公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2005年01月04日号

印刷用ページ
━ Ikuji Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 89,644部発行 ━

                       育児のまぐまぐ! 2005/01/04 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●毎月の家賃は1万8900円!山梨県の小菅小学校で学びませんか?
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
 ●病院へ行くのを嫌がります
■絵本よんでっ!
 ●おすすめの一冊『かみさまからのおくりもの』
 ●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
 ●読書離れ? えほんでかいけつ!
■うちの子劇場

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
───────────────────────────────────────
●毎月の家賃は1万8900円!山梨県の小菅小学校で学びませんか?
☆ asahi.com で詳細をチェック
http://www.asahi.com/edu/kosodate/TKY200412280244.html 
山梨県小菅村では、児童数減少で地元の小菅小学校が複式学級になるのを避けるため、
子どものいる家族を対象に村営住宅の入居者を募集中のようです。村営住宅は、2002
年にできたばかりの庭付き一戸建て。毎月の家賃は初めの3年間が18,900円、それ以
降は27,000円です。2月20日まで申込を受け付けているようです。特にお子さんが6歳
児までのお父さん、お母さん、豊かな自然の中で子育てしませんか?

  【ワンクリック☆アンケート】↑山梨県小菅村での暮らし、いかがですか?
 ちょっとひかれる  に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104B01 
 かなりひかれる   に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104B02 
 応募する!orした! に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104B03 
 全然ひかれない   に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104B04 
                   (あてはまるものをクリックしてください)

───────────────────────────────────────
           ◆◆ 先週のアンケート結果発表! ◆◆
          ≪お題≫ 子供との移動は主に?
            自動車 --- 312 票(49.2%)
             徒歩 --- 166 票(26.2%)
            自転車 --- 144 票(22.7%)
            その他 ---  12 票( 1.9%)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
───────────────────────────────────────
我慢だけの子育てにさようなら!親子ともに癒されていく——そんな育児のあり方を
提案する、ぴっかり、こと萩原光さんのお悩み相談コーナーです。これまで、たくさ
んの親子を支援してきた専門家が、子育て中のお父さん、お母さんの悩みに答えます。


●病院へ行くのを嫌がります

┌────────────≪マロンさんからの相談≫────────────┐
          ◇お子さんは1歳10ヶ月の男の子◇

 息子が病院、友人宅に入るのを嫌がり、1時間以上も泣き叫び困っています。
 こちらの言うことが少しずつ理解できるようになっているので、ゆっくり簡単
 に話しかけてみるのですが、効果がありません。家では「せんせー」と言いな
 がら聴診器を当てたり、お友達のことにも興味津々と耳を傾けています。病院
 は避けて通れない場なので、なんとかうまく気を紛らわせてやりたいのですが。
 アドバイスお願いします。

└────────────────────────────────────┘


    ━━━━━━≪ぴっかりさんからのアドバイス≫━━━━━━

『1時間以上も泣き叫ぶ』というのは、大変ですね。何かお子さんなりの理由がある
のかもしれませんが、病院へ行かないわけにはいかないし…。友人宅に行くことだっ
て、ママにとっては絶好の気晴らし。子どもが嫌がるというので行くのをガマンし続
けていると、今度は、ママの方がストレスだらけで叫びたくなってしまいますよね。

もうすぐ2歳という年齢からすると、こちらの話すことは十分に理解できるはずです。
実は0歳児だって、真剣に話しかけるとちゃんと伝わるんですよ。それでは、なぜ?
大人だったら、聞いて納得すれば、その通り行動できることが多いですが、子どもの
場合は、「頭では理解するけど、気持ちがついていかない」ということが多いのです。

「病院はイヤだよ〜!」「お友だちは緊張するよ〜!」という気持ちでいっぱいにな
り、自分ではどうしようもなくなった時、子どもはママに助けを求めます。子どもが
泣いたり、ぐずったり、ダダをこねたりするのは、心の中にたまったモヤモヤした気
持ちをママに受け止めてもらうための行動です。マイナス感情が十分発散されると、
気持ちも落ち着いてきて、その後はかえって理性的に行動できるのです。

ただ、相談のお子さんのように、『1時間以上も泣き叫ぶ』というのでは、困ってし
まいますよね。実は、緊張しやすい恐がり屋さんなのに「ボクは1人でがんばるゾ!」
と、無理をしてしまうお子さんに、こういうことが多いのです。

小出しにベソをかいたり、ダダをこねたりすると、不安や緊張は解消されます。でも、
「カッコイイお兄さんみたいに行動するゾ!」という気持ちが強すぎ、マイナス感情
を溜め込んでしまうと、いざという時になってそれが爆発してしまうのです。こうい
う時の爆発は、ママに慰めを求めて泣く場合と様子が違うはず。「本当はガマンした
いのに〜!」と怒っている感じですから、かえって、ギャ〜ッという長泣きになって
しまうのです。

こういうタイプのお子さんには『気を紛らわせる』『泣かないように言い聞かせる』
という作戦は、マイナス感情を溜め込ませ、逆効果になることが多いようです。むし
ろ、小出しで『ベソをかく』『ダダをこねる』『甘える』という行動に誘う方が、泣
き上手・甘え上手になり、かえって、気持ちが落ち着くのも早くなるはずですよ。


 ───────────☆ぴっかりさんプロフィール☆───────────
 本名は萩原光(はぎはらこう)氏。1956年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業。13
 年間の公立小学校教師経験の後、自宅で子育て相談室(シャローム共育相談室)
 を開き、多くの親子の立ち直りを支援してきた育児の専門家。自身のメルマガ、
 ホームページは子育て中のパパ、ママに大人気。現在、日本抱っこ法協会理事。
    メルマガ登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000052223.htm 
    ホームページはこちら→ http://homepage1.nifty.com/pikkari/ 
 ────────────────────────────────────


【相談募集中】お子様の性格や行動面について、親子関係やしつけについてのお悩
 みに、ぴっかりさんがこたえます。気軽に相談してみてくださいね。
 詳しくはこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■絵本よんでっ!
───────────────────────────────────────
絵本は子供の感受性や想像力、そして思いやりの心を育んでくれます。時には大人の
私たちが新しい発見をすることも。このコーナーでは、パパ&ママから寄せられたレ
ビューとともに、週替わりで対象年齢別おすすめの絵本を紹介してまいります。


●おすすめの一冊『かみさまからのおくりもの』
                  [対象年齢:0〜1歳(対象は目安です)]

○簡潔な文章なのですが、作者の言いたいことがズンと響きます。紙をきって貼り絵
で表現しているところも、何とも言えず、手の温もりを感じさせます。神様は、1人
1人の赤ちゃんが生れた時に、それぞれの素敵な個性を与えて下さったのですね。忙
しい毎日の中で、ついつい子供の悪いところばかり注意していた、ここ最近の私には、
あらためて子供の良いところに目を向けさせてくれた、ありがたい絵本です。我が家
のやんちゃ盛りの子供達が贈られた贈り物がなんなのか、ゆっくりと、指を折りなが
ら考えてみました。(はなしんさん 30代・ママ・千葉県市川市 女6歳、男4歳)

○この絵本を読み終わると、心が落ち着き優しい気分になります。うちの子の笑顔は
きっと神様がプレゼントしてくれたんだなぁ〜、感謝しなくては!って気になりまし
た。絵も、とても優しいタッチで、本を読めない0歳児でもお勧めできる絵本だと思
います。     (ちっちちゃんさん 20代・ママ・神奈川県横浜市 11ヶ月)

--------------------------------------------------------↓絵本の詳細はこちら↓
◇かみさまからのおくりもの
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=111 
生まれた赤ちゃんに、天使が神様からの贈り物を届けます。ほっぺの赤い赤ちゃんに
は「よくわらう」を、大きい赤ちゃんには「ちからもち」を…。それは決して特別な
ことではないけれど、大切な「個性」なのです。ママの気持ちをスーッと落ち着かせ
てくれる絵本です。     [作・絵:樋口 通子 / 本体価格:\1,200(税別)]

                 (協力:絵本ナビ http://www.ehonnavi.net/ )

───────────────────────────────────────
■「巻く絵本」登場。絵本ナビShopにてご紹介中です。

ズバリ、頭の良くなる絵本です。子どもが遊びながら学べて、自分で答え合わせも
できるのです。言葉で説明するのは難しいので、ぜひ画像をご覧下さい↓
◇ひもあそび しかけえほん >>> http://www.ehonnavi.net/ehon00adv.asp?no=214 
───────────────────────────────────────
●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
絵本がきっかけとなった出来事や出会いなど、皆様から寄せられた絵本にまつわる
“ちょっといい”エピソードをご紹介いたします。絵本は読むだけじゃない!

          鈴木さんからいただいた“ちょっといい”話
        ‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
ぼくが小さいころ、『イソップ物語』という本が家にありまして、よく親が読んでく
れました。古臭い本だったので、今では捨ててしまったか押入れの奥か…。いま思え
ば、その本の中で色々と学んだような気がします。「兔と亀」「3匹の子豚」…。こ
うして思い返していると、あの本をきちんと保管していれば良かったなと思います。


【投稿募集中】子供の頃に絵本を読んでもらった思い出、何かの記念にプレゼント
 してもらった時のこと、大人になってお子様に絵本を読み聞かせて改めて感じた
 ことなど、絵本にまつわる“ちょっといい”エピソードをお寄せください。
   投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#ehon 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
───────────────────────────────────────
育児関連のメールマガジンの中から、1誌ピックアップしてご紹介いたします。

●読書離れ? えほんでかいけつ!
http://www.mag2.com/m/0000121918.htm  週刊
「どんな絵本がいいの?」「読み聞かせって必要なんですか?」「子供が聞いてくれ
ないんです……」お母さんへ。もうすぐお母さんになる人へ。読み聞かせ歴もうすぐ
30年の、えほんおじさんがお答えします。 
(編)子供の興味をひくコツや、オススメ絵本を紹介。心温まるほのぼのマガジン。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うちの子劇場
───────────────────────────────────────
◆◆ 先週の親バカさん第1位!◆◆

○保育園のクリスマス発表会に行く朝の事。4才の息子が「ママ、今日保育園で立っ
て観てね!保育園のイス、小さいからママ座ると壊れちゃう!」。息子よ、いらぬ心
配ありがとう(実際はイスでなくゴザでした…)。    (ちゃんこでどすこい)

───────────────────────────────────────
お父さん、お母さんからお寄せいただいた、こども達の珍行動をご紹介するコーナー
です。最も親バカだ!という投稿には、ワンクリック投票してください♪(あかね)


○子供がテレビのCMを見て言った。「今すごいんだよね〜、ニン×ンドーPS!」
…う〜ん、微妙。                        (ひでまる)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104Z01 

○食材配達のカタログを見ていたら、小学4年生になる息子が私にこう言いました。
「ねぇ、お母さん。豚のこかんぎりって何?」…はぁ?…はぃ?…なんですと!??
と思い見てみると、それは“豚の小間切り”でした。まぁ確かに、確かにそう読むこ
ともできるけれど…小学4年なのに…。             (かずきっき)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104Z02 

○うちのだんなが、字が書けるようになった5歳の愛娘から初めてもらった手紙の文
面は、「おとうさんへ もう ちゅうはしないでね」だった。    (やうやう)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104Z03 

○弟の家に遊びにいった。甥っ子が「ドラクエ8」をやっていたのだが、どこで覚え
てきたのか、「てめぇら人間じゃあねえ!たたっ斬ってやる!」という叫び声が聞こ
えてきた。そりゃまあ、ドラクエのモンスターは最初っから「人間じゃない」とは思
うが…。                         (破れ傘クエスト)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104Z04 

○5歳の娘が祖母の誕生日にお祝いを言おうと電話した。受話器を離して呆然として
いるので、「どうしたの?」と聞いたら、「おばあちゃん、いつの間にか大変な歳に
なっちゃってたよ…」。               (おばあちゃんは64歳)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104Z05 

○近頃、乗り物は全部「でんしゃ!」の息子。先日、テレビを指差して嬉しそうに、
「でんしゃ!でんしゃ!」と叫ぶので、ま〜た車か何かと間違えてるな〜、説明しな
きゃ…と思ったのですが、画面には『天空の城ラピュタ』のプルプル飛ぶヘンな(失
礼)メカが…。説明できませんでした。           (ハウルの歩く城)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104Z06 

○頭がよくなるよう知育グッズを買った。3cmくらいの磁石と、パチンコ玉のような
鉄の玉がたくさん入っている。2歳の娘がまずやったことは、磁石の棒に玉をつけて、
「ママ〜、これちん×ん!!」。それはそうなんだけど…。     (だんだん)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=50104Z07 


【投稿募集中】主演はお宅のお子さんです!我が子を襲ったショッキングな出来事!
 思いがけないお子さんの珍行動をお寄せください。ギュッとコンパクトサイズで♪
 投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#utinoko 

───────────────────────────────────────
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          「まぐまぐ!ジュニア」投稿募集中!
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小学生のためのメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」では、以下のコー
 ナーで読者の皆さまからの投稿を募集しています。親子で楽しんでくださいね。

 ☆とるとるチャンネル☆
 毎回テーマにそった画像を読者のみなさんから募集し、紹介するコーナーです。
 ┌────────────≪今回のテーマ≫─────────────┐
 │           お 年 玉 ぶ く ろ            │
 └─────────────────────────────────┘
 「気になるのは中身だけ」なんて言わないで!かわいい袋の写真を送ってね。
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/torutoru/ 

 ☆おしえておとな☆
 子供たちの素朴でかわいい、時におませな質問に大人が答えるコーナーです。
 ┌─────────────≪子供の質問≫─────────────┐
 │お医者さんとか看護婦さんは、かぜの人を毎日たくさん見て、近くにいる│
 │のに、病気にならないのはどうしてですか?             │
 │                (投稿者:みかん さん 小学5年生)│
 └─────────────────────────────────┘
 大人の皆さまからの回答をお待ちしてます。他人の子ですが親身にお願いします!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/osiete/ 


──────────────m───m────────────────────
     ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
───────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々な、まぐまぐ公式情報メールがあります。英語や懸
賞、競馬などなど、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

     ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
     ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
     ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.htm 
     ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.htm 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【育児のまぐまぐ!】2005/01/04 号(毎週火曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして、『まぐまぐ!』内『出産・子育て』カテゴリの
 メールマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/ikuji.htm 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【育児のまぐまぐまぐ!は、転載,複写,大歓迎です!年末年始夢でも会ったよ細木さん】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Ikuji Mag2 ━

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ