公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2004年09月21日号

印刷用ページ
━ Ikuji Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 83,561部発行 ━

                       育児のまぐまぐ! 2004/09/21 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●出産費用支援NPOが無料電話相談受付中
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
 ●私のしかり口調をまねします
■絵本よんでっ!
 ●おすすめの一冊『かさぶたくん』
 ●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
 ●育自学!0〜3歳の子育てが変わる“保育力”の育み方
■うちの子劇場

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
───────────────────────────────────────
●出産費用支援NPOが無料電話相談受付中
☆ Yahoo!ニュース で詳細をチェック
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040916-00000015-mailo-l13 
思わぬ妊娠に驚き、悩んでいる女性へ出産費用の支援をしているNPO「円ブリオ基
金センター」が、24時間の無料電話相談「スマイルエンブリオほっとライン」を実施
中のようです。昨年は、出産費用相談の他、若年層やシングルマザー、子どもの父親
との問題を抱える人からの相談がよせられたようです。電話番号は詳細サイトにて↑

【ワンクリック☆アンケート】ところで、悩みを相談するならどっち!?
   みのもんた  に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921B01 
   細木 数子  に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921B02 
                  (あてはまるものをクリックしてください)

───────────────────────────────────────
◆◆ 先週のアンケート結果発表! ◆◆
     ≪お題≫ お宅の歯ブラシは?
            手動  --- 506 票(81.4%)
            電動  ---  94 票(15.1%)
            指!  ---  22 票( 3.5%)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
───────────────────────────────────────
我慢だけの子育てにさようなら!親子ともに癒されていく——そんな育児のあり方を
提案する、ぴっかり、こと萩原光さんのお悩み相談コーナーです。これまで、たくさ
んの親子を支援してきた専門家が、子育て中のお父さん、お母さんの悩みに答えます。


●私のしかり口調をまねします

┌────────────≪mahopyonさんからの相談≫───────────┐
              ◇3歳7ヶ月の女の子◇

 家族構成は両親と3歳7ヶ月の女の子です。相談内容は、娘がお友達と遊ぶ時
 に、私が娘にしかっている時のような話し方をすることです。

 例えば、友達が物の取り合いで泣き出したとします。すると、うちの娘は、
 「もう、ぐずぐず言うんやったら帰るよー」とか、「なんでも自分の思うとお
 りにならへんからって、泣いたらあかん」と言うのです。それもきつい言い方
 で言います。

 その子のお母さんは黙って見ているのですが、私はどうしていいかわからなく
 なります。その場で「そんな言い方したらダメよ」とは言うのですが、次の日
 一緒に遊ぶ時、また同じようなことを言ってしまうのです。

 私としては、どのように子供をしかればいいのか迷っています。大人が娘に対
 して話すように、娘がお友達に話すのはダメだと言っているのですが、娘には
 わからないのでしょうか?ちなみに、娘はおしゃべりが早く、2歳頃からよく
 しゃべっていました。今は大人並みにおしゃべりします。

└────────────────────────────────────┘


     ━━━━━━≪ぴっかりさんからのアドバイス≫━━━━━━

子どもって、良い面でも、悪い面でも、親の言動をマネしますね。実はこのことは、
子どもの成長の原動力になっているのです。トイレでおしっこをすることも、一人で
着替えることも、スプーンやフォークを使うことも、「ママやパパみたいに、かっこ
よくできるようになりたい!」という気持ちがあるからこそ、何度失敗しても挑戦し
ようとするのです。言葉だって、人とのつきあい方だって、親の様子を見て、「なる
ほど、そうすればいいのか!」と学んでいくのですね。

親としては、「良いところだけを学んで欲しい」と思ってしまいます。でも、「良い
ところ」だけを寄せ集めたような人間なんか、この世にはいません。長所もあれば欠
点もあるのが人間。もし欠点のない人間がいたとしたら、人間的な魅力が感じられな
い、ロボットみたいな感じでしょう。子どもは、ロボットになろうとしているのでは
なく、人間として成長しようとしているのですから、「悪いところもマネしてしまう」
のは、しかたがない面があるのでしょうね。

また、「立場によって態度を変えていく」ということは、この年齢ではまだ無理だと
思います。だとしたら、ご相談のようなケースでは、お母さんの叱り方を変えていく
しかないようですね。

子どもが、して欲しくないことをしたり、して欲しいことをしなかったりしたような
時、親としては何らかの対処をする必要があります。まずは、言葉で説明しますよね。
これだけで、「うん、わかった!」と納得してくれればいいのですが、子どもの場合、
なかなかそうもいかないことも多いです。ダダをこねたり、泣き出したり…。大人と
違って、子どもって、ずいぶん「わからず屋」に思えてしまいます。

でも、それは違うのです。なぜなら、子どもは大人と違い、まだ自我が未熟なので、
「言われていることがわかるけど、気持ちの整理がつかない」という状態になりやす
いのです。そんな時、子どもは、もてあましている自分の気持ちを親にぶつけてきま
す。それが、ぐずぐず言ったり、ダダをこねたり、泣いたりという行動の意味です。

そして、そんな形で、苦しい気持ちを親に受けとめてもらったあとは、お姉さん(お
兄さん)らしい理性が働きやすくなるのです。だから、「ぐずぐず言わずにガマンす
る」よりも、「ぐずぐず言いながらガマンする」ようにさせた方がよいのです。その
ほうが、長い目で見た場合、しっかりと理性が育っていくものですよ。

こんな接し方のコツがわかってくると、「この子は、私の言うことを納得していない!
もう、何度言ったらわかるの!」と焦ることも少なくなってきます。「グズグズ言っ
ているうちに、だんだん落ち着いてくるはず」と、しばらくお子さんに時間をあげる
だけでいいのですから。ぼちぼちでいいですから、ぜひ試してみてくださいね。


     ━━━━━━≪先週号のアドバイスへの補足≫━━━━━━

先週号の私の文章について、「“保育園より幼稚園が良い”という意見は、偏見だ」
というお叱りの意見を、複数の方から頂戴しました。そんなことを書いた覚えはない
ので、びっくりして読み返したところ、私の文章のつたなさゆえ、誤解を招いたのだ
と気づきました。

「集団参加や学習準備をうたい文句にしているタイプの園に入れることが、小学校へ
の準備に最適」という考え方が、一般的には多いように思われます。でも、「幼児期
に、のびのび過ごさせてあげることが最高の入学準備」という考え方もある、という
のが私の言いたかったことです。どちらが良い・悪いということはなく、どちらの考
え方を良しとするかは、その人の判断によると思うのです。ちなみに、うちの娘は2
人とも保育園育ちで、それでよかったと思っています。

そんなわけで、「保育園は劣っている」などと考えたことは、一度もありません。私
の文章力のなさゆえ、悲しい思いをされた方がいたこと、心よりお詫び申し上げます。


 ───────────☆ぴっかりさんプロフィール☆───────────
 本名は萩原光(はぎはらこう)氏。1956年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業。13
 年間の公立小学校教師経験の後、自宅で子育て相談室(シャローム共育相談室)
 を開き、多くの親子の立ち直りを支援してきた育児の専門家。自身のメルマガ、
 ホームページは子育て中のパパ、ママに大人気。現在、日本抱っこ法協会理事。
    メルマガ登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000052223.htm 
    ホームページはこちら→ http://homepage1.nifty.com/pikkari/ 
 ────────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■絵本よんでっ!
───────────────────────────────────────
絵本は子供の感受性や想像力、そして思いやりの心を育んでくれます。時には大人の
私たちが新しい発見をすることも。このコーナーでは、パパ&ママから寄せられたレ
ビューとともに、週替わりで対象年齢別おすすめの絵本を紹介してまいります。

●おすすめの一冊『かさぶたくん』
                  [対象年齢:4〜5歳(対象は目安です)]

○気になり出すと、無視できないやつ・・それが、かさぶたくんですよね。なぜ、か
さぶたを取らない方がいいか、こどもにはもちろん大人にも役に立つ内容が満載です。
子どもには、ケガがつきもの・・子どもにも出来る応急処置については、必見です。
(KURUMIさん 40代・ママ・山口県吉敷郡 女16歳、男14歳、男11歳、女9歳) 

○ケガってイタイ?コワイ?血って何で出るの?かさぶたって何?聞かれたら上手に
わかりやすく答えられますか、パパさん、ママさん。子供の知育だけでなく親の補助
もしてくれる、つよーい味方の本当の科学の本。字を見て、絵を見て「えっ」って思
うかもしれません。でもそれが楽しいのです。読みたくなります。子供も気になって、
自分から本を何度も開けるでしょう。絵だけでも「かさぶたが守っているんだ−」と
わかるようになっています。読めば言えます。知れば子供も安心できます。「思いっ
きり遊んでおいで。けがしても、血が出ても大丈夫だよ」 
         (ロジャーラビットさん 30代・パパ・兵庫県神戸市 女6歳)

--------------------------------------------------------↓絵本の詳細はこちら↓
◇かさぶたくん
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=ehon20040921 
とりたいなあ、とりたいなあ、かさぶたとりたいなあ・・・かさぶたって何でできて
いるのか。どうやってできるのか。身近な興味にしっかり答える科学絵本です。
[ 柳生 弦一郎 作・絵/ 本体価格:\838(税別)]

                 (協力:絵本ナビ http://www.ehonnavi.net/ )

───────────────────────────────────────
こんな布絵本、ご存知ですか?
こぐまのぬいぐるみが付いていて、お世話してあげることで子どもも生活習慣を学ぶ
ことができます。輸入品で、最高にキュートです。
「布絵本 おやすみこぐまちゃん」他、輸入布絵本そろってます。
>>> http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=ehon20040922 
───────────────────────────────────────
●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
絵本がきっかけとなった出来事や出会いなど、皆様から寄せられた絵本にまつわる
“ちょっといい”エピソードをご紹介いたします。絵本は読むだけじゃない!

         スパークさんからいただいた“ちょっといい”話
         ‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
私は小さい頃から絵本が大好きで、いつも母にせがんで読んでもらっていました。毎
日毎日読んでもらった絵本の数は、10冊はくだらなかったと思います。母は一度とし
て面倒がったり休んだりせず、毎日読み聞かせてくれました。私にも子供ができて、
本の読み聞かせをしているですが、連日、それも何冊も…となると、その大変さに辟
易。情緒を豊かにするといわれる読み聞かせ、母を見習って頑張りたいと思います。


【投稿募集中】子供の頃に絵本を読んでもらった思い出、何かの記念にプレゼント
 してもらった時のこと、大人になってお子様に絵本を読み聞かせて改めて感じた
 ことなど、絵本にまつわる“ちょっといい”エピソードをお寄せください。
   投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#ehon 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
───────────────────────────────────────
育児関連のメールマガジンの中から、1誌ピックアップしてご紹介いたします。

●育自学!0〜3歳の子育てが変わる“保育力”の育み方
http://www.mag2.com/m/0000125104.htm  毎週水曜日
★人生は3歳までにつくられる★は本当だった。子どもが短期間ではっきりと変わっ
た保育園の実践教育を満載し、3歳以降の子育てにも役立つ幼児教育の基礎を解説。
躾けのコツや子どもの気持ちを知る手がかりです。
(編)『叱り方』『テレビ観賞の可否』など親共通の悩みを解決するコラムが満載!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うちの子劇場
───────────────────────────────────────
◆◆ 先週の親バカさん第1位!◆◆

○5歳の息子は「ファインディング・ニモ」が大好き♪でも、オマケでもらったお風
呂で遊べるおもちゃのニモを、「イソギンチャクに隠れろ!」と言いながら、湯船で
ゆっくりしている私のオマタに突進させるのはやめてほしいのよ。
                         (ゆらゆらしていたけどね)

───────────────────────────────────────
お父さん、お母さんからお寄せいただいた、こども達の珍行動をご紹介するコーナー
です。最も親バカだ!という投稿には、ワンクリック投票してください♪(あかね)


○先日、私と6歳の息子と、天国って晴れてるのかな?と話していると、4歳の息子
が「のぼるおじいちゃんのとこは?」と聞いてきた。我が家には健治おじいちゃんし
かいないので、不信に思い知り合いかたずねると、「大きな古時計の、のぼるおじい
ちゃんだよ!」…ああ、そうか『天国への・ぼ・るおじいさん〜♪』か。(カナカナ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921Z01 

○4歳の頃、「お母さん、保育園でネズミーランドに行ったことないの、僕だけだよ」
と言っていた息子。8歳になった今、「松井秀喜野獣の館に行ってみたい」と言って
いる。ある意味どっちも間違ってないかも…。         (ごっちのママ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921Z02 

○ある朝、目が覚めたら息子(3歳)の姿が見当たらない…。家中探しても見当たら
ず、玄関を見たら鍵が開いている…。真っ青になって大声で我が子の名前を叫びなが
ら、外に探しに出た。すると隣のママが、「レン君ウチで朝ご飯食べてるよ♪」。今
度は真っ赤になってしまいました(汗)。             (レンパパ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921Z03 

○電車好きの息子。でも、園ではデカレンジャーが大流行なので、紙の剣や鉄砲を携
えて勇ましく登園!彼も園では戦闘に明け暮れる日々らしい。ある日の帰宅後、息子
がいつものように居間で寝転がりながら、電車を眺めてボソッとつぶやく。「これが
落ち着くんだよな〜」あんたも大変ね。                (きよ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921Z04 

○夏休みに実家に帰省し、墓参りに行った。3才の娘にとっては、線香を供え、手を
合わせるのは初めての経験。翌日、うずまき蚊取り線香に向かって手を合わせている
娘の姿があった。                        (ごまごま)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921Z05 

○初めてのバレエ舞台体験。娘の感想は「おしっこより気持ちいい」でした。とって
も快感だったのね。                     (あかりんまま)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921Z06 

○まだおっぱいを飲みながらじゃないと眠れない1歳2ヶ月の息子。先日おっぱいを
くわえたまま、よじ登ってこようとしたので、少し意地悪して登りづらくしてみたら
半逆立ち状態に。すると、鼻からポタポタッと…。鼻血かと思い、飛び起きたら母乳
だった。ほんとに焦った。                     (wakaba)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921Z07 

○算数がお得意の長男@6歳に問題を出しました。
私「大福が9個あります。パパとママとA君で分けるとどうなりますか?」
子「みんな1個ずつ。残りは明日の分」
私「全部分けたらどうなる?」
子「おなかが痛くなる」                       (MIYA)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40921Z08 


【投稿募集中】主演はお宅のお子さんです!我が子を襲ったショッキングな出来事!
 思いがけないお子さんの珍行動をお寄せください。ギュッとコンパクトサイズで♪
 投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#utinoko 

───────────────────────────────────────
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          「まぐまぐ!ジュニア」投稿募集中!
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小学生のためのメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」では、以下のコー
 ナーで読者の皆さまからの投稿を募集しています。親子で楽しんでくださいね。

 ☆とるとるチャンネル☆
 毎回テーマにそった画像を読者のみなさんから募集し、紹介するコーナーです。
 ┌────────────≪今回のテーマ≫─────────────┐
 │             ひらがなの「む」             │
 └─────────────────────────────────┘
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/torutoru/ 

 ☆おしえておとな☆
 子供たちの素朴でかわいい、時におませな質問に大人が答えるコーナーです。
 ┌─────────────≪子供の質問≫─────────────┐
 │ぼくの夢(ゆめ)は東大に入って、総理大臣(そうりだいじん)になるこ│
 │とです。そして、日本のためによいことをたくさんしたいです。どれくら│
 │い勉強をがんばったら東大に入れますか。総理大臣(そうりだいじん)に│
 │なるにはどうすればいいですか。 (投稿者:イノキ さん 小学6年生)│
 └─────────────────────────────────┘
 大人の皆さまからの回答を募集しています。よきアドバイスをお願い致します!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/osiete/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【育児のまぐまぐ!】2004/09/21号(毎週火曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして、『まぐまぐ!』内『出産・子育て』カテゴリの
 メールマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/ikuji.htm 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【育児のまぐまぐまぐ!は、転載, 複写, 安心毛布(風水的に黄色), 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Ikuji Mag2 ━

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ