公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2006年08月29日号

印刷用ページ
━ Money Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  1,092,739部発行 ━

                   マネーのまぐまぐ! 2006/08/29 号
                       http://money.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
■マネー関連おすすめメルマガ情報
 ●FX成功法則!97%ローリスクでハイリターンな投資法
 ●株式初心者のための東証2部は宝の山!
■既刊メールマガジン紹介
 ●失敗しようがない個人ファンドマネージャーの教え
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
 ●日経225mini上場から1カ月〜現物の価格を大きく動かす先物
■まぐまぐプレミアム情報
■まぐまぐVOW3
 ●出来事2006 〜 ATM☆エピソード特集


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目指せ!相場の勝ち組〜矢口新の『トレードセンス養成講座』
────────────────────────────────────
相場の世界で勝ち組になるためには、価格の変動要因やリスク・リターンなど
の本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あな
たも「相場力UP」を目指しましょう。

                               ≪問題≫
  以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。

●個別銘柄に関する問題
あなたが購入のタイミングをはかっている銘柄が、買い残が積み上がりながら
しばらく続落し、数日間横這った後、安値を抜いたことをきっかけに通常の数
倍の出来高を伴って急落しました。ここであなたがとるべき行動は?

(1)絶好の買い場が到来したと判断し、その日のベストのタイミングで買う
(2)想定以上の下落でリスク管理が難しいと判断し、他の銘柄を探す
(3)これだけではまだ分からないので、様子見を続ける

      ↓《あなたの「相場力」をチェック!解答はウェブページで》↓
          http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=tradesense0829 


【監修:矢口新(やぐちあらた)】
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。野
村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、債券
のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書『生き残りのディーリン
グ決定版』は現役ディーラーの“座右の書”として、高い評価を得ている。現
在は会社社長兼ファンド・マネージャーとして、資本金を株式市場などで運用。

       ▼『生き残りのディーリング決定版』ほか 矢口氏の著書は▼
          http://dealersweb.hp.infoseek.co.jp/bookshop.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マネー関連おすすめメルマガ情報
────────────────────────────────────
マネーのメールマガジンの中から、2誌ピックアップしてご紹介いたします。

◎FX成功法則!97%ローリスクでハイリターンな投資法
http://www.mag2.com/m/0000189613.html  不定期
成功率97%で、1日10%の利益率!こんなFX投資法、信じられますか?
投資経験ゼロ、ど素人だった私が、一度も負けることなくデイトレードで稼ぎ
続ける錬金術とは?あまりにも簡単に儲かるので、時々むなしくなります。。
(編)初心者にも分かりやすい投資マニュアルで、勝ち続ける秘訣が学べます。


◎株式初心者のための東証2部は宝の山!
http://www.mag2.com/m/0000182382.html  週刊
株式初心者の読者の皆様と一緒に、東証2部に埋もれている業績の伸びそうな
お宝企業を発掘していきます。12億の資金運用をしている師匠のアドバイス
で、ちょっぴりおいしいものを食べて旅行にも行ける。そんなプチリッチな生
活を目指しましょう。
(編)東証2部のおすすめ株を、購入資金額や配当額、PERも合わせて紹介。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今週の既刊メールマガジン紹介
────────────────────────────────────
マネーの分野で好評発行中のメールマガジンをご紹介いたします。

●失敗しようがない個人ファンドマネージャーの教え
http://www.mag2.com/m/0000171504.html  不定期
世界中から多額のお金を集めた個人ファンドマネージャーが教える、誰にでも
すぐ実践出来るデイトレード、スイングトレード成功法のメルマガです。毎月
20%以上の利回りを上げ、出資者に40%を払い続ける手法を公開します。
詳しくは発行者サイトをご覧下さい。


◇厳選!家計のメルマガあります◇ http://rd2.mag2.com/r?aid=10453&rid=4 
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■賢明なる個人投資家のための相場復習ノート
────────────────────────────────────
日々、新聞やテレビをにぎわすニュースをきちんと理解できていますか?疑問
を疑問のままにしていませんか?現役証券アナリストが、ニュースを振り返り、
詳しく解説。株式市場で成功するためのヒントを伝授します!
ウェブサイト⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote_index 

●日経225mini上場から1カ月〜現物の価格を大きく動かす先物

>                                       木下晃伸(きのした・てるのぶ)
>                                      (株)ファンドクリエーション
>                                       インベストメント・アナリスト


◎日経225miniの登場で先物は本当に身近になった?

2006年7月18日、「ミニ日経平均先物(日経225mini)」が大阪証券取引所に
上場しました。通常の株式投資は「買い」から入りますが、ミニ日経平均先物
のような先物取引では、現在より価格が上昇すると思えば「買い」、下落する
と思えば「売り」という投資ができます。つまり、売りから入って利益を狙う
ことができるのです。

実際の取引例はこうなります。簡単にするために手数料は考慮していません。

・ミニ日経平均先物16,000円で1枚(枚数)買い
→16,200円で1枚の売り=(16,200-16,000)×100(取引単位)×1(枚数)
           =2万円の利益
→15,800円で1枚の売り=(16,000-15,800)×100(取引単位)×1(枚数)
           =2万円の損失

・ミニ日経平均先物16,000円で1枚(枚数)売り
→16,200円で1枚の買い=(16,000-16,200)×100(取引単位)×1(枚数)
           =2万円の損失
→15,800円で1枚の買い=(16,000-15,800)×100(取引単位)×1(枚数)
           =2万円の利益

買いは分かりやすいと思いますが、売りは少し複雑かもしれません。まずは、
16,000円で売ってしまい、15,800円で買い戻すと差額200円が利益になります。
16,200円で買い戻すと、売った値段よりも高い値段で買い戻すことになるので
差額200円が損失になります。

これまでの日経平均先物の取引単位は、日経平均株価の1,000倍。つまり約
1,600万円です。一方、ミニ日経平均先物の取引単位は、日経平均先物の10分の
1。つまり日経平均株価の100倍、およそ160万円です。また、1単位あたりの
証拠金も、日経平均先物の50万円から、ミニ日経平均は5万円に引き下げられ
ており、個人投資家がより参加しやすくなりました。

株式先物市場では、ミニ日経平均先物が上場された7月に個人投資家の売買シェ
アが18.4%と過去最高を更新、2005年度実績(9.4%)の2倍に達するなど、
個人投資家も積極的に参加しています。


◎レバレッジ(てこの原理)の功罪

個人が参加し始めたとはいえ、ミニ日経平均先物はやはり投機が中心となって
いるようです。約8割が同日中に反対売買しているというオリックス証券の調
査からもそのことが伺えます。

なぜ、投機家が集まるのか。それは「レバレッジ(てこの原理)」が利用でき
るからです。「てこ」は小さな力で重いものを動かす道具です。それを金融で
使用すると、借入金によって投資を行い、利子率よりも高い利益を見込むとい
う意味になります。

たとえば、ミニ日経平均先物であれば、6万2,000円から7万5,000円程度の証
拠金を証券会社に預けるだけで約150万円の資金を動かすことができます。こ
れは、約20倍のレバレッジをかけて取引をしているということです。

150万円の資金を使って15万円の利益を稼いでも収益率は10%です。しかし、
仮に証拠金と同額の7万5,000円で150万円の資金を使えるとなると、たとえ同
じ15万円を稼いだだとしても、収益率は200%(15万円÷7万5,000円)に跳ね
上がります。投機家にとってはこれほど面白い市場はないでしょう。

また、「ヘッジ」という目的で先物を利用する投資家もいます。ヘッジとは、
分かりやすくいえば保険のこと。たとえば、保有している現物株をそのまま持
ち続けたい、でも、短期的には株価の下落が予想されるといった場合、現物株
をそのまま持ち続ける一方で、株式先物を売っておけば利益と損失が相殺され
保険がかけられる、というわけです。

しかし、先物取引は、リスクを承知で投資資金の一部でを行う、ということを
忘れてはいけません。短期的なリターンが狙える醍醐味がある一方、見通しが
外れた場合、証拠金の追加差し入れ追証(おいしょう)というものが発生する
ためです。

また、レバレッジをかけるということは、短期的に大きなリターンを狙えるだ
けではなく、常に大きな損失とも隣り合うことを意味します。それを肝に銘じ
ておかなければなりません。たとえば、日経平均先物を1万6,000円で1枚買
ったときに100円の値動きがあると、1,000万円の利益、または損失となります。
利益に目を向けるだけでなく、1,000万円の損失をかぶることができるのか?
その点もきちんと考えた上で投資するかどうか決めましょう。【ポイント2】


◎SQ前は現物のみの投資家も要注意

確かに先物取引は、現物に比べてリスクが高いものです。個人投資家として、
リスクを承知の上で取引するのも1つの選択肢です。一方で、先物には手を出
さない、というのもまた1つの選択肢です。        【ポイント3】

しかし、現物のみの投資家であっても先物の存在を無視することはできません。
その端的な例がライブドアショック後のいわゆる「魔の30分」です。

2006年1月、ライブドアショックごの混乱を避けるため、東証は1月19日から
後場の取引開始時間を、それまでの12時半から1時に変更し、取引時間を30分
短縮する措置を取りました。しかし、日経平均先物が上場する大証の取引は通
常通り12時半から開始されていたので、その30分間に先物の売りが殺到すると
東証後場の現物は、先物の価格にさや寄せするように下がる、といったように、
先物の大規模な売り(または買い)に日経平均株価が影響を受けることが多く
ありました。

また、日経平均先物には「裁定取引」というものがあります。日経平均の価格
に金利や配当収入を加味した理論上の日経平均先物の価格が、現物より高いと
き、先物を売り現物を買うことで利ざやを得ることができます。その後、価格
差が縮まると、現物を売って先物を買い戻す「裁定解消」が行われます。裁定
解消に伴い、大量の現物株式が売却されれば、株式市場全体の下げを加速させ
ることが予想されます。

また、裁定取引の場合、期日までに反対売買によって決済する必要があります。
もしその期日まで「先物売り・現物買い」というポジションが持ち越されると、
最終決済日の始値を元に算出される最終取引値(SQ)で、強制的に清算され、
その結果、現物が売り出されます。

日経平均先物がSQ値で清算される期日は3、6、9、12月の第2金曜日です。
もし、裁定取引のポジションが膨らんだ状態で期日を迎えると、現物の売りが
出るのではないか、との不安が市場に広がります。一方で、現物売りを予想し、
大量の現物買いを仕込むための買い注文が出されることもあります。結果、相
場全体が乱高下してしまうのです。

4月には東証が取引時間の短縮を終了したため、「魔の30分」は解消されまし
たが、先物の動きが現物をリードする事態は今後も続く、と考えるべきです。

こうした先物主導の相場に振り回されないようにするにはどうしたらよいので
しょうか?1つの方法は、好業績の銘柄を持ち続ける、ということです。短期
的には乱高下する可能性はありますが、長い目で見れば、業績に見合った株価
に落ち着くことが予想されます。

一歩進んで、先物の値動きから現物の値動きを予想しようと思うなら、日経新
聞の「マーケット総合2」面に掲載されている日経平均先物ほか株価指数先物
の値動きや「裁定取引に伴う現物株売買および残高」を見てみましょう。たと
え自分が現物にしか手を出さないにしても、まずはこれらの数字を見ながら、
現物と先物の関係を自分なりに理解することは投資に役立つはずです。


                   ≪相場が分かる!今日のポイント≫


【ポイント1】

先物はなじみの薄い方は、図表をみながら学ぶのが分かりやすいと思います。
ご興味がある方は、私の知人でもあるお2人が書かれた『日経225mini完全ガ
イドブック』(藤井英敏、志水洋美共著、角川SSコミュニケーションズ)を参
考にしてください。

『日経225mini完全ガイドブック』
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote_book2 

・著者
藤井英敏さん(カブ知恵代表)
http://www.mag2.com/m/0000172576.html 
志水洋美さん(経済キャスター)
http://plaza.rakuten.co.jp/moneypartners/ 


【ポイント2】

レバレッジがかかる、ということは短期的に収益がぶれるということ。だから
投機家を呼び込んでしまう点はあります。中には投機家がやってくるというこ
とに嫌悪感をもたれる方もいるかもしれません。しかし、それは間違いです。
たとえば、名古屋大学の加藤英明教授は「豊富な短期株主の存在が株式市場の
流動性を高め、市場に深みを与えていることも忘れてはならない。買い持ちの
長期株主だけの市場では、取引は閑散としたものとなり、長期株主はその日の
株価が適正か判断できず、売りたいときに自分の株式を売れないかもしれない」
と話しています。色々な人が色々な考えで投資をするということは当たり前で
す。色々な価値観を許容することも投資には必要なことです。


【ポイント3】

リスクを承知の上で、日経平均先物またはミニ日経平均先物に挑戦してみよう
という方に参考になるのが、「騰落レシオ」です。

【騰落レシオ=値上がりした銘柄の数/値下がりした銘柄の数×100】

騰落レシオとは、分かりやすくいえば、株式市場が強気か弱気かを示す指標で
す。結論から言えば、騰落レシオが75を割ると株式市場が総弱気、130を超え
ると株式市場が総強気であることが分かるのです。
最近では、8月22日に騰落レシオは140.57%(前日比+16.40%)となり、株
式市場が総強気であることを示唆しました。騰落レシオに従えば、株式市場は
下落局面を迎えると判断できます。つまり売りです。実際、8月22日の始値が
16,165円だった日経平均は、28日の終値は15,755円に下落しています。この期
間、日経平均先物の取引をしたとします。

8/23(水) 始値:16,165円で売り
8/28(月) 終値:15,755円で買い戻し

(16,165円—15,755円)×100×1枚=41,000円の利益となります。証拠金6
万2,000円から7万5,000円程度を差し入れ、16,000円程度の資金を使って4万
1,000円の利益を得られたことになります。


***********************************************************************
株式投資にはどうしてもギャンブル性があります。このことを真正面から捉え
なければ、いくら自分が「ギャンブルではない」と思っていても巻き込まれて
しまうことがあります。ギャンブルとして楽しむのか、中長期投資を志すのか。
どちらが正解ということはありません。自分に合っている投資を志せばいいだ
けです。                           (木下)
***********************************************************************


────────────────────────────────────
●木下晃伸(きのしたてるのぶ)
インベストメント・アナリスト。1976年生まれ、名古屋市出身。中央三井信託
銀行、三菱UFJ投信を経て、現在は独立系資産運用会社(株)ファンドクリエ
ーション所属。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

さらに詳しく勉強をしたい方には、木下氏の無料メルマガ・著書をどうぞ。

◎投資脳のつくり方
8月24日号では「騰落レシオ、2年2ヶ月ぶり140%台」と題し、「昨日の騰
落レシオが過熱である130%を明確に越えたことから、私だったら1度利益を
この時点で確定させる」売りを示唆。個別銘柄に関するコメントも充実したメ
ルマガです。
【登録はこちら】⇒ http://www.mag2.com/m/0000164032.html 

◎『投資の木の育て方』ランダムハウス講談社
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote_book 
騰落レシオは、意味を知らずノウハウ的に活用するだけでは、もったいない指
標です。この本を読めば、騰落レシオを体系的に理解することができます。投
資の足腰を鍛えたい方はぜひともお読みください。

────────────────────────────────────

  ≪賢明なる個人投資家のための相場復習ノート≫バックナンバー
◎大停電だけじゃない。避けられない“危機”と株価
    ⇒  http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote0822 
◎「JAL復活なるか〜異例の大規模公募増資と今後の展望
    ⇒  http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote0815 
◎「国策に売りなし」株価を動かす投資テーマとは?
    ⇒  http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote0808 
◎本格的「企業買収の時代」の到来で株価はどう動くのか
    ⇒  http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=soubanote0801 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐプレミアム情報
────────────────────────────────────
●今すぐダウンロードして読める!「お金」の本BEST5
有料メールマガジンとダウンロード書籍を販売する『まぐまぐプレミアム』か
ら「お金」にまつわる本売れ筋ランキング5位をご紹介します。

《5位》県民性がはっきり見える日本地図 売れ筋商品の大研究!篇
http://rd2.mag2.com/r?aid=11900&rid=1 
「広島、石川県民が通信費にお金をかける意外な理由とは?」「日本一贅沢な
布団に寝ているのはどこの県民?」「親戚づきあいが多い県でタオルがよく売
れるワケとは?」など、消費の観点から県民性を大分析!
【 河出書房新社 刊 / 現代ふしぎ調査班 編 / 473円(税込)】

《4位》お金が残るこんな頭のいい方法があったのか
http://rd2.mag2.com/r?aid=11900&rid=2 
「水道の蛇口をきつく締めると損をする」「利息分が丸儲けになるクレジット
カードの使い方」「セールスマンの心理を読んだクルマの賢い買い方」など、
知っておくと得するお金の知恵が詰まった本。
【 河出書房新社 刊 / 暮らしの達人研究班 編 / 473円(税込)】

《3位》お金持ちの条件
http://rd2.mag2.com/r?aid=11900&rid=3 
「“小を積む”ことの計算ができる人は、確実に貯金を殖やせる!」「約束・
時間を大事にする人は金の方から集まってくる」など、金儲けのための考え方
がわかる本。
【 ライトプレス 刊 / ライトプレス 編 / 105円(税込)】

《2位》お金儲けの裏ワザ・隠しワザ
http://rd2.mag2.com/r?aid=11900&rid=4 
「土・日や祝日、アフター5を有効活用する賢いワザ」「自宅の電話で上手に
稼ぐコツ」「狙い目の懸賞を見分ける法」など、小銭を少しずつ貯めたい方に
オススメのサイドビジネス情報が満載。
【 平成暮らしの研究会 刊 / 平成暮らしの研究会 編 / 473円(税込)】

《1位》モノの原価がまるごとわかる!
http://rd2.mag2.com/r?aid=11900&rid=5 
「カレーライス:経営状態がわかる“原価30パーセント”の法則」「ホテル:
1泊2万円の客室の本当の経費はいくら?」「ユニクロ:品質の割に安い?安
い割に品質がいい?」など、あらゆる業界の原価を赤裸々に解説!
【 青春出版社 刊 / マル秘情報取材班 編 / 420円(税込)】

※ご購入いただくには「まぐまぐプレミアム会員登録」(無料)が必要です。
http://rd2.mag2.com/r?aid=11900&rid=6 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐVOW3【発売中!近くの本屋さんはATMのタッチパネルが苦手】
────────────────────────────────────
http://www.mag2vow.com/mag2vow3.htm 

●出来事2006 〜 ATM☆エピソード特集
飲み会のたびに、「手数料無料のATMが近くにないから立て替えといて」
と言う友人がいます。気づけば5回に1回ぐらい踏み倒されているような気
が…。「今、細かいのないから」に匹敵する踏み倒しテクニックです。
                             (オサム)

         ☆今回は過去の投稿からピックアップ☆

○ATMでお金を下ろしていた時のこと。「おじさんのカードをお取り下さい」
と機械ボイスに言われ、ショックを受けました。が、隣の人のを注意して聞い
てみると、「ご持参のカードをお取り下さい」でした。
                   (まだお姉さんと呼ばれたい年頃)

○近所の銀行のATM機が新しくなったばかりのころ。私が立ち去り際に、隣
の機械を使用中のおじいさんが「あんた、どちらさん?」と、けっこう大きい
声で言ってきた。私のことかと思って振り向くと、おじいさんが見ている画面
には、機械動作中のお待たせ画面のお姉さんが派手に登場していた。確かに新
しいバージョンでは、お姉さんの顔が前の10倍くらい大きい。 (みはる)

○25日の銀行のATMの長蛇の列にボーっと並びながら待っていたら3歳くら
いの女の子が自動ドアを出たり入ったりしていた。母親が鬼の形相でこちらに
来るように言っても知らん顔。すると母親はおもむろにバックから携帯を取り
出して「あーもしもし、今夜来てください」と言った。途端、娘は泣きながら
母親の元に駆け寄ってきた。イヤだーイヤだーと泣く姿を横目に「もう電話し
たからあれが来るからね!」。並んでいた人はそれぞれに「あれ」を想像した。
                         (ちなみに私は貞子)

○先日通販で大人専用の物を買ったので、銀行へ代金を振り込みに行きました。
順番を待っている間通帳を見ていて、「あぁ、残高が一桁減るなぁ」と思いな
がら、順番が来てATMで振込み。「あぁーあ、あんなもん買わなきゃよかっ
た」と思いつつ通帳を見ると残高が増えている!よく見ると上の段に児童手当
が振り込まれていました。児童手当であんなもん買ったと思うと子供たちに合
わせる顔がなくなりました。反省。

○「はぁー今日もよく働いた。疲れたけど帰る前にお金おろしておかないと」
と帰途寄ったATMにて。いつもどおりカードを入れると「お取り扱いできま
せん」の表示。おかしいなーと思い入れなおすけどやっぱり一緒。2回入れて、
出てきたカードを見たら、某スーパーのポイントカードでした…。
                    (後ろに誰も居なくて良かった)

○うちのだんな、給料日には必ず家に帰る前にコンビニによってATMで給料
全額を引き出し、封筒に入れて私に手渡しする。引き出す手数料はもったいな
いし、公共料金の引き落としがあるから次の日にはもう一回、預け入れないと
いけないのでかなり面倒。そんなことしなくてもちゃんと感謝してるのに…。
                        (感謝が足りないの?)

○防犯のため、各銀行ごとにATMの暗証番号を変えている母。すばらしい心
構えだとは思うが、何種類もの暗証番号を覚えられないらしく、カードにマジッ
クで暗証番号を書き込んでいる。それじゃ、意味ないって。
                        (1111はだめです)


【投稿募集中】人生はドラマ。あなたの身の回りにもさまざまなドラマが転
 がっているはず。そんなドラマを短い文字列にギュッと凝縮して、送って
 下さい。投稿は http://www.mag2vow.com/toukou.html (出来事2006)へ!


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎ビジネスキーパーソンWebインタビュー
                          http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネーのまぐまぐ!】2006/08/29 号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『マネー』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 本メルマガ内の記事に基づいてとられた投資行動の結果については、弊社は
 一切の責任を負いません。投資判断は自己責任でお願い致します。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/money.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=money&d=20060829 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【マネーのまぐまぐ!は、転載, 複写, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Money Mag2 ━
マネーのまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ