に対応する態勢を見直せ>10/06号
> ◎ベンジャミン=フルフォード氏
  国内外金融・経済・政治のウラ事情レポート
  <アメリカの倒産と世界平和が今週にも表ざたになるか?>10/6号
> ◎ケビン・クローン氏
  ここがヘンだよ日本のビジネス
  <世界恐慌と同時株安をどうするか!>10/14号
> ◎中丸薫氏
  2012年のアセンション―激動の時代を生きる
  <金融危機の行きつく先>10/15号
> ◎村田晃嗣氏
  国際情勢のウラガワ PREMIUMライバルに差をつけるビジネス教養
  <ますます深刻化する金融危機の影響>10/13号
■有料メルマガ 新規購読ランキング(10/08-10/14)
■Pickup!人気ジャンルの注目メルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

────────────────────────────────────
  様々なメディアで活躍する著名専門家が満を持して有料メルマガ創刊!
 電子メールというパーソナルな媒体で我々に何を伝えようとしているのか?
  『私があなたに伝えたいこと』 ⇒ http://premium.mag2.com/lineup/ 
────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 人気メルマガななめ読み 〜最新の内容をちょっぴりお届けします〜
────────────────────────────────────
編集部が気になった人気ジャンルのメルマガ5誌をピックアップして、最新号
の内容をちょっとだけ紹介します。注目のメルマガをまとめて読んで下さい!

  <<<歪んだ日本を変える次世代の若者に私の経験を伝えたい>>>

◎森本敏メールマガジン〜国際・国内情勢を読み解く!現状分析から将来まで〜
http://premium.mag2.com/lineup/P0007349/ 
メディアでおなじみ、安全保障・防衛問題のスペシャリスト、森本敏のメール
マガジンです。国際情勢は今どのように動いているのか?それを踏まえた国内
政治における課題は何なのか?ニュースや新聞だけでは分からない見解を分か
りやすく分析・解説。ビジネスの場でも活かせる旬の情報を直接お手元にお届
けいたします。 
【 630円/月 (当月無料) / 毎週月曜日 】

≪2008/10/06発行分より≫
‖□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
‖森本敏メールマガジン
‖【国際・国内情勢を読み解く】
‖
‖□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
‖
‖こんにちは、森本敏です。
‖メールマガジン第一号の配信です。
‖どうぞ宜しくお願い致します。
‖
‖□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
‖森本敏メールマガジン<<vol.1>>
‖2008.10.6発行
‖--------------------------------------------
‖半島情勢の危機に対応する態勢を見直せ
‖--------------------------------------------
‖
‖6カ国協議は相変わらず、米国の妥協的外交が続き
‖うんざりである。北朝鮮の無能力化とか、申告とか
‖言っても、北朝鮮が言ったことをそのまま信じる国
‖があるわけない。実効性ある具体的な検証体制が確
‖保されないと非核化の第二段階を終了するわけには
‖いかないことは余りに明瞭である。それをヨンビヨ
‖ンの再処理施設と他の核計画と切り離して検証体制
‖を認め、その見返りにテロ支援国家指定解除を行い
‖、結果として実績を作ろうとするヒル次官補のやり
‖かたは同盟国としても、また、北東アジアの安全保
‖障から見ても受け入れがたい。
‖
‖しかし、より関心のあることは、北朝鮮がこうした
‖米国の妥協的外交交渉に対して判断することができ
‖る状況にあるかどうかである。もし、重大な判断を
‖北朝鮮ができるということであるなら、金正日が決
‖断できる状態にあるということを示す。この場合、
‖自分で全てを判断できる状況か、あるいは、誰かが
‖、補佐して意見具申し、将軍様がうなずく程度の判
‖断なのかが分からないのである。また、重大な判断
‖を必要としない日常的な決心に関しては誰かが代行
‖しているか、あるいは、集団指導によって共同責任
‖を取っているのかも分からない。しかし、重大な判
‖断を将軍様以外の者ができるようには思えない。従
‖って、例えば、米国がテロ支援国家指定解除を行わ
‖ないことに反発してミサイル発射など行う場合、そ
‖の決断は将軍様でなければできないと考えるのが自
‖然であろう。
‖
‖いずれにしても、金正日の健康状態に何か異変が起
‖きていることは間違いなさそうである。中国・欧州
‖から医師が呼ばれているところを見ると今までの治
‖療では対応できない事態が発生しているのであろう
‖がこれらの医師団が出国していないところをみると
‖治療が続いているのかも知れない。北朝鮮には医療
‖施設が完備しているとは思えないので大手術ができ
‖る可能性もなく、完全治癒は難しいか、時間がかか
‖るという可能性もある。
‖
‖しかし、いまのところ、北朝鮮に急激な異常事態は
‖起こっていないようであり、また、後継者に対する
‖権力継承の動きも見えないが、今後、北朝鮮指導体
‖制に何らかの変化が起こるまでには左程、時間がか
‖からないかも知れない。
‖
‖米中間では将来展望を見据えて協議が行われている
‖ようであるし、韓国は国内政治上、北朝鮮の変化に
‖ついて慎重、かつ、ローキーの対応をしているが、
‖その一方で、米韓共同作戦計画の策定を急ぎ、韓国
‖軍や韓国政府は緊急事態に向けた準備を行っている。
‖在韓米軍と在日米軍は共に太平洋軍隷下の部隊であ
‖り、いつでも共同対応できるように態勢がとられて
‖いるがまだ、在日米軍のデフコン(防衛態勢)があ
‖がっている形跡は無い。
‖
‖ただ、日米共同作戦計画の策定を急ぐ必要もあるし、
‖半島に近い地域における警戒監視活動を強化するこ
‖とは当然である。在日米軍では沖縄に電子偵察機RC
‖-130が飛来し、情報収集を開始し、自衛隊も主とし
‖て海・空自衛隊が情報収集体制を強化しているが、
‖政府として周辺事態法にいう周辺事態を発令するよ
‖うな事態ではないので、今は緊急事態に備える手順
‖を見直し、必要な準備をいつでも取れるような態勢
‖について検討している状況であろう。
‖
‖--------------------------------------------
‖
‖北朝鮮の指導体制における変化と言っても、とりあ
‖えず、金正日の回復を見守るか、あるいは、集団指
‖導体制によって補佐する態勢がとられるのか、その
‖もとで後継者育成が行われるのかは金正日の健康状
‖態と意思によるものであろう。いまのところ金正日
‖の義弟である張成沢が重要な役割を担っているとの
‖情報もあるが、彼は血族でないので権限には限界が
‖あろう。また、異母弟の金平一ポーランド大使が任
‖地から帰国して3ヶ月もなるが、いかなる役割を果
‖たしているか不明である。いずれ北朝鮮の内部から
‖変化の兆候が現れるに違いない。
‖
‖いずれにしても朝鮮半島問題を含む地域問題には米
‖国と中国の政策調整が重要な役割を果たすことは必
‖至であり、我が国としては日米同盟関係と日中関係
‖を緊密にして、半島事態に起こりうる事態に対して
‖、より安全に混乱なく対応することが不可欠である
‖。その意味で北東アジア6カ国の外務・防衛大臣協
‖議を迅速に行う必要があり、これには北朝鮮が参加
‖しなくても行うべきであろう。
‖
‖米国政権が政権末期であり、十分に対応できないこ
‖とも考慮にいれる必要があり、また、グルジア情勢
‖にみれられるようにロシアの動きや米ロ関係にも配
‖慮が必要となる。国連がどう動くかは期待できない
‖が、国連事務総長によるイニシアチブに期待すると
‖ころもある。場合によっては我が国として国連本部
‖に連絡幹部を派遣することも考慮するべきである。
‖また、韓国とのホットラインを設置し急速な事態変
‖化に対応する連絡調整機能を確保することも必要と
‖なる。早急に日米連絡調整指揮所を設置することも
‖しなければならない。
‖
‖--------------------------------------------
‖
‖他方、我が国としてはそれとは別に...
‖
《続きが気になる方はこちら!》
http://premium.mag2.com/lineup/P0007349/ 



   <<<世界を動かす『裏』情報をいち早くあなたに届けたい>>>

◎ベンジャミン・フルフォードの国内外金融・経済・政治のウラ事情レポート
http://premium.mag2.com/lineup/P0007387/ 
みなさんもご存知のように、この世界には表と裏がある。『表』には政治家や
大手マスコミの情報、経済金融データなどがあり、その『裏』にはフィクサー
といわれる黒幕数人がいる。この裏の黒幕の動きによって表の世界の出来事の
多くが決まる。必ず裏が動いてから表が動く。このメルマガでは、私が伝えら
れる限りの正しい、他では知ることのできない裏情報を提供するつもりだ。
【 888円/月 (当月無料) / 毎週月曜日 / アフィリエイト公開中 】

≪2008/10/06発行分より≫
|□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
|ベンジャミン・フルフォードの
|国内外 金融・経済・政治の裏事情レポート ≪VOL.1≫
|◆───−- - -                               - - - -−───◆
|みんなさんもご存じのとおり、この世界には『表』と『裏』がある。
|『表』には政治家や大手マスコミの情報、経済金融データなどがあり、その
|『裏』には   フィクサーといわれる黒幕数人がいる。この裏の黒幕の動
|きによって、表の世界の出来事の多くが決まる。必ず『裏』が動いてから
|『表』が動く。このメルマガでは、私が伝えられる限りの正しい、他では知
|ることのできない裏情報を提供するつもりだ。
|Benjamin Fulford
|◆───−- - -                     - - - -−───◆
|□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
|
|
|※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
|*亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞
|“アメリカの倒産”と“世界平和”が今週にも表ざたになるか?
|*亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞
|≪ 2008/10/6号 ★ VOL.1 ≫
|※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
|
|■□■【 アメリカ倒産 〜 今『裏』で起きていること 〜 】■□■
|
|先週アメリカの議会は、信じられない程の規模である8500億ドルの金融
|救済法案を通したが市場はそれを歓迎しなかった。
|そしてこの週末、中国で≪ 秘密米中金融会議 ≫が開かれた。ロシア当局と
|英国王室からの情報によると、その会議の場でアメリカは中国に8000億
|“アメロ(Amero)”と言う新しい“虹色の通貨”を渡そうとした。しかし、
|中国はこの紙の贈り物を断ったようだ。
|この事実からわかることは、アメリカは実質的には既に倒産しており、この
|危機がアメリカ単独では解決できないということ。
|
|アメリカの“借金総額”は非常に計算し難いところではあるが、おそらく表
|に公表されている11億と言う数字の10倍以上はあると思っていいだろう。
|というのも、米連銀のセントルイス支社の計算では、アメリカ政府のアメリ
|カ国民に対する借金は63兆ドルにのぼると発表しているし、外国からの借
|金の額はもっと不明なのだが、私の計算ではアメリカは戦後54兆ドルもの
|通貨を刷って世界中にばらまいてきたのだ。
|現状、アメリカのGDPが14兆ドルだから、年収140万円の人が137
|0万円の借金をしているようなものである。どう考えても返せるわけがない。
|
|また、アメリカの銀行は450兆ドル以上もの“金融派生商品”の山を抱え
|ている。これがあまりにも複雑になってしまい、世界中でその仕組み全体を
|把握できている人間は一人もいないはず。米連銀の大型コンピュータの電源
|をいったん切って、再起動するしかないだろう。
|
|その場合、アメリカでは銀行のATMが使えなくなるという事態が起こるこ
|とが予想される。アメリカの倒産がこのような形で世界中の人々の前で披露
|されることになるのだ。しかも、今週中にそれが起こる可能性が非常に高い。
|
|■□■【 アメリカが持つ“最後の切り札”】■□■
|
|アメリカが倒産するということは、過去にあった“アルゼンチン”の倒産と
|はわけが違う。まず、世界中の国々が持っているドルが紙クズ同然となり、
|当然混乱がおきる。そうして世界の金融秩序そのものが壊れる。勿論、世界
|銀行やIMFもパンクする。
|その後は、アメリカは今まで外国から借りたお金で生活をしてきたのだから、
|これからは外国の言うことを聞かざるを得なくなる。ようするに、アメリカ
|が好んで仕掛けてきた戦争をやめざるを得なくなるのだ。今のアメリカ政府
|としては、誠に不本意であろう。
|
|そこで、まずアメリカは“最後の切り札”を視野に入れて考えるだろう。
|それは世界最大の軍隊である。アメリカの軍事予算は、他の世界中の国々の
|軍事予算の合計より大きい。その事実からもアメリカが世界に戦争を仕掛け
|る可能性は否定できない。最悪そうなった場合、地球上の人類が絶滅してし
|まう。今日の軍事技術においては、アメリカにある核兵器たった一つでも、
|東京・名古屋・大阪を壊滅させる威力があるのだ。
|しかし去年、アメリカのペンタゴンが中国との全面戦争を想定した軍事演習
|を9回行ったが、9回ともアメリカが中国に負けたとされる。しかも本当に
|戦争になれば、ロシアなど他の国々もアメリカと戦うはず。だからアメリカ
|は結局“戦争カード”は使わないだろう。
|
|■□■【 この先考えられる3つのシナリオ 】■□■
|
|しかし、このままアメリカのATMが止まると当然アメリカ国内が大混乱に
|なる。アメリカ人がパニックに陥って暴動を起こす可能性すらある。その場
|合には、当然“戒厳令”が敷かれることになるだろう。
|
|【 考えられる3つのシナリオ 】
|
|1. ペンタゴンによるクーデター。
|その場合ブッシュ大統領や議員たちが逮捕される。そのあとアメリカの民主
|主義が立て直しが始まる。
|
|2.アメリカがファシスト国家になる。
|その場合ブッシュ政権が造らせた“ハリバータン”という会社が作った強制
|収容所に多くのアメリカ人が入れられ、悪夢を体験することになるだろう。
|
|3.アメリカが...
|
《続きが気になる方はこちら!》
http://premium.mag2.com/lineup/P0007387/ 



  <<<グローバルな経験から得た勝てるスキームを提案します>>>

◎ケビン・クローンのここがヘンだよ日本のビジネス
http://premium.mag2.com/lineup/P0007354/ 
あなたが今生きている世界は、もはや、国際社会でありません。グローバル社
会です。グローバル(地球規模)ということは惑星的な視点や視野を持つこと
がビジネス・経済・外交に不可欠なのです。もはや、あなたは国際人から脱皮
して、地球人にならなくてはならないのです。ビジネスにおいて勝ち組になる
ためには地球的思考で行動してください。
【 525円/月 (当月無料) / 毎週月曜日 】

≪2008/10/14発行分より≫
‖<世界恐慌と同時株安をどうするか!>
‖
‖
‖世界の行き場を失ったマネーは日本の総選挙を待ち望んでいます。
‖緊急経済対策を人質に選挙時期を引き伸ばすのは日本にとっても
‖世界のマネーたちにとっても最悪の事態です。総選挙が行われ、
‖日本に新政権が誕生し、それが魅力あるものならば日本の株価は
‖急上昇します!!!
‖
‖バブル崩壊と複合不況というワクチンを既に打っていた日本の
‖投資家や銀行はサブプライムローン関連商品にあまり手を出さ
‖なかった。
‖
‖そして、いざなぎ景気(1966年〜70年)超えしたいざなみ景気
‖(2002年〜2008年)によって多くの大企業は空前最高の収益を
‖あげて来たのです。ただ、そのお金が一般労働者に分配されな
‖かったため、格差社会が形成されたのです。
‖
‖国の運営が「黒字か」「赤字か」を見る指標プライマリーバランス
‖においては800兆円以上の借金があり、日本国債の信用低下はあり
‖ましたが、ファンダメンタルズという経済指標ではGDP、財政収支、
‖国際収支、鉱工業生産、雇用統計(失業率など)、消費関連、住宅
‖関連、設備投資関連、CPI(物価指数)など欧米に比べて悪くないのです。
‖
‖つまり、経済の足腰はしっかりしていた!!
‖
‖...では、日本の株価が下がる理由は?
‖
‖a日本の株式市場の60%は外国人投資家であり、ニューヨーク
‖ダウ平均と東証日経225は双子のように連動してしまっていた。
‖
‖
‖b日本の主要輸出先であるアメリカの景気低迷によって
‖輸出が打撃を受けると予想されている。
‖
‖c銀行の貸し渋りと貸しはがしも手伝い、企業収益が見込めない。
‖
‖しかし、その一方で、世界的景気不安により原油需要が
‖落ち込むと予想され、原油価格は下落しました。
‖
‖このことにより、
‖
‖a物価高の原因はなくなりつつあり、物価は落ち着きます。
‖
‖b世界の投機マネーは行き場を失い。迷っている!
‖
‖そこで、ファンダメンタルズが悪くない日本に一番
‖必要なものは?...期待感なのです!
‖
‖原油高を受け、設備投資にも熱心だった日本企業群!
‖世界で唯一堅実な経済を維持し続ける日本!
‖
‖世界のマネーはこれを見過ごしません!
‖
‖すぐさま解散総選挙SNAP ELECTIONを打ち!
‖民主党政権もしくは連立政権が誕生すれば
‖日本の株価は世界のマネーを誘い込み、
‖空前の株高に沸くでしょう!
‖
‖現総理が総選挙を早くしないことによって
‖日本国民はおろか、世界人民は麻生政権の
‖人質にとられていたわけです。こんなこと
‖お爺さん(吉田茂)は許しますか?
‖
‖
‖では、総選挙を早くするため!世界を救うため!!
‖...何をすればいいか!
‖
‖マスコミが内閣支持率を毎日のように発表することです!
‖
‖ちなみに11月後半の解散機会を失うと来年まで持ち越す
‖可能性が囁かれています。
‖
‖
‖<金融危機の歴史的経緯>     
‖
‖
‖冷戦という力比べによって共産・社会主義がつぎつぎ崩壊し、
‖勝利した自由・資本主義だけが突出し、
‖抑制の効かない金融主義経済に世界は呑み込まれ、
‖世界のバランスは崩れてしまいました。
‖金融主義経済は「合理性」と同時に「ババ抜き」の
‖要素を持っていました。
‖
‖EUが崩壊の危機に立たされたのは規模の小さいEU各国
‖銀行が小さな自己資本をレバレッジで巨大化させていたため、
‖サブプライムというババを抱えた瞬間、爆発したのです。
‖ババ=不良債権がどの程度のものなのか皆目検討がつかず、
‖不透明だからです。EU銀行たちは国有化され、
‖取り付け騒ぎの危機を脱しましたが、
‖その一方で、ことのきっかけを作ったアメリカは
‖サブプライム問題主犯格のゴールドマンサックス元会長
‖ヘンリーポールソンを財務長官に抜擢。
‖彼はベアスターンズを救済しながらリーマンブラザースを
‖見捨てるなど、自らの出身証券会社に利益供与しているの
‖ではないか、疑られるような政策をとり、結果として
‖世界的なCredit Crunch信用収縮を起こしてしまいました。
‖
‖ブッシュ大統領が提出した金融救済法75兆円のBail Out Plan
‖は国民の45%反対、25%が賛成、30%が決めかねている
‖という状況で下院を通過できず、さらに世界同時株安を引き起こし、
‖金融危機はさらに深刻になりました。
‖
‖その背景には...
‖
《続きが気になる方はこちら!》
http://premium.mag2.com/lineup/P0007354/ 



  <<<激動の時代に人生を豊かに過ごすための指針を贈ります>>>

◎中丸薫2012年のアセンション―激動の時代を生きる
http://premium.mag2.com/lineup/P0007355/ 
世界のトップリーダーたちとの出会いや人間としての生き方など、このメール
マガジンを通じ、皆さんには、是非[命の大十字]を人生の羅針盤として、力
強く、進んでいただきたいと思います。そして2012年に向かって、共に新しい
次元へと第一歩を踏み出しましょう。
【 840円/月 (当月無料) / 毎月15日・30日 】

≪2008/10/15発行分より≫
|□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
|
| 中丸薫2012年のアセンション―激動の時代を生きる≪VOL.1≫
|
|◆───−- - -                              - - - -−───◆
|
|このメールマガジンでは、日本の皆さんすべての方に、今、国際政治はどう
|なっているのか、国際経済はどうなっているのか、まずその「真実」を伝え
|たく、書き連ねていきたいと思っています。
|改まって「真実」と申し上げるのは、皆さんにこの真実が伝わっていないか
|らです。伝わっていない真実を伝え、考える。これから私が、マスコミから
|はなかなか知ることのできない深い情報を発信していきますから、皆さんは
|それを受けて、是非よく考え、対処してほしいのです。
|
|現状が分かれば、今、時代がすっかり変わる2012年に向かって、世の中は激
|動していることを分かってもらえると思います。
|
|このメールマガジンのご紹介の文で申し上げたように、世界がどのような波
|にさらされようと、いつも変わらない人間の基本的な生き方があります。そ
|れは、人間同士が理解を深め、お互いの不信感を取り除くことです。そのた
|めにはもっと深く、根本的な人間のあり方、生き方を考えることだと確信し
|ています。それがどういうことなのかも、世界情勢を見ながら少しずつ語っ
|ていきます。
| 中丸 薫
|
|◆───−- - -                    - - - -−───◆
|
|□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
|
|
| ■      金融危機の行きつく先   ≪2008/10/15≫
|■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■
|
|
|まずは「伝わっていない真実」について、どういうことなのか、少し触れて
|おきましょう。
|
|【日本は政治家でさえ本当の情報を知らない】
|
|今、世界の金融界が大変なことになっています。事の発端は9月15日でした。
|アメリカの証券会社第4位のリーマン・ブラザーズが破綻、同じく3位のメ
|リルリンチはバンク・オブ・アメリカに吸収されました。米国最大手の保険
|会社AIGもアメリカの国家管理の下に置かれました。このほかにも、米銀
|第4位のワコビアをウェルズファーゴが、そしてS&L最大手のワシントン・
|ミューチュアルはJPモルガン・チェースがそれぞれ吸収しました。
|
|金融機関が続々と消滅していくのはアメリカに限りません。ヨーロッパ・ベ
|ネルクス三国系の大手銀行の一部国有化、そのほか、イギリスの大手住宅金
|融、ドイツやアイスランドなどまで金融機関への支援が始まっています。こ
|んな事態が2週間ぐらいの間に立て続けに起こりました。
|
|当初、日本では、というより全世界でも、ほんの一部の人を除いて、皆が驚
|き、突然の事のように捉えられていました。日本の場合は、一般の人々だけ
|でなく、経済界のトップ層、有力政治家、経済系マスコミの方々さえ「こん
|な大変なことが起こるとは!」と驚いていたのです。経済界のトップ層や有
|力政治家には、パーティーなどで会う機会がありますから、直接、これにつ
|いての見解を尋ねてみたら、そんな体たらくでした。
|情報さえきちんと入っていれば、これらの金融危機は予想できたことですし、
|さらにこの先どうなるのかが分かります。今回の金融危機についても、ヨー
|ロッパの一部の新聞では予測していましたし、私もこの時までにいろいろと
|聞いていましたから「ついに来たわね」という納得するような思いでした。
|
|今回の、米国の大手金融機関の行き詰まりは、リーマン・ブラザーズが破綻
|して初めて表沙汰になり、その日から多くの人を不安に陥れているわけです。
|反対に、リーマン・ブラザーズが破綻するまで、殆どの人は金融危機が来る
|ことなど、意識もしていなかったということです。
|昨年から、サブプライム問題が大きな問題として取り上げられ、アメリカを
|中心に金融機関に損が出ているということはご存知だったでしょう。しかし、
|米国の大手金融機関が続々消えていくところまでは予想できていなかった。
|
|【アメリカでは911やイラク戦争の真相が分かっている】
|
|ではなぜ、そこまでしか予想できないのか。それは、重大なことが訪れる状
|況を予測できるような情報が...
|
《続きが気になる方はこちら!》
http://premium.mag2.com/lineup/P0007355/ 



 <<<溢れる国際ニュースを独自分析、多忙なあなたのプレーンに>>>

◎【村田晃嗣の国際情勢のウラガワ PREMIUM】
        ライバルに差をつけるビジネス教養
http://premium.mag2.com/lineup/P0007376/ 
毎日溢れる国際ニュース――そのウラガワまで、じっくり知りたいけど時間が
ない。でも、ビジネス・ランチやディナーの会話で、ライバルに差をつけたい。
そんな貴方のために、国際政治学者・村田晃嗣が内外情勢をコンパクトに分析
し、メディアの論調も解説。お勧めの一冊や映画の紹介もついています。学生
の面接力アップにも有益!
【 525円/月 (当月無料) / 毎週月曜日 / アフィリエイト公開中 】

≪2008/10/13発行分より≫
‖━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
‖【村田晃嗣の国際情勢のウラガワ PREMIUM】
‖ライバルに差をつけるビジネス教養
‖第2号(2008年10月13日)
‖━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
‖INDEX
‖
‖【ますます深刻化する金融危機の影響】
‖【同盟の危機?】
‖【気になる時事英語表現】
‖【今週のお勧め】
‖━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
‖
‖【ますます深刻化する金融危機の影響】
‖
‖この1週間も、金融危機の影響が一層深刻化した感があります。日経平均株
‖価が1日に1000円近く下落する日が二度もありました。この政治的影響
‖について、考えてみましょう。
‖
‖まず、あと3週間となったアメリカの大統領選挙では、民主党のオバマ候補
‖の優位がますます固まりつつあります。11日発表のギャラップの世論調査
‖でも、オバマ51%対マケイン42%と、9%の開きです。マケイン陣営は
‖露骨な個人攻撃を展開していますが、15日の大統領候補者同士の最後のテ
‖レビ討論会で逆転できなければ、この流れは変わらないでしょう。民主党と
‖共和党が競り合う「パープル・ステイト」をオバマがほとんど制して大勝す
‖る可能性もあります。
‖
‖だが、オバマが当選しても、一期目4年間は、ほとんどこの金融危機の事後
‖処理に費やさなければならないかもしれません。去り行くブッシュ大統領は、
‖人気の高いロナルド・レーガン元大統領を模倣して、「第二のレーガン」に
‖なりたかったのですが、1929年の世界大恐慌に無為無策だったハーバー
‖ト・フーヴァー元大統領と同じような結末を迎えようとしています。レーガ
‖ンは(そして、当然ブッシュも)「大きな政府」を批判し続けてきましたが、
‖この金融危機に際して、ブッシュ政権は70兆ドルもの公的資金を投入して、
‖一部の政治家や経済学者からは「社会主義だ」と批判を浴びています。
‖
‖最近、「緊急援助」を意味する“bailout”という単語をやたらに目にしま
‖す。この以前にアメリカ政府が“bailout”を発動したのは、30年前にカー
‖ター大統領が大手自動車会社クライスラーを救済しようとした時です。カー
‖ターはレーガンやブッシュが軽蔑してきた民主党の「弱い」大統領ですし、
‖その時救われたクライスラーが、今度はGMの合併を検討しているというので
‖すから、歴史は皮肉なものです。
‖
‖日本でも、麻生太郎首相の支持率は低下しています。政権発足3週間ほどの
‖ことですから、異常事態です。本来、サブプライム・ローン問題の被害が比
‖較的少ない日本の株価が急落するのも、政治不信の現れでしょう。このまま
‖では、麻生氏は早くも「第二の福田」になって、支持率低迷から解散に踏み
‖切れなくなるでしょう。もし11月下旬に解散がなければ、来年1月の通常
‖国家冒頭、さらには、来年9月の衆議院任期満了解散ということになるかも
‖しれません。あるいは、公明党の重視する来年7月の東京都議会銀選挙の直
‖前に麻生氏が辞任、再び自民党の総裁選挙になって、その段階で最も人気の
‖ある人物を首相にするという「アクロバット」になる可能性もあります。
‖
‖
‖【同盟の危機?】
‖
‖金融危機にともない、原油価格も下落していますが、このままではロシア経
‖済も破綻するかもしれません。気になるのがアフガニスタンです。アフガニ
‖スタンに出兵しているヨーロッパ諸国のほとんどは、今回の金融危機の被害
‖に直面しています。となると、アメリカの次期政権が...
‖
《続きが気になる方はこちら!》
http://premium.mag2.com/lineup/P0007376/ 


────────────────────────────────────
>        新しいメルマガのカタチ!購読料の60%があなたの収入に!        <

まぐまぐ!プレミアムの有料メルマガ配信サービスは、プロ・アマチュアを問
わず、どなたでも無料でメールマガジンを発行できます。そして、メルマガの
購読によって発生した売上のうち、60%が発行者様の報酬になります!

               ▽【こんな人に広がる更なるチャンス!】▽
『まぐまぐで無料メルマガを発行している』『自身で運用しているサービスの
会員がいる』などの場合は、独自にPRすることで読者獲得に生かせます!

                     ▼5分で完了!新規発行申請▼
               http://premium.mag2.com/howto/about.html 
────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■有料メルマガ 新規購読ランキング(10/08-10/14)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

《1位》ビジネス知識源プレミアム:
     1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/00/P0000018.html 
最新かつ普遍的なビジネスの成功原理を、基礎から分かりやすく説いて提供。
時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を
得たいという方に。経営戦略・IT・SCM・CRM・小売・流通・物流・経
済・金融・海外情報をカバー。新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。
【 630円/月 (当月無料) / 毎週水曜日 / アフィリエイト公開中 】

《2位》安定した買える馬券で勝負
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/72/P0007271.html 
競馬の情報を提供しているのは、数限りなくあります。はたしてどれだけ信頼
できるのでしょうか?宣伝している通りなら、みんが大儲けしてお金持ちになっ
ている事でしょうね。しかし実際はそうではありません。私共では、安定を第
一に確実にお金を増やす事を目的としています。是非ご期待いただきたいと思
います。真の競馬情報をお届けします。1ヶ月、いや1週でお金を増やします。
【 10500円/月 (当月無料) / 毎週日・土曜日 / アフィリエイト公開中 】

《3位》『絶対能力!馬単BOXプレミアム!』
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/73/P0007343.html 
★『馬単BOXプレミアム!』は、「期待値」の高い指数上位3頭の馬単BOXを
投資対象とする、中期投資型馬券戦術です。☆競走馬成績の32種類の変数から
「絶対計算」で弾き出した独自の能力値は、従来のスピード指数やレイティン
グを「回収率」で完全に凌駕しました。★先行デビューの競馬予想サイトで、
高配当連発!8月収支+111,700円、9月+179,300円!ぜひ一度、絶対能力精
度の高さを体感してください!
【 5250円/月 (当月無料) / 毎週金・土曜日 / アフィリエイト公開中 】

《4位》ベンジャミン・フルフォードの
     国内外金融・経済・政治のウラ事情レポート
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/73/P0007387.html 
みなさんもご存知のように、この世界には表と裏がある。『表』には政治家や
大手マスコミの情報、経済金融データなどがあり、その『裏』にはフィクサー
といわれる黒幕数人がいる。この裏の黒幕の動きによって表の世界の出来事の
多くが決まる。必ず裏が動いてから表が動く。このメルマガでは、私が伝えら
れる限りの正しい、他では知ることのできない裏情報を提供するつもりだ。
【 888円/月 (当月無料) / 毎週月曜日 / アフィリエイト公開中 】

《5位》SYUの的中率約30%の堅実投資馬券!!
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/27/P0002704.html 
2008年8月23日は後半障害以外11R提供で10R連対の離れ技!!当然単勝投資、
複勝投資でもプラス回収率!!当たりすぎ注意!!神戸新聞杯◎→○→▲で3
連単パーフェクト的中!!オールカマーも馬単的中!!最近の最大の的中は
2008年9月28日阪神12R7頭BOX3連単86万特大万馬券的中!10月5日阪神12R
軸馬3着で3連複74,190円的中!!
【 4200円/月 (当月無料) / 毎週日・土曜日 / アフィリエイト公開中 】

《6位》謎の裏メルマガ〜フリーソフトでPC文房具化計画
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/74/P0007400.html 

《7位》デメキンの一発予想 Exciting!!
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/53/P0005357.html 

《8位》映画の心理学 〜映画で学ぶビジネス・教育・恋愛に効く魔法の心理学〜
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/69/P0006963.html 

《9位》競馬史上最強の法則 JENOMIX ★ GUIDANCE
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/02/P0000296.html 

《10位》どう転んでも必ず回収できる・爆裂馬券
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/48/P0004801.html 

◇有料メルマガ《週間》新規購読ランキングBEST10はこちら
 ⇒ http://premium.mag2.com/mmf_rank/mmf_rank_new.html 


────────────────────────────────────
            ▼ちょっとHなオトナ向けコンテンツも販売中!▼
           http://premium.mag2.com/dl_ctg/dl_ctg_adl1.html 
────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Pickup!人気ジャンルの注目メルマガ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビジネス・株式・恋愛・競馬など有料メルマガの中でも人気の高いジャンルの
中から、スタッフが厳選したメルマガをピックアップしてご紹介します!

………………………………………………………………………………【ビジネス】
《毎週1冊、最新のビジネス書が数分で読める!》
◎ビジネス選書&サマリーリーダーズ
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/04/P0000498.html 
「週に1冊くらいは最新のビジネス書を読みたい。でも多忙で無理」そんなあ
なたに代わり、経営コンサルタントの私が週に1冊厳選、要約して送ります。
あなたは駅のホームや喫茶店、朝礼前に数分目を通すだけ。最新ビジネス書の
概要が把握できます。18,000名に支持される超人気マガジンの「グレードアッ
プ完全版」です。
【 525円/月 (当月無料) / 毎週月曜日 / アフィリエイト公開中 】

……………………………………………………………………………………【株式】
《超ベテラン投資顧問による勝つための「判断基準」》
◎株・稲妻チャート!ズバリ銘柄予告会員版
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/31/P0003132.html 
あなたは株で損ばかりしてませんか?残念ながら、99%の人は損をしているの
が現状です。残念なのが「勝ち組となる判断基準を持っていないこと」です。
株の投資における「判断基準」とは、「信頼できる情報」です。数々の実績を、
あげてきた「テクニカルチャート43年」のデータと、プロの投資顧問の判断基
準」をあなたも持つことができたなら…トップ1%の勝ち組への切符を手にす
ることでしょう。 
【 8190円/月 (当月無料) / 毎週日・水曜日 / アフィリエイト公開中 】

……………………………………………………………………………………【恋愛】
《プロの心理カウンセラーによる実践的な魅力アップ術》
◎実践!深く愛される女になりたい
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/14/P0001463.html 
『オーガズム入門』の筆者が送る、「飽きられない女」になるための実践的ト
レーニング。セックスの体位やオーガズム、性感帯といった話題もマジメに解
説。6845人のセミナー参加者、2720人の個人クライアント(08年4月現在)が
「セックスで飽きられない幸せな女」になった恋愛心理学に基づく方法で、あ
なたにも心から深く愛される女性になり、本当の愛をつかんでほしい。 
【 525円/月 (当月無料) / 第2・第4水曜日 / アフィリエイト公開中 】

……………………………………………………………………………………【競馬】
《9/28に86万馬券的中!今もっとも注目の勝馬予想》
◎SYUの的中率約30%の堅実投資馬券!!
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/27/P0002704.html 
2008年8月23日は後半障害以外11R提供で10R連対の離れ技!当然単勝投資、
複勝投資でもプラス回収率!当たりすぎ注意!神戸新聞杯◎→○→▲で3連単
パーフェクト的中!オールカマーも馬単的中!最近の最大の的中は2008年9月
28日阪神12R7頭BOX3連単86万特大万馬券的中!10月5日阪神12R軸馬3
着で3連複74190円的中!
【 4200円/月 (当月無料) / 毎週日・土曜日 / アフィリエイト公開中 】


────────────────────────────────────
>               「毎月10%!有料メルマガアフィリエイト」               <

購読中の有料マガジンをあなたのサイトやメルマガに掲載し、あなたが紹介し
た読者の購読料の10%を、毎月紹介料として得られるサービスです。1回の報
酬で終わる今までのアフィリエイトと違い、継続して報酬が得られるので、例
えば1,000円のマガジンを毎月5誌紹介するだけで、1年後には何もしなくても
毎月6,000円の紹介料が入ってくる計算。お小遣いを増やすチャンスです♪

            ▽アフィリエイトに関する詳しい説明はこちら!▽
           http://premium.mag2.com/howto/aff_explan_rd.html 

────────────────────────────────────
┌───────────────────────────────────
│まぐプレニュースは、まぐまぐ!プレミアムに会員登録いただいたみなさま
│にお届けしています。配信を希望されない方は、『購入者マイページ』にロ
│グインして、設定変更をしてください。お手数をお掛けいたしますが、よろ
│しくお願いいたします。
│
│【配信解除】購入者マイページの「購読中メルマガ一覧・書籍ダウンロード」
│            より行えます。
│  https://reader.premium.mag2.com/servlet/RequestReaderToolLogin 
│
└───────────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ先 http://help.premium.mag2.com/read/ 
■発行元     株式会社まぐまぐ http://premium.mag2.com/ 
■配送技術    株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  Magpre News [extra issue] ━

規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ