公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2007年05月15日号

印刷用ページ
━ Money Mag2  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  1,051,737 部発行 ━

                   マネーのまぐまぐ! 2007/05/15 号
                       http://money.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●新コーナー『アジア新興国投資ブログ集』がオープンしました!
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
■時代を変える個人投資家を目指せ!元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
 ●中国が日本に対する姿勢を改めた理由
■マネー関連おすすめメルマガ情報
 ●ストックウェザー<Kabu→Jo通信>
 ●月10万円節約!チャッカリ生活アップグレード術
■Publisher's View−FXの注目記事
 ●レバレッジ100倍でも安全!?FXサヤ取り入門
■信頼できる達人に学ぼう!不動産投資エージェント
■【NEW】『アジア新興国投資ブログ集』今週の注目記事
■資産運用の強い味方!投資家必見情報
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
■≪お金に強くなる!≫資格情報
■≪最高25,000円相当≫マネー・ビジネス関連雑誌、年間購読が当ります!
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
 ●“メディア王”マードック氏、ダウに買収提案。加速するメディア再編
■まぐまぐプレミアム情報
■まぐまぐVOW3
 ●出来事2007 〜買い物でビックリ☆エピソード特集

≪最高25,000円相当≫マネー雑誌、年間購読プレゼント!当選者は本文に!
★応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=13444&rid=20 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●新コーナー『アジア新興国投資ブログ集』がオープンしました!
高い経済成長率などから注目を集めているアジア新興市場。リターンが期待で
きる反面、情報の少なさがネックでした。そこで、マネーのまぐまぐ!では、
ベトナム、タイ、中国、インドといったエマージング市場で奮闘する日本人投
資家の生の声を届けする『アジア新興国投資ブログ集』をオープンしました。

各国の現地情報や市況など貴重な情報が満載です!投資の参考にしてください。

      ★アジア新興国投資ブログ集>> http://asiamoney.mag2.com/ 

またメール後半の『【NEW】「アジア新興国投資ブログ集」今週の注目記事』
のコーナーで、膨大な記事の中から特に注目すべきものをピックアップしてご
紹介しています。新興市場への投資に興味のある方は、ぜひご覧ください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
────────────────────────────────────
相場の世界で勝ち組になるためには、価格の変動要因やリスク・リターンなど
の本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あな
たも「相場力UP」を目指しましょう。

                               ≪問題≫
  以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。

●その他の問題
トレードの経験を積み、あなたは相場のリスクを理解するようになりました。
今後、取引の戦略を増やすために信用口座を開設したいと思います。しかし、
個人投資家は信用口座は開設しない方がいいという話も聞きます。どのように
すればいいでしょうか?

(1)一般の投資家は信用口座を開設しない方がいい
(2)空売りはいいが、信用買いは避ける
(3)リスクを理解しているのであれば、信用口座を開設しても問題ない

      ↓《あなたの「相場力」をチェック!解答はウェブページで》↓
              http://money.mag2.com/invest/tradesense/ 


【監修:矢口新(やぐちあらた)】
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。野
村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、債券
のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書『生き残りのディーリン
グ決定版』は、現役ディーラーの“座右の書”として、高い評価を得ている。
現在は証券投資顧問会社社長兼株式ファンド・マネージャー。 

ロングセラー『生き残りのディーリング』が実践版となって改訂!
『実践・ 生き残りのディーリング—変わりゆく市場に適応するための100のア
プローチ』(パンローリング刊 / 四六判350頁 / 2,940円)4月12日発売。

 ◆矢口氏の著書⇒ http://dealersweb.hp.infoseek.co.jp/bookshop.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■時代を変える個人投資家を目指せ!元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
────────────────────────────────────
投資のチャンスを確実にモノにするには、世界にアンテナを張り巡らし、お金
の流れを機敏に察知する必要があります。元外交官の経験を活かし、一味違う
視点で、世界の政治とお金の関係を、リアルタイムで解説します。

●中国が日本に対する姿勢を改めた理由

5月1日に解禁となった三角合併。これのターゲットになるのは重厚長大型の
有名企業、株式でいえば大型株だと思われがちではないだろうか。しかし、実
際に日本経済を支えているのは、地方にあり、そして名もない中小企業である。
これらの会社はどこも優れた技術(ハイテクではなく、むしろローテク)を持っ
た企業であり、もし無くなるようなことが起きれば、日本経済は瞬く間に傾き
沈没する。

現在、日本社会は「少子高齢化」まっしぐらである。地方のこうしたローテク
優良中小企業の経営者たちの多くは、後継者がいないという重大な問題に直面
している。ここに目をつけているのが、中国系のファンドや企業たちなのであ
る。「事業承継」という美名の下、中国勢は今、日本の地方に散らばる企業の
人脈と技術を吸い上げるべく、全力を挙げている。中には、日本の屋台骨を支
える技術力をもった企業もターゲットになっているというのであるから尋常で
はない。———今、日本のローカル経済が危ない。

私は今年1年「金融資本主義の中で生き抜くため、日本人には何が必要なのか」
をテーマに地方行脚を行う予定だ。

                ▼いよいよ調整を迎える中国の経済成長▼
                http://money.mag2.com/invest/kokusai/ 

────────────────────────────────────
世界経済の流れを詳しく知りたい方は原田氏のメルマガをご登録ください。
◎原田武夫国際戦略情報研究所公式メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000228369.html  週刊
元外交官・原田武夫が代表を務める独立系シンクタンク「原田武夫国際戦略情
報研究所」の公式メルマガ。日本で唯一、2007年2月の世界同時株安を的中さ
せた情報収集・分析力で、投資や教育において一歩上を目指す方々をしっかり
サポートします。 

◆無料セミナーはこちら⇒ http://www.haradatakeo.com/seminar.html 
◆新企画セミナーはこちら⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=th0515 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マネー関連おすすめメルマガ情報
────────────────────────────────────
マネーのメールマガジンの中から、2誌ピックアップしてご紹介いたします。

◎ストックウェザー<Kabu→Jo通信>
http://www.mag2.com/m/0000228235.html  不定期
株式投資に関心のある女性のみなさんに読んでいただきたい、上場企業トップ
へのインタビューを中心としたメルマガです。毎回素敵なプレゼントも。個人
投資家向けサイトを運営するストックウェザーがお届けします。<カブ〜ジョ
通信>と呼んでください。
(編)「柳宗理」を扱う鉄の商社。その成功の秘訣とは?投資ヒントが満載!


◎月10万円節約!チャッカリ生活アップグレード術
http://www.mag2.com/m/0000220467.html  週刊
節約って我慢することじゃありません。無理せずチャッカリ、目からうろこの
方法で、節約しながらワンランク上の生活を楽しむ夫婦がお送りする情報です。
(編)1日2回体重を量る、食べた物を全部書く。これぞタダのダイエット法!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Publisher's View−FXの注目記事
────────────────────────────────────
為替の変動は株式や商品先物と比べて小さく、変動を利用する「サヤ取り」に
は不向きと思われがち。しかし、ある条件がそろえば、FXでも高収益を得るこ
とができるんです。26日間で85.7%の収益率を記録した著者が、レバレッジ100
倍でも安全なサヤ取り術を伝授。安定して収益をあげられる“主要9銘柄ペア”
を使って、あなたも安全・確実に資産形成をはじめてみましょう。

………………………………………………………………………………………………
●レバレッジ100倍でも安全!?FXサヤ取り入門

>                             (サヤ取り研究会SIGMA代表 上野ひでのり)

今回は、私が開発したレバレッジ100倍でも安全なFXサヤ取りの概論を一気に解
説してしまいましょう。長文になりますが、サヤ取りの本質論が役に立つと思
いますので、ぜひ最後までついてきてくださいね。

まず結論ですが、主要9銘柄ペアの組み合わせでサヤ取りを行います。主要9
銘柄ペアとは、相関係数が特に高く、安定してサヤ取りの収益が上げられる可
能性が高い銘柄の組み合わせです。その他にも、相関係数が中程度の銘柄の組
合せがありますが、今後補足的に情報提供を行う予定です。

主要9銘柄ペアだけを手掛けても、十分な収益が得られるので、私個人的には、
とりあえずこの銘柄ペアに特化すべきと思います。

            ▼FXサヤ取り主要9銘柄ペアとは?…続きを読む▼
                      http://money.mag2.com/pv/ 

………………………………………………………………………………………………
メールマガジンでは、リスク回避の方法やケーススタディをご紹介しています。
サヤ取りの基本から学びたい方、確実に資産を増やしたい方は、ぜひご登録を!

●成功率97% 大富豪の資産運用<サヤ取り>で億万長者に!
http://www.mag2.com/m/0000203092.html  週刊
わずか9ヶ月で13,587人の成功者を輩出した「伝説のサヤ取りノウハウ」。株
式・商品先物・FX・日経225先物をフルカバー。「サヤ取り」とは、市況に左右
されない一生モノの利殖術。お金に困らない人生を歩みたいあなたは、今スグ
登録しよう。発行者サイトも要チェック!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■信頼できる達人に学ぼう!不動産投資エージェント
────────────────────────────────────
不動産投資は、非常に幅広い知識が求められる投資です。ひとりではなかなか
成功できません。そこで不動産投資エージェントでは、信頼できるパートナー
(不動産会社)をご紹介。物件購入や資金調達のお手伝いをします。
  不動産投資エージェント サイト>> http://www.mag2-ftagent.jp/ 

●空室・家賃下落リスクは物件で決まる!?
不動産投資には空室リスク、家賃下落リスクがあります。空室では家賃が入っ
て来ません。さらに家賃が下落してしまえば深刻な状況に陥る可能性もありま
す。これらのリスクは1つと考えて良いでしょう。

不動産投資を始めるにあたって、非常に重要なポイントになりますので、リス
クの観点から、競争力のある物件を手に入れるための注意点をおさらいします。

              ▼空室・家賃下落リスクは物件で決まる!?▼
        http://www.mag2-ftagent.jp/guide/2007/05/post_22.php 

────────────────────────────────────
◆≪無料≫不動産投資の基本をまとめた特別レポー(全20ページ)プレゼント!
メールアドレスをご入力いただければ、『サラリーマンの為の不動産投資のい
ろは』のダウンロードURLをお送りします。ぜひ今すぐお申し込みください!
申し込みはこちら⇒ http://www.mag2-ftagent.jp/data/index.php#report 

◆「本当に不動産投資を行ってる人はいるのか?」を徹底調査!気になる不動
産投資経験、年齢、規模を徹底的に調査してみました。
調査結果はこちら⇒ http://www.mag2-ftagent.jp/data/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【NEW】『アジア新興国投資ブログ集』今週の注目記事
────────────────────────────────────
ベトナム、タイ、中国、インド…エマージング市場で奮闘する日本人投資家た
ちの「生きた体験談」をマネーのまぐまぐ!が厳選してお届けする『アジア新
興国投資ブログ集』。その中から、注目の記事をご紹介します。

◎≪ベトナム≫越ゲーアン省で鳥インフル感染拡大
http://asiamoney.mag2.com/one/magumagu3998_259.html 
ベトナム中部のゲーアン省で発生した鳥インフルエンザで、アヒル1300羽が集
団死しているのが9日に新たに見つかり、検査の結果、高病原性のH5N1型
ウイルスが検出された。タインニエン(電子版)が伝えた。アヒルが集団死し
たのは、同省フングエンで、地元衛生当局がアヒル8000羽を処分した。

◎≪タイ≫再開港のドンムアン、維持費かさみ赤字
http://asiamoney.mag2.com/one/magumagu3998_257.html 
【タイ】タイの主要空港を運営する国営企業エアポーツ・オブ・タイランド
(AOT)によると、3月に再開港したドンムアン空港(旧バンコク国際空港)が
毎月数千万バーツの赤字を出している。利用者数が以前の5—6分の1の1日
1.8万人程度で、維持費の割に収入が少ないため。

◎≪中国≫最近の中国株相場で痛感したこと!
http://asiamoney.mag2.com/one/magumagu4371_26.html 
中国株投資を始めたころ、中国株の醍醐味はボラティリティ(変動率)の大き
さだと聞いていました。ですから、多少の含み損があっても我慢して保有し続
けたら、いつかは利益が出てくるとも信じていました。しかし、ここまで急騰
するとは思ってもいませんでした。

      ★アジア新興国投資ブログ集>> http://asiamoney.mag2.com/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■資産運用の強い味方!投資家必見情報         [提供:QUICK・MoneyLife]
───────────────────────────────────
金融情報配信のリーディング・カンパニー QUICK が運営する資産運用応援サ
イト MoneyLife の中から、必見の情報をお届けします。

●QUICK株式月次調査結果(5月)
日経平均、半年後の予想が1万8,232円に上昇
        ——新興株安は「割高・過度の期待に対する修正」

QUICKが実施した5月の株式月次調査(QSSレポート)によると、証券
会社や機関投資家の株式担当者による半年後(10月末)の日経平均の予想は、
平均で1万8,232円となった。前回4月調査の半年後(9月末)の予想である
1万7,946円に比べて上昇した。一方、日経ジャスダック平均株価の半年後の
予想は2,158円84銭と、前回調査の2,202円47銭に比べて下落した。

★続きはこちらから ⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=qml0515 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
────────────────────────────────────
マネーのまぐまぐ!では、QUICK 提供の株価指数や日替わりランキング、株式・
投資信託情報など、必要な情報をコンパクトにまとめて、その日の夕方にお届
けする『「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報』を好評配信中です。

5月13日号では、『資産運用の基礎知識 外貨預金』で、外貨預金を行う際に
は、必ず把握しておきたい運用実績の計算の方法を分りやすく説明しています。


   外貨預金は表面金利による利息と為替相場の変動による損益を考慮
   して、預け入れた元金がどれだけ増えたのか(減ったのか)実際の
   運用実績を他の運用商品と比較する際に使用する「実質利回り」の
   計算方法を具体的な例を基に考えてみましょう。

   投資した元本に対して一定期間運用した結果得られた収益の割合を
   実質利回りといいます。外貨預金をそのまま外貨で使用して持ちつ
   づける限り、為替相場(交換レート)を考えず表面金利で算出すれ
   ばよいのですが、外貨預金を円に換算した場合は、払い出し時点の
   為替相場によって円換算額が異なるため、以下のような考え方で実
   質利回りを算出します。 

                ▼実質利回りの計算式は?続きはこちら▼
        http://blog.mag2.com/m/log/0000210496/108546145.html 

       【メールマガジン登録⇒ http://money.mag2.com/nikkan/ 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪お金に強くなる!≫資格情報         [提供:資格のまぐまぐ]
────────────────────────────────────
簡単な問題に答えるだけで、自分の中の隠れた「資格取得力」が判明!毎日、
まじめに働いているうちに、なんとなく専門知識がついたなぁと感じること、
ありませんか?そんな人こそ、ぜひ挑戦してみて。

●実はとれちゃう!?あなたの知らない資格力
      〜これが解けたらビジネス実務法務検定合格!?〜

 新しい債務により、不必要な前の債務を消滅させることを相殺という。
             ○ア:正しい
             ○イ:誤り
        答えはこちら!→ http://study.mag2.com/sikakuryoku/ 

     ◇その他、ビジネススペシャリストが目指せる資格はこちら↓◇
 資格のまぐまぐ→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=stu_money05 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪最高25,000円相当≫マネー・ビジネス関連雑誌、年間購読が当ります!
────────────────────────────────────
連休前後、米ヤフーとロイターに対する買収の提案がありました。やはり海外
は合併やTOBが日常茶飯事みたいですね。買収されやすい会社はPBRが低いこと
が多いようです。持ち株のPBRを一度チェックしてみましょう。マネーのまぐ
まぐでは現在、『マネー・ビジネス関連の雑誌、年間購読のプレゼント』を実
施中です。お好きな雑誌の年間購読をプレゼント!ぜひぜひご応募ください!

       ★応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=13444&rid=4 

    ┌──────────【今週の当選者】───────────┐
           ≪ニックネーム≫                 ≪希望雑誌≫
              秋桜 さん      ・・・・・      日経マネー
    └─────────────────────────────┘

【先週の当選者の声】
ユウ さん(日経ビジネス年間購読当選)
   『まさか当選するとは思っていなかったので素直に嬉しいです♪』

           ※当選者の方には直接メールでもご連絡いたします。
    来週も当選者の方を発表いたしますので、楽しみにお待ちください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
────────────────────────────────────
日々、新聞やテレビをにぎわすニュースをきちんと理解できていますか?疑問
を疑問のままにしていませんか?現役証券アナリストが、ニュースを振り返り、
詳しく解説。株式市場で成功するためのヒントを伝授します!
ウェブサイト⇒ http://money.mag2.com/invest/soubanote/ 

●“メディア王”マードック氏、ダウに買収提案。加速するメディア再編

>                                       木下晃伸(きのした・てるのぶ)
>                                      (株)ファンドクリエーション
>                                       インベストメント・アナリスト

◎世界を揺るがすメディア再編劇、再び

欧米でメディア業界再編の動きが活発になっています。米メディア大手のニュー
ズ・コーポレーション(ニューズ)が、ウォールストリート・ジャーナルなど
を発行する新聞大手の米ダウ・ジョーンズの買収に乗り出すことが5月1日に
明らかになったのです。

買収総額は50億ドル(約6,000億円)の見通し。成功すれば、時価総額でタイ
ム・ワーナーを上回る世界最大のメディア企業が誕生することになります。ダ
ウ・ジョーンズが発行するウォールストリート・ジャーナルは、USAトゥデー
に次いで発行部数全米2位。ニューズには高級紙を傘下に入れ、新聞事業を強
化する狙いがあるのでしょう。

この買収提案を受け、ダウ・ジョーンズ株は35ドル程度だったものが、ニュー
ズの提示した60ドル程度まで、60%以上も急騰しました。

今回の買収提案は、そう簡単にはいかないだろうといった懐疑的な意見も多く
聞かれます。ダウ・ジョーンズは普通株と議決権の強い特殊な株式の2種類の
株を発行しており、特殊な株式は創業一族のバンクロフト家が占有、同家が買
収に反対しているためです。

しかし、投資家であれば、買収を提案したのがニューズである点に注目し、日
本への影響も考えていく必要があります。

ニューズは“メディア王”の異名を持つルパート・マードック氏が率いる複合
企業です。マードック氏といえば、84年ごろは「新聞王」と呼ばれていました。
経営が悪化している新聞社を買い取り、合理化して経費を切り詰め、派手な見
出しや宣伝で発行部数を伸ばす手法に長けた人物です。

そして、85年3月には、ハリウッドの名門映画会社、TCF(二十世紀フォッ
クス・フィルム)の株式50%を取得、念願の米映像産業への進出を果たしまし
た。さらに同年5月には、TCFがテレビ、ラジオ局を数多く持つ放送企業メ
トロメディアの7つの全テレビ放送局を買収し、「新聞王」から「メディア王」
へと変貌を遂げました。

そして、その約10年後の96年、マードック氏の名前が日本でも注目を集めるこ
ととなりました。ソフトバンクの孫正義氏と組み、テレビ朝日の筆頭株主(当
時)で発行済み株式の21.4%を保有する旺文社メディアを買収すると発表した
のです。

このときは、テレビ朝日の大株主であった朝日新聞などの抵抗により、結果的
には買値での売却を余儀なくされました。

しかし、マードック氏は再び日本への上陸を虎視眈々と狙っているようです。
1億2,500万ユーザーを擁する世界最大のSNS「マイスペース」をひっさげ
て日本に上陸すると発表しているのです。

ダウ・ジョーンズへの買収提案で、世界のメディア王がまだまだ現状に満足せ
ず、積極的な買収を行う意思を持っていることが明らかになりました。日本で
の“リベンジ”を狙い、再び動き出す可能性も、否定はできないのです。
                            【ポイント1】


◎世界で起こることは日本でも起こる

世界で起こることは、日本でも起こりえます。多少の時間差はあるでしょうが、
必ず日本にも影響を及ぼす、と考えておくべきでしょう。業界再編というテー
マであれば、日本で5月1日に三角合併が解禁されたことにより、外国資本の
企業が日本企業を買収しやすくなったことも関係します。  【ポイント2】

具体的な例を挙げると分りやすいかもしれません。5月上旬、アルミニウム大
手の米アルコアが、同業の加アルキャンを3兆円かけてTOBすると発表しま
した。アルミニウム加工業界で世界1位の企業が誕生するかもしれないという
再編劇を期待させるものでした。

その影響で、日本でもアルミニウムを手がける住友金属鉱山(5713)株が、
2,600円程度から2,900円程度にまで値上がりするなど、素材関連株が即座に反
応したのです。

新製品の発表や研究開発の成果、設備投資など、株価を占う要素はたくさんあ
ります。しかし、単にディールが発表されただけで世界中の関連する業界の株
価が反応することもあるのです。

上記のアルミニウム業界の動きはその一例です。同じことは今後、メディア業
界でも起こりえます。今世界で起こっていることは日本にもやってくる。少な
くとも、そうした期待、思惑によって株価が動くことは大いに考えられます。

日本でもメディアの再編機運が高まりつつあります。05年話題になったライブ
ドアによるニッポン放送買収劇に始まり、直近では前回のこのコーナーでお伝
えした楽天(4755)のTBS(9401)株取得などがその事例といえます。

※楽天とTBSの問題についてはバックナンバー『ついに全面対決か。楽天の
“仕掛け”でTBSはどう動く?』をご覧ください。
http://money.mag2.com/invest/soubanote/bn047.html 

現状では、テレビ局の場合、大株主に新聞社がいるため、そう簡単には再編劇
は起こらないかもしれません。しかし、世界的な流れは必ず日本にもやって来
ると考え、今から準備を開始しておく必要があるのです。

例えば、金融業界もそうでした。今から10年前、だれが今の金融業界の再編図
を予想できたでしょう。しかし、世界に目を向ければ、金融業界には再編の嵐
が吹き荒れていたのです。その動きが時間を経て日本にもやってきたのです。

だから、金融再編で一番儲けることができたのは外国人投資家でした。一度自
分たちが経験した再編劇が、これから日本でも起こると知っていたから、金融
再編の将来像を描ききれていなかった日本人投資家の多くが二の足を踏む中で、
投資を行い、儲けることができたのです。


◎日本のメディア業界に投資チャンス

上記の通り、マードック氏は20年以上前から積極的にメディア企業の買収を行
い、業界再編の台風の目となってきました。

そうしたメディアの再編劇が、日本では起こらないと言い切ることができるで
しょうか。金融再編の時と同様、今はまだ半信半疑の投資家が多いため、世界
のメディア再編劇の影響で、日本の株価が大きく反応することはありません。

しかし、日本でも同様のことが起こってもおかしくはないと考え、今から準備
を開始したほうが得策だといえるのではないでしょうか。

では、どんな準備をしておけばいいのか。答えは簡単、魅力あるメディア企業
に投資をするという極めてシンプルなものです。具体的には、フジテレビジョ
ン(4676)、日本テレビ放送網(9404)、テレビ朝日(9409)などのキー局に
投資をしておくのです。

また、総務省が検討を進めてきた放送法改正案にも注目する必要があります。
民間放送会社が放送持ち株会社を設立して、複数の局を傘下に置くことができ
るようにする制度改革が検討されています。持ち株会社は、傘下に10局前後の
放送局を置けるようになり、結果的に時価総額を大きく膨らますことにもなり
ます。

総務省の放送法改正案検討の背景には、2011年7月に予定されているデジタル
化への移行があります。デジタル化には多大なコストが必要なため、ローカル
局の経営体力を奪います。そのため、持ち株会社の設立で、キー局が受け皿と
なり、経営負担の軽減を図る、という目的もあるのでしょう。その結果、キー
局に付加価値がますます集まることになります。

世界の大きな潮流を眺めながら、日本でも同じことが起こりうることを前提に
考え、そこに日本固有の事情も加味しておく。メディア再編でいえば、マードッ
ク氏をはじめとする世界的な再編の流れと、放送法改正です。その上で、可能
性に少しだけでも賭け、買収されるだけの魅力のある企業、業種にあらかじめ
投資をしておく。

先が読めないM&A時代だからこそこのような投資姿勢が求められるのではな
いでしょうか。                     【ポイント3】


                   ≪相場が分かる!今日のポイント≫

【ポイント1】
豪州では06年10月にメディア企業への外資出資規制や同一地域でのテレビ局と
新聞社の相互出資上限などを撤廃するメディア新法が成立。7月までに施行さ
れる予定となっています。
そして、豪州で全国放送する民放テレビ局は3社ありますが、このうち2社が
事実上、外資の傘下に入っています。日本でも法改正によって、業界図に激震
が起こる可能性は否定できないのです。


【ポイント2】
資金がグローバルに流れることは非常に素晴らしいことです。声高な外資脅威
論もありますが、三角合併解禁によって、魅力ある日本企業がグローバルマネー
の流入で、今まで以上に高く評価を受けることも十分に考えられるのです。だ
からこそ、グローバルマネーが投資をしたくなる企業に最初から投資をしてお
くことが重要でしょう。


【ポイント3】
地上デジタル放送に移行することによって、現在私たちが見ているアナログ放
送は2011年7月以降、視聴できなくなります。これはすでに発表されている国
の方針。相場格言「国策に売りなし」にもあるように、国が向かう方向に投資
をすることで投資のミスは少なくなります。メディア企業への投資は「国策に
売りなし」が合致するのではないでしょうか。

***********************************************************************
世界の動きを、これほどまで注目していかなければならない時代が今までにあっ
たでしょうか。日本に投資をするにしても、世界の動きが影響してしまう時代
だからこそ、遠い外国の話と思わずに、日本に引き寄せて考えていかなければ、
投資チャンスを見逃してしまいかねません。今回お伝えしたメディア企業の再
編は、このことの絶好の事例といえます。            (木下)
***********************************************************************

────────────────────────────────────
●木下晃伸(きのしたてるのぶ)
http://terunobu-kinoshita.com/profile/profile.html 
インベストメント・アナリスト。1976年生まれ、名古屋市出身。中央三井信託
銀行、三菱UFJ投信を経て、現在は独立系資産運用会社(株)ファンドクリエ
ーション所属。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

さらに詳しく勉強をしたい方は、木下氏の無料メルマガをどうぞ。

◎投資脳のつくり方
http://www.mag2.com/m/0000164032.html  平日日刊
マネー誌「マネージャパン」ウェブコンテンツ。ファンドマネジャー、アナリ
ストとして1,000社以上の上場企業訪問を経験した木下晃伸が、株式投資のヒ
ントを日々のニュースからお伝えします。「株式新聞」連載をはじめ、雑誌掲
載多数。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐプレミアム情報
────────────────────────────────────
厳選された情報をお届けする、有料コンテンツ販売配信サイト『まぐまぐプレ
ミアム』から、4月に最も購読申込数の多かった株式メルマガをご紹介します。

※初めてのご購読の場合、当月無料でお試し購読いただけます。
  詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://premium.mag2.com/aboutcampaign.html 

《5位》『1日3%』1年で資産10倍の教え!銘柄日々配信
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/56/P0005690.html 
日々たった1%の利益で、1年で資産が10倍になります。しかし、資金を全て
1銘柄に突っ込む事はできません。当サイトでは、1銘柄当り3%以上の利益
を獲得し、一年で資産を10倍以上にすることを目的としています。悪質な投資
顧問に騙されている個人投資家を救い、皆様の相場での成功を手助けするため
のメルマガです。まずはWEBをご覧ください。
【 1785円/月(当月無料)/ 日刊 / アフィリエイト公開中 】

《4位》“最強”投資脳のつくり方
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/54/P0005474.html 
真に視覚をつかさどるのは、目ではなく知識である(パンチャタントラ/イン
ドの説話集)本ほど安価に大量の知識を吸収できるものはありません。投資脳
にさらに磨きをかける珠玉の良書を取り上げ、最強投資脳を作りましょう!
【 525円/月(当月無料)/ 毎週水曜日 / アフィリエイト公開中 】

《3位》株・稲妻チャート!ズバリ銘柄予告会員版
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/31/P0003132.html 
あなたは、株で、損ばかりしてませんか?残念ながら、99%の人は、損をして
いるのが現状です。残念なのが、「勝ち組となる、判断基準を、持っていない
こと」です。株の投資における「判断基準」とは、「信頼できる情報」です。
数々の実績を、あげてきた、「テクニカルチャート43年」のデータと、プロの
投資顧問の判断基準」を、あなたも、持つことができたなら…トップ1%の勝
ち組への切符を手にすることでしょう。 
【 8190円/月(当月無料)/ 毎週日・水曜日 / アフィリエイト公開中 】

《2位》なぜ、この会社の株を買いたいのか?
     〜年率20%を確実にめざす投資手法を公開〜
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/50/P0005007.html 
ビジネス誌・マネー誌・テレビに登場するアナリスト、木下晃伸(きのした・
てるのぶ)が責任編集のメールマガジン。年率20%を確実にめざすためには、
銘柄選択を見誤るわけにはいきません。日々上場企業を訪問取材している木下
晃伸が、投資に値する会社を詳細に分析、週1回お届けします。
【 2100円/月(当月無料)/ 毎週土曜日 / アフィリエイト公開中 】

《1位》IPOチャレンジャーIPO(新規公開株)当選戦略とノウハウ
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/55/P0005597.html 
IPO(新規公開株)を入手するためのノウハウ、戦略、申し込みのコツやアドバイ
ス・アメリカナスダック(NASDAQ)IPO概況、初値、銘柄紹介・分析を毎週お届け
するメルマガです。Q&A形式でご質問にも随時公開回答します!!「IPOノウハウ
本の内容はどれも同じ」「高い商材を買うのは心配」「新しい手法を模索して
いる方」!!無料期間に是非ご検討ください。
【 294円/月(当月無料)/ 毎週月曜日 / アフィリエイト公開中 】

◇株式メルマガをすべてチェックしたい方はこちらをご覧ください。
http://rd2.mag2.com/r?aid=13319&rid=1 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【発売中!本屋さんはいつも買い物袋が腕に食い込んでる】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm 

●出来事2007 〜買い物でビックリ☆エピソード特集
安いパソコンを探しに秋葉原に行ってきました。さすがの品揃え!目移りし
て、結局選べませんでした。が、なぜかマウスとキーボードは購入。別に必
要はなかったんですが、なんか手ぶらだと秋葉原という街に負けた気がして…。
                             (オサム)

         ☆今回は過去の投稿からピックアップ☆

○スーパーで3歳の娘を連れて買い物中、見知らぬ上品そうなオバサマが話し
かけてきた。「カワイイわねぇ、いくつ?」などと娘に聞いたあと、ふと私の
お腹の辺りを指差して、「あら、お作りになったの?」と尋ねてきた。確かに
出産間近でデカイ腹はしているが、あまりにもロコツな言い方にギョッとしな
がら「ハイ…作りました…」と赤面で答えると、オバサマはニッコリ。「上手
ねぇ。私も編み物は大好きなの♪」。肩から掛けたショールの事だった。
                        (作ったのは子供だけ)

○テレビから「小学生からネット買い♪」という歌が流れてきた。「オイオイ、
小学生でもうネットで買い物かよ。そういう時代なのかぁ?でもそんなことを
テレビで言わんでも」と思ったら「小学生からZ会」だった。    (40)

○小学校高学年の頃。「サンタさんはいないよぅ」と周りに言いつつも、心の
片隅ではサンタさんからのプレゼントを期待していました。しかし、クリスマ
スイブの数日前、滅多に買い物に連れて行ってくれない母から「買い物行くよ」
のお誘い。黙ってついて行くと、「××(妹の名)はまだサンタさんを信じて
るみたいだから言わないでね」と、妹のプレゼントを選ばされた。
少し大人になった喜びより、サンタさんはいないという真実を突きつけられた
悲しさが…。いまだにクリスマス前になると胸がドキドキする。

○近所の家電量販店で、「イナズマテレビ下さい。イナズマテレビ、でっかい
画面のヤツ」と興奮気味に買い物をしているおばあちゃんを見ました。
                             (うたさん)

○スーパーで買い物をし、レジで精算してもらっていると、後ろに並んでいた
女性の子どもがレジの女性に元気良く「くださーい!」と言った。レジの女性
が「お菓子かな?(順番を)待っててね」と答えると子どもは、「お金くださー
い。お母さんがね、お金ないっていうからお母さんにあげるのでお金くださー
い」。レジの女性は「お金は私もほしいなぁ」と答えて笑って切り替えしたが、
気の毒すぎてお母さんの方を見ることができなかった。    (こげめし)


【投稿募集中】人生はドラマ。あなたの身の回りにもさまざまなドラマが転
 がっているはず。そんなドラマを短い文字列にギュッと凝縮して、送って
 下さい。投稿は http://www.mag2vow.com/toukou.html (出来事2007)へ!


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎ビジネスキーパーソンWebインタビュー
                          http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


┏━━━━ ▽ウィまぐスピードくじ☆毎週10万円が当たります▽ ━━━━┓

 毎週水曜日の午前10時半から、翌週の午前10時半まで開催しているウィまぐ
 スピードくじ。今週も当選者は厳正な抽選により既に決まっています!当選
 者がスピードくじに参加した場合、その場で賞金ゲット!ががっ、参加しな
 かった場合は…当選権利消失で、今週分の10万円は翌週に持ちこされてしま
 います。キャリーオーバーで最高1000万円!今週の当選者はアナタかも!?

   【通常版】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/wmagspeedkuji/tsujo.cgi 
   【仕事中】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/wmagspeedkuji/oshigoto.cgi 

┗━━━━━ △当選してる?当選してない?確認はこちらから△ ━━━━━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネーのまぐまぐ!】2007/05/15 号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『マネー』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 本メルマガ内の記事に基づいてとられた投資行動の結果については、弊社は
 一切の責任を負いません。投資判断は自己責任でお願い致します。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/money.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=money&d=20070515 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【マネーのまぐまぐ!は、転載, 複写, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Money Mag2 ━
マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ