公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2006年10月24日号

印刷用ページ
━ Money Mag2  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  1,092,665 部発行 ━

                   マネーのまぐまぐ! 2006/10/24 号
                       http://money.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
■マネー関連おすすめメルマガ情報
 ●学生が1年で600万円稼いだ投資法紹介
 ●楽々デイトレード(システムトレード対応)
■既刊メールマガジン紹介
 ●勝率98%3年半で資産を26倍に増やした投資の秘密
■Publisher's View−株式投資の注目記事
 ●「サヤ取り」で堅実投資!Excelを使った取り組み銘柄の選び方
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
■≪初心者必見≫外国為替証拠金取引(FX)入門講座
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
 ●株式市場の“非合理”アノマリーで読む株価の動き
■『まぐプレebook』週刊現代&週刊ポスト  最新「投資記事」特集
■まぐまぐVOW3
 ●出来事2006 〜 色々な料金☆エピソード特集


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
────────────────────────────────────
相場の世界で勝ち組になるためには、価格の変動要因やリスク・リターンなど
の本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あな
たも「相場力UP」を目指しましょう。

                               ≪問題≫
  以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。

●個別銘柄に関する問題
次の外国人持ち株比率が高いA、B、Cの3社のうちで、最も長期保有に向い
ているのはどれでしょう。
(1)海外の運用会社を経由し、日本人が買っている比率が高いA社
(2)海外の年金基金の比率が高いB社
(3)海外のヘッジファンドの比率が高いC社

      ↓《あなたの「相場力」をチェック!解答はウェブページで》↓
              http://money.mag2.com/invest/tradesense/ 


【監修:矢口新(やぐちあらた)】
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。野
村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、債券
のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書『生き残りのディーリン
グ決定版』は現役ディーラーの“座右の書”として、高い評価を得ている。現
在は会社社長兼ファンド・マネージャーとして、資本金を株式市場などで運用。
  
                   ▼矢口氏の著書一覧はこちら▼
          http://dealersweb.hp.infoseek.co.jp/bookshop.html 

◆新著紹介:『なぜ株価は値上がるのか?
       −相場のプロが教える「利食いと損切りの極意」−』
「株価が上げ下げするのは、なぜ?」こういったことを本気で考えてみたこと
がありますか?投資と投機の違いを知り、リスク管理ができるようになると、
他人事であった「おいしい話」が身近なことになってきます。また、そういう
知識があれば「元本保証で高利回り」などといった、あり得ない手口の詐欺に
かかることもなくなります。   (パンローリング2940円、10月11日発売)
【購入はこちら⇒ 
       http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=528&c=9784775990315 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マネー関連おすすめメルマガ情報
────────────────────────────────────
マネーのメールマガジンの中から、2誌ピックアップしてご紹介いたします。

◎学生が1年で600万円稼いだ投資法紹介
http://www.mag2.com/m/0000201810.html  週刊
投資をしてみたいけれど、何をすればいいのか全然分からない!名前だけは色々
聞くけど、一体どんな投資なんだよ!?と疑問をお持ちのみなさまへ。IPO、
FX、中国株、投資信託、日本株、国債など筆者が試してみた経験や関連する
無料レポート等ご紹介します。
(編)為替取引でファンダメンタルズ分析だけに頼るのは危険!その理由とは?


◎楽々デイトレード(システムトレード対応)
http://www.mag2.com/m/0000121047.html  不定期
4つの作戦で挑む、デイトレマガジンです。デイトレ初心者でもわかる、良パ
フォーマンス銘柄とその作戦を提供。勝てる戦略で勝利を手にしてください。
ホームページでは225銘柄をはじめ500〜1500銘柄の銘柄解析情報を
無料公開中。金運等は占いで無料鑑定中です。
(編)値上がり率、配当利回りなど、各投資法に必要な情報をまとめて紹介!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今週の既刊メールマガジン紹介
────────────────────────────────────
マネーの分野で好評発行中のメールマガジンをご紹介いたします。

●勝率98%3年半で資産を26倍に増やした投資の秘密
http://www.mag2.com/m/0000204604.html  月2回
投資初心者にもできるカンタンな手法を教えます。勝率98%、3年半で資産
を26倍にした具体的な投資手法は発行者サイトを見てください。奇跡の投資
戦略の秘訣はメルマガで!


◇厳選!投資のメルマガあります◇ http://rd2.mag2.com/r?aid=10453&rid=3 
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Publisher's View−株式投資の注目記事
────────────────────────────────────
ローリスク・ミドルリターンの取引として、急速に注目を集めている「サヤ取
り」。一般には上級者向けと思われがちですが、手間を惜しまず実行すれば、
初心者でも簡単に稼ぐ銘柄を見つけることができます。1日10分の取引時間で
勝率97.2%という驚異的な実績を記録した筆者が、取り組み銘柄の選び方とExcel
を使った検証方法をお教えします。

………………………………………………………………………………………………
●「サヤ取り」で堅実投資!Excelを使った取り組み銘柄の選び方

>                             (サヤ取り研究会SIGMA 代表 上野ひでのり)

株式のサヤ取りは、「銘柄間サヤ取り」と言われます。任意の2銘柄を決めて、
毎日そのサヤの推移を見守り、絶対勝てるタイミングが訪れたら一発必中で仕
留めるというやり方です。 

株式の銘柄間サヤ取りにおいて、取り組み銘柄を探すことが大きな課題となり
ます。良い銘柄が見つかったら、金鉱を掘り当てたようなもので、あなたは一
生お金に困ることはなくなります。意外なことですが、この金鉱を掘り当てる
のはそんなに難しくありません。 

とても簡単なことなのですが、面倒臭がってやらない人が多いので、手間を惜
しまないあなたは、儲け放題になる訳です。 

          ▼上野氏の取り組み銘柄の探し方とは?続きを読む!▼
                http://rd2.mag2.com/r?aid=12820&rid=1 

………………………………………………………………………………………………
≪1日10分でできる投資術を学ぼう≫

●成功率97% 大富豪の資産運用<サヤ取り>で億万長者に!
http://rd2.mag2.com/r?aid=12820&rid=2 週刊
300年以上のあいだ、数々の億万長者を生み出した黄金の投資術「サヤ取り」を
学ぼう!対象は株式・商品先物・FX・日経225。市況に左右されない一生モノの
技術です。「サヤ取り」を身に付ければ、あなたは一生お金に困ることはなく
なります。発行者サイトもすぐにチェック! 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報
────────────────────────────────────
マネーのまぐまぐ!では、株価指数や騰落ランキング、(株)QUICK提供の株式・
投資信託情報など、必要な情報をコンパクトにまとめて、その日の夕方にお届
けする『「マネーのまぐまぐ!」日刊マーケット情報』を好評配信中です。週
末も、1週間の総まとめ&特集記事をお届けします。マーケットの動きを素早
く把握し、取り引きに役立てたい方は、ぜひご登録ください。

『投資に関する基礎知識を学んでみよう(投資信託編) 』好評連載中!
 第1回 投資信託って何だ? 
 第2回 まず投資目的をはっきりさせよう
 第3回 どんなファンドがあるか
 第4回 投資のリスク
 第5回 株式ファンドのリスクと投資期間
 第6回 投資信託のコスト
 第7回 ファンド情報の入手方法
 第8回 投資信託説明書の見方 

      【登録はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000210496.html 】
                  ※バックナンバーもご覧いただけます


●≪読者限定≫マネー・ビジネス関連雑誌年間購読プレゼント実施中!
マネーのまぐまぐ!では、『マネー・ビジネス関連の雑誌、年間購読プレゼン
ト』を実施中です。応募された方の中から抽選で毎週に1名様に、お好きなマ
ネー・ビジネス関連の雑誌を、なんと年間購読分プレゼント!

                      ≪選べる雑誌は12種類!≫
日経マネー、money Japan、週刊ダイアモンドなど、お好きなものを選べます!
      【応募はこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=12590&rid=4 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪初心者必見≫外国為替証拠金取引(FX)入門講座
────────────────────────────────────
手軽に始められて大きなリターンが期待できると、個人投資家の注目を集めて
いる外国為替証拠金取引(FX)。その極意を達人が伝授します!

【その1】─────────────────────────────┐
  │                  外国為替証拠金取引とは?                      │
  └────────────────────────────────┘

『円高・円安の両局面が収益チャンス』

FX(外国為替証拠金取引)は、1日24時間休みなく動いている為替レートを
もとに、外貨を買ったり売ったりして収益を狙う商品です。 

FXの特徴として挙げられるのは、まず「買い」だけでなく「売り」からも取
引できることから、円高・円安の両局面で収益を得るチャンスがあることです。
為替相場は常に円高・円安を繰り返して推移していますので、収益チャンスが
大きく広がります。 

  ◆続きはこちら⇒ http://money.mag2.com/invest/fx/beginner1.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
────────────────────────────────────
日々、新聞やテレビをにぎわすニュースをきちんと理解できていますか?疑問
を疑問のままにしていませんか?現役証券アナリストが、ニュースを振り返り、
詳しく解説。株式市場で成功するためのヒントを伝授します!
ウェブサイト⇒ http://money.mag2.com/invest/soubanote/ 

●株式市場の“非合理”アノマリーで読む株価の動き

>                                       木下晃伸(きのした・てるのぶ)
>                                      (株)ファンドクリエーション
>                                       インベストメント・アナリスト

◎10月は安値がつきやすい?

株式投資をしていると、合理的に説明ができない現象に出会うことがあると思
います。一般的に、株式市場などマーケットにおける価格形成は、経済合理性
に基づいているといわれますが、場合によってはそれだけでは説明できない現
象もあるのです。

こうした合理的に説明がつかない市場の変化を「アノマリー現象」と呼びます。
アノマリー(anomaly)とは「例外、異例、矛盾」といった意味の言葉。投資
の世界におけるアノマリーとは、価格理論から導かれる期待収益率よりも高い
(あるいは低い)収益率を生む一連のパターンのことを指します。

売り買いをするのは人間です。その人間には、合理的でない部分が少なからず
あるので、株式市場にも合理的に説明できないアノマリーがあるのも当然とい
えば当然です。                     【ポイント1】

例えば、アメリカには「5月に売って、どこかへ行け(Sell in May and Go
Away)」という格言があります。これは、6月から10月にかけて安値がつきや
すいので、5月に持っている株を全て売ってしまって、しばらくは株のことを
忘れてしまおう、ということです。

過去の実例から、「6月から10月にかけては安値がつきやすい」と導き出され
たのだとしても、今年株価が同じ動きをするとは限りません。合理性を優先す
るなら、ただの偶然と切り捨てて、チャートなりファンダメンタルズを検討し
て売買すべき、ということになるでしょう。


◎実は合理的な説明が可能?

では、「6月から10月にかけては安値がつきやすい」は本当に“非合理的”な
のでしょうか。

まず6月から8月は、欧米では夏のバカンスの時期です。参加者が少なく、マー
ケット全体が低調な動きになりやすいのです。

また、多くのアメリカの投資信託が10月末に決算を迎えます。そのため、節税
目的で9月から10月にかけて保有株を売却する動き(tax loss sales)があり
ます。

こうした状況を鑑みれば、「6月から10月にかけては安値がつきやすい」とい
うアノマリーに基づく「5月に売って、どこかへ行け」は必ずしも“非合理的”
とはいえないのかもしれません。経験則として伝えられたものも、内容をよく
みると、実はしっかりとした根拠があったのです。

他のアノマリーの例もみてみましょう。日本の場合、暦に基づくものがたくさ
んあります。以下に代表的なものを挙げました。

『12月の株価は安く、1月の株価は高い』
12月も10月と同様に、大口投資家の節税対策による売りが出ます。また、クリ
スマス休暇で低調な動きになりやすいのです。1月はその反動で高値をつけや
すくなります。このアノマリーも合理的な説明のつくものといえるでしょう。

『節分天井、彼岸底』
前年末の反動で値上がりした株価も節分(2月3日)のころには天井を打ち、
彼岸(3月20日)のころに底値になるということ。なぜ節分のころに天井を打
つのか、合理的な説明はないのではないでしょうか?一方、彼岸のころの底値
は、年度末を前に売りが増えることから株安になりやすいと説明することがで
きます。

『新年度相場=4月の株高』
新年度の始まり、つまり4月は1年の中で最も高値をつけやすい時期だといわ
れています。このころに機関投資家の運用が開始されるため、と考えられます。

『鯉のぼりの季節が過ぎたら株は売り』
新年度相場で好調だった株価も、鯉のぼりの季節、つまりこどもの日(5月5
日)を過ぎると値上がりしづらくなるということ。機関投資家の買いが一巡し
たことが1つの要因です。

『お盆の閑散相場』
8月のお盆の前後は、夏休みシーズンで市場が閑散とします。「夏枯れ」とい
う言葉もある通り、この時期には株価を大きく動かす材料は出づらく、出来高
もつみ上がりにくくなるという言葉です。ただ最近では、ネット証券の広がり
で、お盆の休みでも積極的に売買する個人投資家も増えたため、このアノマリー
が当てはまらないケースが増えてきたようです。

『彼岸底』
中間決算に向けた売りが彼岸(9月23日の秋分の日とその前後各3日)のころ
にピークを迎えるため、9月は全体として高値がつきにくい月となっています。

『頭を垂れる稲穂相場』
9月の売りが一巡した後の10月は、買いが先行しやすくなります。

また、暦に関するものとしては、2日から取引が始まる日、またはその月は相
場が荒れるという「二日新甫(ふつかしんぽ)は荒れる」や「月曜日の株価は
高い」などのアノマリーも有名です。

投資に参加しているのが人間である以上、株式市場でも人間の生活パターン、
つまり、暦が株価を左右するという考えは一理あるのではないでしょうか。
                            【ポイント2】

他にも「晴れの日は上がり、曇り・雨の日は下がる」というアノマリーがあり
ます。これこそまさに根拠がないようにみえます。

しかし、生理学的に天気のよい日は、交感神経が刺激され前向きで活動的な気
分になることが分かっています。晴れの日は投資家も活動的な気分になり、活
発な投資が行われるのでしょうか、実際に天気と株価の関係をみると、晴れた
日の株価上昇率は、雨の日に比べて大きいことが日本を含めた世界の株式市場
で報告されているそうです。


◎村上氏もアノマリーを活用?

では銘柄属性に関するアノマリーの例もみてみましょう。

例えば、「低PBR効果」です。PBRとは株価純資産倍率と呼ばれ(株価÷1株当
たり利益)で求められる指標。1を割ると企業が保有する資産価値よりも、株
価が割安に評価されているという意味で使用されます。低PBR効果は、こうし
た低PBR企業が、市場の平均以上のパフォーマンスを見せるというアノマリー
です。

実は、村上ファンドが買収しようとした阪神電鉄は、典型的な低PBR銘柄です。

阪神電鉄は大阪市中心部に優良な資産を保有しています。西梅田の再開発ビル
「ハービスOSAKA」や「ハービスエント」の賃料は大阪市内の商業ビルの中で
も最高水準です。これらの2棟の含み益は公示地価を基準に計算すると980億
円にのぼります。他にも帳簿価格わずか800万円の甲子園球場や阪神百貨店な
ど主要6不動産の簿価と時価の差額は約1,600億円にのぼり、こうした含み益
を考慮すると、かなりの低PBRとなります。

また、売買に関しては「リターンリバーサル」というアノマリーがあります。
これは、行き過ぎた株価の上昇や下落は、いつかは反発し妥当な株価に落ち着
くということです。

これを売買に活かすのであれば、一定期間に大きく値上がりした銘柄は、近く
下がることが予想されるので、値上がりしているうちに売ってしまい利益を確
定させる。または、大きく値下がりしている株は、近く値上がりすることが予
想されるので、買っておくということになります。

「ボロ株投資」は、このアノマリーにのっとり、超低位株の株価回復を期待し
た投資手法といえます。

このようにアノマリーを実際の投資に活かすこともできます。「非合理だ」と
無視するのではなく、こういう現象があることを認識しておけば、きっとあな
たの投資に役立つ機会もあるはずです。          【ポイント3】


                   ≪相場が分かる!今日のポイント≫

【ポイント1】
「投資は人間が行うもの」を前提に、アノマリーを科学的に解明しようとする
研究「行動ファイナンス学」というものがあります。行動ファイナンスを利用
し、高いパフォーマンスを狙うファンドなども登場し、市民権を得るようにな
ってきました。実際に投資をすると、理論が通用しない場面は多々あります。
こうしたとき、柔軟に頭を使う意味でもアノマリーは知っておいて損はないの
です。


【ポイント2】
私が個人的に眺めているのが、「天神底」と呼ばれるもの。天神底とは、大阪
天満宮の夏祭り(天神祭)が開かれる7月下旬を境に株価が反発に向かう、と
いう北浜(大阪証券取引所)における言い伝えのことです。天神祭は、神田祭、
祇園祭と並ぶ日本3大祭りであり気分が高揚する、ということなのかもしれま
せん。実際、天神祭近辺の安値から翌月の高値までを見ると20年間で1回しか
マイナスが無く、今年もその通りとなりました。


【ポイント3】
実は、アノマリーは証券アナリストの検定試験でも取り上げられているのです。
他にも、小型株効果と呼ばれる、時価総額の小さい企業に投資するほうが、統
計的に高いリターンが見込めるというものもあります。アノマリーと聞くとな
にやら占いなど当たるも八卦当たらぬも八卦と考えてしまいがちですが、実は
侮れないのです。


***********************************************************************
アノマリーは学生時代に株を始めたときから、コツコツと探してきました。ア
ノマリーの多くは長年引き継がれている人間のクセによって生まれているケー
スが多いように思います。投資は人間が行うもの。そのクセを無視すべきでは
ないでしょう。また、自分も含めた人間は必ずしも合理的に行動するとは限ら
ないと認識し、自分のクセをしっかりと把握しておくことも必要です。(木下)
***********************************************************************

────────────────────────────────────
●木下晃伸(きのしたてるのぶ)
http://terunobu-kinoshita.com/profile/profile.html 
インベストメント・アナリスト。1976年生まれ、名古屋市出身。中央三井信託
銀行、三菱UFJ投信を経て、現在は独立系資産運用会社(株)ファンドクリエ
ーション所属。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

さらに詳しく勉強をしたい方には、木下氏の無料メルマガをどうぞ。

◎投資脳のつくり方
マネー誌「マネージャパン」ウェブコンテンツ。ファンドマネジャー、アナリ
ストとして1,000社以上の上場企業訪問を経験した木下晃伸が、株式投資のヒ
ントを日々のニュースからお伝えします。「株式新聞」連載をはじめ雑誌掲載
多数。【登録はこちら】⇒ http://www.mag2.com/m/0000164032.html 

さらに、個別銘柄について知りたい方には有料メルマガをおすすめします。

◎なぜ、この会社の株を買いたいのか?
  〜年率20%を確実にめざす投資手法を公開〜
http://rd2.mag2.com/r?aid=12824 
おかげさまで「まぐプレ」新規購読ランキング3週連続第1位。会社訪問をし
ているからこそ見えてくる「この会社を買いたい理由」を明らかにします。
※初めてのご購読の場合、当月無料でお試し購読いただけます。
────────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『まぐプレebook』週刊現代&週刊ポスト  最新「投資記事」特集
────────────────────────────────────
電子書籍・オンラインコミックをおよそ12,000点販売する『まぐプレebook』か
ら、「週刊現代」「週刊ポスト」の最新《投資》記事をご紹介します。

※お読みいただくには、まぐプレebook会員登録(無料)が必要です。
  会員登録はこちら → http://rd2.mag2.com/r?aid=12822&rid=1 


●いまから始める退職金スーパー運用術
http://rd2.mag2.com/r?aid=12822&rid=2 
【老後を直撃する「大格差社会」、あなたがリタイアの「勝ち組」になるため
に「会社と銀行と官僚にだまされるな」委員会】<PART1>退職金36兆円市場
を狙う国と銀行 間違いだらけの資産活用——この金融商品には手を出すな
<PART2>10年後に笑うための人生設計 ケーススタディ・これが正解! 退
職金120%活用法。

●この秋、「ラブホテルファンド」で一獲千金を!
http://rd2.mag2.com/r?aid=12822&rid=3 
【アイドル、ラーメン、ワイン…… 変わり種ファンドが年利20%も】ゼロ金
利が解除されても定期預金の金利は1%に満たない。そんな超低金利時代に、
高利回りを謳う変わり種ファンドが人気を呼んでいる。投資対象は、ラブホテ
ル、ワイン、アイドル……etc。なかには20%近い利回りに達した商品もあり、
村上ファンドには手を出せなかったサラリーマンでも、これなら投資できる。 

●「ボクがタイで30万円を2000万円にした方法」
http://rd2.mag2.com/r?aid=12822&rid=4 
【為末大vs.森永卓郎 儲けたければ世界に目を向けろ!人生を大逆転する、
これが“ハードル投資術”だ】'01年の世界陸上男子400mハードルで、日本人
初の銅メダル獲得という快挙を成し遂げた為末氏。しかし投資に関してはまっ
たくの素人の彼が、海外でプロも驚くような大儲けをした。その秘密を、経済
アナリスト・森永卓郎氏とともに明かしてもらった。

●発見!地方新興市場の「お宝」株12
http://rd2.mag2.com/r?aid=12822&rid=5 
【株価10倍も夢じゃない! 東証一部上場を狙う】 日経平均株価は停滞し、
「ジャスダック」や「東証マザーズ」といった東京の新興市場も元気がない。
「めぼしい投資先がない」と嘆く個人投資家も多いだろう。そんな時は地方の
新興企業に目を向けてみよう。“明日の大企業”を目指す新進気鋭の優良企
がまだまだ埋もれているのだ。

●ケータイ新時代で狙う株7銘柄
http://rd2.mag2.com/r?aid=12822&rid=6 
【いよいよ「勝負の秋」到来! 「ナンバーポータビリティ特需」で上昇期待!
10・24スタートの前に、仕込むなら今だ】日経平均株価が1万6000円の大台を
回復し、いよいよ秋相場の入り口に立った株式市場。紀子妃の男子ご出産、さ
らに安倍新政権誕生も目前で、9月はご祝儀上昇相場とも予測されているが、
なかでも注目の銘柄とは?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【発売中!近くの本屋さんは料金体系が不明瞭】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm 

●出来事2006 〜 色々な料金☆エピソード特集
古本屋巡りが好きです。そこで本を買うというより、自分の好きな作品にど
のくらいの値段がついているのかを見るのが。で、だいたい、好きな作品は
底値かつ在庫多数。「つまんねー」と思った本に限って高値がついています。
                   (オサム@世間とのズレを実感)

         ☆今回は過去の投稿からピックアップ☆

○ドライブしていたときのこと。ガソリンスタンドで、料金の表示を貼り変え
ようとしていました。数字はデジタル時計のような表記だったため、見ている
と「156円」の「6」から左下の1本が外され「155円」に。「おっ、安くなっ
た!」と入ろうかと思ったところ、外された1本が右上に移動。「159円」に
値上がりでした…。                  (アナログ世代)

○髪が薄くなった社長が散髪に行った時。隣の長髪の人を見ながら床屋の親方
に、「髪の毛の量が違うのに同じ料金というのはおかしいよな」と持ちかけた
ら、親方曰く「髪の毛の探し賃が含まれてるんですよ」。     (hero)

○私の携帯の明細書を見た母は「今月使用料金が安いね。彼とうまくいってい
ないのでは?」とわざわざメールをくれた。違うよ、安くなるサービス該当月
だったのに…。                 (にゃんち大好きっち)

○自分は新人タクシー運転手。独身でも通用しそうな若いミニスカのママと、
息子達3人を乗せました。猛暑の最中、車内はクーラーをギンギンにかけてい
たところ、次男(6歳くらい)が、「ねえお母さん、なんでこのタクシー涼し
いの?もしかして涼しい代わりに(料金が)高いの?」と。  (うさお40)

○パケット定額制が売りって感じの携帯電話CMを見て、「『パケット』が
『パペット』に聞こえるんだよね」と夫。その途端、頭の中には「牛クン蛙ク
ンと背後の黒頭巾」の姿が!              (噛み付きヘビ)

○違法駐輪対策で、駅前に地上3F地下1Fの大型駐輪場ができた。しかしい
つまでたってもガラガラ、違法駐輪はなくならない。すると「使用料大幅値下
げ!」「半年契約でさらに割引!」「家族全員で!原付もOK!」といった派
手なのぼりが立った。携帯電話の料金じゃないんだから…。  (ハカタカ)

○バイクで高速道路を出る時に料金所のおじさんに「おっ!?女性仮面ライダー
だね」と言われました。確かに女ライダーですが仮面はつけていません。つい
勢いで?それとも化粧が仮面並み?      (今年は8耐見に行くぞ!)


【投稿募集中】人生はドラマ。あなたの身の回りにもさまざまなドラマが転
 がっているはず。そんなドラマを短い文字列にギュッと凝縮して、送って
 下さい。投稿は http://www.mag2vow.com/toukou.html (出来事2006)へ!


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎ビジネスキーパーソンWebインタビュー
                          http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネーのまぐまぐ!】2006/10/24 号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『マネー』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 本メルマガ内の記事に基づいてとられた投資行動の結果については、弊社は
 一切の責任を負いません。投資判断は自己責任でお願い致します。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/money.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=money&d=20061024 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【マネーのまぐまぐ!は、転載, 複写, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Money Mag2 ━
マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ