公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2004年09月07日号

印刷用ページ
━ Ikuji Mag2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 83,323部発行 ━

                       育児のまぐまぐ! 2004/09/07 号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今回のもくじ
■まぐまぐニュース
 ●子どもへの地震の影響を調査
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
 ●息子をどう愛したらいいのかわかりません
■絵本よんでっ!【New!】
 ●おすすめの一冊『がたんごとんがたんごとん』
 ●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
 ●小学生・遥への手紙:骨太に生きる力を付けるために
■うちの子劇場

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース
───────────────────────────────────────
●子どもへの地震の影響を調査
☆神戸新聞ニュースで詳細をチェック
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/0907ke46940.html 
近畿地方などで地震が相次いだことを受け、阪神・淡路大震災の被災地にある小・中
学校に対し、兵庫県教育委員会は、フラッシュバックなどの症状を示した生徒がいな
いか調査することを決めたようです。幼少期に抱いた恐怖心は、大人になってからも、
根強く残るとききます。お宅は大丈夫ですか?ケアしてあげていますか?

【ワンクリック☆アンケート】恐怖といえば、お化け屋敷ではどんな感じですか?
 本気で怖がるタイプ  に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907B01 
 怖いけど強がるタイプ に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907B02 
 平気なタイプ     に一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907B03 
                  (あてはまるものをクリックしてください)

───────────────────────────────────────
◆◆ 先週のアンケート結果発表! ◆◆
  ≪お題≫お母さんに質問!
   出産を終えたお母さんへの“お祝い膳”のサービスどうですか?
   詳細  http://www.agara.co.jp/DAILY/20040826/20040826_006.html 
           ぜひ受けたい --- 422 票(66.3%)
          どちらでもよい --- 113 票(17.8%)
            むしろ困る --- 101 票(15.9%)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ぴっかりさんの『すくすく道場』
───────────────────────────────────────
我慢だけの子育てにさようなら!親子ともに癒されていく——そんな育児のあり方を
提案する、ぴっかり、こと萩原光さんのお悩み相談コーナーです。これまで、たくさ
んの親子を支援してきた専門家が、子育て中のお父さん、お母さんの悩みに答えます。


●息子をどう愛したらいいのかわかりません

┌───────────≪kumakumaさんからの相談≫────────────┐
             ◇2歳0ヶ月の男の子◇

 はじめまして。2歳になったばかりの息子とパパと3人暮らしです。私自身、
 祖母の元で育てられ、父母の愛情を知らずに育ったせいか、息子をどう愛した
 らよいか分からないことが多いです。

 息子は、二人きりの時は甘えてきますが、パパがいると、パパばかり。眠ると
 きは、向きを変えても、必ず私に背を向けてしまいます。抱っこをせがむくせ
 に、抱っこをすると嫌がります。ずっと嫌われているような気がして、泣かれ
 ると、正直イヤになって、冷たく当たってしまいます。

 時には、手が出たり、罵声を浴びせてしまったりすることも。本当に息子のこ
 とが嫌いだと思ってしまうことも時々あります。でも、寝顔を見ていると、か
 けがえのないものにも感じられます。

 私は父母に捨てられました。そのことから、私には子どもを愛することができ
 ないと自分で思いこんでいるのでしょうか。それとも、本当に愛せないのでしょ
 うか。息子がかわいそうです。どうしたらよいのでしょうか。助けて下さい。

└────────────────────────────────────┘


     ━━━━━━≪ぴっかりさんからのアドバイス≫━━━━━━

子育てを始めると、親自身の幼い頃から抱えてきた苦しい気持ちが、再燃してしまう
ことがあります。私たちの心の中には、理性という“大人の私”と、感情という“小
さな子どもの私”、2人の私が住んでいると考えると分かりやすいでしょう。だれし
も子育てを始めると、“小さな子どもの私”が抱えてきた寂しさ・苦しさなどが、長
い時を経て、再び浮き上がってきてしまう傾向があります。

わが子の気持ちを受けとめようとする時、「ずっと黙ってガマンしてきた私の言い分
を、先に聞いてよ!」と、“小さな子どもの私”が主張し始めるからです。近年、イ
ンナーチャイルドやトラウマに関する本がたくさん出版され、こういった心のメカニ
ズムが注目されるようになってきました。

こうしたことに気づき、「私は寂しい気持ちを抱えながらも、一生懸命やってきたの
だ!」「私が苦しんできたのは、私自身のせいではなかったのだ!」と心が解放され
ると、生きていく元気を取り戻すことができます。親から愛されなかったという寂し
さを知っているからこそ、家族というもののありがたさ、かけがえのなさが身にしみ
て感じられる。そういう人もたくさんいるのです。

過去を振り返ることによって、過去からのしがらみから自由になり、現実と向き合う
力が出てくるのだったら、過去を振り返る価値はありそうですね。

でも逆に、親から愛情を受けずに育った人は、わが子を愛することができない、親か
ら虐待を受けた人は、自分の子どもを虐待してしまう…ということも。過去を振り返
ることによって、よけいに過去に縛られ、現実を生きていく元気が失われていくのな
ら、過去にはサヨナラする必要があります。

あなたにとって大切なのは、今の生き方を充実させていくこと、未来に向かって歩ん
でいくことなのです。いつまでも、過去の奴隷になっている必要はありません。そし
て、今のあなたには、それが可能なのです。

お母さんになつかない子って、意外にも、とっても“お母さん思い”。お母さんがス
トレスでいっぱいだと、「手をわずらわしてしまうのは悪い」と、お母さんに遠慮し
てしまうことがあるのです。そんな時は、「子どもを愛してあげなくっちゃ」と焦る
より、「子どもに甘えさせてもらう」つもりでいると、親子関係のギクシャクが不思
議と解消されていくものですよ。

父母の愛情を知らずに育ったというあなたの生い立ちは、“欠点のある生い立ち”な
どではありません。逆境にもかかわらず、ここまで一生懸命にやってきた、生き抜い
てきたということは、むしろ誇るべきこと。あきらめないでやってきた“栄光の歴史”
として、どうぞ胸を張って歩んでいってくださいね。


 ───────────☆ぴっかりさんプロフィール☆───────────
 本名は萩原光(はぎはらこう)氏。1956年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業。13
 年間の公立小学校教師経験の後、自宅で子育て相談室(シャローム共育相談室)
 を開き、多くの親子の立ち直りを支援してきた育児の専門家。自身のメルマガ、
 ホームページは子育て中のパパ、ママに大人気。現在、日本抱っこ法協会理事。
 メルマガ登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000052223.htm 
 ホームページはこちら→ http://homepage1.nifty.com/pikkari/ 
 ────────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■絵本よんでっ!
───────────────────────────────────────
絵本は子供の感受性や想像力、そして思いやりの心を育んでくれます。時には大人の
私たちが新しい発見をすることも。このコーナーでは、パパ&ママから寄せられたレ
ビューとともに、週替わりで対象年齢別おすすめの絵本を紹介してまいります。

●おすすめの一冊『がたんごとんがたんごとん』
                  [対象年齢:0〜1歳(対象は目安です)]

○汽車が「がたんごとん がたんごとん」といろんなものをのせていくという、とて
もシンプルな絵本ですが、まだ言葉もしゃべらない赤ちゃんを、とても惹きつける何
かをもっているらしいのです。「これよんで」と言わんばかりにこの絵本を私に渡し
ます。読み進めていくと、ニコニコして見ています。
             (ぱん子さん 30代・ママ・神奈川県川崎市 男1歳)

○単純なお話ですが、息子は大好き。本棚に見あたらないと「がたんごとん〜!」と
探して怒っています。1歳半頃から読み始め、2歳になった今でも時々思い出したよ
うに持ってきて、読めとせがんできます。「がたんごとん」のところで、体を左右に
揺らしながら聞くのがお気に入り。まるで自分が乗っているかのような気持ちになっ
ているのでしょうね。「りんご」「すぷーん」など、出てくるものも身近なものばか
りで、「あったね」と言いながら見ています。小さいうちからお勧めできる一冊です。 
              (ミニーさん 30代・ママ・愛知県江南市 男2歳)

--------------------------------------------------------↓絵本の詳細はこちら↓
◇がたんごとんがたんごとん
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=ehon20040907 
汽車が進んでいきます。「がたんごとん、がたんごとん」。哺乳瓶がいます。「のせ
てくださーい」。哺乳瓶が汽車に乗ります。続いてコップ、スプーン、リンゴ、バナ
ナ…ネコとネズミまで乗ります。「しゅうてんでーす。みんなおりてくださーい」
[ 安西水丸 作・絵 / 本体価格:\700(税別)]

                 (協力:絵本ナビ http://www.ehonnavi.net/ )

───────────────────────────────────────
■絵本ナビからのお知らせ■
絵本ナビShopが本日リニューアルオープン。絵本ナビが厳選した宝物の絵本に加え、
はらぺこあおむし、マドレーヌ、リサとガスパール、バムとケロなどのグッズが満載
先着順にプレゼント実施中!あの人気絵本のトランプがもらえちゃうんです。
数に限りあります。今すぐ! http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=ehon20040908 
───────────────────────────────────────
●絵本ノチカラ〜みんなの投稿コーナー
絵本がきっかけとなった出来事や出会いなど、皆様から寄せられた絵本にまつわる
“ちょっといい”エピソードをご紹介いたします。絵本は読むだけじゃない!

       かまどぅさんからいただいた“ちょっといい”話
       ‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
幼稚園の頃、亡くなった祖父に買ってもらった絵本があります。祖父は私が小学1年
の時に亡くなったので、それが祖父に買ってもらった最後のプレゼントになります。
27年たった今、私の息子がその絵本に夢中です。夜寝る前に読み聞かせをしています
が、読みながら、祖父に買ってもらった時の光景が鮮やかによみがえってきます。な
んだか時空をこえて、幸せを運んでもらっているようです。     (かまどぅ)


【投稿募集中】子供の頃に絵本を読んでもらった思い出、何かの記念にプレゼント
 してもらった時のこと、大人になってお子様に絵本を読み聞かせて改めて感じた
 ことなど、絵本にまつわる“ちょっといい”エピソードをお寄せください。
   投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#ehon 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆育児関連メルマガ情報
───────────────────────────────────────
育児関連のメールマガジンの中から、1誌ピックアップしてご紹介いたします。

●小学生・遥への手紙:骨太に生きる力を付けるために
http://www.mag2.com/m/0000136888.htm  日刊
95年生まれの娘と娘の同年代の子供たちへのメッセージです。骨太に生きる力をつけ
ていって欲しい、そう願いながら毎日書いています。
(編)「何て言い聞かせたら良いか分からない」困った時、迷った時の参考にどうぞ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うちの子劇場
───────────────────────────────────────
◆◆ 先週の親バカさん第1位!◆◆

○4歳の娘がお風呂でうとうとしていたので、急いで洗って出さなきゃ!と、私の前
に座らせ、頭をガーッと洗ってました。娘が「いたいいたい!」と言うので、「痛く
ないよ!急いで洗ってるからちょっと我慢!」が、娘はなおも「いたい!」。
         「顔に石鹸もついてないよ!何が痛いの!」
         「おかあさんのあし!ちくちくいたい!!」
すね毛が中途半端に伸びた私の足が凶器だったとは…。  (ぼぼぼーぼぼーぼ子)

───────────────────────────────────────
お父さん、お母さんからお寄せいただいた、こども達の珍行動をご紹介するコーナー
です。最も親バカだ!という投稿には、ワンクリック投票してください♪(あかね)


○2歳半の娘とペットショップへ行ったときのこと。出目金を見て『あっ!金魚さん
腫れてる!!』と心配そうに水槽を覗き込んでいました。      (ぱおくん)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907Z01 

○ある日息子がお姉ちゃんのヘアバンドをつけてニコニコしていた。「かわいいね〜」
とお世辞を言う私。そこで娘(5歳)も、「かわいい〜。息子のお嫁さんみたい〜」。
後で聞いたら、絵本に出てくる「おやゆび姫」のカエルのセリフを覚えていて、誉め
言葉と勘違いしていたらしい。                 (ゆきりゅう)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907Z02 

○3歳になる娘がリモコンを指差して『ママ、どうしてここに“おしっこ”と“うん
ち”ってかいてあるの?』と聞くので見てみると、音量の『大』と『小』でした。大
爆笑しました。子供の観察力にはびっくりです。           (みゆう)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907Z03 

○ある日の夜のこと。寝室から7歳になる息子が「ママー!何してるのー?早く寝る
よー」。ホームベーカリーで翌日のパンの仕込みをしていた私は、「今、パン作って
るのー。先に寝ててー」とこたえました。すると息子は「えー!ママ、パンツ食って
るんだってー!」と4歳の妹に報告していました。          (ソニア)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907Z04 

○2週間遅れて帰省した主人にベッタリの4歳の息子。「なんでそんなにおとうさん
にくっついてくれるの?久しぶりに会えて嬉しい?」と上機嫌の主人に、「だって、
おかあさんは用事してて、ばぁばはトイレで、じぃじはパソコンで、ねぇねはしんど
くて寝てるから…」。              (ヒマなのはおとうさんだけ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907Z05 

○散歩中、買い物中、ところかまわず大声で歌うのが大好きな2歳3ヶ月の息子。今
のお気に入りは覚えたばかりの「おもちゃのちゃちゃちゃ」の1フレーズ。得意な様
子で「お・と・な・のおもちゃのちゃっちゃっちゃ!」直そうとするとさらに大きな
声で歌う彼…母赤面。               (おどるおもちゃでしょっ)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907Z06 

○風邪をひいてお腹をこわした1歳の娘。薬を飲ませたいがそのままでは飲んでくれ
ない。何かに混ぜよう!と大好きなヨーグルトに混ぜて食べさせてみた…が、ふと、
「下痢止めをヨーグルトに混ぜて薬の効果は出るのか?」という疑問でスプーンが止
まってしまった。が、他に思いつかないのでそのまま食べさせている。  (ぺん)
 ◇これに一票→ http://cgi.mag2.com/cgi-bin/wmn?id=40907Z07 


【投稿募集中】主演はお宅のお子さんです!我が子を襲ったショッキングな出来事!
 思いがけないお子さんの珍行動をお寄せください。ギュッとコンパクトサイズで♪
 投稿はこちら⇒ http://www.mag2.com/wmag/ikuji/toukou.htm#utinoko 


───────────────────────────────────────
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         「まぐまぐ!ジュニア」投稿募集中!
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小学生のためのメールマガジンサイト「まぐまぐ!ジュニア」では、以下のコー
 ナーで読者の皆さまからの投稿を募集しています。親子で楽しんでくださいね。

 ☆とるとるチャンネル☆
 毎回テーマにそった画像を読者のみなさんから募集し、紹介するコーナーです。
 ┌────────────≪今回のテーマ≫─────────────┐
 │              か ば ん               │
 └─────────────────────────────────┘
 お父さん、お母さんのかばんも大歓迎!使い古された味のあるもの待ってるよ!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/torutoru/ 

 ☆おしえておとな☆
 子供たちの素朴でかわいい、時におませな質問に大人が答えるコーナーです。
 ┌─────────────≪子供の質問≫─────────────┐
 │運動会がいやです。100メートル走があると思うと学校に行くのがいや│
 │になります。足が速くなる方法はありますか。運動会が好きになる方法は│
 │ありますか。騎馬戦と組み立て体操は好きです。           │
 │                 (投稿者:みや さん 小学6年生)│
 └─────────────────────────────────┘
 大人の皆さまからの回答を募集しています。よきアドバイスをお願い致します!
 投稿はこちらから→ http://jr.mag2.com/osiete/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【育児のまぐまぐ!】2004/09/07号(毎週火曜日発行)
 まぐまぐ公式情報メールとして、『まぐまぐ!』内『出産・子育て』カテゴリの
 メールマガジンを登録中の方、ご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 配信中止はこちらから→ http://www.mag2.com/wmag/ikuji.htm 

発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告配信:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
      広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
【育児のまぐまぐまぐ!は、転載, 複写, 似てない似顔絵, 大歓迎です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Ikuji Mag2 ━

育児のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ