公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2007年03月06日号

印刷用ページ
━ Money Mag2  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  1,061,568 部発行 ━

                   マネーのまぐまぐ! 2007/03/06 号
                       http://money.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●新コーナー「アキのイチ押し!今週の必読メルマガ」開始!
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
■時代を変える個人投資家を目指せ!元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
 ●ついに瓦落到来!米独のヘッジファンドの争いを読む
■マネー関連おすすめメルマガ情報
 ●東証1部『出来高急増』銘柄
 ●オリックスタイムズ
■アキのイチ押し!今週の必読メルマガ
 ●FX 日替わり View
 ●プロが配信!【相場の風に乗る株式情報<株の風音>】
 ●株・稲妻チヤート!ズバリ銘柄予告
 ●株式最速情報館!
■資産運用の強い味方!投資家必見情報
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
■≪お金に強くなる!≫資格情報
■≪最高25,000円相当≫マネー・ビジネス関連雑誌、年間購読プレゼント!
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
 ●株価はなぜ下がったのか〜上海発「世界同時株安」ドキュメント
■まぐまぐプレミアム情報
■まぐまぐVOW3
 ●出来事2007 〜 まだまだ不景気!?☆エピソード特集

最高25,000円相当♪マネー・ビジネス雑誌をプレゼント♪当選者は本文に!
★応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=13444&rid=20 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●新コーナー「アキのイチ押し!今週の必読メルマガ」開始!
スタッフ「アキ」が爽快なコメントと共に必読のメルマガを紹介する新コーナー
「アキのイチ押し!今週の必読メルマガ」が始まりました。今回は為替相場の
ポイントを押さえるのに最適な「FX 日替わり View」などをご紹介。アキに興
味を持てそうな方も必見です!

             --------▽「アキ」とはこんな人間です▽--------
               ・頭髪は毛根細めのナチュラルブラウン
               ・無類の哺乳類好き。愛犬の名前は「チクワ」
             ----------------------------------------------
  「おすすめメルマガ」コーナー下付近にて、アキの香りがプンプンします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
────────────────────────────────────
相場の世界で勝ち組になるためには、価格の変動要因やリスク・リターンなど
の本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あな
たも「相場力UP」を目指しましょう。

                               ≪問題≫
  以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。

●個別銘柄に関する問題
ある日、新聞を読むと自分の持ち株が上場来の最高値をつけたというニュース
がありました。含み益は3割ほどで、出来高を見ると落ち着いていて、投機的
な上げではなさそうです。どのようにするのがいいでしょうか?

(1)そのまま保持
(2)一旦利確する
(3)買い増しをする

      ↓《あなたの「相場力」をチェック!解答はウェブページで》↓
              http://money.mag2.com/invest/tradesense/ 


【監修:矢口新(やぐちあらた)】
会社社長兼ファンド・マネージャー。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒
業。野村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、
債券のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書に現役ディーラーの
“座右の書”『生き残りのディーリング決定版』など。

 ◆矢口氏の著書⇒ http://dealersweb.hp.infoseek.co.jp/bookshop.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■時代を変える個人投資家を目指せ!元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
────────────────────────────────────
投資のチャンスを確実にモノにするには、世界にアンテナを張り巡らし、お金
の流れを機敏に察知する必要があります。元外交官の経験を活かし、一味違う
視点で、世界の政治とお金の関係を、リアルタイムで解説します。

●ついに瓦落到来!米独のヘッジファンドの争いを読む
                                                                
日本の大手メディアでは一切報じられていないことだが、マーケットの最深部
で活躍する親友たちが、昨年夏頃から口にするようになったことがある。それ
は、今、日本のみならず、世界中のマーケットで米国とドイツが「戦争」とも
言えるくらいの激しい争奪戦を繰り広げているということだ。「まさか」と思
われるかもしれないが、マネーが織り成す「世界の潮目」を追って、世界中の
公開メディアをくまなくウォッチしていると、その激しいバトルが徐々にあぶ
りだされてきたことに気付く。

この「米独戦争」の戦場となっているのは、北朝鮮、イラン、ロシアといった
諸国なのであるが、さらにここで日本の個人投資家として無視できないテーマ
として、ヘッジファンド規制がある。現在、世界的な株高現象が生じている。
その原因は「低金利国でカネを借り、高金利国で運用する」という、まさに越
境する投資主体ならではの投資行動(キャリートレード)をとるヘッジファン
ドの活躍に求められる。ところが、そのヘッジファンドを、ドイツが6月に自
国で開催されるG8サミットにおいて締め上げようとしているのだ。

     ▼マーケットを舞台に政治・外交・軍事を巻き込んだ争いに迫る▼
          http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=kokusai0130 

────────────────────────────────────
◆原田氏のメールマガジン『原田武夫通信』登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0000194350.html  週刊
世界のお金持ちは国際情勢を先取りして投資する——元外交官・原田武夫先生
のメルマガは数多くある投資情報とは一味違います。北朝鮮情勢、国内政治の
動向など、一見投資と無関係な政治事件、世界潮流から「投資の潮目」を探る
“原田流”投資術を修得! 

◆原田武夫氏の最新刊はこちら⇒ http://www.haradatakeo.com/library.html 
────────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マネー関連おすすめメルマガ情報
────────────────────────────────────
マネーのメールマガジンの中から、2誌ピックアップしてご紹介いたします。

◎東証1部『出来高急増』銘柄
http://www.mag2.com/m/0000126871.html  日刊
爆発的な株価の上昇や下落を演じる銘柄の多くには出来高の急増が伴います。
当メールマガジンでは出来高急増の初動を捉えるため、東証1部上場全銘柄か
らサーチして毎日配信します。出来高の急増の裏には何かがある! 
(編)出来高で相場の勢いを判断しましょう。新しい投資法が見つかるかも?


◎オリックスタイムズ
http://www.mag2.com/m/0000169229.html  日刊
オリックス証券が発行する株式情報メールです。毎日の株式市場の動きをコン
パクトにまとめた市況解説、注目銘柄情報、NY概況のほかに、新規公開株情報、
信用残情報、投資家主体別情報など、日替わりメニューで株式投資に役立つ最
新情報をお届けします。 
(編)好悪材料のニュースや留意事項など、きめ細かい情報を配信してます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アキのイチ押し!今週の必読メルマガ[マネー]
────────────────────────────────────
マネー分野の必読メルマガをピックアップしてご紹介します!

●FX 日替わり View
http://www.mag2.com/m/0000190092.html  平日日刊
今日の為替相場のポイントだけ、毎日Check!忙しい方も、売買チャンスを逃
すことなくチャンスに変えよう!!

●プロが配信!【相場の風に乗る株式情報<株の風音>】
http://www.mag2.com/m/0000118245.html  平日日刊
【テレビにも登場!まぐまぐ殿堂入りメルマガ!】《堅実投資で、楽しむ株式
情報!》◇株式のプロが、その日の株式相場の動きを、分かりやすくまとめて、
お届けします。忙しい方、初心者、ベテランなどなど幅広い方に大人気!◇おさ
えておきたい、メルマガです!

●株・稲妻チヤート!ズバリ銘柄予告
http://www.mag2.com/w/0000156667.html  日刊
みなさん、株で儲けたいと思いませんか?簡単です。買ったら上がる銘柄を探
せば、良いのです。チヤートは、決して人を裏切りません。上がる株ー下げる
株、事前にお知らせしますよ。

●株式最速情報館!
http://www.mag2.com/w/0000025268.html  平日日刊
優良銘柄、仕手系穴銘柄から空売り銘柄まで有力情報満載!関西を代表する独
立系投資顧問会社であるグローバルエコノ研究所(財務省登録)が、とにかく
投資家の皆様に利益を上げてもらうことを第一条件に、様々な情報を提供いた
します。女性投資家も大歓迎!


(編)エビマヨ、酢豚でチャイナショック!ジーパンがズルズルローライズに。
ミスストイック宣言するしかないッ!目指せ、下げ止まりピータン◎(アキ)


           ☆★  投資ジャンルの定番メルマガならコチラ!  ★☆
            ≫≫ http://rd2.mag2.com/r?aid=10453&rid=3  ≪≪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■資産運用の強い味方!投資家必見情報          [提供:QUICK・MoneyLife]
────────────────────────────────────
金融情報配信のリーディング・カンパニー QUICK が運営する資産運用応援サ
イト MoneyLife の中から、独自取材による必見の投資情報をお届けします。

●月イチ相場見通し調査

┌─────────────────────────────────┐
  QUICKでは、相場見通しや注目している材料、投資スタンスなどを毎
  月、証券会社・機関投資家などの株式・債券の各担当者にアンケート
  調査をしています。
  株式の場合は注目するセクター、債券の場合はデュレーションなど、
  毎月同じ設問をすることで、「強気」「弱気」などの変化を見ること
  ができます。同時にタイムリーな話題を取り込んだ質問を設け、市場
  の注目点も探っています。
  マネーライフでは、アンケート調査の概要を掲載しています。
└─────────────────────────────────┘

・QUICK株式月次調査結果(3月)
半年後の日経平均、予想平均は1万7999円
            ——海外株式・債券市場の注目高まる
・QUICK債券月次調査結果(2月)
半年後の10年債利回り、予想平均は1.861%
            ——景気、「減速後加速する」が37%

 ★続きはこちら⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=money_qml0306 
               <<過去の調査結果もご覧いただけます>>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
────────────────────────────────────
マネーのまぐまぐ!では、株価指数や騰落ランキング、(株)QUICK提供の株式・
投資信託情報など、必要な情報をコンパクトにまとめて、その日の夕方にお届
けする『「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報』を好評配信中です。

3月3日号では、2月26日−3月2日の相場概況を解説。上海発の「世界同時
株安」で日経平均はどう動いた?今後のトレードに役立てるためにも、しっか
りと把握しておきましょう。

  2月26日—3月2日の日経平均株価は970円49銭下落した。2月27日
  に中国の上海株式相場が急落したことに端を発する世界的な株安連鎖
  の影響で大幅に下落した。週を通じての下げ幅は2006年6月5−9日
  (1038円47銭)以来の大きさとなった。

  週初の2月26日は日経平均が昨年来高値を更新し、2000年5月2日以
  来の高値水準を付けた。24日付の各紙朝刊が「米シティグループが日
  興コーディアルグループを資本支援する」などと報じたことを受けて
  日興コーデ株が大幅高となった。M&A(企業の合併・買収)による
  業界再編への期待も買いを誘った。

               ▼高値更新から一転の暴落、その背景は?▼
★続きはこちら⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000210496/108307575.html 

       【メールマガジン登録⇒ http://money.mag2.com/nikkan/ 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪お金に強くなる!≫資格情報         [提供:資格のまぐまぐ]
────────────────────────────────────
資格のまぐまぐ厳選!資格情報をお届けします。今週は「社会保険労務士」を
ご紹介。労務、人事、労働、年金関連のエキスパートで国家資格です。

●社会保険労務士
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=stu_money0306 
【受験者数:1987年9173人から2003年51689人と急増!/受験費用:9000円】
労務や保険、年金などの法規に基づく申請書の作成・提出が主な仕事。扱う法
規は51種類で、業務のフィールドは広い。年俸制導入やリストラなど企業の人
事・労務の変化や高齢社会の到来で年金が注目される今、非常に有望な資格。

 ☆2007年受験のラストチャンス!3・4月にスピードコースが続々と開講☆
         http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=stu2_money0306 

●その他、ビジネススペシャリストをめざす資格をご紹介
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=stu3_money0306 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪最高25,000円相当≫マネー・ビジネス関連雑誌、年間購読プレゼント!
────────────────────────────────────
マネーのまぐまぐ!では、『マネー・ビジネス関連の雑誌、年間購読プレゼン
ト』を実施中です。お好きな雑誌をなんと年間購読分プレゼント!先週はずれ
た方も、もう1回チャレンジで、今週こそ当選!?ぜひぜひご応募ください!

    ┌──────────【今週の当選者】───────────┐
           ≪ニックネーム≫               ≪希望雑誌≫
          損切り失敗大王さん  ・・・・・   オール投資
    └─────────────────────────────┘
           ※当選者の方には直接メールでもご連絡いたします。
   来週も、当選者の方を発表いたしますので、楽しみにお待ちください!

【先週の当選者の声】
はーる さん(日経ビジネス年間購読当選)
   『突然のメールでビックリしました。いつも、メルマガは楽しみにして見
    ていますが、まさか自分が当たるなんて。これからも、時間があればコツ
    コツ応募します!』

                       ≪選べる雑誌は12種類≫
 日経ビジネス、日経マネー、ZAiなど、投資家に人気のある雑誌をご用意!
                http://rd2.mag2.com/r?aid=13444&rid=4 
              ▲最高25,000円相当の年間購読があたります▲


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
────────────────────────────────────
日々、新聞やテレビをにぎわすニュースをきちんと理解できていますか?疑問
を疑問のままにしていませんか?現役証券アナリストが、ニュースを振り返り、
詳しく解説。株式市場で成功するためのヒントを伝授します!
ウェブサイト⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote_index 

●株価はなぜ下がったのか〜上海発「世界同時株安」ドキュメント


>                                       木下晃伸(きのした・てるのぶ)
>                                      (株)ファンドクリエーション
>                                       インベストメント・アナリスト

07年2月27日、中国・上海市場を急落を発端とする「世界同時株安」が起こり
ました。前日まで、6年9ヶ月ぶりに1万8,000円の大台を突破するなど好調
に推移していた日経平均も大幅な株安に見舞われました。

一体何が起こったのか?各国マーケットの動きを追ってみましょう。


◎バブル崩壊?10年ぶりの暴落【中国市場】

上海市場総合指数は、05年6月に998で底を打ったあと高騰を続け、07年2月26
日には3,000の大台を突破しました。しかし、翌27日には一転急落し、前日比
8.8%安の 2,771となりました。

その後は反発・反落を繰り返す展開。しかし、全体としては非常に軟調な展開
といえます。

香港ハンセン指数も27日に1.76%の下げを記録。一時は持ち直したものの、3
月5日には前週比4%の下落となるなど、株安の流れはアジアに広がりました。

これまで好調だった中国の市場がこれほど大きく下げたのは、中国政府が株式
の売買益に対する課税を強化するとのうわさが流れたためです。課税強化の前
に利益を確定させたい投資家の売りが殺到し、急落につながったのです。

そして、忘れてならないのが中国市場が「過熱」状態にあったということ。私
も以下の通り、自身のメールマガジンの中で何度も中国市場の過熱を指摘して
きました。

----------------------------------------------------------------------
『中国、資産バブルなお警戒(07年1月26日付)』
中国株はすでにバブル的要素をはらんでいるような気がしてならない。

『焦点はどこまで上がるか?(07年1月30日付)』
本日の日経金融新聞『スクランブル』で取り上げられている『上がるか下がる
かではない。焦点はどこまで上がるかだ』というメリルリンチ、新興株式市場
担当のマイケル・ハートネット氏の見解は非常に“危険”に映る。

※詳しくはこちら⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000164032/ 
----------------------------------------------------------------------

確かに中国は、高い成長率を維持し世界経済における存在感を増しています。
しかし、先ほども述べたように、05年6月に約1,000だった指数が、3年弱後
に3倍にまでなるという過熱状態に対する危機感が強くありました。「3,000
を突破したら売り時」ともささやかれていたのです。


◎9.11世界同時多発テロ以来の下げ幅【アメリカ市場】

欧米の株式市場も上海発の株安の流れを引き継ぐ展開となりました。ロンドン
市場FT株価指数の27日終値は、前日比148.6ポイント安の6286.1と急落。フ
ランス、ドイツの市場でも大幅安となりました。

アメリカにいたっては、ニューヨーク市場のダウ平均株価が、前日比546ドル
安の1万2,086ドルと、9.11同時多発テロ直後以来の下げ幅を記録しました。

欧米市場への株安の伝播は、上海の急落がヘッジファンドを中心とする巨額な
資金を動かす投資家の心理を冷やしたことが要因です。そして、米連邦準備制
度理事会(FRB)の前議長グリーンスパン氏の26日の発言が追い討ちをかけ
ました。グリーンスパン氏の発言は以下の通りです。

----------------------------------------------------------------------
 "For example in the U.S., profit margins... have begun to stabilize,
  which is an early sign we are in the later stages of a cycle." 

  例えばアメリカでは、(企業の)利幅が横ばいになり始めている。これは
(景気の)循環の後半にいる初期の兆候だ。
----------------------------------------------------------------------

この発言が、「グリーンスパン氏、米景気後退の可能性を指摘」として広まり
ました。昨年来、アメリカの住宅着工件数が予想を下回るなど、元々景気減退
への警戒感があっただけに、大きなインパクトを与えることとなり、大幅安と
なったのです。


◎1万8,000円の大台突破はひと時の夢?【日本市場】

上海を発端に、欧州、アメリカを巡った株安の流れは、当然、日本の株式市場
にも直撃しました。

28日の東京市場では、前日の海外市場の株安の流れを受け、幅広い銘柄で売り
が殺到。日経平均の終値は前日比515円安の1万7,604円と、あっさりと1万
8,000円の大台を割り込みました。06年6月の614円以来の大きな下げ幅です。

元々、米市場の下げに連動することが多い日本市場。前日のニューヨーク市場
が大きく下げていたので、ある程度の下げは予想できました。しかし、これほ
どまで下げ幅が大きくなったのは、このところの株高で、利益確定の売りが出
たことも関係しているでしょう。

また、タイミングが悪いというべきか、28日の朝刊一面で「日興、上場廃止へ」
との報道が流れ、証券株なども下落しました。

そして、世界的な株安とともに円高も進行。2月21日の日銀利上げ以降も1ド
ル120円台で推移していた円は、28日に一気に買われ118円台をつけ、3月5日
には115円台に。対ユーロでも5日連続で続伸し、1ユーロ=151円半ばの展開
となりました。

以前も述べましたが、通貨は国力を表す指標のひとつ。円高は望ましいともい
えます。しかし、現在の日本経済が円安を背景に業績を伸ばす輸出産業に支え
られている側面が強いため、円高の進行は株価を引き下げる要因となります。
その結果、日経平均は5日までの1週間で1,570円近く下落したのです。

代表的な輸出銘柄であるトヨタ(7203)の株価をは、2月28日に前日比320円
安の8,020円となり、3月5日には7,460円まで急落しています。

こうした急速な円高の背景には、円キャリー取引の縮小があります。

以前にも解説した通り、円キャリー取引とは、金利の安い円を調達し、利回り
のよいほかの国で運用すること。円をほかの通貨に換える際に円売りが発生す
るため円安となります。2月28日以前の円安の大きな要因でした。

しかし、ここにきて投資家の心理が冷え込み、円キャリートレードを縮小、つ
まり、他国通貨の投資を引き上げ、円を返す(円を買う)という動きをみせた
のです。これは、今後どうなるか不透明だから、とにかくポジションを解消し
てじっとしておこうということです。


◎投資のタイミングを読み解くヒント「騰落レシオ」

私は、当面は円安傾向が続くと考えていました。それは、たとえ日銀が利上げ
を実施しても、世界と比較すると日本の金利はまだまだ低く、円キャリー取引
の縮小要因にはならないと考えていたからです。

しかし、実際は世界同時株安を受け、投資家のリスク許容度が減退してしまっ
たのです。ここまでの動きは予想できませんでした。

では、今後の投資をどうすればよいのか。私は騰落レシオを参考にしながら投
資を行っています。騰落レシオとは、上場企業の中で値上がり銘柄数を値下が
り銘柄数で割って指数化したもの。簡単にいえば、投資参加者の心理が弱気に
振れているか強気に振れているかを判断できる指標です。

騰落レシオはこちらで確認いただけます。
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0188 

騰落レシオが75%を割ったときには、値下がり銘柄数が多く、投資参加者が弱
気である、つまり株価が下落し割安局面となったと判断し、買う。一方で、
130%を超えたときには、逆に値上がり銘柄数が多く投資参加者が強気である
と考えられるため、売る。

私はこの投資方法をテレビや雑誌、書籍等を通じてお伝えしてきました。これ
は、自身のファンドマネジャーとしての経験や、計数的な検証から得られたノ
ウハウです。

実際、年初より騰落レシオは110%から120%前後をウロウロしており、投資参
加者の心理がまだまだ楽観的であることを示唆していました。そして、現在、
88.9%となっていることから、もう一段の下落があってもおかしくはない、と
考えています。逆に、75%割れまで待つのであれば、絶好の投資タイミングが
やって来る可能性があると考えているのです。

たしかに、これだけ急激な下落を目の当たりにすると「怖い」と思う方も多い
でしょう。一方で、より割安で投資するチャンスがやってきたともいえるので
はないでしょうか。どう考えるかは、投資家それぞれの考えや経験、投資資金
によっても変わってきます。

下落時期こそ、投資家の哲学が問われます。目をつむることなく、何が正しく
て何が間違っていたのか、自省するタイミングではないでしょうか。

***********************************************************************
下落圧力は上昇圧力よりも強くて早い、という経験を何度もしてきました。だ
からこそ、新日鉄が高値更新しようが、景気の良い話を聞こうが、年初より一
貫して「弱気」とお話してきたのです。でも、もうすぐ「強気」に転じるタイ
ミングが来る、と思っているのも事実。今は、騰落レシオという投資家の心理
指標を参考に、いずれ来る投資タイミングを焦らず待ちたいところです。
                               (木下)
***********************************************************************

────────────────────────────────────
●木下晃伸(きのしたてるのぶ)
http://terunobu-kinoshita.com/profile/profile.html 
インベストメント・アナリスト。1976年生まれ、名古屋市出身。中央三井信託
銀行、三菱UFJ投信を経て、現在は独立系資産運用会社(株)ファンドクリエ
ーション所属。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

さらに詳しく勉強をしたい方は、木下氏の無料メルマガをどうぞ。

◎投資脳のつくり方
http://www.mag2.com/m/0000164032.html 
中国株バブルを的中!ファンドマネジャー、アナリストとして経験してきた豊
富な運用情報を余すことなくお伝えします。雑誌「マネージャパン」ウェブコ
ンテンツ。

個別銘柄について知りたい方には有料メルマガをおすすめします。
※初めてのご購読の場合、当月無料でお試し購読いただけます。

◎なぜ、この会社の株を買いたいのか?
  〜年率20%を確実にめざす投資手法を公開〜
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/50/P0005007.html 
年率20%を着実に稼いでいくためには、たしかなノウハウが必要。次回は、個
別銘柄情報以上に重要な富裕層だけが知っている「お金の付き合い方」をお伝
えします。

◎“最強”投資脳のつくり方
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/54/P0005474.html 
1月にお伝えした『バブルの物語』が、中国株バブルを見事的中!年間10万冊
も書店に並ぶ“本”だからこそ、投資に絶対不可欠な良書だけをピックアップ!
次回は注目集まる金融手法「レバレッジドバイアウト(LBO)」の中身を徹
底解剖!
────────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐプレミアム情報
────────────────────────────────────
厳選された情報をお届けする、有料コンテンツ販売配信サイト『まぐまぐプレ
ミアム』から、1月に最も購読申込数の多かった株式メルマガをご紹介します。

※初めてのご購読の場合、当月無料でお試し購読いただけます。
  詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://premium.mag2.com/aboutcampaign.html 

《5位》株・稲妻チャート!ズバリ銘柄予告会員版
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/31/P0003132.html 
あなたは、株で、損ばかりしてませんか?残念ながら、99%の人は、損をして
いるのが現状です。残念なのが、「勝ち組となる、判断基準を、持っていない
こと」です。株の投資における「判断基準」とは、「信頼できる情報」です。
数々の実績を、あげてきた、「テクニカルチャート43年」のデータと、プロの
投資顧問の判断基準」を、あなたも、持つことができたなら…トップ1%の勝
ち組への切符を手にすることでしょう。
【 8190円/月(当月無料)/ 毎週日・水曜日 / アフィリエイト公開中 】

《4位》“最強”投資脳のつくり方
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/54/P0005474.html 
真に視覚をつかさどるのは、目ではなく知識である(パンチャタントラ/イン
ドの説話集)本ほど安価に大量の知識を吸収できるものはありません。投資脳
にさらに磨きをかける珠玉の良書を取り上げ、最強投資脳を作りましょう!
【 525円/月(当月無料)/ 毎週水曜日 / アフィリエイト公開中 】

《3位》株式で目標月30万!今日の銘柄教えます☆
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/51/P0005119.html 
毎朝95%の確率で上昇する銘柄を配信。もう「何を買ったら良いかわからない」
などと言わせません。月利30%以上取り続けているプロが、忙しいあなたに代
わって銘柄診断し、毎日情報を配信いたします。後は自分で買って売るだけで
す。株式投資を不労所得にし、富裕層の仲間入りしませんか!まぐまぐ有料メ
ルマガ株式部門で、創刊以来連続第三位の実力派マガジンです。
【 10500円/月(当月無料)/ 毎週月〜金曜日 / アフィリエイト公開中 】

《2位》なぜ、この会社の株を買いたいのか?
     〜年率20%を確実にめざす投資手法を公開〜
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/50/P0005007.html 
ビジネス誌・マネー誌・テレビに登場するアナリスト、木下晃伸(きのした・
てるのぶ)が責任編集のメールマガジン。年率20%を確実にめざすためには、
銘柄選択を見誤るわけにはいきません。日々上場企業を訪問取材している木下
晃伸が、投資に値する会社を詳細に分析、週1回お届けします。
【 1050円/月(当月無料)/ 毎週土曜日 / アフィリエイト公開中 】

《1位》IPOチャレンジャーIPO(新規公開株)当選戦略とノウハウ
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/55/P0005597.html 
IPO(新規公開株)を入手するためのノウハウ、戦略、申し込みのコツやワンポ
イントアドバイスを毎週お届けするメルマガです。Q&A形式でご質問にも随時公
開回答します!!「IPOノウハウ本の内容はどれも同じ」「高い商材を買うのは心
配」「新しい手法を模索している方」!!無料期間に是非ご検討ください。
【 294円/月(当月無料)/ 毎週月曜日 / アフィリエイト公開中 】

◇株式メルマガをすべてチェックしたい方はこちらをご覧ください。
http://rd2.mag2.com/r?aid=13319&rid=1 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【発売中!近くの本屋さんは不景気顔と言われるのが悩み】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm 

●出来事2007 〜 まだまだ不景気!?☆エピソード特集
友人(男・既婚)と飲み屋にいたとき、テレビから「実感なき景気回復」の
ニュースが。友人は深くうなづきながら、「まさに実感ナシ。嫁さんが家で
飲む発泡酒をビールに格上げしてくれた認めてやる!」と力説してました。
                       (オサム@妙に納得…)

         ☆今回は過去の投稿からピックアップ☆

○家の建て替えが終了し、「景気も悪いから、家周りのフェンスは家族で取り
付けよう」という事になりました。父も叔父も普通のサラリーマンなのですが、
セメントをこねる姿はなかなかのもの。「すごいねー」と皆で感心していたら
「あの…親方はどなたですか?雇ってほしいんですが」と、見知らぬ中年男性
が。プロだと思われたみたいです。丁重にお断りしました。    (ねん)

○こんな景気だから、元気を出そうと年頃を少々過ぎている娘に言った。
私「何か、いい事ないか?」
娘「どんな?」
私「例えば、お前に彼氏ができたとか…」
娘「ないない。あのね、私を追い出そうとしても無駄だよ」 (ばかなかば)

○小学2年生の甥がドリルをやりながら「問題に『東京都のひとくちは1,000
万をこえました』って書いてあるけど、ひとくちって何?」と聞いてきた。瞬
間的に「1坪で1,000万か…。不景気な時代にすごい土地だな」と思ったが、
それは「ひとくち」ではなく「人口」だった…。

○もうサンタはいないと確信しつつも、口に出してしまうとプレゼントがもら
えないと思っている息子(小5)。「今年はサンタさん何くれるんかな〜?」
と白々しい事を言うので、「さぁな〜。サンタさんも不景気やからな〜」と答
えたら、「どんなケーキ?」と目を輝かせて聞かれてしまった。  (こぼ)

○妻はことあるごとに「ああ、不景気。ああ、大変。もう今月も赤字間違いな
し」と言う。確かに私の稼ぎはたいしたことないが、家計が苦しい一番の原因
は妻の無駄遣いに違いない。クローゼットを開けると、毎月のように見たこと
のない服が増えている。そのことを妻に指摘し、「もっと節約したらどうだ?」
と言った。すると妻は「私みたいに買い物する人がいないと景気はよくならな
いのよ。ほら個人消費が大事って言うでしょ。私は苦しいながらも世の中のこ
とを考えて仕方なく買い物してるのよ」とのたまった。正論のような気がして
反論できなかった。それなら私のものも買って…。    (5年物の背広)


【投稿募集中】人生はドラマ。あなたの身の回りにもさまざまなドラマが転
 がっているはず。そんなドラマを短い文字列にギュッと凝縮して、送って
 下さい。投稿は http://www.mag2vow.com/toukou.html (出来事2007)へ!


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎ビジネスキーパーソンWebインタビュー
                          http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


┏━━━━ ▽ウィまぐスピードくじ☆毎週10万円が当たります▽ ━━━━┓

 毎週水曜日の午前10時半から、翌週の午前10時半まで開催しているウィまぐ
 スピードくじ。今週も当選者は厳正な抽選により既に決まっています!当選
 者がスピードくじに参加した場合、その場で賞金ゲット!ががっ、参加しな
 かった場合は…当選権利消失で、今週分の10万円は翌週に持ちこされてしま
 います。キャリーオーバーで最高1000万円!今週の当選者はアナタかも!?

   【通常版】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/wmagspeedkuji/tsujo.cgi 
   【仕事中】 http://lucky.mag2.com/cgi-bin/wmagspeedkuji/oshigoto.cgi 

┗━━━━━ △当選してる?当選してない?確認はこちらから△ ━━━━━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネーのまぐまぐ!】2007/03/06 号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『マネー』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 本メルマガ内の記事に基づいてとられた投資行動の結果については、弊社は
 一切の責任を負いません。投資判断は自己責任でお願い致します。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/money.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=money&d=20070306 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【マネーのまぐまぐ!は、転載, 複写, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Money Mag2 ━
マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ