公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2009年05月12日号

印刷用ページ
━ Money Mag2  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  965,021 部発行 ━

          マネーのまぐまぐ! 2009/05/12 号
            http://money.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
■マネー関連おすすめメルマガ情報
■まぐまぐ!イエスノー世論 今週のトピック
 ●政府紙幣発行党を支持しますか?
■元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
 ●揺れる「商業銀行」というビジネスモデルの向こうに見えるもの
■あなたの疑問をみんなで解決「まぐまぐ!Q&A」
 ●10年後に年収1000万以上稼ぎたい
■まぐまぐ!プレミアム情報 株式メルマガ最新ランキング

=====================================================================
  まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
    無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。
=====================================================================


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
────────────────────────────────────
相場の世界で勝ち組になるためには、価格の変動要因やリスク・リターンなど
の本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あな
たも「相場力UP」を目指しましょう。

                ≪問題≫
 以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。

●投資心理に関する問題
※この問題をあとで解く(Yahoo!ブックマークに保存します)
    ⇒⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=yahootradesense0512 

あなたはあるメーカーに勤務している友人と酒を飲んでいました。その場で友
人が、「うちのライバル会社が画期的な商品を発表すると一部の人たちが噂を
している」と話していました。気になって調べてみたところ、そのライバル会
社の株価は、ここ最近は特に材料もないせいか、ずっと横ばいでした。このよ
うな場合、どうするのがよいでしょうか。

(1)根拠のない噂に惑わされるべきではないので、手を出さない
(2)「噂で買って事実で売る」はセオリーの1つ。
   思惑通り値上がりしなければ損切ることを前提に買ってみる
(3)噂につられて値上がりする可能性もあるが、先行きは分からないので、
   少しでも値上がりの兆しが見えたらすぐに買えるよう注視する

   ↓《あなたの「相場力」をチェック!解答はウェブページで》↓
   http://money.mag2.com/invest/tradesense/2009/05/post_379.html 


≪バックナンバー関連記事≫
◎曲がり屋として有名な株式アドバイザーが持ち株を推奨したら?
http://money.mag2.com/invest/tradesense/2007/10/post_172.html 

◎株式を買った会社の製品にリコールの発表があったらどのように対応すれば
いい?
http://money.mag2.com/invest/tradesense/2007/04/post_95.html 

────────────────────────────────────
        ≪矢口氏が講師を務めるセミナーのご紹介≫

◆日時 :2009年5月23日(土)東京 13:00〜17:00
◆タイトル:「生き残りのディーリング」
      〜システムをつかった山越え、谷越えの見分け方〜
【第1部】
「どのようにして谷や山を確認するか?」
矢口 新 (株式会社ディーラーズ・ウェブ 代表取締役) 
【第2部】
「矢口メソッドをオートレで実行するには」
松村 博史 (オートマチックトレード株式会社 代表取締役)
◆定員 :30名様限定
◆参加費:52,500円 (割引制度有)

   【詳細はコチラ: http://www.cross-g.co.jp/may23.html 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マネー関連おすすめメルマガ情報
────────────────────────────────────
マネーのメールマガジンの中から、2誌ピックアップしてご紹介いたします。

◎アパート経営で成功する人・失敗する人
http://www.mag2.com/m/0000146265.html  週刊
空室でお悩みの大家さんもこれからアパート経営を考えているアナタも必読。
儲からない不動産投資をやるのはお待ちなさい。不動産会社も建築会社も教え
てくれないアパート、マンション経営の秘密を公開するマガジンです。 
(編)「大家が自力で入居募集を行える良い方法は?」といった質疑応答も。

◎マーケット情報で学ぶ経済英語
http://www.mag2.com/m/0000142830.html  日刊
毎日、数行!マーケット情報で学ぶ経済英語!時代に役立つ英語と、相場の知
識。日々のアメリカ市場のニュースを通じて、英語を学びましょう。経済、相
場英語の解説を「生き残りのディーリング」の著者が解説。 
(編)最新の市況に触れながら、マーケットの定番英語表現を身に付けよう。


────────────────────────────────────
◆マネージャンルの定番メルマガなら「厳選!メルマガ定食」
はじめての方でも安心!実践に役立つ投資情報を得られます。
◎投資の達人セット ⇒ http://www.mag2.com/set/set_invest.html 
────────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐ!イエスノー世論 今週のトピック
────────────────────────────────────
┌─【optimistic monst さんからの「Yes or No?」】─────────┐

 ●政府紙幣発行党を支持しますか?
  http://yoron.mag2.com/politics_and_economy/topic/show/519 

 政府が500兆円の政府紙幣発行権限を日銀に販売し、日銀内にある政府
 の口座に500兆円が電子信号で振り込まれると、政府の財源ができます。
 これを利用して120万円ずつ給付してなお、赤字の健保組合に支援した
 り、赤字自治体の債務の肩代わりもできます。そのほか、就学児童や赤ちゃ
 んのお祝い金とか、いくらでも使えて政府の借金とならず、国民の借金と
 もなりません。なんで、そんな簡単なことが分からないのかわかりません。

└─────────────────────────────────┘

さあ、あなたはどっち?

【Yes!政府紙幣発行党を支持する】
⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=money0512y 

【No!政府紙幣発行党を支持しない】
⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=money00512n 

↓現在までの意見↓

【Yes!政府紙幣発行党を支持する】
◎通貨の知識がないと流通量増の影響を誤解するが、今なら損なく益ある策。
“今”とは、円高デフレ・遊休生産設備と失業者の過多・国際資本の行き場喪
失などの条件。膨大な海外資産に堅く支えられた日本の収支構造ではインフレ
がありえず、円高デフレを相殺するまでの間は余裕で実行可能。政府紙幣が流
通してた昭和28年当時より今の方が安全で有利。あとは決断のみだ 。 
                           (情報比較 さん)

【No!政府紙幣発行党を支持しない】
◎日銀破綻の可能性がある(深尾光洋氏)、政権交代で使えなくなると思い込
んだ国民の取り付け騒ぎの可能性(浜矩子氏)、インフレタックスを払わなけ
ればいけないなど様々な懸念があります。議論の尽くされていない現時点では
支持できません。                (ニュルンベルグ さん)

投票はこちらから!
http://yoron.mag2.com/politics_and_economy/topic/show/519 

◎まぐまぐ!イエスノー世論⇒ http://yoron.mag2.com/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
────────────────────────────────────
投資のチャンスを確実にモノにするには、世界にアンテナを張り巡らし、お金
の流れを機敏に察知する必要があります。元外交官の経験を活かし、一味違う
視点で、世界の政治とお金の関係を、リアルタイムで解説します。

●揺れる「商業銀行」というビジネスモデルの向こうに見えるもの

        ※この記事をあとで読む(Yahoo!ブックマークに保存します)
         http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=yahookokusai0512 

去る5月7日、全米で19の主要商業銀行を対象とするストレステストの結果が
発表された。それによると、19の商業銀行のうち10行が、2010年に資金不足に
陥る可能性が指摘されている。そして、これら10行には、日本円にして総額約
7兆4,000億円分もの資本増強が要求された。同日のダウ平均株価は102ドルの
下落を記録する一方、「これで膿(うみ)出しは済んだ」といわんばかりの声
も上がっている。

だが、ことはそう単純ではない。今回の件を単独ではなく、金融メルトダウン
の一連の流れの中で捉えるならば、「ヘッジファンド」「投資銀行」に続き、
「商業銀行」というビジネス・モデル自体が1つの転機を迎えているという、
より慎重な考察を要する事態が浮かび上がってくるのである。

我が研究所は昨年(2008年)4月頃より、公開の媒体(ブログ、メルマガ等)
を通じて次のような分析を読者の方々に提示してきた。「米系“越境する投資
主体”の雄である投資銀行は、まもなくその姿を消すことであろう。なぜなら、
金融システムの世界史的な大転換の中で、直近までのその最先端の担い手であっ
た彼らこそ、金融メルトダウンの元凶であることが明らかとなってくるからで
ある」 。

当時、こうした“警告”について、我が研究所の熱心なクライアントの皆さん
ですら、「まさか」と信じられなかったようである。しかし、その後、事態は
着実にそちらの方向へと進んでいったことはご存知のとおりだ。2008年9月の
「リーマン・ショック」以後、世界有数の“越境する投資主体”である2つの
投資銀行までもがその存続を脅かされ、結局は銀行持ち株会社への移行、つま
りは「投資銀行」というビジネスモデルの放棄へと追い込まれた。そのことは、
大手メディアによる報道を通じて公知の事実となっているのではないかと思う。

しかし、そうした大手メディアの報道の中では決して語られないものの、マー
ケットの猛者たちが当時からいち早く「もはやIF(もしも)の問題ではない」
と考えていたポイントが1つあった。それこそが、「これからのマーケットで
生じる金融メルトダウンの中で“主役”となるのは、もはや投資銀行ではない」
という見解だったのである。では、その代わりに舞台の中央へと飛び出してく
るものは一体なにか。——答えは「米系の商業銀行」であった…

       ▼この続きはWebサイトでお読みいただけます▼
    http://money.mag2.com/invest/kokusai/2009/05/post_112.html 
 ≫ これからは米系商業銀行が崩落する?期待される日本の金融セクター ≪

≪バックナンバー関連記事≫
◎米国勢に狙われた日本の保険セクターに未来はあるのか?
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2009/04/post_110.html 

◎文字通り“潜在”する「内日本」の秘められた力とは?
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2009/03/post_104.html 

────────────────────────────────────
世界経済の流れを詳しく知りたい方は原田氏のメルマガをご登録ください。
◎原田武夫国際戦略情報研究所公式メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000228369.html  日刊
元外交官・原田武夫が代表を務める独立系シンクタンク「原田武夫国際戦略情
報研究所」の公式メルマガ。日本で唯一、2007年2月の世界同時株安を的中さ
せた情報収集・分析力で、投資や教育において一歩上を目指す方々をしっかり
サポートします。
★下記URLをクリックすると読者登録が完了します↓
http://cgi.mag2.com/c/ofm?id=0000228369&e=sample%40mag2.com 

◆無料セミナーはこちら
      ⇒ http://www.haradatakeo.com/personal/startseminar.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あなたの疑問をみんなで解決「まぐまぐ!Q&A」
────────────────────────────────────
まぐまぐ!Q&A( http://mag2qa.com/ ) は、ユーザ同士が知恵や知識を
出し合って、疑問や悩みを解決するコミュニティーサイトです。

【今週人気の質問】
●10年後に年収1000万以上稼ぎたい
こんにちわ、年収1000万以上を目標に人生をかける決意をした、三十路前の男
です。目標を達成するためのキャリアプランの立案について、みなさんの経験
と知恵をお借りしたく質問させていただきました。どんな回答でも結構ですの
でよろしくお願いします。
《続きはこちら》⇒ http://www.mag2qa.com/qa4878821.html 

【その他の質問】
●なぜ日銀は国債を引き受けてはいけないのですか?
http://www.mag2qa.com/qa4471077.html 

●VWAP(出来高加重平均値)
http://www.mag2qa.com/qa3151926.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐ!プレミアム情報 株式メルマガ最新ランキング
────────────────────────────────────
厳選情報をお届けする有料コンテンツサイト『まぐまぐ!プレミアム』から、
直近1ヶ月間で最も購読申込の多かった株式関連メルマガをご紹介します。
                       (2009/04/11-2009/05/08)

※全てのメルマガは当月無料!お気軽にお試しください。

《1位》木下晃伸をファンドマネジャーに雇いませんか?【ゴールドリポート】
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/68/P0006893.html 
10年近くのファンドマネジャー経験を持ち、国内上場企業を1,000社以上訪問取
材してきた木下晃伸が、ファンドマネジャーとしての頭の中と行動を全開示。
さらに、構成する銘柄、ポジション調整歴、その理由を全開示いたします。モー
ニングスター優秀ファンド賞3年連続受賞の投資ノウハウがあなたのものに。
ゴールドリポートは、日本株ポートフォリオに特化したリポート。ポジション
調整ノウハウにご注目ください。
【 10500円/月 (当月無料) / 毎週月〜金曜日 】

《2位》株・稲妻チャート!ズバリ銘柄予告Q2.ver
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/78/P0007891.html 
有料電話で放送していた、株式相場の見通し・銘柄予告を1日1回、目で見て
読むことで理解し、そして、儲けるのです。そのお手伝いをこのQ2原稿で実践
します。大人気メルマガ『ズバリ稲妻チヤート天底予告』発行者・大坪嘉明が
お届けする渾身の情報。
【 9923円/月 (当月無料) / 毎週月〜金曜日(年末年始除く) 】

《3位》矢口新の全銘柄チャートチェック - 買える谷越え日本株!【プラチナ】
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/76/P0007657.html 
「生き残りのディーリング」の著者が選ぶ「買える?」谷越え銘柄!相場のプ
ロが毎週土日に東証一部全銘柄をチェックし月曜朝8時に配信。チャートを手
掛かりに、「谷越え確認か?」と思える5銘柄厳選し解説。仕込み・手仕舞い
参考価格付きで、変更と補充銘柄を必要に応じて配信。効率的な運用とは「谷
越えを待って買い、山越えを待って売ること」。ファンダメンタルズを参照、
流動性重視、同業種への偏りを極力排除します。
【 11550円/月 (当月無料) / 毎週月曜日(年末年始除く) 】

《4位》株価2倍銘柄発掘!隠れたプレミアム銘柄【短中期投資の巻】
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/79/P0007971.html 
情報誌などに「値上がり確実銘柄!」のように載った時点で「既にその相場は
終焉が近い」ということは多々あります。当メルマガでは、高度なテクニカル
分析を駆使し、隠れたプレミアム銘柄を発掘し、短中期投資ということで1〜
3週間程度の短期で利益確定が期待できる銘柄と、数か月で株価が2倍以上に
なることが期待できる銘柄を配信して参ります。相場展開によりましては空売
りの銘柄も配信いたします。
【 5980円/月 (当月無料) / 毎週日・火・木曜日(祝祭日・年末年始除く) 】

《5位》直送!株式投資で週に1回一撃必殺、
    確実に5万円儲かるプレミアム銘柄情報
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/77/P0007721.html 
確実な株式投資を行っていますか?株の世界に関しては、これから始める方や
経験者の方の約9割は負ける世界だと言う事です。しかし、逆に言えば残りの
1割は勝っているのも事実です。我々は誰も負けるために株式投資をしており
ません。勝つためにしているのです。1割の勝ち組に入るためにはどうしたら
いいか?それは勝つことも負けることも知っている長年の経験や相場の声や心
理を知り尽くした私自身が皆様を勝ちへ導くのです。
【 2100円/月 (当月無料) / 毎週日曜日(年末年始除く) 】


☆人気の有料メルマガをチェックしたい方は「まぐプレニュース」をどうぞ☆
         http://www.mag2.com/m/0000263905.html 
      ★下記URLをクリックすると読者登録が完了します★
 http://cgi.mag2.com/c/snb?id=0000263905&e=sample%40mag2.com 


────────────────────────────────────
◆あなたもメルマガを発行してみませんか?
手続きは誰でもカンタン!発行申請後、最短2日でメルマガの創刊が可能です。
発行までの詳しい流れはこちら⇒ http://www.mag2.com/crecre/magadd.html 
────────────────────────────────────


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎まぐプレニュース http://www.mag2.com/m/0000263905.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


┏━━▽ まぐまぐ!スピードくじ☆毎週10,000円が当たります ▽━━┓

 毎週火曜日の午後5時から、翌週火曜日の午後4時まで開催している「まぐ
 まぐ!スピードくじ」。今週も厳正な抽選により当選者は既に決まっていま
 す!当選者がスピードくじに参加しなかった場合、今週分の1万円は翌週に
 持ちこし。キャリーオーバーで最高100万円!只今、ポイントの数だけ当
 選確率が上がる「スピードくじ確変ポイント」プレゼント中。ポイントをた
 めて当選確率を上げよう!『まぐまぐ!ニュース』および『ウィークリーま
 ぐまぐ』を登録中のメールアドレスのみ当選の権利があります。
 ※読者登録がまだの方はまずはコチラへ⇒ http://www.mag2.com/wmag/ 

       【通常版】 http://lucky.mag2.com/wmagspeedkuji/tsujo 
       【仕事中】 http://lucky.mag2.com/wmagspeedkuji/oshigoto 

┗━ △挑戦すればするほど当選確率が上がる!チャレンジしなきゃ損!△ ━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネーのまぐまぐ!】2009/05/12 号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『マネー』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 本メルマガ内の記事に基づいてとられた投資行動の結果については、弊社は
 一切の責任を負いません。投資判断は自己責任でお願い致します。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/money.html 
 メールアドレスの変更はこちらから↓
  http://www.mag2.com/tool4reader/addrchg.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=money&d=20090512 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
     広告掲載をご検討の方は下記よりお問合せください。
       http://www.mag2.com/profile/contact/adinfo.html 
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
【マネーのまぐまぐ!は、転載, 複写, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Money Mag2 ━


マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ