公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

教育のまぐまぐ!(毎週木曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2006年09月28日号

印刷用ページ
━ Education Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  193,110部発行 ━

                    教育のまぐまぐ! 2006/09/28 号
                       http://education.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース 〜「教育格差」に不安広がる 高学歴志向の親ほど敏感
■親力集中講義 〜相手が本当に喜ぶほめ方とは?
■わたしが考えるいい学校とは? 〜この時代の“いい学校”選び
■ママたちのおしゃべり広場 〜「いじる」と「いじめる」の差
■おすすめ☆教育関連メルマガ情報
■おしえておたくんち 〜息子と一緒にお風呂、何歳までOKでしょうか?
■おしえておとな 〜どうしたら、えくぼができるようになりますか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
────────────────────────────────────
●「教育格差」に不安広がる 高学歴志向の親ほど敏感
「できる子」と「できない子」に学力の二極化が進んでいると感じる人が3人
に2人にのぼっていることが、有識者らでつくる「日本の教育を考える10人委
員会」(佐和隆光委員長・立命館大学教授)がおこなったアンケート調査でわ
かりました。多くの人がその原因を親の所得格差によるものだと考えており、
高学歴志向の親ほど、格差の拡大に敏感になっている様子もうかがえます。

教育費を負担すべきは国か、地方自治体か、それとも国民か?
⇒ http://www.benesse.co.jp/zemi/mag/9x59.html?981222MM005297=PID 


●家族みんなでリフレッシュ♪旅に出ようキャンペーン
育児&教育のまぐまぐ!では、旅行券1万円分やビデオカメラ、電子辞書など
が当たるプレゼントキャンペーンを開始しました。家族みんなのおでかけを、
もっと楽しくする賞品が勢ぞろい。ぜひご応募ください♪

      ──────────────────────
          ≪楽しい旅行に出かけよう≫
      ──────────────────────
       ★旅行券1万円分……………………2名様
       ☆ビデオカメラ………………………1名様
       ★電子辞書……………………………1名様
       ☆ポータブルDVDプレーヤー ………1名様
       ★旅の便利グッズ……………………1名様

   【応募はこちら】⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=12251&rid=2 


●教育のまぐまぐ!のメールサブジェクトが変わります
10月から、教育のまぐまぐ!、まぐまぐ公式情報メールのサブジェクト(件名)
が変更になります。メールマガジンの名前ではなく、メールの内容が最初に表
示される形になりますので、ご注意ください。メールソフトの振り分け設定に
サブジェクトをご利用の方は、設定の変更をお願いします。

【現サブジェクト】
 [Education Mag2 09/28 締切間近!図書カードを教育アンケート参加でゲット]

【10月からのサブジェクト】
 締切間近!図書カードを教育アンケート参加でゲット[Education Mag2 10/01]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■親力集中講義
────────────────────────────────────
子供の将来は親の教育力で決まる!現役教師・親野智可等(おやの・ちから)
先生が、23年間の現場経験でつちかったノウハウをもとに、あなたの「親力」
を診断します。今週は、親力のさらなるアップをはかる集中講義です。


●相手が本当に喜ぶほめ方とは?

ある年、私は6年生のクラスを担任していました。
そのとき、音楽と家庭科を級外の先生に受け持ってもらっていました。
その代わりに、4年生のあるクラスの図工を私が受け持っていました。
図工は毎週2時間ずつしかないので、できるだけ子どもたちと
コミュニケーションをはかりながらやっていました。

その4年生のクラスに、とても絵の上手な男の子、A男君がいました。
ところが、A男君はかなり無口で、おまけに喜怒哀楽を表さない子でした。
それで、なかなか打ち解けた状態にもっていくことができませんでした。

当時、その学校では、2学期に校内美術展が行われていました。
それで、2ヶ月くらいかけて四つ切りという大きな画用紙に絵を描くこと
になりました。全員の作品を体育館に掲示して、みんなで鑑賞し合うという
ことになっていたのです。
そのクラスの担任がファッションセンス抜群の女の先生だったので、
モデルになってもらうことにしました。

その先生が普段とは違うとてもきれいな服を着て教室に入ってきたとき、
子どもたちは大喜びしました。
それから、その先生を囲んで、みんな一生懸命描きました。
その日2時間かけて、下描きが半分くらい終わりました。

授業が終わって子どもたちの絵を集めたら、
やはりA男君の絵がとてもすばらしくよくできていました。
それで、私はすかさず「A男君、すごくうまいね〜」とほめました。
ところが、A男君は「…」といった感じでちっともうれしそうではありません。


【続きはこちら】⇒ http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=edu_oya060928 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■わたしが考えるいい学校とは?      [提供:Benesse教育情報サイト]
────────────────────────────────────
専門家が考える“いい学校”とは?リレー形式のコラムでお届けします。

●わたしが考えるいい学校とは? 第4回
「この時代の“いい学校”選び」

                         講師:大葉ナナコさん

【大葉ナナコさんプロフィール】───────────────────
 バースコーディネーター、日本誕生学協会代表理事。2002年、バースセン
 ス研究所を設立。産前産後の女性支援やパートナーシップ支援、心身に優
 しく豊かな出産を実現するための調査・研究に従事。講座運営、行政民間
 での講演、執筆、調査研究、商品開発、テレビ番組の出産シーン監修など
 で活躍中。4歳から18歳までの2男3女の母。
 ─────────────────────────────────

中学校選びで大切にしたい視点は、私の場合2つ。「その子自身と学校との相
性」「教師たちの情熱」。中学校選びは、何もわからない6歳児を入学させる
こととは違い、子どもの意見も尊重できたほうがベターだ。中高一貫校はロン
グスパンだが、子どもが「自分で選んだ」という感覚がないと高校からまた外
部受験すると言いだすこともある。

思春期の人間関係は卒業後も続く。情熱的に生きる教師の姿は社会の先輩とし
て大事な手本だ。家族ぐるみの相性も大事だから、どんな家族と出会えそうか、
説明会でアンテナがくるくる回りそうな学校は親もうれしい。

公立校、私立校の選択肢に迷う昨今だが、公立校のなかでも指定校学区が広く
なり、比較できるのはうれしい。とにかく人まかせにしないでたくさん見学す
ることが大事だ。ふに落ちる雰囲気を校舎や教師たちから感じよう。いい学校
かそうではないかは———


 ≪親も子も、卒業式に「この学校でよかった」と思える学校選びとは?≫
    http://www.benesse.co.jp/zemi/mag/9x55.html?981222MM005293=PID 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ママたちのおしゃべり広場
────────────────────────────────────
全国のママさんが集まる掲示板です。日々のちょっとした出来事を話したり、
妊娠、出産、育児に関するアドバイスや励ましがもらえます。
     ※ご利用には「ウィメンズパーク」会員登録が必要です※

【今週話題のトピックス】
● 小学生ママの部屋
小1でおねしょは・・・???(2006/09/25 10:45 投稿)
http://www.benesse.co.jp/zemi/mag/9w20.html?981222MM005159=PID 

● 中・高校生ママの部屋
「いじる」と「いじめる」の差(2006/09/26 10:41 投稿)
http://www.benesse.co.jp/zemi/mag/9w35.html?981222MM005174=PID 

● 子どもの習い事について話そう
悩んでます(一日ふたつの習い事?!)(2006/09/26 07:05 投稿)
http://www.benesse.co.jp/zemi/mag/9w50.html?981222MM005189=PID 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆教育関連メルマガ情報
────────────────────────────────────
教育関連のメールマガジンの中から、1誌ピックアップしてご紹介いたします。

●小学校教育が危ない!
http://www.mag2.com/m/0000191053.html  週刊(毎週水曜日)
様々な教育問題の真の原因を、元小学校教師(現・国語家庭教師)の著者が現
場の事実を基に具体的に究明。学力低下や学級崩壊は、親のしつけや子育てよ
りも教師の技量不足に起因する。幼児教育・幼稚園関係者も必読。一部バック
ナンバーは発行者サイトで公開。
(編)「お互いに注意し合いなさい!」。教師のこんな言葉で、学級崩壊に!?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おしえておたくんち
────────────────────────────────────
「わが家では当たり前のことだけど、よその家ではどうなんだろう?」「わが
子にこんなこと聞かれたけど、どう答えたらいいのかわからない」。日々の子
育てで生じる疑問や悩みに、同じ親の立場である読者のみなさんが答えます。


●うちんちの質問 〜息子と一緒にお風呂、何歳までOKでしょうか?

息子は小学4年生で、今でも一緒にお風呂に入っています。息子もいやがる様
子はありませんが、そろそろ卒業したほうがいいのかなあと思っています。み
なさんは何歳まで一緒に入っていましたか?または、何歳まで一緒に入ってい
てもOKでしょうか?                  (とくま さん)

┌───────≪ワンクリックアンケート結果発表!≫────────┐
    子供と一緒にお風呂に入るのはいつまでOKだと思いますか?

  <母親と息子>         <父親と娘>
  ・小学校低学年まで → 50%   ・小学校低学年まで → 60%
  ・小学校高学年まで → 33%   ・小学校高学年まで → 20%
  ・中学卒業まで   →  3%   ・中学卒業まで   →  3%
  ・いつまででもOK → 14%   ・いつまででもOK → 17%

└─────────────────────────────────┘

よそんちの回答は—— 

         ◎主人には「やめろ」と言われます◎

息子は6年生ですが、まだ一緒に入ってます。というかまだ一緒に入りたいみ
たいです。単に髪を洗ってもらえるのが楽チンだからかもしれませんが。ただ、
主人はもうやめろと言います。理由を聞いたら、神秘的じゃなくなるからだそ
うです(^。^;)                     (もも母 さん)


【回答をもっと読む】⇒ http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=edu_otaku060928 

────────────────────────────────────
●次週☆うちんちの質問 〜子供が喜ぶお弁当のメニューはなんですか?

小学6年生と3年生の母親です。今の季節、運動会や遠足やらでお弁当を作る
機会が多いのですが、料理があまり得意でない私は、子供たちから文句を言わ
れることもたびたびです。みなさんのご家庭ではどうですか?お子さんにこれ
を作ると喜んでもらえる、というメニューがあったら教えてください。
                            (すもも さん)

    「次週☆うちんちの質問」に対するご意見お待ちしております。
  投稿はこちら⇒ http://education.mag2.com/otaku/index.html#question 


┌────────≪ワンクリックアンケート&投稿募集!≫───────┐
           お弁当作りは得意ですか?

  ・得意です → http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=otaku_1060928 
  ・苦手です → http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=otaku_2060928 

└──────────────────────────────────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おしえておとな
────────────────────────────────────
小学生のためのメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」で人気連載中の
コーナー「おしえておとな」では、大人の皆さまからの回答を募集しています。
子供たちの素朴でかわいい、時におませな質問にあなたならどう答えますか?

●どうしたら、えくぼができるようになりますか?

┌─────────────≪子供の質問≫─────────────┐
│ 私にはえくぼがありません。友達のちかちゃんは、笑うとえくぼがで │
│ きてとってもかわいいです。私もちかちゃんみたいなえくぼがほしい │
│ です。どうしたら、えくぼができるようになりますか?       │
│                   (おりーぶ さん/小学4年生)│
└─────────────────────────────────┘
大人の皆さまから回答をお待ちしてます。他人の子ですが親身にお願いします!
  投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/osiete/index.htm#question 


────────────m───m───────────────────
   ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々なまぐまぐ公式情報メールがあります。英語
や懸賞、競馬など、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

  ◎ビジネスキーパーソンWebインタビュー
                          http://www.mag2.com/wmag/career.html 
  ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
  ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
  ◎車のまぐまぐ!   http://www.mag2.com/wmag/car.html 
  ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
  ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
  ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
  ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
  ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


┏━  ▽ウィまぐスピードくじ第198回!賞金140万円が当たる!▽  ━┓

 当選者は厳正な抽選により既に決まっています!当選者がスピードくじに参
 加した場合、その場で賞金ゲット!ががっ、参加しなかった場合は…当選権
 利消失で、賞金は翌週に持ちこされてしまいます!ウィークリーまぐまぐ登
 録中のメールアドレスでぜひチャレンジしてください!

     【通常版】 http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=speededu0928t 
     【仕事中】 http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=speededu0928s 
         (応募受付期間:9月27日午前0時〜10月3日午後6時)

┗━━━━━ △当選してる?当選してない?確認はこちらから△ ━━━━━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【教育のまぐまぐ!】2006/09/28 号(毎週木曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『教育実践』カテゴリのメー
 ルマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/education.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=education&d=20060928 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせ下さい
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【教育のまぐまぐ!は、転載, 複写, 集合写真の中腰はツライ大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Education Mag2 ━
教育のまぐまぐ!(毎週木曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ