公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2007年05月22日号

印刷用ページ
━ Money Mag2  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  1,054,273 部発行 ━

                   マネーのまぐまぐ! 2007/05/22 号
                       http://money.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●新コーナー『日経平均株価予想ゲーム』がスタート!
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
■時代を変える個人投資家を目指せ!元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
 ●母国のマーケットを捨てた米国の富裕層たち
■マネー関連おすすめメルマガ情報
 ●5分で差がつく資産運用
 ●炎の投資家!黒茶。-株はチャートで勝つ-
■アキのイチ押し!今週の必読メルマガ
 ●FX日替わりView
■信頼できる達人に学ぼう!不動産投資エージェント
■『アジア新興国投資ブログ集』今週の注目記事
■資産運用の強い味方!投資家必見情報
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
■≪お金に強くなる!≫資格情報
■≪毎週誰かに当る≫マネー・ビジネス関連雑誌、年間購読プレゼント!
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
 ●「世界一に王手」のトヨタ、投資対象としての魅力は?
■まぐまぐプレミアム情報
■【NEW】トレンドを掴んで現金1万円を当てよう〜日経平均株価予想ゲーム
 ●第1回≪応募受付中≫5月28日の終値の予想をしてください

≪毎週誰かに当る≫マネー雑誌、年間購読プレゼント!当選者は本文に!
★応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=13444&rid=20 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●新コーナー『日経平均株価予想ゲーム』がスタート!
新コーナー『日経平均株価予想ゲーム』がスタートしました!月曜日の日経平
均株価の終値を予想し、ズバリ的中させた方に現金1万円をプレゼントいたし
ます!予想した数字を入力するだけで簡単に応募ができるので、株を買ったこ
とがないという方も、ぜひぜひチャレンジしてみてください。

    ★日経平均予想ゲーム⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=14960&rid=2 

詳しくはメール後半の『【NEW】トレンドを掴んで現金1万円を当てよう〜日
経平均株価予想ゲーム』をご覧ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
────────────────────────────────────
相場の世界で勝ち組になるためには、価格の変動要因やリスク・リターンなど
の本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あな
たも「相場力UP」を目指しましょう。

                               ≪問題≫
  以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。

●ニュースに関する問題
株を保有中の会社が決算発表を延期することになりました。良くも悪くも驚き
の決算発表である可能性があります。現在、多少の含み益(10%前後)があり
ます。保有中の株はどのようにすればいいでしょうか?

(1)リスク回避のために全部売る
(2)半分は売り、もう半分は保有したままにする
(3)保有したままにする

      ↓《あなたの「相場力」をチェック!解答はウェブページで》↓
              http://money.mag2.com/invest/tradesense/ 


【監修:矢口新(やぐちあらた)】
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。野
村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、債券
のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書『生き残りのディーリン
グ決定版』は、現役ディーラーの“座右の書”として、高い評価を得ている。
現在は証券投資顧問会社社長兼株式ファンド・マネージャー。 

ロングセラー『生き残りのディーリング』が実践版となって改訂!
『実践・ 生き残りのディーリング—変わりゆく市場に適応するための100のア
プローチ』(パンローリング刊 / 四六判350頁 / 2,940円)4月12日発売。

 ◆矢口氏の著書⇒ http://dealersweb.hp.infoseek.co.jp/bookshop.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■時代を変える個人投資家を目指せ!元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
────────────────────────────────────
投資のチャンスを確実にモノにするには、世界にアンテナを張り巡らし、お金
の流れを機敏に察知する必要があります。元外交官の経験を活かし、一味違う
視点で、世界の政治とお金の関係を、リアルタイムで解説します。

●母国のマーケットを捨てた米国の富裕層たち

5月11日付ドイツ紙『ダス・インベストメント・ドット・コム』で興味深い記
事を発見した。米国のとあるリサーチ会社による調査結果を公表していて、そ
れによると、年間所得が50万ドル(日本円で約6,000万円)以上の富裕な米国
人家庭は、母国のマーケットへの投資を忌避しているのだという。

投資先として多い国は、中国が30%、欧州が20%、インドが11%だ。つまり、
彼らは海外のマーケットの伸びの方が大きいと信じているわけなのである。ち
なみに「日本へ投資している」と回答したのは12%。実にインドを超える数字
である。

ところが日本の投資家はどうだろうか?あくまでも個人的な相談という形では
あるが、私のところには未だに「海外投資の方が儲かると聞くが、どこが儲か
るだろうか?」という質問が知人たちから舞い込んでくる。

そのたびに私は次のように答えてきた。「行ったこともない国へ投資するなん
て、愚の骨頂ですよ。それに海外の投資家は日本はこれから最も期待できる国
の1つと思っています。その日本に暮らしているというのに、なぜ自分の国に
投資しないのですか?」まさに灯台もと暗しとはこのことである。

それでもなお、一生懸命、米ドルを買いこもうとする知人たちが後を絶たない。
日本人とは本当に不思議なものだ。

         ▼米国を中心とした「集金システム」から財産を守る術▼
                http://money.mag2.com/invest/kokusai/ 

────────────────────────────────────
世界経済の流れを詳しく知りたい方は原田氏のメルマガをご登録ください。
◎原田武夫国際戦略情報研究所公式メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000228369.html  週刊
元外交官・原田武夫が代表を務める独立系シンクタンク「原田武夫国際戦略情
報研究所」の公式メルマガ。日本で唯一、2007年2月の世界同時株安を的中さ
せた情報収集・分析力で、投資や教育において一歩上を目指す方々をしっかり
サポートします。 

◆無料セミナーはこちら⇒ http://www.haradatakeo.com/seminar.html 
◆新企画セミナーはこちら⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=th0515 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マネー関連おすすめメルマガ情報
────────────────────────────────────
マネーのメールマガジンの中から、2誌ピックアップしてご紹介いたします。

◎5分で差がつく資産運用
http://www.mag2.com/m/0000229117.html  日刊
毎朝たった5分だけこのメルマガに目を通してください。このメルマガでは世
界の市場で起こったニュースをあなたにお届けします。正しい情報と知識は、
きっとあなたの役に立ちます。
(編)人民元の対ドル変動幅緩和が円に与えた影響は?欧米市場の動きも確認。


◎炎の投資家!黒茶。-株はチャートで勝つ-
http://www.mag2.com/m/0000219961.html  ほぼ日刊
儲かる銘柄を毎日配信中♪独自のチャート分析に基づき、日々の日経平均もフォ
ローしています。月に10%のリターンは当たり前です!何をやっても儲から
ない方は、一度登録をオススメします。黒茶。のメルマガで毎日ハッピーにな
れますよ♪
(編)チャートを見れば値上がりの理由も分る?経済ニュースの読み方も解説。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アキのイチ押し!今週の必読メルマガ[マネー]
────────────────────────────────────
マネー分野の必読メルマガをピックアップしてご紹介します!

●FX日替わりView
http://www.mag2.com/m/0000190092.html  平日日刊
今日の為替相場のポイントだけ、毎日Check!忙しい方も、売買チャンスを逃
すことなくチャンスに変えよう!!

●株式最速情報館!
http://www.mag2.com/w/0000025268.html  日刊
優良銘柄、仕手系穴銘柄から空売り銘柄まで有力情報満載!関西を代表する独
立系投資顧問会社であるグローバルエコノ研究所(財務省登録)が、とにかく
投資家の皆様に利益を上げてもらうことを第一条件に、様々な情報を提供いた
します。女性投資家も大歓迎! 

●初心者でも株でしっかり月20万円!
http://www.mag2.com/w/0000139309.html  日刊
【まぐまぐマネー部門日本一!】初心者でも株で毎月20万円稼ぐ!株式投資
の真髄は、エントリーのタイミングです。実際のトレードを具体的に紹介して
いますので、そこからコツを掴んで下さいね。そして、着実に資産を増やして
いきましょう! 


(編)LS600hL発表!でもレクサスって日本より北米のが定価安くない?どう
いうことだろ?円高になれば大分安く買えちゃうんじゃないかな?(アキ)


           ☆★  投資ジャンルの定番メルマガならコチラ!  ★☆
            ≫≫ http://rd2.mag2.com/r?aid=10453&rid=3  ≪≪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■信頼できる達人に学ぼう!不動産投資エージェント
────────────────────────────────────
不動産投資は、非常に幅広い知識が求められる投資です。ひとりではなかなか
成功できません。そこで不動産投資エージェントでは、信頼できるパートナー
(不動産会社)をご紹介。物件購入や資金調達のお手伝いをします。
  不動産投資エージェント サイト>> http://www.mag2-ftagent.jp/ 

●高利回り物件のウラの顔とは?
不動産投資の利回りは様々です。5%の物件もあれば、15%、20%の利回りも
あるでしょう。多くの人は5%より、20%の物件を欲しいものです。しかし、
この利回りの背景にはどんな意味が隠されているのでしょうか?単に「高利回
り物件が良い!」と考えていらっしゃる方はぜひ理解して欲しい内容です。今
回はそれを解説したいと思います。

まず、利回りがどう計算されているかといえば…

                   ▼高利回り物件のウラの顔とは?▼
        http://www.mag2-ftagent.jp/guide/2007/05/post_23.php 

────────────────────────────────────
◆≪無料≫不動産投資の基本をまとめた特別レポー(全20ページ)プレゼント!
メールアドレスをご入力いただければ、『サラリーマンの為の不動産投資のい
ろは』のダウンロードURLをお送りします。ぜひ今すぐお申し込みください!
 http://www.mag2-ftagent.jp/data/index.php#report 

◆「本当に不動産投資を行ってる人はいるのか?」を徹底調査!気になる不動
産投資経験、年齢、規模を徹底的に調査してみました。
調査結果はこちら⇒ http://www.mag2-ftagent.jp/data/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『アジア新興国投資ブログ集』今週の注目記事
────────────────────────────────────
ベトナム、タイ、中国、インド…エマージング市場で奮闘する日本人投資家た
ちの「生きた体験談」をマネーのまぐまぐ!が厳選してお届けする『アジア新
興国投資ブログ集』。その中から、注目の記事をご紹介します。

◎≪タイ≫タイの上場企業、1—3月期業績悪化
http://asiamoney.mag2.com/one/magumagu3998_357.html 
【タイ】タイ証券取引所(SET)上場企業468社の1—3月期売上高は前年同期比
5%増の1兆3600億バーツ、最終利益は21%減の1163億バーツだった。赤字は
107社。コスト増加で業績が悪化した。

◎≪ベトナム≫ベトナム大統領、訪中で25億米ドル相当の契約
http://asiamoney.mag2.com/one/magumagu3998_363.html 
【ベトナム】ベトナムのグエン・ミン・チェット大統領の訪中に合わせ、北京
で18日に開かれた中越ビジネスフォーラムで、両国企業や金融機関は合計25億
米ドル相当の契約を結んだ。

◎≪中国≫日本でも中国株人気が到来か!アクセスに感じる勢い
http://asiamoney.mag2.com/one/magumagu4371_32.html 
中国当局があらゆるカードを切って、いよいよ、今週から、中国・香港市場は
新たなステージに入ります。中国当局が切ったカードを分類すると、好材料は
「人民元の変動幅拡大」です。人民元の先高感から、一層、中国国内には投資
マネーが流入すると見られます。

      ★アジア新興国投資ブログ集>> http://asiamoney.mag2.com/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■資産運用の強い味方!投資家必見情報         [提供:QUICK・MoneyLife]
───────────────────────────────────
金融情報配信のリーディング・カンパニー QUICK が運営する資産運用応援サ
イト MoneyLife の中から、必見の情報をお届けします。

●トップインタビュー
HSBC投信 松田宇充社長 
「ポストBRICsもBRICs」—新興国投資というニッチ分野で主導権

HSBC投信の社長に就いたのが2003年9月。当時、200億円弱だった投信の純資産
残高は直近で5,000億円近くにまで増えた。新興国に関するHSBCグループの情
報収集力を武器に、新興国投資というニッチな分野で他社に負けない地位を築
く。そんな戦略が奏功しているようだ。「BRICsの次もBRICs。BRICsの成長力
は想像以上に強い」。松田社長に新興国投資にかける思いを語ってもらった。

★続きはこちらから ⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=qml0522 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
────────────────────────────────────
マネーのまぐまぐ!では、QUICK 提供の株価指数や日替わりランキング、株式・
投資信託情報など、必要な情報をコンパクトにまとめて、その日の夕方にお届
けする『「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報』を好評配信中です。

5月19日号では、5月14日から18日の週間相場概況をお届けしています。

  14—18日の日経平均株価は154円14銭下落した。週初14日は前週末の
  米国株高を手掛かりに戻りを試したが、日経平均が1万7800円に近
  づくと利益確定売りに上値を抑えられた。15日は内閣府が朝方に発
  表した3月の機械受注統計で、設備投資の先行指標となる「船舶・
  電力を除く民需」(季節調整値)が市場予想を下回ったことを嫌気
  し、日経平均は164円下落した。

           ▼GDP速報値に株価はどう動いた?続きはこちら▼
        http://blog.mag2.com/m/log/0000210496/108567158.html 

       【メールマガジン登録⇒ http://money.mag2.com/nikkan/ 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪お金に強くなる!≫資格情報         [提供:資格のまぐまぐ]
────────────────────────────────────
資格のまぐまぐ厳選!資格情報をお届けします。今週のおすすめは「簿記検定」
簿記会計を通じて経営管理能力を評価する、日本商工会議所主催の資格です。

●簿記検定
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=stu_money0522 
【取得期間の目安:1〜3ヶ月(3級)/受験資格:なし/受験費用:2040円】
企業の経営状況を把握し、経営戦略を練るためには、簿記が大きな力を発揮し
ます。特に企業活動の多角化、金融取引の自由化など、ビジネスシーンが著し
く変化する現在では、あらゆる部署で簿記が必要とされています。

     ◆◇ ↓仕訳問題10番勝負で仕訳にチャレンジ↓ ◇◆
         http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=stu2_money0522 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪毎週誰かに当る≫マネー・ビジネス関連雑誌、年間購読プレゼント!
────────────────────────────────────
NYダウ、香港ハンセン指数が最高値を更新しました。それに比べて日経平均
はあまりぱっとしない動きのようです。海外の投資はしたことないという方は
勢いのあるこの機会に勉強してみるのもいいかもしれません。マネーのまぐま
ぐでは現在、『マネー・ビジネス関連の雑誌、年間購読のプレゼント』を実施
中です。お好きな雑誌の年間購読をプレゼント!ぜひご応募ください!

       ★応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=13444&rid=4 

    ┌──────────【今週の当選者】───────────┐
           ≪ニックネーム≫                 ≪希望雑誌≫
             マムー さん     ・・・・・       日経EW
    └─────────────────────────────┘

【先週の当選者の声】
秋桜 さん(日経マネー年間購読当選)
   『だめだろうと思っていたのでびっくりです。正直迷っていたのですが、
   未知の世界の株取引にも少し挑戦するつもりです』

           ※当選者の方には直接メールでもご連絡いたします。
    来週も当選者の方を発表いたしますので、楽しみにお待ちください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
────────────────────────────────────
日々、新聞やテレビをにぎわすニュースをきちんと理解できていますか?疑問
を疑問のままにしていませんか?現役証券アナリストが、ニュースを振り返り、
詳しく解説。株式市場で成功するためのヒントを伝授します!
ウェブサイト⇒ http://money.mag2.com/invest/soubanote/ 

●「世界一に王手」のトヨタ、投資対象としての魅力は?

>                                       木下晃伸(きのした・てるのぶ)
>                                      (株)ファンドクリエーション
>                                       インベストメント・アナリスト

◎トヨタ、営業利益2兆円の大台超え

5月といえば、3月期決算企業の決算発表が本格化するシーズンです。株式投
資のプロであるファンドマネジャーやアナリストたちは、決算発表会に出席し、
会社側が発表した実績、そして、将来の業績予想などを確認する作業を繰り返
しています。                      【ポイント1】

07年3月期決算は全般的に、大変好調だったといえます。典型的な例がトヨタ
自動車(7203、以下トヨタ)です。5月10日に発表された同社の決算は、日本
企業で初めて営業利益2兆円の大台を突破。今期の売上高は、4%増の25兆円
を予想しています。生産、販売台数でも、07年通期で米ゼネラル・モーターズ
を抜き首位に、つまり世界一の自動車会社となることが現実味を帯びています。

しかし世界に目を向けてみると、同業界が厳しい状況に置かれていることが分
ります。

例えば、ダイムラー・クライスラー。独ダイムラー・ベンツ(当時)が、米ク
ライスラーを買収した「世紀の合併」は、9年の年月を費やしても、結局企業
価値を高めることができませんでした。結果、同社は不振の続いていた北米ク
ライスラー部門を米投資会社サーベラスに9,000億円で売りに出したのです。

こうした状況をみれば、ますますトヨタの強さが際立ちます。「業績好調」、
「業界世界一に大手」、絶好の買い材料といえるでしょう。

しかし、実際にはどうでしょうか。決算が発表された10日と翌11日のトヨタの
株価は2日連続で年初来安値を更新しているのです。


◎年初来安値更新、日経平均を下回るパフォーマンス

なぜ好決算にも関わらず株価が年初来安値を更新したのか。その理由は、いろ
いろと説明できるでしょう。例えば、「北米での新車販売の鈍化」「予想利益
が事前の予想を下回っていた」など。また、好決算が既に株価に織り込まれて
いたため、とも考えられます。

しかし投資家であれば、さらに踏み込んだ考察が求められます。そもそもトヨ
タは投資対象として魅力的なのかどうかということです。

私は、「答えは否」だと思っています。それは日経平均株価のパフォーマンス
との比較で分ることです。以下の URL で表をご覧ください。

http://money.mag2.com/invest/soubanote/bn049_toyota.html 

これは、昨年10月末を基準に、トヨタと日経平均株価の推移を指数化したもの
です。これだけ好材料が伝えられるトヨタですから、日経平均株価を大きく上
回るパフォーマンスをみせてもおかしくはありません。

しかし、実際にはほぼ同程度のパフォーマンス。4月6日以降は日経平均を下
回っているのです。これでは、トヨタは投資対象として、魅力が劣る銘柄とい
わざるをえません。

業績が悪く株価のパフォーマンスも振るわない、というのであれば分りやすい
でしょう。しかし、トヨタの業績は他の日本企業と比較すれば圧倒的に好調で
す。それでも、年初来安値を更新することもあれば、パフォーマンスで日経平
均株価を下回ることもあるのです。

私たちはつい、業績が良いから、強い企業だから株価が上がると思いがちです。
しかし、トヨタのようにいくら強い企業でも、株価が上がらないことがありま
す。これは理屈ではなく、事実としてしっかりと肝に銘じておく必要があるで
しょう。                        【ポイント2】


◎「サラリーマン的発想」の投資

もし、投資信託などを保有していらっしゃったら、運用レポートをご覧くださ
い。大型株で年金や投資信託を運用するアクティブ型のファンドマネジャーの
多くが、トヨタ株を保有していることに気づくでしょう。

アクティブ型とは、ベンチマークと呼ばれる東証株価指数や日経平均株価など
を上回る運用実績が求められる投資信託のことです。

しかし、プロであるファンドマネジャーにとっても、ベンチマークを上回るこ
とはそう簡単ではありません。その結果、ベンチマークに勝つこと以上に、
「大敗しない」ことを目指す場合があるのです。

そうしたとき、トヨタが東証株価指数全体の時価総額に占める割合である5%
前後(トヨタ自動車時価総額26兆円÷東証株価指数時価総額560兆円)にほぼ
合わせる形でトヨタ株を保有しておけば、とりあえずベンチマークに大敗する
可能性を排除できます。

こうした運用が間違っているとはいいません。しかし、私は「大敗しない」こ
とで、投資家に説明をつけようとする、「サラリーマン的発想」だと思ってい
ます。

では個人投資家の場合はどうでしょうか。株を買い、保有する理由は、好きな
企業を応援するため、株主優待目当てなど、人それぞれだと思います。サラリー
マン的に、大敗しないことを目指すのもいいでしょう。

しかし、自分の取れる範囲内でリスクを取り、日経平均株価を上回るパフォー
マンスが見込まれるすばらしい企業を探し出し積極的に投資する、というのが
投資の醍醐味ではないかと私は考えます。上記のファンドマネジャーのように、
サラリーマン的発想に流される必要はないのです。

トヨタは確かにすばらしい会社です。学ぶべきことは多いでしょう。しかし、
投資対象としての魅力は別である。今回の好決算と株価の推移から、そのこと
を学んでいただければと思います。            【ポイント3】


                   ≪相場が分かる!今日のポイント≫

【ポイント1】
決算発表シーズンには、ファンドマネジャーやアナリストは「季節労働者」と
いう表現が当てはまるほど外出しっぱなしになります。会社側が発表する内容
次第では、投資をしていた企業を売却することもありますし、一方で、新たな
投資対象企業に出会うこともあります。
特に5月は本決算の発表シーズンです。ここで投資対象を決めることが投資の
プロであるファンドマネジャーの大仕事なのです。


【ポイント2】
今回はトヨタをお伝えしましたが、実は日経平均や東証株価指数などベンチマー
クとほぼ同じ株価推移となる会社はたくさんあるのです。そのことは「Yahoo!
ファイナンス」など、無料のサービスを利用すれば、簡単に確認することがで
きます。自分が保有している会社、もしくはこれから投資をしようと考えてい
る会社があれば、まずは、ベンチマークと比較してみると興味深い結果がでる
かもしれません。
※「Yahoo!ファイナンス」の場合なら、個別銘柄のチャートを表示、チャー
ト下部の「比較チャート」の項目の日経平均といったチェックボックスをオン
にして「比較」をクリックすると表示されます。以下はトヨタと日経平均を比
較したチャートです。
http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=&k=c3&t=6m&s=7203.t&l=on&a=&p=&z=m&q=l&x=on 


【ポイント3】
私もアクティブ型ファンドマネジャーとして、日々「ベンチマークの強さ」を
実感してきました。トヨタのような企業がベンチマークを超えられないのは、
ベンチマークがそれだけ強いからともいえるでしょう。
であれば、まずは東証株価指数や日経平均株価に連動するETFなどに投資す
ることを核に据えるのも有益な投資手法です。『日経マネー(7月号)』の調
査によれば、ETF保有者で「過去1年(06年2月〜07年1月)1〜30%のリ
ターン」をあげた人が、保有者のなんと80%にのぼっているそうです。

***********************************************************************
株式投資というと、ついつい個別株投資を思い浮かべます。しかし、ベンチマー
クである日経平均や東証株価指数に連動するETFという投資対象があること、
誰もが投資対象として魅力的と考えがちなトヨタが、実はベンチマークとほと
んど変わらないパフォーマンスだと知っていると、資産運用に大きな差がでる
でしょう。投資をする前に、どの分野にどれほどの資金を投じていくか、そし
て、どうやって資産を増やしていくか、今一度考えてみていただきたいと思い
ます。                            (木下)
***********************************************************************

────────────────────────────────────
●木下晃伸(きのしたてるのぶ)
http://terunobu-kinoshita.com/profile/profile.html 
インベストメント・アナリスト。1976年生まれ、名古屋市出身。中央三井信託
銀行、三菱UFJ投信を経て、現在は独立系資産運用会社(株)ファンドクリエ
ーション所属。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

さらに詳しく勉強をしたい方は、木下氏の無料メルマガをどうぞ。

◎投資脳のつくり方
http://www.mag2.com/m/0000164032.html  平日日刊
日々振りかかる大量の投資情報の中から、選りすぐりの情報をお伝えします。
雑誌「マネージャパン」ウェブ連載のコラム「証券アナリストが斬る!投資に
役立つ3大ニュース」ほか、投資に役立つエッセンスを平日毎日お伝えします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐプレミアム情報
────────────────────────────────────
●月間株式関連書籍ランキング
厳選された情報をお届けする、有料コンテンツ配信サイト『まぐまぐプレミア
ム』から、この1ヶ月で特に人気の株式関連書籍ランキングをご紹介します。

《5位》株式投資これだけはやってはいけない 【2】
http://www.ebookbank.jp/type/ep/intro/HMA602/1-103917/103917/ 
「業績不振株ほど安易な信用売りは危険」などリスクを避け、着実に儲けるた
めのノウハウを伝授。これが賢い投資家への第1歩だ。
【 日本経済新聞社 刊 / 東保裕之 著 / 315円(税込)】

《4位》株取引で1万円の小遣い稼ぎe(良い)投資家になる本入門編
http://www.ebookbank.jp/type/ep/intro/HMA602/1-15029/15029/ 
インターネットでの株取引を行う為の入門書。サラリーマン時代から始めた株
取引の経験を基に、初心者が一番知りたい事柄を紹介。
【 三恵書房 刊 / 長良川昌久 著 / 525円(税込)】

《3位》初心者によってたかってウソ教え これでいいのか株式投資
   〜真実の投資成功裏マニュアル〜
http://www.ebookbank.jp/type/ep/intro/HMA602/1-29028/29028/ 
今すぐに、楽して大金持ちになれる…そんな夢物語を粉砕し、投資には相応の
準備・練習・努力が必要と説く画期的な投資本!
【 キリック 刊 / 今野貴弘 著 / 840円(税込)】

《2位》楽天証券でしっかり儲ける実践ネット株
http://www.ebookbank.jp/type/ep/intro/HMA602/1-26786/26786/ 
「株を始めたものの、なかなか儲からない…」そんな貴方に、最強投資ツール
「マーケットスピード」の使いこなしを完全ガイド!
【 インプレス 刊 / 大竹のり子 編 / 840円(税込)】

《1位》マネー・株式投資術を大前研一に学ぶ(大前研一通信デジタルEditon)
http://www.ebookbank.jp/type/ep/intro/HMA602/1-108072/108072/ 
株はこう買え!年金はこう増やせ!「不安な時代」の勝ち組になる為の“大前
流”資産運用術を分かり易く解説!
【 ジュークブックス 刊 / 大前通信事務局 編 / 525円(税込)】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【NEW】トレンドを掴んで現金1万円を当てよう〜日経平均株価予想ゲーム
────────────────────────────────────
月曜日の日経平均株価の終値を予想し、見事的中させた方に現金1万円をプレ
ゼントするこのコーナー。ただいま5月28日の終値の予想を募集中です。締切
は5月28日の正午です。ぜひぜひご応募ください!

●第1回≪応募受付中≫5月28日の終値の予想をしてください
円は対ドルで3か月ぶりの円安水準を記録し、NYダウは好調で日経平均は下
げる要因が見当たらないようです。さて、あなたはどう予想しますか?


         >>見事的中で1万円プレゼント!コメントも大募集<<
       ★応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=14960&rid=3 

               当選者は来週のこのコーナーで発表します。

 ※正解者が出ない場合、最も予想の近い方1名様を当選者とします。正解
  者が複数の場合は、抽選によって当選者1名様を決定します。


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎ビジネスキーパーソンWebインタビュー
                          http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


┏━━━━ ▽ウィまぐスピードくじ☆毎週10万円が当たります▽ ━━━━┓

 毎週水曜日の午前10時半から、翌週の午前10時半まで開催しているウィまぐ
 スピードくじ。今週も当選者は厳正な抽選により既に決まっています!当選
 者がスピードくじに参加した場合、その場で賞金ゲット!ががっ、参加しな
 かった場合は…当選権利消失で、今週分の10万円は翌週に持ちこされてしま
 います。キャリーオーバーで最高1000万円!今週の当選者はアナタかも!?

   【通常版】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/wmagspeedkuji/tsujo.cgi 
   【仕事中】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/wmagspeedkuji/oshigoto.cgi 

┗━━━━━ △当選してる?当選してない?確認はこちらから△ ━━━━━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネーのまぐまぐ!】2007/05/22 号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『マネー』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 本メルマガ内の記事に基づいてとられた投資行動の結果については、弊社は
 一切の責任を負いません。投資判断は自己責任でお願い致します。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/money.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=money&d=20070522 

まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。
発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【マネーのまぐまぐ!は、転載, 複写, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Money Mag2 ━
マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ