公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

教育のまぐまぐ!(毎週木曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2005年09月15日号

印刷用ページ
━ Education Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 133,464 部発行 ━

                       教育のまぐまぐ! 2005/09/15 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■教育のまぐまぐ!ニュース
 ●子どもの食に関する指導の重要性
 ●ベネッセ「教育発見隊」登録で、親子向けネット活用本がもらえる!
■ためそう!「親力」診断テスト
 ●電車で子どもが騒ぎ出したら
■≪特集≫子どもとインターネットとの関わりかた 〜親が注意することとは?
■おすすめ☆教育関連メルマガ情報
 ●ビジネスマンを育てる=NEETを作らない学校教育
■おしえておたくんち
 ●親なら動物嫌いも我慢すべき?
 ●次週・うちんちの質問
■まぐまぐ!ジュニア
 ●とるとるチャンネル〜テーマは『鍵』
 ●おしえておとな〜どうして秋はさみしいのですか


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■教育のまぐまぐ!ニュース
───────────────────────────────────────
●子どもの食に関する指導の重要性
文部科学省は「食育推進プラン」を充実させ、さらに、学校では栄養教諭を中心に、
子どもの食指導を強化しています。

【続きはこちら】⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=edu_kj050915 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ためそう!「親力」診断テスト
───────────────────────────────────────
子供の将来は親の教育力で決まる!現役教師・親野智可等(おやの・ちから)先生が、
22年間の現場経験でつちかったノウハウをもとに、あなたの「親力」を診断します。


●今週の「親力」診断テスト

【問題】小学1年生の我が子と電車に乗ったら、とても喜びました。だんだんはしゃ
ぎだして、電車の中を走り出してしまいました。電車の中には、他のお客さんもいま
す。あなたは子供に何と言いますか?

A 静かに座っていなさい。おじさんに叱られるよ

B 静かに座っていなさい。みんなが迷惑するよ

C 静かに座っていなさい。転んでけがをするよ

D 静かに座っていなさい。もう連れてこないよ

【診断する!】⇒ http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=edu_oyaryoku050915 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■≪特集≫子どもとインターネットとの関わりかた 〜親が注意することとは?
───────────────────────────────────────
インターネットをどんどん使いこなす子どもたちとは対照的に、わが子とインターネッ
トとの関わりかたに不安を感じている保護者のかたも多いようです。

子どもがインターネットを使うとき、親はどのようなことに注意すればよいのでしょ
うか。実際にいろいろな不安を持つお母さんが、インターネットなど新しいメディア
の教育利用について研究している東京大学の山内祐平先生にうかがいました。

───────────────────────────────────────
Q.そもそも、インターネットは子どもたちに必要なのでしょうか?
───────────────────────────────────────
A.子どもたちにインターネットが必要な理由は、主に2つ考えられます。

  1つ目は、インターネットはすでに社会生活に欠かせなく、将来の仕事のうえで
  も、必要不可欠なものになっていることです。子どもたちは「大人への準備」の
  1つとして、インターネットに関するいろいろなことを身につけておく必要があ
  ります。

  2つ目は、すでにインターネット上に子ども向け教材や資料がたくさんあること
  です。それらを有効活用できるようなスキルを身につけることが必要になります。

───────────────────────────────────────
Q.では、家庭でできることは、どんなことなのでしょうか?
───────────────────────────────────────
A.家庭では、親が子どもたちに「教える」必要があります。しかし、インターネッ
  トなどの新しいモノは、親もよく知らないのが現実でしょう。それは当然のこと
  です。

  「私はよくわからないから…」と怖がる必要は全くありません。たとえ今わから
  ないことであっても、子どもと「いっしょに考え、発見し、理解していく」姿勢
  が大切です。

  親子のコミュニケーションを通して、親もインターネットをしっかり理解してい
  けば問題ありません。

───────────────────────────────────────
Q.子どもがインターネットを使うときは、親は監視したほうがよいのですか?
───────────────────────────────────────
A.家庭は信頼関係で成り立っているものですから、「監視」というのは、信頼され
  ていないことの裏返しとなるのでよくありません。「監視」ではなく、「いっしょ
  に使う」ことが大切です。

  子どもがインターネットを使う様子をよく観察して、わからなければいっしょに
  考え、いけないことをしていたら叱り、すばらしいことはほめるといったコミュ
  二ケーションを持つことが大事です。これは、ふだんの生活や子育てすべてに共
  通することですね。

───────────────────────────────────────
Q.子どもたち自身はインターネットをどのようにとらえているのでしょうか?
───────────────────────────────────────
A.子どもたちは、インターネットは生まれたときからすでにあるものなので、特別
  なこととは思っていません。

  最近、いろいろな事件でインターネットの問題が多く取り上げられていますが、
  それらはどれもインターネットだけに特別なことではありません。どんなメディ
  アでも、使い方をまちがえれば悪い側面は必ずあり、ずっと接していると悪影響
  が必ず出ます。

  子どもたちが何かに過剰になる場合は、私たちに何かのサインを送っているとい
  う認識が必要です。仮に子どもがインターネットに過剰にはまっている場合は、
  むしろ日常生活に原因がある場合が多いので、注意が必要です。

───────────────────────────────────────
このように、子どもがインターネットとうまく付き合っていくためには、親子でいっ
しょに考え、発見し、理解していく共同作業が大切です。でも、そのためには具体的
にどのようなことに注意していけばよいのでしょうか。

「まぐまぐ!ジュニア」では、子どもたちがインターネットをするときに気をつけて
ほしいことをまとめています。親子で読んでみてくださいね。

インターネットをするときのルール⇒ http://jr.mag2.com/info/literacy.htm 

さらに、ベネッセ「親子のためのインターネット活用BOOK」という冊子でも、注意点
をより詳しく解説しています。実は、『まぐまぐ!ジュニア』も紹介されているこの
冊子、今なら教育発見隊メンバーに登録するともらえます!

  【登録はこちら】⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=vow050901 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆教育関連メルマガ情報
───────────────────────────────────────
教育関連のメールマガジンの中から、1誌ピックアップしてご紹介いたします。

●ビジネスマンを育てる=NEETを作らない学校教育
http://www.mag2.com/m/0000157080.html  隔週刊
今なぜNEETやフリーターなど勤労意欲のない若者が増え続けるのか?ビジネスマンの
世界から見た学校・家庭教育の問題について、またその問題の解決について熱く語る
マガジンです!新鮮な驚きがある事間違いなしです!
(編)スーパーの店長の視点で計算問題を解くなど。退屈なはずの勉強がおもしろい!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おしえておたくんち
───────────────────────────────────────
「わが家では当たり前のことだけど、よその家ではどうなんだろう?」「子供にこん
なこと聞かれたけど、どう答えたらいいのかわからない」。日々の子育てで生じる素
朴な疑問やお悩みに、同じ親の立場である読者のみなさんが答えます。


●うちんちの質問 〜親なら動物嫌いも我慢すべき?

娘が小さいノラ猫を拾ってきました。その猫は娘にすごくなついていて、娘は飼いた
い、飼いたいと言います。でも、わたし自身、動物が大嫌いで、ネコは特に嫌いです。
今のところ、家のそばの空き地で飼っていますが、そのうちいなくなるのではと密か
に期待している始末です…。親ならやはり我慢して飼ってあげるべきでしょうか。
                              (かんろん さん)


      ┌───≪ワンクリックアンケート☆結果発表≫───┐
             親なら動物嫌いも我慢して、
          ペットを飼ってやるべきだと思いますか?

          ・我慢すべきです      → 18%
          ・我慢する必要はありません → 60%
          ・どちらとも言えません   → 22%
      └────────────────────────┘

よそんちの回答は—— 

           ◎我慢させるよい機会です◎
人それぞれ苦手なものがあるということを子供に理解させ、我慢させるべきだと思い
ます。自分が好きなものが苦手な人もいるということを認識させる大変良い機会です。


【回答をもっと読む】⇒ http://cgi.mag2.com/c/w/mag?id=edu_otaku050915 


───────────────────────────────────────
●次週☆うちんちの質問 〜使わなくなった教科書をどうしていますか?

中学生と高校生の子どもがいます。これまで学校で使ってきた教科書を整理しようと
思うのですが、地図や便覧などは、もしかするとまた必要になるかも…と思ったり、
思い出があったりでなかなか処分できません。みなさんは、使わなくなった教科書を
どうされていますか?また、おいておくとよい教科書などありますか?(こめっこ)


      ┌───≪ワンクリックアンケート☆実施中≫───┐
          使わなくなった教科書は処分しますか?
      └───────────────────────┘

  【投票&投稿はこちら】⇒ http://jr.mag2.com/otaku/index.htm#question 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐ!ジュニア
───────────────────────────────────────
小学生のためのメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」では、友達同士や親子
でインターネットが楽しめるコンテンツを用意しています。随時、投稿も募集中です。


●とるとるチャンネル
普段の生活で何気なく目にする物も、よく見ると、不思議な形をしていたり、手がこ
んでいたり…新しい発見がいっぱいです。とるとるチャンネルでは、テーマにそった
画像を皆さんから募集し、紹介しています。デジカメや携帯にとって送って下さいね。

 ┌────────────≪今回のテーマ≫─────────────┐
 │                鍵                 │
 └─────────────────────────────────┘
 大切なものにかける「鍵」の写真を大募集。家や自転車、宝箱の鍵もOKです!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/torutoru/index.htm#toukou 


●おしえておとな
子どもたちの素朴でかわいい、ときにおませな質問におとなが答えるコーナーです。
寄せられた中から、名&珍回答をご紹介します。次週の回答も募集しています。

 ┌─────────────≪子供の質問≫─────────────┐
 │お母さんが、「すずしくなってきたね。秋が近づいてきてちょっとさみし│
 │い」と言っていました。どうして秋はさみしいのですか。ぼくは運動会が│
 │あったり、くりごはんが食べられるので秋が大好きです。       │
 │                   (こうすけ さん/小学4年生)│
 └─────────────────────────────────┘
 大人の皆さまから回答をお待ちしてます。他人の子ですが親身にお願いします!
 投稿はこちらから→ hhttp://jr.mag2.com/osiete/index.htm#question 


──────────────m───m────────────────────
     ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
───────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々な、まぐまぐ公式情報メールがあります。英語や懸
賞、競馬などなど、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

     ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
     ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
     ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
     ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
     ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
     ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
     ◎うらないまぐ http://uranai.mag2.com/ 
     ◎車のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/car.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【教育のまぐまぐ!】2005/09/15 号(毎週木曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして、『まぐまぐ!』内『教育実践』カテゴリのメール
 マガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/education.html 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【教育のまぐまぐ!は、転載, 複写, 調理実習、消えた絆創膏… 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Education Mag2 ━

教育のまぐまぐ!(毎週木曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ