公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2005年06月07日号

印刷用ページ
━ Ikuji Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 132,833 部発行 ━

                       育児のまぐまぐ! 2005/06/07 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●義務教育は国がおこなうもの?地方がおこなうもの?
 ●すすむ晩婚化・晩産化
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
 ●親のやることをやりたがります
■絵本よんでっ!
 ●おすすめの一冊『おててがでたよ』
 ●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
 ●ドイツ発 わが輩は主夫である
■うちの子劇場
■教育のまぐまぐ更新情報
 ●ためそう!「親力」診断テスト 〜 親力集中講義・第4回
 ●おしえておたくんち 〜 上の子、下の子、どちらに我慢させますか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
───────────────────────────────────────
●義務教育は国がおこなうもの?地方がおこなうもの?
現在、義務教育費について、その一部を地方に移すべきかどうかの激しい論戦が中央
教育審議会で行われています。移すべきでないという文部科学省側と、移すべきだと
いう全国知事会などの地方代表委員の間では意見の対立がおこっており、決着は容易
につきそうにありません。反対派は、義務教育費が公共事業に回されるおそれがある
など理由をあげていますが、地方移譲によってどのような違いが生じるのでしょうか。

【続きはこちら】⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=ikuji_kj20050607 


●すすむ晩婚化・晩産化
☆ asahi.comで詳細をチェック
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200506010294.html 
結婚は30歳前後、子どもは30代で——。晩婚化・晩産化の傾向がさらに進んでいるこ
とが厚生労働省の人口動態統計でわかったようです。生まれた子どもの数は111万835
人と統計を取り始めた1899年以来、最少を更新。日本人女性1人が産む子どもの数の
平均を示す「合計特殊出生率」は「1.29」とのことです。

           【ワンクリック☆アンケート】
         ずばり、 子どもは何人ほしいですか?
         1人 に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607B01 
         2人 に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607B02 
         3人 に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607B03 
       4人以上 に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607B04 
野球チームが作れるくらいに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607B05 
子どもはほしくありませんに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607B06 
                  (あてはまるものをクリックしてください)

───────────────────────────────────────
          ◆◆ 先週のアンケート結果発表! ◆◆
        ≪お題≫地域の小児救急体制に不満はありますか?
        あります      に一票→ 799 票( 69.0 %)
        ありません     に一票→ 261 票( 22.5 %)
        なんとも言えません に一票→  99 票(  8.5 %)
───────────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
───────────────────────────────────────
我慢だけの子育てにさようなら!親子ともに癒されていく——そんな育児のあり方を
提案する、ぴっかり、こと萩原光さんのお悩み相談コーナーです。これまで、たくさ
んの親子を支援してきた専門家が、子育て中のお父さん、お母さんの悩みに答えます。


●親のやることをやりたがります

┌───────────≪キラオカさんからの相談≫────────────┐
              ◇3歳1ヶ月の男の子◇

 今日は行き詰まってしまったので、相談させていただきます。夫婦と息子3人
 で暮らしております。

 息子が3歳になる少し前から、親のやることをやりたがります。例えば、炊飯
 器のスイッチが入った音がすれば、たちまち泣きながら「押したかったのにー!」
 と怒ってきます。

 時間がある時は、やり直したり、する前に「押す?」などと尋ねられますが、
 忙しい時はそうもいかず、泣かれて騒がれてしまうと、とても困ってしまいま
 す。押せなくても気持ちを落ち着かせるにはどうしたらよいのか悩んでいます。

 それに、以上のようなことが日に何度もあるので、私はいつ起こるかわからな
 い怒りに神経をとがらせてしまってるのか、逃げ出したい気持ちが常にあり、
 育児を楽しんでません。結局は、泣かれ騒がれた時に、私も爆発してしまい、
 大声で押さえつけるような怒り方をしてしまいます。悪循環を感じます。

 解決策が自分では見つけられないほどになっています。お忙しいとは思います
 が、何か1つアドバイスをよろしくお願い致します。

└────────────────────────────────────┘


    ━━━━━━≪ぴっかりさんからのアドバイス≫━━━━━━

2歳後半から3歳にかけては反抗期。なにかと親の言うことに反対したり、ケチをつ
けてきたりするようになり、ママとしてはうんざりですね。あるママは、そういう子
どもに「インネンさん」というあだ名を付けたそうです。(^^;)

ただ親への反抗は、自立への準備の意味があります。『親のやることをやりたがる』
というのは、成長力のあかし。こういう気持ちの延長に、「ママのように自分で着替
えられるようになりたい」という身辺自立への意欲や、「ママのように字が書けるよ
うになりたい」という学習意欲があるのです。

ママに対する自己主張は、友だちとのやりとりに必要な表現力の基礎でもあります。
でも、ママも譲ってばかりでなくていいのです。一方で、「自分の気持ちを抑え、相
手の主張に合わせる」ということも学んでいってもらう必要があるのですから。

「いいよ」と認めてあげたり、「いいかげんにして!」と腹を立てたり、言い過ぎた
と反省したり…。そんなグチャグチャの親子関係の中で、いつのまにか、成長に必要
な“自己主張”と“自己抑制”が身についていくのです。

ただ、ご相談のような場合、どう対処すればいいのでしょうか。

反抗期の子どもは、理解力はけっこう育っているので、「ママの都合で、スイッチを
押させてもらえない時もある」ということは、頭では分かっているはず。でもこの時
期の子どもは、気持ちの自己コントロール力がまだ十分に育っていないので、「残念
な気持ち」を、自分でも押さえきれないのです。

そんな時、子どもは気持ちを発散させる(心のモヤモヤを吐き出す)ことによって、
心を落ち着けようとします。それがダダこねです。子どもはダダをこねながら、気持
ちの自己コントロール術を学んでいくのです。

だから、「ママのバカ!」と、ママを責めているような言い方をしたりしますが、本
当は、自分の気持ちをもてあましているだけ。ママの対応が間違っているわけではな
いのです。

「親が説得しなくっちゃ!」と思うと、あせってしまいますね。でも最終的には、子
どもは自分自身の力で、“思い通りにならない”事態を受け入れていくのです。

したがって、気持ちの処理の主役は子どもに譲って、気軽な感じで、「悔しかったね
え」「押したかったねえ」と言ってあげてくださいね。あとは、子ども自身が自分の
気持ちと戦い、落ち着くまで、少し時間をあげればよいだけなのです。

そんな感じで接していると、ダダこねの時間がだんだん短くなってくるはずですよ。
ぼちぼち試してみて下さいね。


 ────────────☆ぴっかりさんプロフィール☆───────────
 本名は萩原光(はぎはらこう)氏。1956年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業。13年
 間の公立小学校教師経験の後、自宅で子育て相談室(シャローム共育相談室)を
 開き、多くの親子の立ち直りを支援してきた育児の専門家。自身のメルマガ、ホー
 ムページは子育て中のパパ、ママに大人気。現在、日本抱っこ法協会理事。新刊
 『お母さんの抱っこでよい子に育つ』がPHP研究所からただいま絶賛発売中!
 メルマガ『癒しの子育て・親育ち便り』 http://www.mag2.com/m/0000052223.htm 
 ぴっかり子育て相談室 PC版 http://homepage1.nifty.com/pikkari/ 
 ぴっかり子育て相談室 携帯版 http://www.geocities.jp/holding86/k/index.html 
 ─────────────────────────────────────


【相談募集中】お子様の性格や行動面について、親子関係やしつけについてのお悩
 みに、ぴっかりさんがこたえます。気軽に相談してみてくださいね。
 詳しくはこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■絵本よんでっ!
───────────────────────────────────────
絵本は子供の感受性や想像力、そして思いやりの心を育んでくれます。時には大人の
私たちが新しい発見をすることも。このコーナーでは、パパ&ママから寄せられたレ
ビューとともに、週替わりで対象年齢別おすすめの絵本を紹介してまいります。


●おすすめの一冊『おててがでたよ』
                  [対象年齢:0〜1歳(対象は目安です)]

○この子は2歳くらいでしょうか?小さな子が、大人のTシャツを着るお話なのです
が、 モ〜〜〜ウ!めちゃくちゃ可愛いんです!手や頭を出せた瞬間の表情がとても
キュートに描かれていて、母性本能をくすぐります。私はいつも読むと同時に、子供
の手や足を触ります。 ケタケタ笑いながら、とても喜ぶんですよ♪ ただ、くすぐっ
たいだけかな?(笑)
    (桃太郎・金太郎の母さん 30代・ママ・大阪府大阪市 男6歳、男2歳)

○うちの子にこの本を見せると、「オテテ、オテテ」と言って喜びます。ふっくらし
た赤ちゃんのイラストが、ちょうどこの本を読むにふさわしい年齢のこどもそのもの
といった様子で、うちの子は、まるで鏡でも見るように熱心にイラストを見つめます。
あまりにも似ていて、自分だと思っているのかな?パラパラ絵本のようにページごと
に変わるイラストがこどもにもわかりやすく、「次はなんだろう?」と期待感を与え
ることでしょう。特に、頭がニュっと出るページは、開くと必ずビックリ&ニッコリ。
いないないばぁごっこもできる優れもの絵本です。
              (にゃえさん 20代・ママ・北海道札幌市 男1歳)

--------------------------------------------------------↓絵本の詳細はこちら↓
◇おててがでたよ
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=54 
おてて、あたま、おかお、おめめ、おくち、あんよといった体の部分ひとつひとつを
認識するにはもってこいの作品です。仕草と表情の愛らしさは、もう素晴らしいとし
かいいようがありません。    [作・絵:林 明子 / 本体価格:\700(税別)]

                 (協力:絵本ナビ http://www.ehonnavi.net/ )

───────────────────────────────────────
◆予約特典◆もれなく寺田順三さんの特製表紙イラストポストカードがもらえます!

あなたの「幸せな時間」はどんなときですか?この本で紹介している絵本は、あなた
の毎日の生活に幸せな時間をもたらしてくれる、そんな絵本ばかりです。
◆楽天ブックス『幸せの絵本2』 http://www.ehonnavi.net/ehon00adv.asp?no=264 
───────────────────────────────────────
●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
絵本がきっかけとなった出来事や出会い、子供の時に読んでもらった絵本の思い出な
ど、皆様から寄せられた絵本にまつわる“ちょっといい”エピソードをご紹介します。

        グッピーさんからいただいた“ちょっといい”話
        ‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
3歳の娘は今年、幼稚園に通い始めましたが、人見知りが激しいため、まだお友達と
お話ができません。でも、先生のことは大好きで、家に帰ると毎日、先生のまねをし
てくれます。ママや1歳の妹に絵本を見せながら読み聞かせのまねをして、そうして
自分で作った物語を話してくれるのです。その姿を見るたびに、先生が読み聞かせて
くれている絵本がとても楽しいんだなぁと、子供が幼稚園に慣れないながらも、ワク
ワクしている気持ちが伝わり、絵本が子供に与える影響の大きさを体感しています。


【投稿募集中】子供の頃に絵本を読んでもらった思い出、何かの記念にプレゼント
 してもらった時のこと、大人になってお子様に絵本を読み聞かせて改めて感じた
 ことなど、絵本にまつわる“ちょっといい”エピソードをお寄せください。
   投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#ehon 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
───────────────────────────────────────
育児関連のメールマガジンの中から、1誌ピックアップしてご紹介いたします。

●ドイツ発 わが輩は主夫である
http://www.mag2.com/m/0000138289.html  不定期
コラムです。私はドイツの地方都市(妻の故郷)に家族5人で住んでいます。ドイツ
への移住に伴い、「家庭内人事」でいわゆる主夫に。3人の子供と奮闘しつつ、育児
とは家族とは何か。幅広い視点からお送りします。
(編)専業主夫の筆者が海外での育児や行事について語ります。日本との違いに注目!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うちの子劇場
───────────────────────────────────────
◆◆ 先週の親バカさん第1位!◆◆

○スーパーへ買い物に行き、レジに並んでいたところ、4歳の娘が「お菓子が欲しい」
と言うので、好きな物を1つ持ってこさせました。そして持ってきたものは“お徳用
お菓子詰め合わせ¥980”!絶句してたらそのまま清算されました。(ゆりまり)

───────────────────────────────────────
お父さん、お母さんからお寄せいただいた、こども達の珍行動をご紹介するコーナー
です。最も親バカだ!という投稿には、ワンクリック投票してください♪ (なお)


○3歳の息子と本屋にいった。すると平置きの棚で某巨乳タレントのヌード写真集を
指差し、大声で「あー!おかあさんのとおんなじだー!!」と言った。周囲の人の視
線を一身に浴び、逃げるように帰った。              (Aカップ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z01 

○もうすぐ5歳になる娘に「5歳になったら何したい?」と聞くと、「う〜ん、4歳
と同じこと!」と言われた。                    (tarima)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z02 

○親子でお揃いの服を着ると、「いっしょ〜!」と喜ぶ2歳の娘。ある日、一緒にお
風呂に入ったら、自分のぽんぽこのおなかと、ちょっとお肉のつき始めた私のおなか
を指さして、「いっしょ〜!」と大喜びし始めた。(いっしょだねえ?とダメ押しも)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z03 

○3歳になる息子は、ちょっとした言葉の間違いが多く、“うしろ”のことを“うろ
そ”という。ある日、息子に「うろそ、見て〜」と言うと、真顔で「うしろやでー」
と注意されました。昨日まで“うろそ”だったのに…。        (たんち)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z04 

○長女がまだ2歳の頃、いろんな芸を仕込んで楽しんでいたのですが、ペット番組を
見ながら面白半分でやらせてみたら、「お手」「おかわり」「チンチン」まですんな
りクリア。我が子ながら物覚えの良さに、内心“おぉ〜っ!”と思いつつ、最後に、
「おまわり」と声をかけると、いきなりスクっと立ち上がって敬礼してました。
                     (それは『おまわり』さんだって!)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z05 

○3歳の娘がおやつの追加をねだるので、「今日の夜は美味しいものだから、お腹を
空けておきなさい」と言ったところ、シャツの裾を上げて、お腹を出していた。(SO)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z06 

○父と2歳の息子で通路をふさいでいたので、母が「通して」と言うと、父親がどい
てくれた。なのに子は「どうぞ〜」と一言…。さすが我が家の王子様。 (行く象)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z07 

○4歳の息子はいまだに便器を反対に座ります(おしりが落ちないので安心らしい)。
だが、先日トイレから息子の大絶叫が聞こえ、何事かととんでいくとウォシュレット
が息子の顔面に命中していた…。              (オーマイガッ!)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z08 

○パパの夜勤の日、珍しく電話があり、娘にかわってみた。いろいろ話をして、「う
ん。ばいば〜い」と、言って電話をきった。そして一言。「今の誰?」…。(みみる)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50607Z09 


【投稿募集中】主演はお宅のお子さんです!我が子を襲ったショッキングな出来事!
 思いがけないお子さんの珍行動をお寄せください。ギュッとコンパクトサイズで♪
 投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#utinoko 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■教育のまぐまぐ更新情報
───────────────────────────────────────
保護者の方、先生方のためのサイト「教育のまぐまぐ!」更新情報をお知らせします。


●ためそう!「親力」診断テスト
子供の将来は親の教育力で決まる!現役教師・親野智可等(おやの・ちから)先生が、
22年間の現場経験でつちかったノウハウをもとに、あなたの「親力」を診断します。
今週は、「親力」のさらなるアップをはかるため、集中講義をおこないます。

【親力集中講義・第4回】
    「算数が得意になる一番の方法は、生活の中で数字に親しむこと」

私が小学1年生を初めて教えたとき、ある会社の算数の教科書にとても印象的なペー
ジがありました。そのページには、カラフルな写真がいっぱい載っていました。イラ
ストや文章や式などが多い他のページと違って、そこだけは写真が中心でした。どの
1年生の算数の教科書にも、このようなページがあります。だいたい、次のような写
真が載っています。

◆橋の入り口に立っている「4.5トン」と重量制限を書いた標識
◆ペットボトルの「500ミリリットル」とか「2リットル」と書いてあるところ
◆「30km」「40km」などの数字が並ぶ自動車のスピードメーター
◆0,10,20,30・・・と10飛びで続く温度計の目盛り
◆1日から31日までのカレンダー
◆広告チラシの「とんぼまぐろ100g99円」というところのアップ
◆スーパーマーケットの「20%引き」の表示
◆本のページを表す「235、236」というところのアップ
◆トンネルの入り口の「高さ2m50cmまで」の表示
◆1円、5円、10円、50円、10円、500円などの硬貨
◆1000円、5000円、10000円などの紙幣

初めて見たときは、このようなページに意味があるのかと思いました。でも、やがて、
実は深い意味があるということに気が付きました——


【診断する!】⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=ikuji_oyaryoku20050607 


●おしえておたくんち
「わが家では当たり前のことだけど、よその家ではどうなんだろう?」「子供にこん
なこと聞かれたけど、どう答えたらいいのかわからない」。日々の子育てで生じる素
朴な疑問やお悩みに、同じ親の立場である読者のみなさんが答えます。

【次週うちんちの質問】
小学5年、小学4年、2歳の子供がいます。ファミレスでのことです。上の2人は好
きなものを注文したのですが、2歳の子には親の分を取り分けて食べさせました。と
ころが、小学5年の子が注文したものを泣いて食べたがり、一口わけてもらえたもの
の、もっと食べたいと言います。小学5年の子に、もう少しわけてあげたらと言った
のですが、断固いやだと。こんな時みなさんはどうしますか?ちなみに、私は上の子
が下の子のために我慢することも教育だと思っていますので、分けてあげるよう説得
します。でも、友達は上の子の言い分をのんで、下の子に我慢させると言っています。  
                              (りんりん さん)

【ワンクリック投票に参加する!】
       ⇒ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=ikuji_otaku20050607 


──────────────m───m────────────────────
     ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
───────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々な、まぐまぐ公式情報メールがあります。英語や懸
賞、競馬などなど、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

     ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
     ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
     ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
     ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
     ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
     ◎教育のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/education.html 
     ◎うらないまぐ http://uranai.mag2.com/ 


───────────────────────────────────────
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           「まぐまぐ!ジュニア」投稿募集中!
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小学生のためのメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」では、以下のコー
 ナーで読者の皆さまからの投稿を募集しています。親子で楽しんでくださいね。

 ☆とるとるチャンネル☆
 毎回テーマにそった画像を読者のみなさんから募集し、紹介するコーナーです。
 ┌────────────≪今回のテーマ≫─────────────┐
 │             は し お き             │
 └─────────────────────────────────┘
 動物や植物など、いろいろな形のかわいい「はしおき」の写真を募集中です!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/torutoru/ 

 ☆おしえておとな☆
 子供たちの素朴でかわいい、時におませな質問に大人が答えるコーナーです。
 ┌─────────────≪子供の質問≫─────────────┐
 │バスに乗っているとき、知らないおばちゃんに何年生か聞かれたので、3│
 │年生と答えました。でも、おばちゃんに年を聞いても教えてくれませんで│
 │した。 お母さんにも「大人に年を聞いてはいけない」といわれました。 │
 │どうしてですか。            (やすこ さん/小学3年生)│
 └─────────────────────────────────┘
 大人の皆さまから回答をお待ちしてます。他人の子ですが親身にお願いします!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/osiete/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【育児のまぐまぐ!】2005/06/07 号(毎週火曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして、『まぐまぐ!』内『出産・子育て』カテゴリの
 メールマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【育児のまぐまぐまぐ!は、転載, 複写, クレラップの女の子に似てるね 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Ikuji Mag2 ━

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ