公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

まぐまぐ!プレミアム(発行)

規約に同意して 登録 解除

2006年10月09日号

印刷用ページ
━  Magpre News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 まぐまぐプレミアム情報  2006/10/09号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>     メールマガジン数 1,158誌 ダウンロード商品数 22,711タイトル      <
                        http://premium.mag2.com/ 

岡島(ワニ)の飼い主・マキコです。片付けをしようとダンボールをもらってき
ました。が…岡島がダンボールの上にのってどかない。ダンボールをぐいぐい
引っ張ると遊んでくれてると勘違いして嬉しそう…。片付け断念。まぐプレ売
れたらもっと魚肉ソーセージ食べられるワニ。さて、今週のオススメだワニ。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■ メールマガジンななめよみ           年率20%を確実に目指す投資手法
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
雑誌「マネープラス」「マネージャパン」等にも情報提供を行っているアナリ
スト・木下晃伸氏の有料メルマガがついに創刊!3年に1社、3割から5割の
上昇が見込まれる会社に投資するだけで年率20%を稼ぎ出す方法を伝授します。

●なぜ、この会社の株を買いたいのか?
  〜年率20%を確実にめざす投資手法を公開〜
http://rd2.mag2.com/r?aid=12562&rid=1 
ビジネス誌・マネー誌・テレビに登場するアナリスト、木下晃伸(きのした・
てるのぶ)が責任編集のメールマガジン。年率20%を確実にめざすためには、
銘柄選択を見誤るわけにはいきません。日々上場企業を訪問取材している木下
晃伸が、投資に値する会社を詳細に分析、週1回お届けします。
【 1050円/月(当月無料)/ 毎週土曜日 】
………………………………………………………………………………………………
インベストメント・アナリスト、木下晃伸です。

>>プロフィールはこちらをご覧ください↓
http://terunobu-kinoshita.com/profile/profile.html 

今年の株式市場は、乱高下を繰り返しています。ただし、乱高下を繰り返す中
でも、安定した収益を稼ぎ出す方法を知っていれば、今年の前半でも20%程度
の収益を確保できた、と知ったらどうでしょうか?

安定した収益を稼ぎ出す方法とはいったい何か?その答えは「森を見て、木を
見る」です。株式市場で森といえば、日経平均株価など、いわゆる市場平均と
呼ばれる指数のこと。そして、木とは、指数を構成する個別銘柄のことです。

株式投資というと、すぐに「何を買えばいいか?」を考えてしまいがち。でも、
それではいけないのです。いくら有望株の見つけ方や株を買うタイミングを学
んでも成功できないのは、ある意味当然なのです。

まずは、森である日経平均株価がどうなるか、ということを熟知しなければ、
投資で成功することは難しいといわざるを得ないのです。

ついつい忘れてしまいがちですが、私たちは個別の企業に投資をする以外にも、
日経平均株価自体に投資をするということができます。そう、ETFや日経平均株
価に連動する投資信託などに投資をする、ということです。

今年前半でも、森である日経平均株価に投資をしているだけで、10%以上の収
益を得ることができているのです。それは、「騰落レシオ」に注目するという
方法です。

「騰落レシオ」とは、感情指標のことです。つまり、通常、東証一部全銘柄を
対象に値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から相場を見ようとする指標の
ことです。この指標がなぜ有効か、といえば、人間の「感情」を表しているか
らです。

株式市場は、理屈では説明がつかない動きをすることが多々あります。相場格
言には「理外の理」という言葉があります。

まじめに株式投資に取り組めば取り組むほど、理由を考えてしまいがち。でも、
それだけでは株式投資で成功することは難しいといわざるを得ないのです。

それは、株式投資はギャンブル性があるから。このギャンブル性は、未来永劫
続くでしょう。

長期投資を標榜したり、個別企業を一生懸命調べて投資をしている投資家のな
かには、「株はギャンブルではない」と考える向きもあるでしょう。それはそ
れで間違っていません。

でも、重要なことは「株はギャンブルだ!」と考えて「投機」をしている人も
厳然として存在している、ということです。

このメルマガをお読みいただいている投資家の方々は見識が豊かな方と推察さ
れますが、世の中には、株をギャンブルとして捉えている人だって多いのです。
むしろ、数としてはギャンブルと考えている人のほうが主流でしょう。

だから、株式投資で成功するためには、ギャンブルと考え、投機性を持って参
加している人のことも考えて、私たちは投資をしなければならないのです。

そのためには、人間の「感情」に焦点を当てなければいけません。そのとき、
有効なのが「騰落レシオ」というわけです。

投資家も投機家も、全員感情が動かされる共通のタイミングがあります。それ
は、「売買」。株式市場でもっとも感情が動くのは売買をするときです。

ではなぜ、売買で感情が動くのか。それは、「利害関係の対立」が起こってい
るからです。

株式市場というのは独特の場所です。たとえば、500円という株価がついている
会社があったとします。しかし、この500円、よくよく考えてみると、500円で
買い、と考える人がいる同時に500円で売りと考える人がいるから成立している
のです。

まったく同じ会社に対して、まったく同じ時間に、まったく間逆である買いと
売りという意思決定が日常的に行われているのが株式市場、なのです。

摩擦が起こるところに、必ず感情の起伏が起こります。人間関係だって同じで
す。摩擦が起きると、人間は無意識に感情的になるでしょう。

特に感情的になるのは、自分の考えを否定されたり反対されたりするときです。
株式市場では「無意識」に、相手の考えを否定したり反対したりしているので
す。だからこそ、私たちは利害関係が衝突する売買を見て判断することが必要
になってくるのです。

先でご説明したとおり、騰落レシオは、東証一部全銘柄を対象に値上がり銘柄
数と値下がり銘柄数の比率から相場を見ようとする指標でした。値上がり、と
いうことは「買い」の投資家が多い、ということ。逆に値下がり、ということ
は「売り」の投資家が多い、ということになります。

騰落レシオ=値上がりした銘柄の数÷値下がりした銘柄の数×100
(通常は25日平均を利用します)

結論から話すと、75ポイントを割り込むと買い、130ポイントを超えると売り、
という判断をすることができます。

75ポイント、ということは上の騰落レシオの計算式で言えば、分母である「値
下がり銘柄の数」が大きくなっているということ。

ということは、売買の利害関係の衝突の結果、値下がりした銘柄の数が多い、
ということになるわけです。これが何を表すか。そう、株式市場の参加者の感
情は、「弱気」ということになるのです。

130ポイントも同様。分子である「値上がり銘柄の数」が大きくなっているとい
うことは、株式市場の参加者の感情は「強気」ということになるのです。

弱気のときは、誰もが株を売っているので株価は安くなります。一方で強気の
ときは、その逆。株価は高くなっているのです。

騰落レシオが有効なのは、弱気のときに勇気を持って買うことができる、とい
う点。同様に、強気のときに勇気を持って売ることができるのです。

なぜなら、過去10年の検証の結果、騰落レシオはある一定の範囲内で動いてい
るからなのです。

それは当然です。市場参加者はいつまでも弱気ではありません。いずれ強気に
なります。強気の場合も同様。一本調子で強気のままであるわけがないのです。

だから、私たちは参加者の感情が弱気のときに、安い値段で投資をすればいい
のです。一方で、感情が強気になっているのであれば、高い値段で売ってあげ
ればいい。

実際に、今年前半、騰落レシオに基づいて投資をしたら、結果はどうなってい
たのでしょうか。結果は、13%のプラス。あの5月、6月の急激な下落相場で
も、しっかりと収益を得ることができているのです。

騰落レシオに基づいて投資をすると、今年前半は、売買のタイミングが2回あっ
た計算になります。

<第1回目>
◎買いタイミング
2006年3月3日(金) 騰落レシオ74.7ポイント
2006年3月6日(月) 日経平均株価15,901円
◎売りタイミング
2006年4月10日(月) 騰落レシオ133.9ポイント
2006年4月11日(火) 日経平均株価17,418円

騰落レシオが発表されるのは、当日の引け後。つまり、当日の騰落レシオを見
て当日中に投資をすることはできません。なので、当日に発表された騰落レシ
オを見て翌営業日の終値で投資をしています。

それでも、リターンはプラス10%。日経平均株価に投資をするだけでも、しっ
かりとリターンを得ることができているのです。

それでは、5、6月の急落時はどうだったのか。大幅なマイナスになるどころ
か、しっかりと3%のプラスをキープしています。

<第2回目>
◎買いタイミング
2006年5月12日(金) 騰落レシオ73.5ポイント
2006年5月15日(月) 日経平均株価16,486円
◎買いタイミング
2006年7月24日(月) 騰落レシオ71.7ポイント
2006年7月25日(火) 日経平均株価15,005円

2回の取得による平均取得価格は15,745円、になりました。

◎売りタイミング
2006年8月22日(火) 騰落レシオ140.6ポイント
2006年8月23日(水) 日経平均株価16,163円

結果、投資リターンは3%のプラス、で着地することができたのです。感情で
ある以上、5月12日で判断した以上に「弱気」になってしまうこともあります。
実際、6月にはバーナンキ議長のインフレ抑制発言なども手伝い、騰落レシオ
は50ポイント台をつけるまで、市場参加者は弱気になってしまいました。

こうした事態は起こりえます。そして、こうしたときこそ騰落レシオはさらに
役立つのです。

一度75ポイントを下回り、その後50ポイント台にまで落ち込んでしまいました
が、7月初旬には100ポイント台にまで回復をしたのです。しかし、また参加者
は弱気になり、再び75ポイントを下回ってしまいました。それが、7月24日、と
いうわけです。

渦中にいると、下値がどこになるのか、分かりません。5、6月ごろ、マスコ
ミが私に質問してきたのは、「下値めどは?」です。つまり、どこまで下がる
か、ということに焦点があったわけです。

ただ、感情に焦点を当てているかぎり、下値めどを気にする必要はありません。
いったん75ポイントを下回り、その後75ポイントを回復した後に再び、75ポイ
ントを割ってしまってもまた追加投資をすればいいだけなのです。

そのときは、市場参加者の感情が弱気であるため、安い値段で投資をすること
ができるのです。

もちろん、これは後講釈でもなんでもなく、私が配信している無料メルマガ
「投資脳のつくり方」でも記載していたことです。

こうしたことを知っていなければ、1本1本の木である個別銘柄を見てもはじ
まらないのです。

本メルマガ「なぜ、この会社の株を買いたいのか?〜年率20%を確実にめざす
投資手法を公開〜」は、こうした点を踏まえて書いていきます。

森全体を俯瞰(ふかん)して、いまこの時期に当てはまる会社はなにか、とい
うことをお伝えしていかなければ、年率20%を安定的に稼ぎ出すことは難しい
といわざるをえません。いまのタイミングは、株式市場は楽観的です。つまり、
無理をして何かを買わなければいけないタイミングではないのです。何社も調
べて何社も投資をしなくてもいいのです。

日経平均株価というものに投資をしていただけでも、今年の前半は13%の投資
リターンを手に入れることができました。

だから、私は数多くの会社に投資をするのではなく、「これだ!」と思う会社
に投資をすれば十分ではないか、と考えるのです。

日経平均株価に投資をして、3年に1社、3割から5割の上昇が見込まれる会
社に投資をしておけば、年率20%を安定的に稼ぎだすことは可能ではないか。
そう考えているのです。

本メルマガでは、毎週1社、こうした可能性が高い会社をピックアップしてお
届けします。

一方で、個別銘柄を書くと「意識の低い」投資家も参加してくるでしょう。よっ
て、今回、これらの情報を有料としたのは、意識の高い、自己責任で投資を行っ
ている方だけに読んでいただきたいという想いゆえです。

株式投資には、全戦全勝はありえません。しかし、私の好きな言葉に「脳は、
思えばなすための仕組みを作り出す」があります。脳科学者である松本元氏が
生前語っていたことです。

私としては全戦全勝を狙うべく、本メルマガで個別企業を徹底的に調査・分析
し、お伝えしていきたいと思います。

>>騰落レシオはここで↓チェックできます
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0188 


★このメルマガが気になった方は、こちら↓からご購読申込みいただけます。
http://rd2.mag2.com/r?aid=12562&rid=1 
※今月は無料でお試し購読いただけます。
※このメルマガをお友達に紹介すれば、あなたにも紹介料が入ります。
 詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://rd2.mag2.com/r?aid=12562&rid=2 

★無料メルマガ「投資脳のつくり方」はこちら↓からご登録いただけます。
http://rd2.mag2.com/r?aid=12562&rid=3 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■ ダウンロード書籍《人気の1冊》目次読み   子育てに役立つ46の言葉
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
「親がトイレ掃除をきちんとすると、責任感のある子どもが育つ」「『どうだっ
た?』という言葉が、子どもに一番負担になる」など、子育てに迷いがある方
や、これから子どもを育てる予定の方にオススメの一冊をご紹介します。

●子どもの一生を決める46の言葉のプレゼント
http://rd2.mag2.com/r?aid=12564&rid=1 
この習慣を子どもにつければ、子どもは人生のいい波に乗れる。今日から実践
できるシンプルだけど確実な教え、46本を公開!
【 リヨン社 刊 / 中谷彰宏 著 / 840円(税込)】

………………………………………………………………………………………………
              <スタッフマキコの気になる目次BEST3>

《1位》親がトイレ掃除をきちんとすると、責任感のある子どもが育つ。

阪神大震災でいちばん大変だったのはトイレの処理だそうです。ボランティア
で集まった方で「トイレ掘りに来たんじゃありません」と言って帰った人もい
たそうですが、それはカッコいいところだけ見ているのです。ペットの世話に
してもそう。可愛いからと飼ったけど、ペットはどこにでも糞をします。だか
らといってしつけを投げ出すのは飼い主失格。精神論じゃなく、トイレが子ど
もの責任感を育てるそうです。なるほど〜。

《2位》「どうだった?」という言葉が、子どもに一番負担になる。

子どもの頃、期末テストが終わって「どうだった?」と聞かれるのが一番イヤ
でした…。だって、自分でもミスしたのが分かっているから。また、「頑張っ
て」も負担になります。「頑張ってね」より「楽しんでね」のほうがずっと気
が楽なんですよね。これは大人でも一緒じゃないですか?

《3位》子ども用の本のない家庭のほうが、子どもは本好きになる。

思い出してみると、私は絵本をほとんど読んだことがありませんでした。小さ
い頃、読んでいたのは、父親の歴史本や親すら読んでない日本文学全集です。
小学校低学年のときも、図書館では高学年用の本を借りてました。読んでもわ
からないから辞書で調べたり、大人に聞いたりする習慣がついたのかもしれま
せん。逆に、大人になってから絵本をたくさん読むようになりました。今になっ
て読むとハッと気付くことも多く、癒されるんですよね〜。(苦笑)


  では、目次を全部みてみましょう。

                          * * * * *

◆第1章 子どもが輝く魔法の教え

  見えない相手に、「行ってきます」「ただいま」が言える。
  「どうだった?」という言葉が、子どもに一番負担になる。
  「がんばって」ではなく、「楽しんで」と言おう。
  「おいしい」と言える子どもは、人から大切にされる。
  親がていねい語を話すことで、子どもの自立心が目覚める。
  よその親にも、ちゃんと叱ってもらおう。
  親子がライバルになろう。
  親の興味を押しつけないほうが、子どもの才能は目覚める。
                          …etc.

◆第2章 子どもの人生をつくる最高の習慣

  うるさい部屋で育った子どもは、集中力がつく。
  親が子どもより、いい料理を食べる過程では、子どもの味覚が発達する。
  両親は、別の教育観があっていい。
  暗唱を、させる。
  女性を大切にすることを、教えるのが性教育。
                          …etc.

◆第3章 子どもを大人にする黄金のルール

  地味な反復作業から、創造力はつくられる。
  子どもにマッサージをさせると、人づきあいのうまい大人になる。
  育てにくい子どもほど、感受性豊かな大人になる。
  子ども用の本のない家庭のほうが、子どもは本好きになる。
  大人の言葉で話しかけることで、子どもは大人になる。
  近所の人と、つきあわせる。
  姿勢のいい子どもは、知性が目覚める。
                          …etc.


★この本が気になった方はこちら↓からご購入いただけます。
http://rd2.mag2.com/r?aid=12564&rid=1 


      <<<子育てが不安になったら…こちらもいかがですか?>>>

●アドラー博士の子どもが素直に伸びる20のしつけ法
http://rd2.mag2.com/r?aid=12564&rid=2 
友達がつくれない、乱暴ですぐ逆らう…そんなお母さん達の悩みにアドラー心
理学の立場から答える、子どものための子育て指南書。

●宮里流 ゴルフ子育て法
http://rd2.mag2.com/r?aid=12564&rid=3 
「私はゴルフ馬鹿を育てる気はなかった。ゴルフは究極的には人格の勝負。自
分をコントロールできない人間が、いいゴルファーになれるわけがない」。
「夢、誇り、努力」の大切さを教え続けた、感動の子育て論。著者自身の生い
立ちと、長男・聖志、次男・優作、長女・藍と宮里流・子育てのポイントなど
を収録。

●子どもの心のコーチング
http://rd2.mag2.com/r?aid=12564&rid=4 
親の役割はコーチング、子どもに教えたい3つの力、子どもを幸せにするしつ
け、心を結ぶ聴きかた伝えかたなど、著者独自の子育てプログラム「ハートフ
ルコミュニケーション」を使い、子どもの「生きる力」を開発する画期的子育
て本!あの『ドラゴン桜』でも紹介され、大反響!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■『まぐプレebook』おすすめハードボイルドコミック
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
電子書籍・オンラインコミックを、およそ12,000点販売する『まぐプレebook』
から、おすすめハードボイルドコミックをご紹介します。

※お読みいただくには、まぐプレebook会員登録(無料)が必要です。
  会員登録はこちら → http://rd2.mag2.com/r?aid=12563&rid=1 

●御曹司の掟
http://rd2.mag2.com/r?aid=12563&rid=2 
大財閥・西連寺の総帥・剛一。彼の遺言は「三年間で最も収益を上げた者を太
陽グループの最高責任者とする」長男・航一郎、次男・海斗、三男・洋三――
かくして三兄弟の熾烈な闘いが始まった!!
【 315円(税込) / 作:井川公彦 画:堀戸けい 】

●カリスマ
http://rd2.mag2.com/r?aid=12563&rid=3 
果てしない野望を抱く二人の青年が殺人事件に巻き込まれ、過剰防衛で犯人を
殺害してしまう。そして十五年の時が流れ、再会した内藤竜聖と小杉一宙は驚
愕のゲームを始める!!
【 315円(税込) / 作:来賀友志 画:花小路小町 】

●涙弾
http://rd2.mag2.com/r?aid=12563&rid=4 
特捜刑事・切葉弾。パリからやってきたこの男の目的は、東京に潜入した女テ
ロリストを探し出して殺すこと! その女・クリスチーヌはかつて弾が愛した
女。お互いに今でも愛しているからこそ、自分自身の手で彼女を葬りたい…。
そしてクリスチーヌもまた、弾を求めるかのように殺害現場に二人にしかわか
らないサインを残していた…。
【 315円(税込) / 原作:小池一夫 画:伊賀和洋 】


────────────────────────────────────
            ▼ちょっとHなオトナ向けコンテンツも販売中!▼
                http://rd2.mag2.com/r?aid=12566&rid=1 
────────────────────────────────────
────────────────────────────────────
>          新サービス「毎月10%!有料メルマガアフィリエイト」          <

購読中の有料マガジンをあなたのサイトやメルマガに掲載し、あなたが紹介し
た読者の購読料の10%を、毎月紹介料として得られるサービスです。1回の報
酬で終わる今までのアフィリエイトと違い、継続して報酬が得られるので、例
えば1,000円のマガジンを毎月5誌紹介するだけで、1年後には何もしなくても
毎月6,000円の紹介料が入ってくる計算。お小遣いを増やすチャンスです♪

            ▽アフィリエイトに関する詳しい説明はこちら!▽
           http://premium.mag2.com/howto/aff_explan_rd.html

────────────────────────────────────
────────────────────────────────────
>              毎月60%の印税収入!発行申請キャンペーン              <

まぐプレでは、1,158誌のメルマガ発行者さんが、自分の知識や体験を文章化し
自由に値段をつけて販売してます。この機会にあなたもチャンレンジしてみま
せんか。10月8日(日)までに申請すれば、11月から販売することができます。

 月500円で読者500人?月100円で読者2000人?値付けはあなたの自由です!
               ▼【 印税収入シミュレーターはこちら 】▼
           http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=magpre1001 
              いろんなパターンでカンタンに計算できますよ
────────────────────────────────────

┌───────────────────────────────────
│Magpre News は、まぐまぐプレミアムに会員登録いただいたみなさまにお
│届けしています。配信を希望されない方は、『購入者マイページ』にログ
│インして、設定変更をしてください。お手数をお掛けいたしますが、よろ
│しくお願いいたします。
│
│【配信解除】購入者マイページの「購入履歴」より行えます。
│  https://reader.premium.mag2.com/servlet/RequestReaderToolLogin
│
└───────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今の子供たちってお洒落ですよね。母親のセンスなのでしょうか。私の小さい
頃のアルバムを見ると服はすべて原色。緑・黄・黒の組み合わせは蝶の幼虫み
たいです。母は「うちはビンボーだったのよ!」と言いますが、それって違う
のでは…。むしろ、堂々と「ええ!赤青黄色が好きなのよ!何が悪いの!?」
と言い張って欲しいと思ってます。    (マキコ@コーディネイト音痴)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ先 http://premium.mag2.com/faq/rd.html 
■発行元     株式会社まぐまぐ http://premium.mag2.com/ 
■配送技術    株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
【Magpre Newsは、月曜・水曜・金曜の週3回配信です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Magpre News  ━
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ