公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

教育のまぐまぐ!(毎週木曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2007年10月18日号

印刷用ページ
━ Education Mag2  ━━━━━━━━━━━━━━━━━  259,202 部発行 ━

                    教育のまぐまぐ! 2007/10/18 号
                       http://education.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース 〜正式採用前に辞める新採教員が増加…文部科学省の調査
■現代子どもの気になる性事情<復習編>
■Pickup!教育のヒント
■子どもの教育相談室 〜学校でひとりぼっちの息子…
■ママたちのおしゃべり広場 〜中学3年生の娘が家出してしまいました
■おしえておたくんち 〜叱るとき、手を上げますか?
■ためそう!親力診断テスト<復習編> 〜読み聞かせをやめる時期
■≪お母さんにオススメ≫資格情報 〜あなたの知らない資格力
■任天堂Wiiやハイビジョンビデオカメラなどプレゼント♪
■ちょっと耳寄り!インフォメーション&プレゼント


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●正式採用前に辞める新採教員が増加…文部科学省の調査
文部科学省はこのほど、指導力不足教員の数などを調べた「公立学校教職員の
人事行政の状況調査について」の結果をまとめました。新聞やテレビなどでは、
2006年度に指導力不足と認定された教員が全国で450人に上っていることが大
きく取り上げられました。しかし、同調査には、もうひとつ気掛かりな結果が
あります。それは、採用後1年間の「条件附採用期間」を終えて正式採用にな
る前に、退職する教員が増加しているということです。

正式採用とならなかった理由、多くを占めるのは…?
⇒ http://benesse.jp/meta/lj042.html?981222MM089678=PID 


●【特集】担任の先生に満足していますか?
Benesse教育情報サイトから学校や先生に対する保護者の不満。みなさんも同
じようなお悩み、ありませんか?「指導力不足」と言われている教員の実態や、
そんな教員との関わり方についてのアドバイスが見られます。

【保護者が学校や先生に対して思うこととは?】
⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=edu_sp101801 
【「指導力不足」と認定された教員は何人?】
⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=edu_sp101802 
【先生への不安…みんなはどう対処している?】
⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=edu_sp101803 


●図書カードプレゼント!アンケートにご協力お願いします
教育のまぐまぐ!では、よりよいサービスを提供するため、ただいま読者アン
ケートを実施中です。ご回答いただいた方の中から、抽選で100名様に図書カー
ドをプレゼントいたします。
教育のまぐまぐ!に対するご意見・ご感想、ご要望などをお寄せください。

アンケートはこちら⇒ http://www.mag2.com/enquete/educationmag.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■現代子どもの気になる性事情<復習編>
────────────────────────────────────
「性の低年齢化」と言われて久しい、現代の世の中。子どもを守るために、親
として知っておきたい、現代の性事情を取り上げます。今回は復習編です。


●<復習編>現代の子どもたちの性事情、把握していますか?

Q.10代で出産する子どもは年間何人いる?
女子高校生が学校のトイレで出産し、新生児を溺死させてしまった事件や、自
宅で無介助出産をした18歳女子が、親にばれるのを恐れ、新生児を殴り殺して
しまうなど、10代の出産は増えています。
答えはコチラ⇒ http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=seijijou101801 

Q.2002年の中学生のキス経験率は何%?
低年齢化し続ける性行動のスタートとなるのは“キス体験”。キスを許すとい
うことが、その後のセックスまでの道を作ることは想像に難くありません。
答えはコチラ⇒ http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=seijijou101802 

Q.携帯電話の驚くべき使われ方とは?
メールアドレスを取得したとたん、性を商品化したさまざまな情報が怒涛のご
とく送られてきます。しかし、それだけではありません。実際にあった、知人
のお子さんの驚くべき携帯メールの使われ方とは?
答えはコチラ⇒ http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=seijijou101803 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Pickup!教育のヒント
────────────────────────────────────
教育関連メルマガの中から編集部オススメの記事を3つピックアップします!


●学年別 算数で押さえたいポイント
------------------------------------------------------------------
算数は階段を着実に登れば、確実に身につき、最もテストで100点がとり
やすい科目です。また、算数で満点を取ると、すごく勉強ができるような
気分になって、勉強全体が好きになったりします。
<1年生>繰り上がりのあるたし算、繰り下がりのあるひき算を徹底的に
練習しましょう。教室での学習はこれからのようですので、今からががん
ばりどころです。
------------------------------------------------------------------
続きを読む⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=osusume101801 
(『速効!!よい子』より抜粋)


●「調べる視点」を身につける
------------------------------------------------------------------
誰もが一度は見たことがあるポスト。けれど、ポストの絵を果たしてどれ
くらい正確に描けるでしょうか。子ども達に「ポストの絵をできるだけ、
そのとおりに描いてみて」と促し、八つ切りの画用紙を配りましょう。子
ども達はスラスラ描いたり、「ここどうなっていたかな」と迷ったりしま
す。描き終わったら、何人かのポストの絵を黒板にはり、どれが正しいか
話し合わせます。けれど、結局はわからなくなります。わからなくなった
部分は大きく「?」を黒板に書くと、子ども達は実際に見に行きたくてた
まらなくなります。
------------------------------------------------------------------
続きを読む⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=osusume101802 
(『教師の“知恵”ぶくろ』より抜粋)


●学力に差がつく「話を聞く力」
------------------------------------------------------------------
成績の差は、何年生ぐらいからついてくると感じますか?小学3年〜4年
ぐらいから、と感じますか。だいたいアンケートを取ると、そのあたりに
なります。
ところが、本当は小学校に入学した時点ですでに差がついているのですよ。
小学校の先生がそう言うのです。僕も塾の生徒を見ていて、同感です。
------------------------------------------------------------------
続きを読む⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=osusume101803 
(『子供の成績を上げる為の親育て』より抜粋)


         【バックナンバーはこちら!】
      http://education.mag2.com/osusume/list.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■子どもの教育相談室           [提供:Benesse教育情報サイト]
────────────────────────────────────
進路・進学、家庭学習、しつけなどの教育に関する悩みに、教育情報サイトの
メンバーのみなさんからアドバイスをもらえます。

●今回のご相談 〜学校でひとりぼっちの息子…
息子には一緒に行動する友達がいません。学校の行事や休み時間にどう過ごし
ているかと思うと辛いです。優しい子ですが、人と接する時に構えてしまうよ
うです。たまに遊びに誘ってもらって楽しく遊べても、「楽しかった!また遊
べる?」みたいな会話ができません。家族は大好きで、休日は生き生きしてい
ます。学校でもその笑顔で過ごせたらと願いますが、簡単ではないと実感して
います。私は授業参観には欠かさず出席していますが、校内のわが子の様子を
見るのが辛いです。また、子どもをアドバイスと称して責めてしまう自分がい
ます。もう行かない方がいいのかな、と悩んでいます。


【みなさんからのアドバイスはこちら】
⇒ http://benesse.jp/meta/lj043.html?981222MM089679=PID 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ママたちのおしゃべり広場          [提供:ウィメンズパーク]
────────────────────────────────────
全国のママさんが集まる掲示板です。日々のちょっとした出来事を話したり、
妊娠、出産、育児に関するアドバイスや励ましがもらえます。
     ※ご利用には「ウィメンズパーク」会員登録が必要です

【今週話題のトピックス】
●小学生ママの部屋
小4長女のお友達。ちょっと苦手なんですが、大人げなかったかなぁ・・・
(2007/10/15 13:04 投稿)
http://benesse.jp/meta/lh046.html?981222MM089562=PID 

●中・高校生ママの部屋
中学3年生の娘が家出してしまいました。(2007/10/15 13:02 投稿)
http://benesse.jp/meta/lh047.html?981222MM089563=PID 

●子どもの習い事について話そう
バレエ 子供が興味なければ無理でしょうか?(2007/10/14 22:26 投稿)
http://benesse.jp/meta/lh048.html?981222MM089564=PID 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おしえておたくんち
────────────────────────────────────
「わが家では当たり前のことだけど、よその家ではどうなんだろう?」「わが
子にこんなこと聞かれたけど、どう答えたらいいのかわからない」。日々の子
育てで生じる疑問や悩みに、同じ親の立場である読者のみなさんが答えます。


●うちんちの質問 〜叱るとき、手を上げますか?

小2、小4の男の子がいるのですが、子どもたちがなにか悪いことをしたとき
(程度にもよりますが)、主人が頭にゲンコツをします。頭ごなしにガミガミ
言う代わりに、主人のゲンコツが一発。それで、子どもたちも反省しています。
女の子がいるご家庭の親御さんに言うと、「手をあげるなんて、もってのほか」
と驚かれますが、手を上げるのはやっぱり間違っているでしょうか。
                            (のっぽ さん)

┌────────≪ワンクリックアンケート結果発表!≫────────┐
                 お子さんに手を上げたことはありますか?

                           ・あります →85%
                           ・ありません→15%

└──────────────────────────────────┘

よそんちの回答は——

          ◎「間違えた人は叩かれても仕方ない」と思いかねない◎

ゲンコツは『罰』に相当する行為だと思うので、子どもには酷なように思いま
す。「どうして(親が)怒っているかわかる?」と問いかけて考える機会や謝
罪の機会を与えるより先に、痛みや怖さという罰だけがガツンと伝わることに
なる気がするからです。さらに、『過ちを侵した人間は、暴力の制裁を受けて
も仕方がない』と子どもが思い込んでしまいかねないので、子どもの性別や年
齢に関わらず、私はガツンと一発には賛同できません。(ジンギスカン さん)

【よそんちの回答を読む】⇒ http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=otaku1018 

────────────────────────────────────
●次週☆うちんちの質問
 〜娘に「おごるよ」と言ってくる友達…最近の子の金銭感覚って?

我が家には小学生5年生と3年生の娘がいますが、毎月決まった額のおこづか
いをあげたことはありません。お手伝いをした分おこづかいをもらえる形なの
で2人ともよく手伝ってくれますし、CDやマンガを買うにも慎重です。とこ
ろが、上の娘の友達は月々たくさんのおこづかいをもらっているようで、学校
帰りにお菓子やマンガ雑誌を買ったり、時には娘に「おごるよ」と言ってくる
そう。もちろん娘には「寄り道はしてはいけないし、子ども同士でおごったり、
お金の貸し借りをしてはいけない」と言い聞かせましたが、正直びっくりです。
みなさんは最近の子どもの金銭感覚についてどう思いますか?
                           (マシマロ さん)

   「次週☆うちんちの質問」に対するご意見お待ちしております。
    投稿はこちら⇒ http://education.mag2.com/otaku/form.html 

┌────────≪ワンクリックアンケート&投稿募集!≫───────┐
        子どもが友達からお菓子などをおごられたことがありますか?

  ・あります   → http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=otaku_1071018 
  ・ありません  → http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=otaku_2071018 

└──────────────────────────────────┘


     ◆関連する記事を《ウィメンズパーク》から探そう!◆

◎小学生ママの部屋
http://benesse.jp/meta/lh019.html?981222MM089535=PID 
◎中・高校生ママの部屋
http://benesse.jp/meta/lh020.html?981222MM089536=PID 
◎話そう!子どもの教育・しつけ
http://benesse.jp/meta/lh021.html?981222MM089537=PID 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ためそう!親力診断テスト<復習編>
────────────────────────────────────
親野智可等(おやの・ちから)先生が、23年の教師生活でつちかったノウハウ
をもとに、あなたの「親力」を診断!今週は過去の問題から出題します。


●読み聞かせをやめる時期

【問題】Eさんは、子どもが小さい頃から毎晩、膝の上で絵本の読み聞かせを
してきました。その子は、今3年生です。ところが、先日参加した子育てセミ
ナーの講師が、読み聞かせは2年生くらいでやめるべきだと言っていました。
その理由として、次のような点を挙げていました。読み聞かせの方が楽だから、
いつまでも読み聞かせをしていると、自分で読もうという気持ちにならなくな
る。自分で読ませないと、自分で読む力が付かない。さて、あなたの行動は次
のどれに近いですか?

A 今まで通り読み聞かせを続ける

B 講師の言った理由を子どもに分かりやすく説明して、
  これからは自分で読むように言う

C 2日に1回というようにして、だんだん減らしていく

D 膝の上に乗せるのは変えないで、自分で読ませるようにしていく

 【診断する!】⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=oya071018 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪お母さんにオススメ≫資格情報        [提供:資格のまぐまぐ]
────────────────────────────────────
簡単な問題に答えるだけで隠れた資格取得力が判明!今週は旅行業務取扱管理
者にチャレンジ☆狙いやすい国家資格として大人気!旅行好きの方は必携です。

●実はとれちゃう!?あなたの知らない資格力
               〜これが解けたら旅行業務取扱管理者合格!?〜

               国内の航空引換証は友人に譲ることができる。
                              ○ア:正しい
                              ○イ:誤り
          答えはこちら!→ http://study.mag2.com/sikakuryoku/ 

          ◇資格概要や合格率、受験資格など試験情報満載!◇
資格のまぐまぐ 旅行業務取扱管理者→ http://study.mag2.com/s_004.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■任天堂Wiiやハイビジョンビデオカメラなどプレゼント♪
────────────────────────────────────
現在実施中の≪とれたて秋のプレゼント♪≫では、家族みんなで手軽にスポー
ツできる任天堂Wiiなど、ステキな賞品が当たります♪ぜひご応募ください!

     wwwwwwwwwwwwwwwwwww☆こんな賞品当たる☆wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
       ハイビジョンビデオカメラ★カタログギフト・キッズセレクト
     wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
             ズワイガニ・タラバガニのセット★ろくろ倶楽部
     wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

              ++++++Wチャンス!はずれた方の中から++++++
           ++++++抽選で10名様に図書カードをプレゼント++++++

   【応募はコチラから!】⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=14672&rid=1 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ちょっと耳寄り!インフォメーション&プレゼント
────────────────────────────────────
育児・教育まぐ合同企画、「インフォメーション&プレゼント」では、旬な情
報、プレゼントをお届け!木曜日更新なので、忘れずチェックしてくださいね♪


●『お塩で減塩 おいしい健康生活応援キャンペーン』実施中!
株式会社日本海水は「お塩で減塩」発売7周年を記念して、10月15日(月)〜
1月21日(月)の間、『お塩で減塩 おいしい健康生活応援キャンペーン』を
実施。クイズに答えて、5万円分の旅行券や厳選食材が毎月当たります!
詳しくはこちら!⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=edupre1018 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇編集部イチ押し!今週の必読メルマガ
────────────────────────────────────
まぐまぐで好評発行中の必読メルマガをピックアップしてご紹介します!

●超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
http://www.mag2.com/m/0000112762.html  週刊
【NHK】【TBS】【日テレ】【SAPIO】【ポスト】【現代】等々、各マスコミに
も取り上げられました。ベストセラー「サラリーマン長者」(講談社)の著者
がコッソリ教える人間性と年収を同時に上げる具体的な方法。潜在意識をマー
ケティングや営業に活用するノウハウが満載。
(編)本はそれほど売れる必要はない?出版後、ビジネスに繋げる方法とは?


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎キャリまぐ!     http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


┏━━━━ ▽ウィまぐスピードくじ☆毎週10万円が当たります▽ ━━━━┓

 毎週火曜日の午後5時から、翌週火曜日午後4時まで開催しているウィまぐ
 スピードくじ。今週も厳正な抽選により当選者は既に決まっています!当選
 者がスピードくじに参加しなかった場合、今週分の10万円は翌週に持ちこし!
 キャリーオーバーで最高1000万円!只今、ポイントの数だけ当選確率が上が
 る「スピードくじ確変ポイント」プレゼント中!ポイントをためて当選確率
 を上げよう!『ウィークリーまぐまぐ』登録中のメールアドレスで挑戦♪

       【通常版】 http://lucky.mag2.com/wmagspeedkuji/tsujo 
       【仕事中】 http://lucky.mag2.com/wmagspeedkuji/oshigoto 

┗━ △挑戦すればするほど当選確率が上がる!チャレンジしなきゃ損!△ ━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【教育のまぐまぐ!】2007/10/18 号(毎週木曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『教育・研究』カテゴリの
 『小学生向け』、『受験/幼稚園・小学校・中学校』、『教育実践』のメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/education.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=education&d=20071018 

まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。
発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【教育のまぐまぐ!は、転載, 複写, 一張羅でおでかけ 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Education Mag2 ━




教育のまぐまぐ!(毎週木曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ