公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2004年12月28日号

印刷用ページ
━ Ikuji Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 89,987部発行 ━

                       育児のまぐまぐ! 2004/12/28 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●ママチャリに乗る際はヘルメットを!の動き広まる
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
 ●なぜか“舌”にこだわります
■絵本よんでっ!
 ●おすすめの一冊『おおきな木』
 ●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
 ●天才児.NET:科学・雑学 なぜ?なに?博士
■うちの子劇場

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
───────────────────────────────────────
●ママチャリに乗る際はヘルメットを!の動き広まる
☆ asahi.com で詳細をチェック
http://www.asahi.com/edu/kosodate/TKY200412220240.html
幼児用の補助いすをつけた自転車が転倒した際に、子どもがけがをするのを防ぐため
に、幼児のヘルメット着用を促す動きが急速に広がっているようです。自転車同乗中
の子どもの死傷者は、なんと年間2千人以上にのぼるそうです。大人でも、もしもに
備えてヘルメットを着用しているのですから、幼児ならなおさらですね。とはいえ、
いきなりピカチューは……→ http://www.bike.ne.jp/shopping/toshiko/9906.htm 

       【ワンクリック☆アンケート】子供との移動は主に
      徒歩 に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41281B01 
     自転車 に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41281B02 
     自動車 に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41281B03 
     その他 に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41281B04 
                   (あてはまるものをクリックしてください)

───────────────────────────────────────
           ◆◆ 先週のアンケート結果発表! ◆◆
          ≪お題≫ お子さんの名づけ親は誰ですか?
               パパ --- 384 票(51.8%)
               ママ --- 259 票(34.9%)
           おじいちゃん ---  28 票( 3.8%)
           おばあちゃん ---  13 票( 1.7%)
              その他 ---  58 票( 7.8%)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
───────────────────────────────────────
我慢だけの子育てにさようなら!親子ともに癒されていく——そんな育児のあり方を
提案する、ぴっかり、こと萩原光さんのお悩み相談コーナーです。これまで、たくさ
んの親子を支援してきた専門家が、子育て中のお父さん、お母さんの悩みに答えます。


●なぜか“舌”にこだわります

┌────────────≪いすずさんからの相談≫────────────┐
           ◇お子さんは2歳8ヶ月の女の子◇

 すごいお母さん子というだけで、あとはすくすくと育っていると思います。で
 も、ひとつだけ気になっていることがあります。子供がなぜか舌にこだわるこ
 とです。

 向かい合ってだっこすると、すぐ私の口に手を持ってきます。指をつっこんで
 きて舌を触りたがります。これだけでなく、自分の舌を出して私にも出せと強
 要してきたり、なめてきたり、すごい話ですがデープキスになったりします。

 本人はすごく嬉しそうで、すると落ち着くようです。私以外にはしないので、
 愛情表現?とも考えましたが、将来(幼稚園など)が不安です。すごい行為な
 のでやめさせたいと思うのですが…。「お母さん苦手だからやめよう」と説得
 したり、遊んだり、気をそらせたり、ごまかしたり試してみましたが、上手く
 いきません。どうしたら子供を傷つけずにやめさせられるでしょうか。それと
 もこのまましておいてもよいのでしょうか。

└────────────────────────────────────┘


    ━━━━━━≪ぴっかりさんからのアドバイス≫━━━━━━

子どもって親の前では遠慮がないですからね。特にしつけ面では、“将来”を考える
といろんな事が気になり出すものです。ただ、集団生活を経験する時期になり、「お
友だちと同じようにしたい」という気持ちが出てくれば、「人前でのみっともないこ
と」は、分別が出てきてやらなくなるもの。それでもまだ…というのであれば、その
時期になってから考えてみてもいいのでは?

ただちょっと気になるのは、甘えているようで実はゆったり身を任せてこない“甘え
ベタさん”に、ママが嫌がるような愛情表現をする子がいるということです。抱っこ
してあげると、ママの髪の毛をしつこく引っ張ったり、首のあたりをコショコショさ
わり続けたり、鼻の穴や口の中に指をねじ込んできたり、強引に服の中へ手をねじこ
んできて、妙なおっぱいのさわり方をしたり…。

愛情表現とわかっているけれど、ママがうっとおしく感じてしまうような行為で、
「やめて」とお願いしても、その行為にしつこくこだわるような場合、ひょっとした
ら、ゆったりとママに抱かれて、ママとの一体感を楽しむのが苦手な子どもかもしれ
ません。その場合、抱っこしてあげてもゴソゴソと動いてばかりで落ち着かず、体の
力を抜いてまったりと身を任せてこようとしないはずです。

このような“甘えベタさん”は、ママに甘えても、甘えても、なかなか満足してくれ
ない傾向があります。それは、ママとの間に少し距離を置いた、遠慮のある甘え方だ
からです。

いすずさんのお子さんがそういうタイプかどうかは、ご相談の文章だけではわかりま
せん。でも、もし心当たりがあるなら、すこし接し方を工夫するとよいでしょう。

例えば、「ギャ〜〜ッ! やめて〜!」と陽気に騒いでみせ、じゃれあい発散遊びに
持ち込む方法です。同じ“遊んだり、気をそらせたり、ごまかしたり”でも、親子で
キャ〜キャ〜ワ〜ワ〜大騒ぎするような遊びの方が心が晴れ、上手な甘えができるよ
うになってくるものです。

もうひとつは(文章では説明しにくいのですが)、“困った愛情表現”をする手をつ
かんでしまう方法です。こうすると、もちろん子どもの方は、「はなせ!はなせ!好
きにさせろ!」となります。そこで手をつかんだ状態で、全身でイヤダイヤダ!を発
散してもらうようにするのです。“困った愛情表現”は、スネやダダこねが変化した
表現であることが多いので、全身でのダダこね遊びに満足したら、“困った愛情表現”
も収まってくるはずですよ。

でも全体的な様子を見て、特別“甘えベタさん”という感じがないのなら、こんな面
倒な接し方をしなくても、だんだん落ち着いてくると思いますよ。


 ───────────☆ぴっかりさんプロフィール☆───────────
 本名は萩原光(はぎはらこう)氏。1956年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業。13
 年間の公立小学校教師経験の後、自宅で子育て相談室(シャローム共育相談室)
 を開き、多くの親子の立ち直りを支援してきた育児の専門家。自身のメルマガ、
 ホームページは子育て中のパパ、ママに大人気。現在、日本抱っこ法協会理事。
    メルマガ登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000052223.htm 
    ホームページはこちら→ http://homepage1.nifty.com/pikkari/ 
 ────────────────────────────────────


【相談募集中】お子様の性格や行動面について、親子関係やしつけについてのお悩
 みに、ぴっかりさんがこたえます。気軽に相談してみてくださいね。
 詳しくはこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■絵本よんでっ!
───────────────────────────────────────
絵本は子供の感受性や想像力、そして思いやりの心を育んでくれます。時には大人の
私たちが新しい発見をすることも。このコーナーでは、パパ&ママから寄せられたレ
ビューとともに、週替わりで対象年齢別おすすめの絵本を紹介してまいります。

●おすすめの一冊『おおきな木』
                  [対象年齢:6〜7歳(対象は目安です)]

○じーんとくる感動です。木は全てを与え、老いていきます。報われた時には切り株
になっていました。それでも木は後悔していなかったでしょう。確かにみかえりのな
い愛はつまらないかもしれません。しかしそれほどまでに愛せる相手がいることはと
ても幸せなことです。何度も読み返しては、幾度も感動し、考えさせられる1冊です。
そして大事な人に贈りたくなる1冊です。
             (わかままさん 30代・ママ・大阪府枚方市 女0歳)

○この本をはじめて知ったとき、私は学生でした。これは神様の無償の愛について、
書いてある本だと思いました。木が、男の子のために自らの全てを与え、相手からは
何も求めない姿に感動しました。
しかし、自分も伴侶を得、この人のためならこの木のようになれるかもしれない。と
思いました。また、子どもができたら、なおさらです。とかく、代償を求めたがる昨
今ですが、もう一度原点に返るつもりで、素朴なこの本を読んでみてください。
      (魔法の木さん 40代・ママ・石川県金沢市 15歳、11歳、7歳)

--------------------------------------------------------↓絵本の詳細はこちら↓
◇おおきな木
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=391 
大好きなちびっこのために、与え続けるりんごの木。実をすべて与え、枝をすべて与
え、そして幹さえも与えてしまいました。
「きは それで うれしかった… だけど それは ほんとかな。」
愛は与えること?与えることとは何なのでしょう?読むたびに新鮮な感動があります。
[作・絵:シェル・シルヴァスタイン 訳:ほんだ きんいちろう/本体価格:\1,107(税別)]

                 (協力:絵本ナビ http://www.ehonnavi.net/ )

───────────────────────────────────────
  来年の絵本を予約しませんか?よろしければ厳選した絵本をお届けします。

絵本ナビの絵本クラブは、年齢別に厳選した世界の名作絵本を、毎月、ご自宅やオフィ
スにお届けします。お得な一括配送もあります。
お届けするのは幸せな時間です。>>> http://www.ehonnavi.net/ehon00adv.asp?no=188
───────────────────────────────────────
●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
絵本がきっかけとなった出来事や出会いなど、皆様から寄せられた絵本にまつわる
“ちょっといい”エピソードをご紹介いたします。絵本は読むだけじゃない!

         あき さんからいただいた“ちょっといい”話
        ‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
私の名前はあき。うちの母は私が小さいとき、「こんとあき」という本をしばしば読
んでくれていました。そのことは子供が生まれるまで、ほぼ30年の間全く忘れていた
のですが、子供と書店に行ったときにたまたま見つけ、とても懐かしくなり買ってし
まいました。息子は「ママのお名前と同じ本読んで〜〜〜」と言ってせがみ、読んで
聞かせる度に子供の頃の感情がフラッシュバックして、本を通して世代というものが
つながっていることを実感します。


【投稿募集中】子供の頃に絵本を読んでもらった思い出、何かの記念にプレゼント
 してもらった時のこと、大人になってお子様に絵本を読み聞かせて改めて感じた
 ことなど、絵本にまつわる“ちょっといい”エピソードをお寄せください。
   投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#ehon 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
───────────────────────────────────────
育児関連のメールマガジンの中から、1誌ピックアップしてご紹介いたします。

●天才児.NET:科学・雑学 なぜ?なに?博士
http://www.mag2.com/m/0000143232.htm  毎週木曜日
正しい答えを、子供が納得できる優しい言葉で伝える事で子供は驚くほどの知識を吸
収をし、さらに驚く反応をします。幼い子供のなぜ?なに?に、わかりやすく回答し
ます(実は大人の素朴な疑問だったりします)。
(編)「なんで音は聞こえるの?」には糸電話が有効!大人も楽しく学べるQ&A。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うちの子劇場
───────────────────────────────────────
◆◆ 先週の親バカさん第1位!◆◆

○小学2年生のうちの息子は、先日動物園へ遠足にいった時の感想文でサル山のサル
について一言。「たくさんのおさるさんがひなたぼっこをしていました。僕はこう思
いました。ちゃんとはたらけ」。                 (ぶるーえ)

───────────────────────────────────────
お父さん、お母さんからお寄せいただいた、こども達の珍行動をご紹介するコーナー
です。最も親バカだ!という投稿には、ワンクリック投票してください♪(あかね)


○最近お絵描きが好きになった2歳の娘。私が描くクマやウサギの絵に「ほっぺ♪」
と嬉しそうに頬に直線を入れる。ヤの付くやつ?          (るなるな)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41228Z01 

○上の子(4歳)は何度教えても、部屋の中に小さい虫が飛んでいたりすると、「今
日はむしむしするねー」と言う。今は冬だよ。             (Weiss)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41228Z02 

○サッカースクールでクリスマス会があった息子。ケーキどうだった?と聞くと「と
ろやかでーまろけるあじだった」とこたえた。           (ゆうまま)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41228Z03 

○主人が4歳の息子に仮面ライダーV3を見せたら、子供もいつしか主題歌を覚える
ように。しかし「父よ、母よ、いもうとよ」のところが「ちちよ、ははよ、いもほり
よー」になっていた。                        (napo)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41228Z04 

○絵本を見ていた時、毛虫の写真を見て2歳1ヶ月の娘が「これ、パパのここ〜」と
自分の脇をさしてうれしそうに言いました。それは、わ、わきげ…。   (あび)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41228Z05 

○小学校3年生のちょっとのんびり屋の娘。「ママ!今日は寒いから帽子かぶって学
校行くね」。その日、学校から帰り…
娘:ママ!帽子なくしちゃった〜!
私:え〜どこで?
娘:朝学校に行くまでは、あったんだけど下駄箱についたらなかった。
帽子をかぶり、5分もせずに無くした娘にママは言葉を失った。(誰の子かいな?)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41228Z06 

○ピノキオの人形劇を見に行った帰り道、4歳の息子が最初に言ったことは、「お母
さん、人は嘘ついても鼻伸びないよね〜。おかあさんは嘘ついても鼻伸びないもんね」。
                         (そういう観点でみるのね)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41228Z07 

○保育園のクリスマス発表会に行く朝の事。4才の息子が「ママ、今日保育園で立っ
て観てね!保育園のイス、小さいからママ座ると壊れちゃう!」。息子よ、いらぬ心
配ありがとう(実際はイスでなくゴザでした…)。    (ちゃんこでどすこい)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=41228Z08 


【投稿募集中】主演はお宅のお子さんです!我が子を襲ったショッキングな出来事!
 思いがけないお子さんの珍行動をお寄せください。ギュッとコンパクトサイズで♪
 投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#utinoko 


───────────────────────────────────────
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          「まぐまぐ!ジュニア」投稿募集中!
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小学生のためのメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」では、以下のコー
 ナーで読者の皆さまからの投稿を募集しています。親子で楽しんでくださいね。

 ☆とるとるチャンネル☆
 毎回テーマにそった画像を読者のみなさんから募集し、紹介するコーナーです。
 ┌────────────≪今回のテーマ≫─────────────┐
 │             て ぶ く ろ              │
 └─────────────────────────────────┘
 さむ〜い時の必需品!あったか〜いてぶくろの写真をおくってください。

 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/torutoru/ 

 ☆おしえておとな☆
 子供たちの素朴でかわいい、時におませな質問に大人が答えるコーナーです。
 ┌─────────────≪子供の質問≫─────────────┐
 │   おとなの女の人は「おねえさん」って呼ぶとよろこぶので、   │
 │   いつも「おねえさん」って呼ぶようにしています。       │
 │   どうして「おばちゃん」って呼んじゃいけないんですか?    │
 │                 (投稿者:はな さん 小学6年生)│
 └─────────────────────────────────┘
 大人の皆さまからの回答をお待ちしてます。他人の子ですが親身にお願いします!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/osiete/ 


──────────────m───m────────────────────
     ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
───────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々な、まぐまぐ公式情報メールがあります。英語や懸
賞、競馬などなど、気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

     ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
     ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
     ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.htm 
     ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.htm 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【育児のまぐまぐ!】2004/12/28 号(毎週火曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして、『まぐまぐ!』内『出産・子育て』カテゴリの
 メールマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/ikuji.htm 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【育児のまぐまぐまぐ!は、転載, 複写, 塩辛とカラスミが好物, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Ikuji Mag2 ━

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ