公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2006年09月19日号

印刷用ページ
━ Money Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  1,095,069部発行 ━

                   マネーのまぐまぐ! 2006/09/19 号
                       http://money.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●プライバシーマーク付与認定について
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
■マネー関連おすすめメルマガ情報
 ●実践、田中 実の≪失敗しない不動産投資の仕方≫
 ●未来予測によりFX投資で非常識に儲ける
■既刊メールマガジン紹介
 ●ハロー!株式
 ●プロが配信!【相場の風に乗る株式情報<株の風音>】
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
 ●日本で夜間取引は定着する?カギは「集団の力」
■まぐまぐプレミアム情報
■まぐまぐVOW3
 ●出来事2006 〜 お札☆エピソード特集


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●プライバシーマーク付与認定について
このたび、株式会社まぐまぐは、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、
プライバシーマークの付与認定を受けました。(許諾番号 第A821652(01)号)
まぐまぐでは、メールマガジンの読者さま、発行者さまをはじめとする、多数
の個人情報をお預かりしてサービスを運営しています。当社は、これを機に、
今後もさらに個人情報保護に努めてまいります。

※プライバシーマークとは  http://privacymark.jp/ 
事業者が個人情報を適切に取り扱っていることを、公的に認定する制度です。
経済産業省の外郭団体である JIPDEC によって、1999年から運営されています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
────────────────────────────────────
相場の世界で勝ち組になるためには、価格の変動要因やリスク・リターンなど
の本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あな
たも「相場力UP」を目指しましょう。

                               ≪問題≫
  以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。

●ニュースに関する問題
欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏の経済成長率の見通しを上方修正しました。
このニュースが株価の上昇要因になると思われるのは次のどの企業でしょう。

(1)欧州向けに輸出している日本企業
(2)欧州から商品を輸入している日本企業
(3)内需関連の日本企業

      ↓《あなたの「相場力」をチェック!解答はウェブページで》↓
          http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=tradesense0919 


【監修:矢口新(やぐちあらた)】
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。野
村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、債券
のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書『生き残りのディーリン
グ決定版』は現役ディーラーの“座右の書”として、高い評価を得ている。現
在は会社社長兼ファンド・マネージャーとして、資本金を株式市場などで運用。

       ▼『生き残りのディーリング決定版』ほか 矢口氏の著書は▼
          http://dealersweb.hp.infoseek.co.jp/bookshop.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マネー関連おすすめメルマガ情報
────────────────────────────────────
マネーのメールマガジンの中から、2誌ピックアップしてご紹介いたします。

◎実践、田中 実の≪失敗しない不動産投資の仕方≫
http://www.mag2.com/m/0000180327.html  隔週刊
サラリーマンとして仕事に没頭する傍ら、マンション経営コンサルタントとし
ても活躍。実体験から不動産実践教育20年以上も行ない、日本における『サラ
リーマン不動産経営』のカリスマ的第一人者。
(編)都内の不動産で人気がでるのは東京10Km圏、では地震で危険な区域は?


◎未来予測によりFX投資で非常識に儲ける
http://www.mag2.com/m/0000185879.html  週刊
ドル/円を中心として、テクニカル分析と未来予測(占い)を併用してFX投資
(為替証拠金取引)で簡単に非常識なほど利益を上げるための情報を提供いた
します。
(編)為替の値動きをテクニカル分析と、3個のコインを振る占いで予測。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今週の既刊メールマガジン紹介
────────────────────────────────────
マネーの分野で好評発行中のメールマガジンをご紹介いたします。

●ハロー!株式
http://www.mag2.com/m/0000059907.html  日刊朝夕2回
「週刊ダイヤモンド」や「日経ネットトレーディング」にも紹介された優良人
気メルマガです。1万8000人を超える根強いファンの方々に愛読され、プ
ロが分かりやすく語る株式相場の見通し・シナリオ・ノウハウは役立つこと必
至!「まぐまぐ殿堂入り」です。

●プロが配信!【相場の風に乗る株式情報<株の風音>】
http://www.mag2.com/w/0000118245.html  平日日刊
【テレビにも登場!まぐまぐ殿堂入りメルマガ!】《堅実投資で、楽しむ株式
情報!》株式のプロが、その日の株式相場の動きを振り返り、分かりやすく、
相場の動き・ポイントを解説。●忙しい方、初心者、ベテランなど幅広い方に
大人気!●押さえておきたいメルマガです!


◇厳選!投資のメルマガあります◇ http://rd2.mag2.com/r?aid=10453&rid=3 
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
────────────────────────────────────
日々、新聞やテレビをにぎわすニュースをきちんと理解できていますか?疑問
を疑問のままにしていませんか?現役証券アナリストが、ニュースを振り返り、
詳しく解説。株式市場で成功するためのヒントを伝授します!
ウェブサイト⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote_index 

 
●日本で夜間取引は定着する?カギは「集団の力」

>                                       木下晃伸(きのした・てるのぶ)
>                                      (株)ファンドクリエーション
>                                       インベストメント・アナリスト


◎目標に遠く及ばなかった夜間取引初日

2006年9月15日、カブドットコム証券(カブコム)が運営する私設取引システ
ム(PTS)を活用した株式の夜間売買が始まりました。取引時間は午後7時
半から11時までです。企業が重要な発表を行うのは、後場が閉まった午後3時
以降が多いですので、それ以降の材料で売買できるメリットがあります。一方
で、米国市場の動きに対応できない点はデメリットといえるでしょう。

売買終了後に記者会見したカブコムの斎藤正勝社長は、「初日ということもあ
り取引は多くはなかったが、ひとまずきちんとシステムが稼働することが確認
された。今後は機関投資家なども参加する見込みで、徐々に増えていくとみて
いる」と語りました。

今回の夜間取引の対象は、東証1部上場企業を中心とする300銘柄。初日に売
買が成立したのはそのうち47銘柄で、全体の16%となりました。また、約定件
数は1日平均昼間約30,000程度あるものがその3%にとどまり、約定金額も昼
間の2%と、目標の20%には遠く及びませんでした。

しかし、今回のカブコムの夜間取引市場の開設は、画期的なものだったといえ
ます。日本での夜間取引の先駆的存在であるマネックス証券が運営する「マネッ
クスナイター」は、原則として東証などの午後3時時点の終値をもとに決めら
れた価格で売買できる「一本値」方式でした。

しかし、今回、カブコムは日本では初めて夜間取引に「オークション方式」を
採用しています。オークション方式では、複数の投資家からの売りや買いの注
文をシステムの中でつけ合わせ、発注の時間や価格に基づいて合致する注文を
成立させる方式のことです。

つまり、買いが増えれば株価が上昇し、逆なら下がる。投資家の需給に応じて
株価が変動するため、より市場実勢に近い価格で売買できるのです。
                            【ポイント1】



◎激化するネット証券同士の競争

カブコムの夜間取引参入の発表後、他のネット証券も相次いで、オークション
方式による夜間取引市場の開設準備を進めていることを発表しました。現在、
参入を表明しているのは、SBIイー・トレード証券、楽天証券など5社連合
と松井証券です。

夜間取引市場の開設に際し、カブコムは約17億円のシステム投資が必要だった
といわれています。多額の投資をしてもなお、ネット証券各社が夜間取引市場
の開設に積極的に取り組んでいる背景には、ネット証券同士の競争激化があり
ます。

証券大手の野村ホールディングスが06年5月、「業界最低水準の手数料」を旗
印に、インターネット専業の子会社ジョインベスト証券を発足させました。開
業前に同社が発表した手数料は、売買代金100万円〜200万円で1320円と、他の
大手に比べ約4割程度安いものでした。

ネット投資家の多くは、証券会社選びに際して手数料の安さを重視しています。
そのため、各社とも追随値下げを余儀なくされました。イー・トレード証券は、
1日の約定代金の合計額に応じて課金する「アクティブプラン」では、約定代
金が10万円以下の手数料を無料にしました。

手数料の引き下げは各証券会社の収益を直撃します。加えて、各社がそろって
手数料を引き下げたため、それだけでは他社との差別化を図ることができませ
んでした。そこで、新しいサービス、例えば夜間取引市場の開設で、顧客を囲
い込むこもうとしているのです。

SBIイー・トレード証券、松井証券、楽天証券、マネックス証券、カブコム
の5社全体でみた06年8月の口座開設数は373万で、前月に比べて5万3000増
加しましたが、伸び率は1.4%で7ヶ月連続で前月を下回りました。しかし、
夜間取引市場を開設すると発表したカカブコムのみが、伸び率で前月を上回り、
増加数では、前月6600に対し8月は6800となりました。多少とはいえ、夜間取
引市場の開設が、好影響を与えたといえます。

手数料の引き下げは投資家にとって明らかなメリットです。また、夜間取引市
場の開設も、昼間働きに出ているため、取り引きができない人にとっては朗報
でしょう。各社の競争は、投資家にとって歓迎すべきことだといえます。


◎カギを握るのは参加者増による「集団の知恵」

今後広がると予想される夜間取引にはどういった問題があるのでしょうか。

オークション方式では、投資家からの注文が少なければ取引が成立しにくく、
極端な価格の注文が成立して株価が乱高下することもありえます。となれば、
売買高が薄いことに着目して株価を動かそうとする参加者が出てくる可能性も
あります。

売買審査では、夜間の取引時間中に企業が発表した内容など取引時間中の様々
な情報に臨機応変に対応し、売買停止などの判断を迫られる場合もあります。
カブコムは、福岡証券取引所から売買審査の経験者を迎え入れるなど体制を整
えているとしていますが、うまく機能するかは心配の種といえます。

また、各ネット証券によるPTSが乱立することで売買が分散し、市場の流動
性が下がることも考えられます。そうなると、十分な売買を伴わないまま形成
された株価は信頼に足るか、複数のPTSで違う株価がついた時に、どちらを
信用すればよいのか、そうしたいびつな株価算定が、翌日の株式市場に影響を
与えてもいいのか、などの問題も浮かび上がります。

このように、夜間取引市場は様々な問題を抱えています。しかし私は、こうし
た問題は、夜間取引への参加者が増えればある程度解決されると考えています。
なぜなら、株式市場は多くの参加者が入ってくることで「集団の知恵」が発揮
される場所だからです。

米人気コラムニスト・ジェームズ・スロウィッキー氏の“The Wisdom of Crowds
(邦題『「みんなの意見」は案外正しい』)”によれば、「多様性」「独立性」
「分散性」「集約性」の4つの条件が当てはまるとき、個々人の才覚以上に
「集団の力」が発揮されることが、多くの事例から明らかになっています。

----------------------------------------------------------------------
「多様性」
それぞれの構成者が、仕事、学歴、家族構成など、どれだけ異なるバックグラ
ウンドを持っているか

「独立性」
構成者がお互いにどれだけ「赤の他人」か

「分散性」
それぞれの構成者がどれだけ地理的、心理的に散らばっているか

「集約性」
多様性、独立性、分散性のような違いがあるにもかかわらず、構成者が同一の
目的に向けて同じことを考える時間、場所があるか
----------------------------------------------------------------------

株式市場には「集団の力」と似た考え方「効率的市場仮説」というものがあり
ます。これは、株価を動かす材料はすべて織り込み済みであり、株価は常に適
正な価格を保つ、というもの。その結果、いくら努力しても、その労力を上回
るリターンを得るのは難しいため、株価指数に連動するような運用が望ましい
ということになります。

現在、この効率的市場仮説は多くの機関投資家に支持されており、彼らは株価
指数に連動する投資を行い、平均的なリターンを目標にする「パッシブ運用」
を行っています。

夜間取引でも、カブコムの斎藤社長が記者会見で述べたように機関投資家の参
加が増えることでしょう。機関投資家はいかなる場合でも、効率的な運用を目
指します。そうすれば、市場の歪みは自ずと修正されていくはずです。

東証は、来年にも設立する持ち株会社傘下に専用子会社を作り、「夜間」に進
出する可能性もささやかれており、市場参加者の厚み、つまり「集団の力」が
発揮されやすい環境は整いつつあるといえるでしょう。

今後、参加者を増やしていくためには、システムトラブルを起こさないなど、
各証券会社が、安心して参加できる環境を作ることが求められているのではな
いでしょうか。                     【ポイント3】


                   ≪相場が分かる!今日のポイント≫

【ポイント1】
カブコムの斎藤社長は7月12日の発表会見で、「昼は忙しいサラリーマンでも
気兼ねなく本格的な取引ができるようになる」と声を弾ませていました。カブ
コムは巨大なマイクロソフト製のシステムを導入した縁もあり、ビル・ゲイツ
会長が定期的に本社に視察にくるほどシステムに力を入れてきた会社です。
「バックアップシステムの構築や社内体制の整備など、数年越しで入念な準備
を進めてきた」オークション方式の夜間市場開設は、システム畑出身の斎藤社
長が、長期間温めてきたプランでした。


【ポイント2】
PTS先進国の米国では、個人向けがあまり広がっていません。売買の量が減
る夜間は必ずしも自分の思うような価格で取引ができなかったり、価格の変動
が大きすぎて投機的になってしまうこともあり、個人投資家の参加意欲がそが
れたと言われています。チャールズシュワブやモルガン・スタンレーなどが
1999年に開始したものの、開始から2カ月間の注文が数件にとどまった例もあ
り、現在は夜間は翌日用の注文の受け付けのみに限ったところも出始めている
のが実情です。
ただ、「米国などでは夜、帰宅した後まで、株式売買に精を出すスタイルはな
じまない」との指摘もあります。一方の日本では24時間営業のコンビニで深夜
に公共料金を支払ったり現金を引き出す客が増え、夜間の経済活動にさほど抵
抗がないと言われています。米国とは違った発展を遂げる可能性も充分ありえ
るでしょう。


【ポイント3】
もともとネット証券各社は東京証券取引所に対して、夜間市場を設けるよう要
望していました。それでも、東証が煮え切らない態度を続けたため、各社が見
切り発車的なスタートになりました。確かに、流動性などを考慮すると、まだ
問題は解決していない、という見方もできます。しかし、新しい市場を作り
出すベンチャースピリットなくして、新しい成長、発展は期待できません。疑
問や課題にばかり目を向けるのではなく、新たな市場に目を向け、いま起こっ
ていることをしっかりと目に焼き付けることが重要なのではないでしょうか。
それが、自分自身の経験値になり、新たな切り口で市場を見るきっかけになる
と思います。


***********************************************************************
以前私が勤務していた会社が、カブコムが属しているUFJグループだったと
いうこともあり、斉藤社長には一度お目にかかったことがあります。アイデア
マンであるだけでなく、決断も早く、本当に優秀なビジネスマン、という第一
印象でした。日本は新境地を切り開くベンチャースピリットを持った起業家に
は、やや厳しい国です。でも、それではいけない。最初から否定的なことを考
えていては何も生まれません。私たちは投資家である以前に、斉藤社長のよう
な起業家を自然と応援する姿勢を持つことが必要ではないか、と思います。
                               (木下)
***********************************************************************

────────────────────────────────────
●木下晃伸(きのしたてるのぶ)
http://terunobu-kinoshita.com/profile/profile.html 
インベストメント・アナリスト。1976年生まれ、名古屋市出身。中央三井信託
銀行、三菱UFJ投信を経て、現在は独立系資産運用会社(株)ファンドクリエ
ーション所属。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

さらに詳しく勉強をしたい方には、木下氏の無料メルマガ・著書をどうぞ。

◎投資脳のつくり方
マネー誌「マネージャパン」ウェブコンテンツ。ファンドマネジャー、アナリ
ストとして1,000社以上の上場企業訪問を経験した木下晃伸が、株式投資のヒ
ントを日々のニュースからお伝えします。「株式新聞」連載をはじめ雑誌掲載
多数。【登録はこちら】⇒ http://www.mag2.com/m/0000164032.html 

◎『投資の木の育て方』ランダムハウス講談社
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote_book 
「集団の力」を利用しなければ、株式市場で勝ち続けることは覚束ないこと、
株式市場における「集団の力」を明らかにしたのは本書だけ。

さらに、個別銘柄が知りたい方は、日々、上場企業を訪問し、最新情報を得て
いる木下氏から毎週1回、レポートが届く有料メルマガをどうぞ。
             ≪新規購読ランキング(09/06-09/12)第1位≫

◎なぜ、この会社の株を買いたいのか?
  〜年率20%を確実にめざす投資手法を公開〜
http://rd2.mag2.com/r?aid=12236 
※初めてのご購読の場合、当月無料でお試し購読いただけます。
────────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐプレミアム情報
────────────────────────────────────
●人気急上昇!外国為替取引(FX)メルマガ
厳選された情報をお届けする、有料メールマガジン配信サイト『まぐまぐプレ
ミアム』で、注目のFXメルマガをご紹介します。

※初めてのご購読の場合、当月無料でお試し購読いただけます。
  詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://premium.mag2.com/aboutcampaign.html 

※有料メルマガを紹介してお小遣いをゲット!
  アフィリエイトについて詳細はこちら↓をご覧ください。
  http://premium.mag2.com/aff_explan_rd2.html 


◎FX 外国為替投資法
http://rd2.mag2.com/r?aid=12232&rid=1 
FX専業トレーダーが配信する完全利益最優先主義メルマガ。スイングトレー
ドのため、当メルマガは朝一に1回チェックするだけでOK!サラリーマンの
方でも無理なく簡単に実践できます。その他に「簡易レポート」なども配信し
ています。現在はGBP/USD、GBP/JPY中心に主要通貨で運用中。2006年の運用成
績は1月〜8月で+2000pips!(9/01現在)追記:夜間シグナル配信開始。運用
通貨も拡大。
【 1785円/月(当月無料)/ 毎週月〜金曜日 / アフィリエイト公開中 】

◎FXリタイヤ億万長者への道
http://rd2.mag2.com/r?aid=12232&rid=2 
外国為替取引(FX)リアルタイム売買シグナルによるシステムトレードで高
収益を計上中。シグナルと成績の詳細を全て公開しています。05年度は18通貨
ペアの全てがプラス計上。06年度も好調です。
【 5250円/月(当月無料)/ 毎週月〜金曜日 / アフィリエイト公開中 】

◎T式外国為替トレード
http://rd2.mag2.com/r?aid=12232&rid=3 
T式外国為替トレードはyt28vcの開発した外国為替保証金取引(foreign 
exchange, forex, FX)で稼ぐための戦略です。このマガジンは、それに基づい
たトレードの報告です。週1回の定期報告以外に、ポジションを建てたときに
臨時発行することがあります。
【 1050円/月(当月無料)/ 毎週月曜日 / アフィリエイト公開中 】

◎たった5万円の初期投資から4年で1億円を目指す!!
  素人でも簡単に出来るラクラクFX(為替)売買情報
http://rd2.mag2.com/r?aid=12232&rid=4 
独自開発のシグナル配信です。
【 10500円/月(当月無料)/ 毎週日曜日 / アフィリエイト公開中 】

◎FX連敗からの脱出
http://rd2.mag2.com/r?aid=12232&rid=5 
あなたはFXで利益を上げることができていますか?独自トレードスタイルを
確立してから、連敗地獄から抜け出した、勝ち組トレーダーが送るFX売買シ
グナル。中期トレンドの差益を狙っていきます。
【 3150円/月(当月無料)/ 毎週土曜日 / アフィリエイト公開中 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【発売中!近くの本屋さんは千円札だけでテレビを購入】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm 

●出来事2006 〜 お札☆エピソード特集
急な飲み会のお誘い。財布を見たら1万円札があったので、安心して行って
きました。飲み代は1人5千円。「ごめん、俺万札しかない」と言って財布
を見ると、1万円札ではなく2千円札が1枚だけ入っていました。
                (オサム@いつまでたっても慣れない)

         ☆今回は過去の投稿からピックアップ☆

○学校に設置されている、飲料自販機に張り紙がしてあった。「千円札は使い
ません」。                      (どんな主張だ)

○近所のスーパーで。 780円のお買い物に1000円札で支払ったらレジのバイト
のお兄さんは「はい。220円ちょうどのお返しです」と。     (わたる)

○夏目漱石の話をしていたら、横にいた息子が「知ってる。なつめそうしき」
と言った。「何した人か知ってる?」と聞くと、「千円札作った人」。これが
6年生じゃなきゃほほえましいのに…。        (うちの坊ちゃん)

○郵便局でもらった2千円札でコンビニで買い物をしたら、「外国の紙幣は使
えません」と若い店員に言われた。「これ、日本の紙幣ですよ」と言うと、店
長を呼んで見せていた。                    (まさ)

○乙女の頃、初デートをした時の事。ランチ→観覧車→夕飯と一日が進み、最
後にバーで一杯飲んで帰る事に。「さすがに全部出させては悪いわ」と思った
私はここのドリンク代は払うと申し出た。すると、「あ、後で精算するから」
と言われ、訳が分からずその店のお勘定用に1万円を男に渡したらめっちゃ笑
顔で「はいっ!昼間の分引いておいたから♪」と千円札を1枚だけ返された。
それなら最初から割り勘って言ってよね。  (観覧車くらいおごってよ。)

○本屋で税込み千円の本を買いました。千円札を出すと、店員さんが「千円か
らでよろしいですか?」。一体どーしろというのでしょう。  (のりりん)

○このあいだ、地元の金融機関で2千円札に両替をしようと行った窓口でのこ
と、「2千円札でよろしいんですね?」と念をおした挙句、「今1枚しかない
んです」おたく金融機関やろ!                (ちーこ)


【投稿募集中】人生はドラマ。あなたの身の回りにもさまざまなドラマが転
 がっているはず。そんなドラマを短い文字列にギュッと凝縮して、送って
 下さい。投稿は http://www.mag2vow.com/toukou.html (出来事2006)へ!


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎ビジネスキーパーソンWebインタビュー
                          http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネーのまぐまぐ!】2006/09/19 号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『マネー』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 本メルマガ内の記事に基づいてとられた投資行動の結果については、弊社は
 一切の責任を負いません。投資判断は自己責任でお願い致します。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/money.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=money&d=20060919 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【マネーのまぐまぐ!は、転載, 複写, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Money Mag2 ━
マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ