公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2007年04月17日号

印刷用ページ
━ Money Mag2  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  1,055,721 部発行 ━

                   マネーのまぐまぐ! 2007/04/17 号
                       http://money.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
■時代を変える個人投資家を目指せ!元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
 ●外資の仕掛けではじまる国内銀行の大再編劇
■マネー関連おすすめメルマガ情報
 ●お得な住宅ローン、損しない住宅ローンを組みましょう
 ●外為☆フライデー
■アキのイチ押し!今週の必読メルマガ
 ●それいけ☆投資セミナーズ!
 ●ハロー!株式
■信頼できる達人に学ぼう!不動産投資エージェント
■資産運用の強い味方!投資家必見情報
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
■≪お金に強くなる!≫資格情報
■≪最高25,000円相当≫マネー・ビジネス関連雑誌、年間購読を当てよう!
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
 ●急増する自社株買いは本当に株価上昇の要因か
■まぐまぐプレミアム情報
■まぐまぐVOW3
 ●出来事2007 〜 郵便局☆エピソード特集

≪最高25,000円相当≫マネー誌の定期購読が当ります!当選者は本文に!
★応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=13444&rid=20 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
────────────────────────────────────
相場の世界で勝ち組になるためには、価格の変動要因やリスク・リターンなど
の本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あな
たも「相場力UP」を目指しましょう。

                               ≪問題≫
  以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。

●その他の問題
これまで相場がうまくなかった知人が、システムトレードで利益が出せるよう
になったと言っています。システムトレードというのは市販や、自分で作った
エクセルのプログラムで過去の値動きを検証し、最適な売買を行う方法だそう
です。あなたは今のところ大きな損失もなく、相場の世界で生き残れています。
自分もシステムトレードを使うべきでしょうか?

(1)システムトレードは曖昧さがなく相場に役立つので自分も使う
(2)システムトレードは柔軟性がないので役に立たない
(3)システムトレードを勉強し、参考にはするが、頼らない

      ↓《あなたの「相場力」をチェック!解答はウェブページで》↓
              http://money.mag2.com/invest/tradesense/ 


【監修:矢口新(やぐちあらた)】
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。野
村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、債券
のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書『生き残りのディーリン
グ決定版』は、現役ディーラーの“座右の書”として、高い評価を得ている。
現在は証券投資顧問会社社長兼株式ファンド・マネージャー。 

ロングセラー『生き残りのディーリング』が実践版となって改訂!
『実践・ 生き残りのディーリング—変わりゆく市場に適応するための100のア
プローチ』(パンローリング刊 / 四六判350頁 / 2,940円)4月12日発売。

 ◆矢口氏の著書⇒ http://dealersweb.hp.infoseek.co.jp/bookshop.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■時代を変える個人投資家を目指せ!元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
────────────────────────────────────
投資のチャンスを確実にモノにするには、世界にアンテナを張り巡らし、お金
の流れを機敏に察知する必要があります。元外交官の経験を活かし、一味違う
視点で、世界の政治とお金の関係を、リアルタイムで解説します。

●外資の仕掛けではじまる国内銀行の大再編劇

金融機関をめぐる不祥事が絶えないが、それらがすべて「仕掛けられたもの」
かもしれないと考えるとモノの見方が変わってくる。メールマガジン『元外交
官・原田武夫の「世界の潮目」を知る』や、原田武夫国際戦略情報研究所公式
ブログでもお伝えしてきているように、相次ぐ内紛、不完全なシステム統合な
ど、最近ではあまり評判の芳しくない日本の銀行業界についても、「仕掛ける
側」である外国人の目からみると、宝の山のように見えてくる。

1つ例を挙げてみることにしよう。4月7日付のスイス紙「フィナンツ・ウン
ト・ヴィルトシャフト」は「M&Aが日本の株式市場に刺激を与える」と題す
る大きな記事の中で、日本におけるM&Aの数が対前年比をはるかに上回る可
能性が出てきていることを伝えている。そして、その流れの中で最も注目され
るセクターとして銀行業界を掲げ、「再編劇が予想される」とした上で、読者
である個人投資家たちに注目を呼び掛けているのだ。

                 ▼欧州が日本の銀行に興味を示す理由▼
                http://money.mag2.com/invest/kokusai/ 

────────────────────────────────────
◆原田氏の新メルマガ、創刊!登録はこちら
◎原田武夫国際戦略情報研究所公式メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000228369.html  週刊
元外交官・原田武夫が代表を務める独立系シンクタンク「原田武夫国際戦略情
報研究所」の公式メルマガ。日本で唯一、2007年2月の世界同時株安を的中さ
せた情報収集・分析力で、投資や教育において一歩上を目指す方々をしっかり
サポートします。 

◆原田武夫氏の最新刊はこちら⇒ http://www.haradatakeo.com/library.html 
◆第4回無料セミナーはこちら⇒ http://www.haradatakeo.com/seminar.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マネー関連おすすめメルマガ情報
────────────────────────────────────
マネーのメールマガジンの中から、2誌ピックアップしてご紹介いたします。

◎お得な住宅ローン、損しない住宅ローンを組みましょう
http://www.mag2.com/m/0000226058.html  週刊
住宅ローンの取扱日本一だった元銀行員(現在は趣味でファイナンシャルプラ
ンナーをしている)がお得になる住宅ローン、損しない住宅ローンの組み方を
解き明かしていきます。
(編)用意すべき頭金はどれくらい?住宅ローンを組む前に知るべき事が満載!


◎外為☆フライデー
http://www.mag2.com/m/0000219497.html  週刊
為替市場一週間の動向及び翌週の為替ポイントを掴むなら、金曜日ならではの
メルマガ、是非チェックしてみてはいかがでしょうか!初心者のための情報や
おもしろいコラムも連載!
(編)平日忙しい人も、週末に効率よくマーケット情報や要人発言をチェック!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アキのイチ押し!今週の必読メルマガ[マネー]
────────────────────────────────────
マネー分野の必読メルマガをピックアップしてご紹介します!

●それいけ☆投資セミナーズ!
http://www.mag2.com/m/0000050199.html  週刊+特別号
投資セミナー開催情報総合マガジン。株式・投信・225先物・為替・商品先物・
経済・不動産投資のセミナー開催情報を一同に紹介。投資を学びたい方は必読
のマガジンです![2004年12月、まぐまぐ殿堂入り]

●ハロー!株式
http://www.mag2.com/m/0000059907.html  日刊朝夕2回
読者数2万人。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初
歩のパソコン」等にも紹介され、「まぐまぐ大賞2006マネー部門第1位!」、
「まぐまぐ殿堂入り」の超人気メルマガです。プロが分かりやすく語る株式相
場見通し・ノウハウは必見!


(編)髪の毛が湿気のせいで大幅反発!仕事中ずっと押さえつける手ともみ合っ
てます。重力に逆らいすぎっ!一度気にすると止まらないタイプです。(アキ)


           ☆★  投資ジャンルの定番メルマガならコチラ!  ★☆
            ≫≫ http://rd2.mag2.com/r?aid=10453&rid=3  ≪≪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■信頼できる達人に学ぼう!不動産投資エージェント
────────────────────────────────────
不動産投資は、非常に幅広い知識が求められる投資です。ひとりではなかなか
成功できません。そこで不動産投資エージェントでは、信頼できるパートナー
(不動産会社)をご紹介。物件購入や資金調達のお手伝いをします。
  不動産投資エージェント サイト>> http://www.mag2-ftagent.jp/ 

●儲かる物件、儲からない物件の違いとは?
不動産投資は本当に儲かるのか——。そんなギモンを持たれている方も多いで
しょう。ご存知の方も多いと思いますが、不動産投資では、収益物件といわれ
る不動産を購入します。その物件を賃貸に出し、賃料収入を得ることでお金を
稼ぐ投資です。この賃料収入のことをインカムゲインと言います。

また一方で購入した不動産を転売し、転売益を得ることもできます。この転売益
はキャピタルゲインといいます。

              ▼儲かる物件、儲からない物件の違いとは?▼
        http://www.mag2-ftagent.jp/guide/2007/04/post_17.php 

────────────────────────────────────
◆誰に相談して良いか分からない…。そんな場合は「投資ニーズ登録」をしよ
う!あなたの「投資ニーズ」に、プロの不動産投資エージェントが提案をしま
す。あなた投資戦略を構築する材料にしてみてはいかがですか?
投資ニーズ登録はこちらから⇒ http://www.mag2-ftagent.jp/needs/ 

◆「本当に不動産投資を行ってる人はいるのか?」を徹底調査!気になる不動
産投資経験、年齢、規模を徹底的に調査してみました。
調査結果はこちら⇒ http://www.mag2-ftagent.jp/data/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■資産運用の強い味方!投資家必見情報         [提供:QUICK・MoneyLife]
───────────────────────────────────
金融情報配信のリーディング・カンパニー QUICK が運営する資産運用応援サ
イト MoneyLife の中から、独自取材による必見の投資情報をお届けします。

●世界経済の動きで選ぶ投資信託

「世界経済の動きで選ぶ投資信託」は、数ある投資信託の中からお目当ての銘
柄を簡単に探すことができる検索ツールです。

投資信託は、株式、債券など投資する対象のほか、国や地域の違い、経済情勢
などによって運用成果が変わってきます。「これから世界的に金利が上昇する
としたら?」「中国やインドなどBRICsの経済成長が今後も続くとしたら?」
さて、そんな時、どんな投資信託を選べばよいでしょうか?この検索ツールを
使って、今後の経済の動きを自分なりに思い描き、投資信託の選択に役立てて
みてください。

  ★続きはこちらから⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=qml0417 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
────────────────────────────────────
マネーのまぐまぐ!では、QUICK 提供の株価指数や日替わりランキング、株式
・投資信託情報など、必要な情報をコンパクトにまとめて、その日の夕方にお
届けする『「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報』を好評配信中です。

4月12日号では「月イチ相場見通し調査−4月−株式 」をお届け。証券会社
の担当者らの半年後の株価の見通しをご紹介しています。

   QUICKが実施した4月の株式月次調査(QSSレポート)
   によると、証券会社や機関投資家の株式担当者による半年後
   (9月末)の日経平均の予想は平均で1万7953円となった。
   前回3月調査の半年後(8月末)の予想である1万8004円に
   比べて小幅ながら下落した。

           ▼プロが注目する株価変動要因とは?続きはこちら▼
        http://blog.mag2.com/m/log/0000210496/108445899.html 

       【メールマガジン登録⇒ http://money.mag2.com/nikkan/ 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪お金に強くなる!≫資格情報         [提供:資格のまぐまぐ]
────────────────────────────────────
簡単な問題に答えるだけで、自分の中の隠れた「資格取得力」が判明!毎日、
まじめに働いているうちに、なんとなく専門知識がついたなぁと感じること、
ありませんか?そんな人こそ、ぜひ挑戦してみて。

●実はとれちゃう!?あなたの知らない資格力〜これが解けたら社労士合格!?〜

  生後1年に満たない生児を育てている場合には、男女とも1日2回
  各30分間の育児時間を請求することができることとされている。
             ○ア:正しい
             ○イ:誤り
        答えはこちら!→ http://study.mag2.com/sikakuryoku/ 

       ◇資格概要や合格率、受験資格など社労士情報満載!◇
  資格のまぐまぐ 社労士情報→ http://study.mag2.com/c_002.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪最高25,000円相当≫マネー・ビジネス関連雑誌、年間購読を当てよう!
────────────────────────────────────
毎年ゴールデンウィーク前は相場が軟調になると言われています。やはり連休
にお金を使うための換金が理由なのでしょうか?ゴールデンウィークはマーケッ
トもお休みです。日頃なかなかできない投資の勉強をしてみてはいかがでしょ
うか?マネーのまぐまぐでは現在、『マネー・ビジネス関連の雑誌、年間購読
のプレゼント』を実施中です。お好きな雑誌の年間購読をプレゼント!

    ┌──────────【今週の当選者】───────────┐
           ≪ニックネーム≫                 ≪希望雑誌≫
           racchi-111 さん     ・・・・・    会社四季報
    └─────────────────────────────┘
           ※当選者の方には直接メールでもご連絡いたします。
   来週も当選者の方を発表いたしますので、楽しみにお待ちください!

【先週の当選者の声】
kumi さん(日経EW年間購読当選)
   『先日漢方のサイトで入浴剤が当たったので、今回は無理かもと思いつつ
     駄目もとで応募させていただきました。本当にありがとう』

                       ≪選べる雑誌は12種類≫
      会社四季報、日経マネー、ザイなど、投資に役立つ書籍をご用意
       ★応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=13444&rid=4 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
────────────────────────────────────
日々、新聞やテレビをにぎわすニュースをきちんと理解できていますか?疑問
を疑問のままにしていませんか?現役証券アナリストが、ニュースを振り返り、
詳しく解説。株式市場で成功するためのヒントを伝授します!
ウェブサイト⇒ http://money.mag2.com/invest/soubanote/ 

●急増する自社株買いは本当に株価上昇の要因か

>                                       木下晃伸(きのした・てるのぶ)
>                                      (株)ファンドクリエーション
>                                       インベストメント・アナリスト

◎自社株買いが過去最高を記録

企業の自社株買いが急増しています。野村証券金融経済研究所が07年4月に発
表したデータによると、06年度の自社株買いは総額約7兆5,000億円と前年度
より5割近く増え、過去最高を更新しました。実施企業数も、前年度より53社
増の654社で、4年ぶりに増加に転じました。

自社株買いとは、企業が自社の株式を市場などで買い付けることです。市場で
の流通株数が減少し需給が改善するため、株価を適当な水準に回復させる効果
があるといわれています。また、利益が一定で流通する株数が減れば、1株あ
たりの利益率は高くなります。そのため、株主還元策として捉えられることが
多くあります。

自社株買いを実施した企業上位をみてみると、三菱ケミカルホールディングス
(4188)やトヨタ自動車(7203)、アステラス製薬(4503)など12社が1,000
億円以上を投入しています。また、その中には、武田薬品工業(4502)やキヤ
ノン(7751)など、初めて自社株買いを実施した企業が含まれていることも注
目すべき点です。

また、第一三共(4568)は2010年3月期を最終年度とする3ヵ年中期経営計画
で、その間の総還元性向(配当と自社株買いの合計額が連結純利益に占める割
合)を100%にするという目標を掲げています。

このように、最近では大型の自社株買いがトレンドとなり、株主還元策として
歓迎される傾向にあります。               【ポイント1】


◎自社株買いはなぜ増えるのか?

ではなぜ、自社株買いが急増しているのでしょう。企業が株主還元を真剣に考
え始めたというのはもちろんですが、法改正により自社株買いがやりやすくなっ
たことも大きな要因です。

元々、自社株買いは株式消却やストックオプションなどの目的でのみ認められ
ていました。それが01年の商法改正で、目的を定めず金庫株とすることが可能
となったのです。

また、03年の商法改正では、これまで株主総会の承認が必要だったものが、取
締役会が一定の範囲内で自社株買いを実施できるようになりました。

加えて、企業業績が好転。それまで不況、業績不振に苦しんでいた時期は、借
入金の返済などが優先されましたが、自社株買いを実施する余裕が企業にも生
まれ、手元資金を有効活用し資金効率を高めるべく、自社株買いに向かってい
るわけです。                      【ポイント2】

日本企業が、三角合併の解禁に象徴される本格的なM&A(企業の合併・買収)
時代に直面していることも忘れてはならない要因です。豊富な手元資金は「資
産を有効活用していない」と批判される上、それを目当てにした買収のリスク
もあります。

例えば、自社株買い付け金額が大きい医薬品業界は、時価総額で外資に大きく
差をつけられています。日本で一番規模が大きい武田薬品工業でも、医薬品企
業売上高世界ランキングでは16位。外資による買収リスクを避けるために、豊
富な手元資金を活用し、自社株買いで需給を改善し、株価を上昇させようとし
ているのでしょう。

医薬品以外では、鉄鋼大手の自社株買いが目立ちます。実施予定分も含めると、
新日鉄(5401)、JFE(5411)、住金(5405)、神戸製鋼所(5406)、日新
鋼(5407)の今期の自社株買い総額は4,454億円で過去最高となる見通しです。
これだけ巨額の自社株買いを行う背景には、世界的に業界再編が活発になって
いることがあるのでしょう。


◎「自社株買い=株価上昇」は成立するか?

一般的には、自社株買いの結果として株価が上昇するといわれています。しか
し、経済学を学んだことがある方は、「自社株買いは株価に中立」と学んだこ
とがあるかもしれません。

ただし、これは「完全市場」と呼ばれる前提があった場合。完全市場とは、無
税で、市場参加者が常に同じ情報を共有し、無リスクかつ自由に資金の借入・
貸付ができ、市場の需給不均衡は瞬時に解消されるという市場のことです。

しかし、実際にはそんなことはありえません。例えば、市場参加者が常に同じ
情報を共有しているという前提などは、常識的には考えられません。そのため、
自社株買いでは「アナウンスメント効果」から株価が上昇することがあります。

外部投資家よりも情報量に長けている当事者が、自社の株式を買うわけですか
ら、彼らが実際の企業価値よりも市場の価格が低いと考える根拠があるはずで
す。少なくとも部外者はそう考えるのが自然です。

その結果、自社株買いの発表が、最も多く情報を持っている当事者が「うちの
株価は割安ですよ」とアナウンスしている効果を持つのです。結果、買いが集
まり、株価が上昇することがあります。

しかし、自社株買いは、経営陣の意思表示の1つ。投資をしようと考えている
会社が将来どうなっていくか、という大きな流れをつかんでいなければ、いく
ら自社株買いをしても株価が上がらないケースにぶつかることがあるでしょう。

キヤノンを例にみてみましょう。07年2月と3月に初めて2,000億円にのぼる
自社株買いを実施しました。同社の株価をみてみると、第1回の1,000億円分
の自社株を完了した3月9日終値が6,290円で、実施前の2月16日の6,550円を
下回っています。

上海発の世界同時株安の影響もあったでしょうが、第2回の自社株買いが発表
された3月9日以降の値上がり率も、日経平均の値上がり率と大差ないことを
みると、自社株買いの株価への影響は決して大きなものではなかったといえる
でしょう。

その理由として考えられるのが、自社株買いの資金の出所です。

キヤノンは東芝(6502)と共同で次世代薄型テレビのディスプレイ「SED」
の量産に向け年内にも数千億円を投資する計画を立て、資金の準備を進めてき
ました。しかし、SEDの関連技術の供与を受けている米社との特許訴訟が難
航し、東芝との量産計画は撤回に追い込まれてしまいました。

そこで当初予定していた投資資金を自社株買いに回したのでは?という見方が
出てきたのです。ですので今回の自社株買いが積極的に評価されず、結果とし
て株価もあまり上昇しなかったという考え方もできます。

自社株買いは確かに、増配と並び株主を向いた施策といえます。しかし一方で、
高い株主還元率は、稼いだ利益を次のビジネスに向けて再投資するという成長
戦略を描ききれていないことの裏返しともいえます。

キヤノンの場合が実際にどうだったのかは分りません。取得した自社株を将来
のM&Aなどにも活用するといわれており、「成長戦略を描けていない」と言
い切ることはできません。

しかし、「自社株買い=株価上昇」と単純に考えられないことは分るでしょう。
自社株買いも企業各々の経営戦略の一環です。それがその企業にとってどのよ
うな意味を持つのか見極める必要があるのです。

自社株買いは確かに目先の材料になりえます。しかし、投資の基本はやはり企
業を研究することではないか、と私は考えます。      【ポイント3】


                   ≪相場が分かる!今日のポイント≫

【ポイント1】
自社株買いの進捗率向上が株高を支えているという指摘もあります。予定とし
て発表された自社株買い枠のどれだけが、実際に実施されたかをみる進捗率
(金額ベース)は、4年前の30%台から06年度には83%まで急激に改善してい
るのです。自社株買いをするというアナウンスだけで実際には取得しない「裏
切り」が少なくなり、株式市場が自社株買いを好材料として捉えるようになっ
てきたのかもしれません。

【ポイント2】
株主還元が景気回復の恩恵だとすると、給与上昇も同様です。日本経済新聞社
がまとめた07年賃金動向調査(一次集計、4月3日時点)によると、主要214
社の賃上げ率(月例給与の上昇率)は3年連続で上昇し、前年比0.05ポイント
高い1.72%になったといいます。すでに初任給を引き上げる動きも出てきてお
り、株主還元と共に景気回復の指標として注目しておく必要があります。

【ポイント3】
「自社株買い=株価上昇」という単純な構図は、「株式分割=株価上昇」とい
う構図を思い出させます。経営戦略の一環であることを忘れてしまうと、単な
る株式投資のテクニックとなってしまいます。自社についての詳細な情報を持っ
てしても、業績の修正などは頻繁に起こります。経営陣が割安だと考えて自社
株買いを発表した、だから買い、という単純な投資はくれぐれも注意したいと
ころです。

***********************************************************************
自社株買いの結果、株価がどう動くかを予想するのは非常に難しいことです。
そのため、自社株買いは、経営戦略と結びつけて考える癖をつけたいですね。
キヤノンは分かりやすいですが、本当に自社株買いが最も優先順位が高い選択
なのかを問いかけながら、投資すべきかの決断をすることが必要だと思います。
                               (木下)
***********************************************************************

────────────────────────────────────
●木下晃伸(きのしたてるのぶ)
http://terunobu-kinoshita.com/profile/profile.html 
インベストメント・アナリスト。1976年生まれ、名古屋市出身。中央三井信託
銀行、三菱UFJ投信を経て、現在は独立系資産運用会社(株)ファンドクリエ
ーション所属。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

さらに詳しく勉強をしたい方は、木下氏の無料メルマガをどうぞ。

◎投資脳のつくり方
http://www.mag2.com/m/0000164032.html 

個別銘柄について知りたい方には有料メルマガをおすすめします。
※初めてのご購読の場合、当月無料でお試し購読いただけます。

◎なぜ、この会社の株を買いたいのか?
  〜年率20%を確実にめざす投資手法を公開〜
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/50/P0005007.html 
まぐプレ総合ランキング第5位の人気メルマガ。映像を通じたネットセミナー
をご覧いただき、銘柄選択に直結するファンダメンタルズ分析の方法を徹底的
にお伝えします。

◎“最強”投資脳のつくり方
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/54/P0005474.html 
次回は『感動をつくれますか?』をお送りします。株価が上昇するにも「株価
が上がるための物語」が必要。音楽家久石譲氏の考えをお伝えすることで、株
価が上昇する物語に共通する考え方が身につくことでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐプレミアム情報
────────────────────────────────────
厳選された情報をお届けする、有料コンテンツ販売配信サイト『まぐまぐプレ
ミアム』から、4月創刊のマネー関連メルマガをご紹介します。

※初めてのご購読の場合、当月無料でお試し購読いただけます。
  詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://premium.mag2.com/aboutcampaign.html 

●日経225先物をずばり予想!
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/58/P0005817.html 
日経225先物の予想情報って少なくありませんか!?コツコツ勝つ為の情報、
寄り付き前にその日の予想を独自に指標として配信します!気軽な情報源とし
てどうぞ!
【4/2創刊、2100円/月 (税込)、毎週月〜金曜日(祝祭日・年末年始除く)】

●高感度FXエントリーツール ヒカルのMACD+
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/58/P0005808.html 
ヒカルのMACD(感度を上げるため、日足のMACDの設定を通常より短期
にカスタマイズしたもの)のNYクローズ時の売買サインに、解説や予想をプ
ラスしてお知らせします。検証実績の報告もあります。対象通貨ペアはクロス
円&ユーロドルです。エントリー(新規)専用のため、決済には使えません。
【4/2創刊、525円/月 (税込)、毎週月〜金曜日(年末年始除く)】

●お金の増やし方〜FX投資、情報ビジネス、起業などの情報から融資まで
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/57/P0005767.html 
各種マスコミなどでもおなじみの行政書士の沖田が身をもって体験したお金の
増やし方について配信していきます。お金の投資の方法、起業の方法など分野
は問いません。その時々で一番おいしいと思う情報をお伝えします。当面は為
替の情報が多くなると思います。
【4/25創刊、1575円/月 (税込)、毎月25日】

●オフいこ株予想大会
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/58/P0005805.html 
ここでは「1週間で儲ける株予想」というスタイルで、月曜日に買い注文を出
して、翌月曜日に売り注文を出して儲かる株予想に、5人の予想師が挑んでい
ます。ナンバーズ&ロト予想、競馬予想も同時公開!
【4/2創刊、630円/月 (税込)、毎週月〜金曜日(祝祭日・年末年始除く)】

●eワラントシグナル
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/57/P0005714.html 
デリバティブ商品であるeワラント。ハイリスク、ハイリターン商品なのです
が、株価の動向を呼んで、トレンドを分析すればうまく利益を出せるのです。
ブログ上で原資産の売買シグナルを提供していますが、さらに踏み込んでどの
回号がおすすめなのかをお届けします。忙しい方への配信を目的としています
ので、携帯で登録していただいても大丈夫です。 
【4/1創刊、840円/月 (税込)、毎週日曜日(年末年始除く)】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【発売中!近く本屋さん切手は必ず二度舐める】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm 

●出来事2007 〜 郵便局☆エピソード特集
大学時代の仕送りは郵便口座に振り込まれていました。「郵便局より銀行の
ほうが便利だから口座変えて」と親に言うと、「あんた、もう実家のこと忘
れたんか」と怒られました。家の周りは田んぼばっかり。唯一の金融機関が
郵便局でした。当時はまだコンビニATMとかなかったし…。 (オサム)


         ☆今回は過去の投稿からピックアップ☆

○田舎に引っ越した両親が、郵便局に行ったときのこと。郵便局は「札」とい
う地名のところにあるので、道ゆく人に「あの、札に行くには、どっちにいっ
たらいいですか?」とたずねた。
聞かれた人はびっくりした様子でしたが、丁寧に行き方を教えてくれたが行っ
てみると、なんとそこは交番!分らないから交番で聞きなおせって意味だった
のか?それとも「札(ふだ)」を「サツ」と読んだのがいけなかったのか?
                              (ひmeko)

○年賀欠礼状を出すため、郵便局に切手を買いに行った。「弔事用切手100枚
ください」といったら、局員さんが事務所の奥へ行ってシートで持って来てく
れた。「切手の大人買い!」と喜んでしまった自分が情けない。  (だる)

○子供の手遊び歌の中で「グ〜チョキパーで♪グ〜チョキパ〜で♪何作ろう〜
何作ろう〜♪右手がパーで左手がパーでちょうちょ〜♪ちょうちょ〜♪」とい
う歌詞がある。先日、所用で郵便局へ行った時、2歳になる娘が元気に歌って
いた。「グ〜チョキパ〜で♪右手がパーで私はパーで♪」。知ってるよ、そん
なこと。                          (パー子)

○郵便局のATMで、「いらっしゃいませ」と言い終わらせないように急いで
カードを入れ、「いらっしゃい!」とイキのいい寿司屋調のあいさつを受ける
のが私の絶対的なこだわりである。              (迷い猫)

○小学校の頃、「郵便局の赤い収集車が走っているのを見た時に願い事を言う
と叶う」というおまじないが流行った事がありました。ある日、学校の帰り道
を歩いていると向こうからあの特徴のある赤い車体が!友達と一緒に思い付く
限りの願い事を言った後、通り過ぎた車の横を見たら思いっきり「コカ・コー
ラ」の文字が踊っていました…。            (しんいちろー)


【投稿募集中】人生はドラマ。あなたの身の回りにもさまざまなドラマが転
 がっているはず。そんなドラマを短い文字列にギュッと凝縮して、送って
 下さい。投稿は http://www.mag2vow.com/toukou.html (出来事2007)へ!


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎ビジネスキーパーソンWebインタビュー
                          http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


┏━━━━ ▽ウィまぐスピードくじ☆毎週10万円が当たります▽ ━━━━┓

 毎週水曜日の午前10時半から、翌週の午前10時半まで開催しているウィまぐ
 スピードくじ。今週も当選者は厳正な抽選により既に決まっています!当選
 者がスピードくじに参加した場合、その場で賞金ゲット!ががっ、参加しな
 かった場合は…当選権利消失で、今週分の10万円は翌週に持ちこされてしま
 います。キャリーオーバーで最高1000万円!今週の当選者はアナタかも!?

   【通常版】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/wmagspeedkuji/tsujo.cgi 
   【仕事中】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/wmagspeedkuji/oshigoto.cgi 

┗━━━━━ △当選してる?当選してない?確認はこちらから△ ━━━━━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネーのまぐまぐ!】2007/04/17 号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『マネー』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 本メルマガ内の記事に基づいてとられた投資行動の結果については、弊社は
 一切の責任を負いません。投資判断は自己責任でお願い致します。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/money.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=money&d=20070417 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【マネーのまぐまぐ!は、転載, 複写, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Money Mag2 ━
マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ