公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2005年02月01日号

印刷用ページ
━ Ikuji Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 93,561部発行 ━

                       育児のまぐまぐ! 2005/02/01 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●「教育のまぐまぐ!」が誕生しました
 ●沖縄県八重山地域に八重山助産院が開業
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
 ●私にべったりで、正直、疲れてしまいました
■絵本よんでっ!
 ●おすすめの一冊『さわってあそぼう ふわふわあひる』
 ●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
 ●妊娠50ヶ月 〜育児書で子育てするな〜
■うちの子劇場


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
───────────────────────────────────────
●「教育のまぐまぐ!」が誕生しました
親子で楽しめるメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」に、このたび、お母さ
ん、お父さん、そして先生向けページ「教育のまぐまぐ!」が誕生いたしました。あ
なたの教育力を診断するコーナーや、親の疑問・悩みに、同じ親の立場から読者が答
えるコーナーなど、子育て・教育に役立つ情報が満載です。詳しくはこちらから↓

     「教育のまぐまぐ!」→ http://jr.mag2.com/education.htm 


●沖縄県八重山地域に八重山助産院が開業
☆ 琉球新報ニュース で詳細をチェック
http://www.ryukyushimpo.co.jp/news01/2005/2005_01/050129eb.html 
県立の八重山病院に限られていた出産を、自宅でもできるようにと、自宅出産を介助
する八重山助産院が開業したようです。出張で定期健診を行い、さらに県立病院との
連携体制も整えるようです。自宅出産を計画している女性は、「一番落ち着くところ
で産みたい」と話しているようですが、落ち着くような…ちょっと不安なような…。

 【ワンクリック☆アンケート】お母さんにお聞きします!自宅出産どうですか?
自宅出産してみたい  に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201B01 
自宅出産はちょっと… に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201B02 
ていうか自宅出産した!に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201B03 
                   (あてはまるものをクリックしてください)

───────────────────────────────────────
           ◆◆ 先週のアンケート結果発表! ◆◆
     ≪お題≫ 最近、夫婦2人きりでデートしたのはいつですか?
   1週間以内 ---  71 票( 9.0%)  〜1ヶ月前 --- 102 票(12.9%)
   〜3ヶ月前 ---  68 票( 8.6%)  〜半年前  ---  86 票(10.9%)
   〜1年前  ---  94 票(11.9%)  〜3年前  --- 173 票(21.9%)
   〜5年前  --- 103 票(13.0%)  〜10年前  ---  63 票( 8.0%)
   〜10年以上前---  30 票( 3.8%)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
───────────────────────────────────────
我慢だけの子育てにさようなら!親子ともに癒されていく——そんな育児のあり方を
提案する、ぴっかり、こと萩原光さんのお悩み相談コーナーです。これまで、たくさ
んの親子を支援してきた専門家が、子育て中のお父さん、お母さんの悩みに答えます。


●私にべったりで、正直、疲れてしまいました

┌────────────≪ゆかままさんからの相談≫───────────┐
           ◇お子さんは3歳11ヶ月の女の子◇

 こんにちは。3歳と1歳の娘の母です。4月から幼稚園に通い始めた3歳の娘
 ですが、幼稚園に着いてしまえば楽しそうにしているのに、朝「幼稚園お休み
 する」とだだをこねます。

 言い聞かせてもダメで、結局「いいかげんにしなさい」「早くしなさい」と怒
 鳴って泣かせてしまいます。

 昔から甘えん坊の大泣き娘でしたが、今でも朝は「抱っこしてご飯食べさせて」、
 寝るときも「うでまくらして」、とにかく始終かまってくれと言います。

 あまりにべったりで、正直、疲れてしまいました。そう思ってしまう自分にも
 ほとほと嫌気がします。心穏やかに子供の相手をするには、どうしたらいいで
 しょうか?

└────────────────────────────────────┘


    ━━━━━━≪ぴっかりさんからのアドバイス≫━━━━━━

入園してもうすぐ1年。まもなく年中組さんだというのに、こんな調子ではママもま
いってしまいますよね。

基本的に、甘え上手・泣き上手・ダダこね上手の子どもは、自立の足取りがしっかり
しているもの。でも、しつこい甘えが際限なく続いたり、無理難題のダダこねが多い
場合は、子どもなりの“言うに言えない苦しい気持ち”が隠れていることがあります。

ホンネをストレートに表現すればスッキリするはず。でも、ホンネとは違うことをあ
げて、「あれがいやだ」「こうしてほしい」などと言っているので、いつまでたって
も満足できず、しつこくなるのです。

ゆかままさんのお子さんは、どんなホンネを抱え込んでいるのでしょうか。

「幼稚園お休みする」にしても、「抱っこしてご飯食べさせて」「うでまくらして」
にしても、「私、赤ちゃんに戻りたいの」というお子さんからのメッセージが隠され
ているような気がします。下のお子さんが1歳ということは、幼稚園への入園と出産
が重なったわけですよね。「ママからの旅立ち」が二つ重なることは、子どもの性格
によっては、とてもハードだったりするのです。

「お姉さんになるゾ!」という気持ちが芽生える時期は、一方で、「お姉さんになる
のは寂しい。赤ちゃんに戻りたい」という不安も抱えやすくなるもの。そんな時、子
どもは、赤ちゃんのようにヨシヨシしてもらうことで安心感を取り戻したり、ダダを
こねて気分転換を図ろうとするのです。ママに相手をしてもらいながら、気分をリセッ
トし、「ようし、明日もがんばるゾ!」と元気を回復していくのです。

こんな時期には、「もう赤ちゃんじゃないんだから、しっかりしてよ!」と頑張らせ
ようとすると、かえって、しつこい「赤ちゃん返り」になってしまうもの。むしろ、
こちらから赤ちゃん返りを誘ってあげるぐらいの方が、落ち着いてくるものなのです。
パパが休みの時などは、赤ちゃんをお願いし、お姉ちゃんと二人で「赤ちゃんごっこ」
なんて、いいかもしれませんね。

とはいえ、何でもかんでも子どもの要求に応えてあげる必要はありません。無理な要
求は、がまんしてもらっていいのです。子どもが泣き出したら、「ママに甘えられな
いのはつらいねえ。でも、泣きながらでいいからがまんしようね」と声をかけてあげ
ればいいのです。

ただ、2人の“赤ちゃん”の相手をしていると、ママの方が「私こそ赤ちゃんに戻り
た〜い!」と叫びたくなってしまいますよね。だからママも、パパや周囲の人に甘え
たり、時にはダダこねさせてもらったりしながら、ぼちぼちでいいですからね。


 ───────────☆ぴっかりさんプロフィール☆───────────
 本名は萩原光(はぎはらこう)氏。1956年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業。13
 年間の公立小学校教師経験の後、自宅で子育て相談室(シャローム共育相談室)
 を開き、多くの親子の立ち直りを支援してきた育児の専門家。自身のメルマガ、
 ホームページは子育て中のパパ、ママに大人気。現在、日本抱っこ法協会理事。
    メルマガ登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000052223.htm 
    ホームページはこちら→ http://homepage1.nifty.com/pikkari/ 
 ────────────────────────────────────


【相談募集中】お子様の性格や行動面について、親子関係やしつけについてのお悩
 みに、ぴっかりさんがこたえます。気軽に相談してみてくださいね。
 詳しくはこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■絵本よんでっ!
───────────────────────────────────────
絵本は子供の感受性や想像力、そして思いやりの心を育んでくれます。時には大人の
私たちが新しい発見をすることも。このコーナーでは、パパ&ママから寄せられたレ
ビューとともに、週替わりで対象年齢別おすすめの絵本を紹介してまいります。


●おすすめの一冊『さわってあそぼう ふわふわあひる』
                  [対象年齢:0〜1歳(対象は目安です)]

○最初に見たとき、あまりの可愛さ、楽しさに私がニコニコしてしまいました。11ヶ
月の息子も興味津々で飛びついてましたよ。今では自分でページをめくり、黄色のふ
わふわをひっぱたり、カエルの舌のベタベタを何度も触ったりして。おかげで今では
絵本はボロボロになってしまいました…。
             (はるぼんさん 30代・ママ・大阪府大阪市 男0歳)

○さわって感触を楽しめる、想像力やドキドキ感もえられる、1粒で2度おいしい絵
本です。また、ちょっと風変わりな登場人物(どうぶつ)もけっこう楽しめますよ。
月齢の小さなお子さんでも、十分楽しめると思います。
               (めりさん 30代・ママ・三重県度会郡 男0歳)

--------------------------------------------------------↓絵本の詳細はこちら↓
◇さわってあそぼう ふわふわあひる
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=3121 
いろんな形に穴が開いていて、そこから手触りを楽しみます。例えば、「きいろくて、
ふわふわのまる」はあひるのこ。では「ピンクで、べたべたのいっぽんせん」とは?
赤ちゃんから楽しめるしかけ絵本。プレゼントとしても人気です。
        [ M・ヴァン・フリート 作・絵 / 本体価格:\1,300(税別)]

                 (協力:絵本ナビ http://www.ehonnavi.net/ )

───────────────────────────────────────
絵本から生まれた人気者のぬいぐるみやグッズがずらり揃ってます。一見の価値アリ
リサとガスパール■マドレーヌ■はらぺこあおむし■ミトン■星の王子様■スイミー
バムとケロ■スノーマン■どろんこハリー■かいじゅうたちのいるところ■がまくん
とかえるくん■メイシー■100万回生きたねこ■からすのパンやさん・・・
絵本ナビShop>>> http://www.ehonnavi.net/ehon00adv.asp?no=170 
───────────────────────────────────────
●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
絵本がきっかけとなった出来事や出会いなど、皆様から寄せられた絵本にまつわる
“ちょっといい”エピソードをご紹介いたします。絵本は読むだけじゃない!

         ぽんさん からいただいた“ちょっといい”話
         ‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
幼稚園のとき、毎週土曜日、母と2人で電車に乗って図書館に通っていました。私は
まだ字が読めませんでしたので、絵本をただひたすら見ているだけでした。母はそん
な私に字を教えたりはせず、ただいっしょについているだけでしたが、それでも毎週
かならず連れて行ってくれました。その後、私は本が大好きな子になりましたが、あ
の時の母の接し方が大きく影響してるのではないかと、ふと思ったりしています。


【投稿募集中】子供の頃に絵本を読んでもらった思い出、何かの記念にプレゼント
 してもらった時のこと、大人になってお子様に絵本を読み聞かせて改めて感じた
 ことなど、絵本にまつわる“ちょっといい”エピソードをお寄せください。
   投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#ehon 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
───────────────────────────────────────
育児関連のメールマガジンの中から、1誌ピックアップしてご紹介いたします。

●妊娠50ヶ月 〜育児書で子育てするな〜
http://www.mag2.com/m/0000139893.htm  日刊
毎日、メルマガ専用ブログの書き込みは驚異的な数!5児の母が本当の育児を日刊で
送る子育て新聞。実体験から赤裸々告白。薬物乱用・いじめ・不登校を克服する方法
とは?超日常的英会話コントつき!
(編)子どもが悪さをしたとき、どう叱るのが効果的?ユーモア一杯の子育てコラム。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うちの子劇場
───────────────────────────────────────
◆◆ 先週の親バカさん第1位!◆◆

○一家でインフルエンザにかかったとき、先に回復し始めた2歳の息子が、遊んでく
れとうるさく言い始めた。「ママは、頭が痛いから遊べないの」というと、「僕だっ
て頭が痛いの我慢して遊んでるんだからね!」と怒られた。   (あっきーママ)

───────────────────────────────────────
お父さん、お母さんからお寄せいただいた、こども達の珍行動をご紹介するコーナー
です。最も親バカだ!という投稿には、ワンクリック投票してください♪(あかね)


○先週に温泉に関する投稿を読み、思い出しました。娘(当時3歳)と温泉に行った
ときのことです。湯船に色黒でちょっと恐そうなおばさんがつかっていたのですが、
娘がそのおばさんを指差して一言。「ママー、ここ女風呂やのに、男の人がはいって
るー!」。思わず温泉にもぐろうかと思いました。        (子供は正直)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201Z01 

○ロードオブザリングをビデオで見ていた。「あ〜ニュージーランド行ってみたい〜」
とつぶやくと、3才の息子が、「ああ、あのミッキーマウスのいるところね」と納得
していた。                            (あひる)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201Z02 

○3才の娘に桃太郎の絵本を読んであげていたときのこと。“きび団子を1つ食べる
と十人力、2つ食べると百人力、3つ食べると千人力”と言う場面で母が、「4つ食
べるとどうなっちゃうのかな〜?」と問いかけてみたところ、「ん?お腹こわしちゃ
うんじゃない?」と答えた。                  (4人のママ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201Z03 

○歩き始めたばかりの息子を連れて、下着売り場に行った時のこと。支払いで少し目
を離した隙に、ブラのCMがエンドレスで流れてるテレビの、胸元がアップになった
画面にぶちゅ〜〜〜〜と食いついていた。おませやね。         (もる)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201Z04 

○年末年始のお笑い番組でギター侍の虜になった息子(3歳)。ならば!と息子の行
動をネタにして切りまくってやったら、あひゃひゃひゃと大笑いし、何度も繰り返し
をねだってきた。そして、私のことを「ギターさん」と呼ぶようになった。
                        (「お母さん」と呼んでくれ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201Z05 

○高熱と下痢が数日続いている6歳の息子。「うんちー」とヨロヨロトイレへ。する
と、トイレからゲラゲラと息子の笑い声がする。「どうしたの?」とたずねると「オ
シッコと下痢とおならの合奏だ〜」。こっちはマジで心配してるのにー。(tommam)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201Z06 

○5歳の息子とお風呂に入り、その日は、整髪料が気になるので2度シャンプーをし
ました。見ていた息子が、同じように、2度洗いを。「どうして?」と聞くと、「明
日の分も、洗ってるねん」。おいおい!             (きららのき)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201Z07 

○夜、布団に入り電気も消して、さあ寝よう!とした時、娘が、「お鼻が詰まるから
“シュッシュ(点鼻薬のこと)して〜」と言うので、面倒くさいな〜と思いながら、
仕方なくやってあげた。鼻がむずむずしたのか、くしゃみを1つ。すると、びよ〜ん
と長い鼻水が出てきた。よく見たら晩ご飯に食べたスパゲッティだった。どこに入っ
ていたんだろう??そりゃ鼻が詰まる訳だ。            (ことぴー)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50201Z08 


【投稿募集中】主演はお宅のお子さんです!我が子を襲ったショッキングな出来事!
 思いがけないお子さんの珍行動をお寄せください。ギュッとコンパクトサイズで♪
 投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#utinoko 


───────────────────────────────────────
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           「まぐまぐ!ジュニア」投稿募集中!
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小学生のためのメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」では、以下のコー
 ナーで読者の皆さまからの投稿を募集しています。親子で楽しんでくださいね。

 ☆とるとるチャンネル☆
 毎回テーマにそった画像を読者のみなさんから募集し、紹介するコーナーです。
 ┌────────────≪今回のテーマ≫─────────────┐
 │              ラ イ ト               │
 └─────────────────────────────────┘
 あなたのお部屋を照らすライト(照明機器)を写真にとって送って下さい!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/torutoru/ 

 ☆おしえておとな☆
 子供たちの素朴でかわいい、時におませな質問に大人が答えるコーナーです。
 ┌─────────────≪子供の質問≫─────────────┐
 │うちのお母さんは、ぼくにしゃべるときと電話にでるときの声がぜんぜん│
 │ちがいます。ぼくにしゃべるときは、低い声で、めんどくさそうにしゃべ│
 │るのに、電話がかかってきたら、高くて気持ちわるい声をだします。ぼく│
 │の友達もおんなじことを言ってます。これはどうしてですか。│    │
 │                   (こうすけ さん/小学5年生)│
 └─────────────────────────────────┘
 大人の皆さまから回答をお待ちしてます。他人の子ですが親身にお願いします!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/osiete/ 


──────────────m───m────────────────────
     ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
───────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々な、まぐまぐ公式情報メールがあります。英語や懸
賞、競馬などなど、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

     ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
     ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
     ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.htm 
     ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.htm 
     ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.htm 
     ◎うらないまぐ http://uranai.mag2.com/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【育児のまぐまぐ!】2005/02/01 号(毎週火曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして、『まぐまぐ!』内『出産・子育て』カテゴリの
 メールマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/ikuji.htm 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【育児のまぐまぐまぐ!は、転載, 複写, 舌に吸いつくゼリーの容器 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Ikuji Mag2 ━

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ