公式メルマガバックナンバー

まぐまぐオフィシャルメールマガジン、公式情報メールのバックナンバーを全て集めました!

車のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)

規約に同意して 登録 解除

2007年12月27日号

印刷用ページ
━ CarLife Mag2  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  248,595 部発行 ━

                    車のまぐまぐ!増刊号 2007/12/27
                          http://car.mag2.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□目次
■まぐまぐニュース1620KHz
■『カーライフ駆け込み寺』メンテナンス特集!
 ●暖機運転って必要なの? 冷却水って減るの?ほか
■バイク買取相場ランキング(11/1〜11/30調べ)
■ニューモデルはどんな乗り心地?新車試乗レポート
 ●ホンダ「フィット」ボルボ「XC70」ほか
■要チェック!新車&モデルチェンジ情報
 ●ホンダ「インスパイア」ほか
■『車のまぐまぐ!』カーライフお役立ち情報
■おすすめ☆モーターライフ充実の新着メルマガをご紹介!
■あなたの愛車は大丈夫?12月のリコール情報
 ●クラウン、マークX、レクサスIS、GSほか
■日本最大級!月極駐車場検索サイト『パ王』
■スタッフ今日の物置代わり


=====================================================================
    まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
       無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。
=====================================================================


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐニュース1620KHz
────────────────────────────────────
まぐまぐのコジマンです。今年の手帳もほぼ真っ白のまま終わりました。はじ
めは予定が埋まるのが嬉しくて、携帯にも手帳にも予定を記録するのですが、
1月中旬には飽きて手帳を使わなくなるんです。そもそもそんなに予定もない
んですけどね。もちろん今年の手帳も買いました。今のところ予定は2つ…。

さて、今回は増刊号でお送りしています!ちょっとだけ気になる車のニュース、
皆さんのあらゆる疑問にお答えする「カーライフ駆け込み寺」のメンテナンス
特集、話題のクルマを紹介する「新車試乗レポート」などなど、みなさんに役
立つ情報をギュギュッとまとめてお届けいたします。ぜひぜひご覧ください♪


【くるまぐ!トップニュース】…………………………………………………………
●日産セレナのPRにガチャピン&ムック(Fuji Sankei Business iより)
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200712200035a.nwc 
(編)新型セレナの「特別宣伝部員」に、ポンキッキでお馴染みのガチャピン
とムックが就任したようです。ガチャピン色のセレナ、かわいいです。

●痛車(いたしゃ)ブームはプラモにも波及!(ギズモードジャパンより)
http://www.gizmodo.jp/2007/12/go.html 
(編)RX−7「涼宮ハルヒの憂鬱」バージョンのプラモが発売されました。
オタクだけれども自分の車をペイントするのは…という方にはおススメです。

●「ボケ防止のため」100歳の男が無免許運転で逮捕(レスポンスより)
http://response.jp/issue/2007/1219/article103415_1.html 
(編)宮城県で100歳の無免許男が接触事故を起こし、現行犯逮捕されました。
100歳で車を運転というのはスゴイですが、無免許はいけません。

●ハミルトンが速度違反で免停処分に(ロイターより)
http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-29423520071219 
(編)F1参戦1年目でいきなり4勝を挙げたスーパールーキー・ハミルトン
選手。コース外でも勢い余って飛ばしてしまったようです。

●消防車からガソリン盗んだ少年2人が逮捕(レスポンスより)
http://response.jp/issue/2007/1219/article103417_1.html 
(編)盗んだ量は、およそ300リットル!ガソリンが高くて買えないから盗ん
だのだとか。最近の価格高騰は、こんな事件も引き起こしているようです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『カーライフ駆け込み寺』メンテナンス特集!
────────────────────────────────────
クルマを極めた4人の達人が、ありとあらゆる悩みにお答えするこのコーナー。
今回はメンテナンスの達人miyaDさんが、今までに皆さんから寄せられた疑問
や質問に、まとめてお答えしちゃいます!


【暖機運転って必要なの?】
僕は必ずエンジンスイッチをONにしてから、最低30秒は暖機運転をしていま
す。ちなみに車は、平成16年製のスイフトに乗っています。最近の車は、暖機
をする必要があるのでしょうか?以前は「AE86」という旧車に乗っていたので
そうしていましたけど、新しい車では不要なのでしょうか?教えて下さい。
                               (Macky)

【miyaDさんが答える!】
機械的には、暖機運転はしたほうが良いです。これは間違いありません。25年
前の車であっても、現在の新車であっても変わりません。ですが、環境問題を
考えたときに、機械的に最善の方法を選ぶことが必ずしも許されなくなってき
ていることも事実です。

ヨーロッパ車の取扱説明書には明確に「エンジンを始動したらすぐに走り出す
ように」と書かれているものもあります。もちろん「水温が上昇するまでは丁
寧な運転を心がけるように」ということも書かれています。

自動車生産の現場では昔に比べるとはるかに加工精度が上がり、巷では慣らし
運転は不要みたいなことも言われていますね。しかし機械である以上、慣らし
もしたほうが良いに決まっています。

それと同じように暖機運転も、機械的にはしたほうが良いのは間違いありませ
ん。ですが、宇宙船地球号の一員としては環境負荷に対しても思いをはせて、
環境対策先進国のマニュアルに習い「エンジンをかけたらすぐに走り出す」
「水温が上昇して暖機が済むまでは、格段にやさしい運転を心がける」という
のが良いのではなかろうかと考えています。

------------------------------------------------------------------------
【白い排気が出るのですが…?】
インプレッサに乗っています。走行距離は28万kmを超えていて、オイル上がり
で白い排気が出ます。オーバーホールの費用はどのくらいかかりますか?
                               (camel)

【miyaDさんが答える!】
原因は「オイル上がり」とお考えのようですが、どのような根拠からでしょう?
白い排気ガスが出るということから、オイルが燃えて出ているのは間違いない
と思います。しかし原因については、ピストンリングのヘタリによってオイル
をかき落とせないために起こる「オイル上がり」なのか、バルブステムシール
の硬化によりオイルが燃焼室に入り込む「オイル下がり」なのか、慎重に判断
する必要があります。

経験上、「オイル下がり」の方が確率が高そうです。確認するには、5分程度
アイドリングの後レーシング(空ぶかし)をしてみてください。最初は真っ白
だった排気ガスがだんだん薄くなり、最終的にほとんど白くなくなるようであ
れば、それは「オイル下がり」です。「オイル上がり」の場合は、排気ガスが
白いままであまり薄くなりません。

修理費用に関しては、気筒数やバルブ数、修理方法によって大幅に変わります。
原因追求も含めて、お近くの正規ディーラーにお問い合わせいただく方が正確
かと思います。

------------------------------------------------------------------------
【原因がわからないことってあるの?】
エンジンのかかりが悪くなってきました。セルを回す前に1、2回アクセルを
踏まないと、一発でかからないのです。そこで、メーカーの整備士さんに見て
もらったのですが、どこが悪いのか特定できませんと言われてしまいました。
そんなことってあるのでしょうか。          (10年目の不具合)

【miyaDさんが答える!】
実際に車の整備に携わっていると、非常に多くのトラブルを目にします。それ
に対してメカニックは、自分の頭の中から考えられる原因を選び出し、その原
因が確かに目の前のトラブルを発生させているのか、ということを確認してい
きます。これがいわゆる、トラブルシューティングと呼ばれる作業です。

修理の流れは、
トラブルの確認 → 原因の把握 → 原因に対する対処
というように進みます。

今回ご質問のエンジン始動時に「セルを回しても1、2回アクセルを踏まない
と一発でかからない」という症状の場合、原因はかなり色々と考えられます。
あくまでもざっとですが、ぱっと頭に思い浮かぶだけで10項目以上です。燃料
系が4つ、点火系が3つ、吸気系が2つ、排気系が2つ、その他の部分で1つ
ほど、原因になりそうなことが思いつきました。

どれも頭の引き出しから出てきただけで、それらのうち可能性の高そうなもの
から順番に確認していって原因を特定するという作業が必要になります。その
前段階でユーザーに説明するとなると、「現段階では原因が特定できません」
となってしまいます。プロメカニックの場合、言葉に責任が伴いますので、軽
はずみな発言は出来ないということも理解してあげてください。

------------------------------------------------------------------------
【冷却水って減るの?注ぎ足せば問題ない?】
車の冷却液の減少についてお尋ねします。これまで3台の新車に乗りましたが、
いずれの車種も冷却水が減ってきます。BMWの場合は2度アラームが出て、
かなりの水を補充しました。ディーラーの話では、車には何の問題もないし、
水が減ることはない、と言います。しかし、現実に減っています。マニュアル
を見ると減った場合には注ぎ足すように指定されているので、実際には減るの
ではないでしょうか?ラジエータは密封されているので、理論的には減ること
はないはずとも思います…。冷却水は減るものでしょうか?また、減っても注
ぎ足せば問題ありませんか?                  (岸本)

【miyaDさんが答える!】
基本的に「冷却水は減らないもの」とお考え頂いて間違いありません。減ると
いうことは、何かしら原因があって、どこかから漏れていると判断すべきです。

エンジンとラジエターは2本のホースで結ばれていて、冷却水はその中を一方
通行で循環しています。現在の車では、その循環経路の途中にサブタンクを持
たせているものがほとんどです。オーバーヒート気味になったり冷却水の流れ
がスムーズでなくなったりすると、このサブタンクから冷却水がオーバーフロー
(外へ排出される)します。走行中にオーバーフローすると、気づかないうち
に冷却水が減るということになります。

点検をしても漏れている箇所が見つからないという場合は、まずこの現象を疑
います。マニュアルには減ったときの補充方法が記載されていますが、あくま
でもきちんとした濃度の冷却水を補充しないことによる、2次トラブル防止の
ためのものとお考えください。

ですので、減った分を注ぎ足すのはあくまでも対処療法であり、問題解決のた
めのアプローチは依然として必要です。再度正規ディーラーにご相談されるの
がよろしいかと思います。

------------------------------------------------------------------------
【エンジンオイル添加剤の効果は?】
エンジンのパワーに不満があるわけでは無いのですが、エンジンオイルに添加
剤を入れてみようかと思っています。カーショップに行くと色々なオイル添加
剤が売られていますが、本当に効果はあるのでしょうか?ちなみにターボエン
ジンでオイルは3,500km、または6ヶ月で交換しています。  (love gori)

【miyaDさんが答える!】
オイル添加剤は玉石混交です。これほど本物とニセモノが普通に並んで販売さ
れている商品も少ないですね。 ここで銘柄をお出しするわけにはいきません
ので一般論となりますが、

・添加されている溶剤がエンジンに悪影響を及ぼすもの
・毒にも薬にもならないもの
・効果はあるがわずかなもの
・効果の持続期間が短いもの
・期待通り(商品説明どおり)の効果を発揮するもの

などがあります。

価格もエンジンオイル4リットルに添加する場合で、安いもので1,000円以下、
高いものになると2万円超のものまであります。購入する場合、目的を明確に
するのがよろしいかと思います。

たとえば現在うちで取り扱っている添加剤は、安いけれどもちょっとだけ効果
のあるものと、高いけれども他のものではまねの出来ない性能を発揮するもの
だけです。中間の層のものは、テストするのも面倒ですので取り扱いをやめて
しまいました。

豊富な品数を誇るショップの多くは、自分で商品をテストせず販売していたり 
します。問屋さんの営業マンのセールストークと仕切り価格を元に、良いもの 
も悪いものも同じように並べていたりするんですよね。 

現在のメンテナンスが「ターボエンジンでオイルは3,500km、または6ヶ月で
交換」というように行き届いている場合、安いタイプの添加剤はそもそも意味
がないような気がします。

レースのサポートをやっているようなショップで、きちんとデータの取れてい
る製品や車好きな店員さんが自分で使っている製品を紹介してもらうと間違い
が少ないですね。


【メンテナンスの達人miyaDさんのメルマガ】
◎プロが教える=自分で出来るクルマのメンテ
http://www.mag2.com/m/0000167045.html  週刊

         「洗車」「運転マナー」「交通規則」の悩みにもお答え中!
              『カーライフ駆け込み寺』ウェブサイトはこちら
                     http://car.mag2.com/kakekomi/ 

【お悩み募集中】クルマについての「?」を達人たちにぶつけてみませんか?
 素朴な疑問もディープな質問も大歓迎!皆さんの投稿をお待ちしています。
 質問はこちら!⇒ http://www.mag2.com/wmag/car/#kakekomi 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■バイク買取相場ランキング(11/1〜11/30調べ)     [提供:バイク王]
────────────────────────────────────
モデルチェンジや季節などで相場が大きく変動するバイク。流行を知って、賢
く乗り換えましょう。買取額の高い人気車種をランキング形式で紹介します。

●第3位【YAMAHA】マジェスティ250
現在の相場:\390,000 〜 \450,000
カスタムテイスト溢れるディティールと余裕のある走行性能、流麗なフォルム
と堅実なスペックで、デビュー以来、多くの若者を魅了しているベストセラー
ビッグスクーターです。

●第2位【YAMAHA】ドラッグスタークラシック400
現在の相場:\420,000 〜 \480,000
ロー&ロングボディにクラス唯一の70度空冷Vツインを搭載し、優れた操縦安
定性と心地良い乗り心地が調和。街中での取り回し性、ロングツーリングでの
快適性を追及したバイクです。

●第1位【HONDA】CB1300SFV
現在の相場:\750,000 〜 \800,000
CB1300ボルドールは、HONDAネイキッドのフラッグシップモデルで、エンジン
は水冷4ストロークDOHC直列4気筒1,300ccを搭載したスペシャルモデルです。

※実際の買取価格は車両状態によって異なる場合がございます。

     ≪写真付きの詳細はコチラ≫ → http://car.mag2.com/bikepickup/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ニューモデルはどんな乗り心地?新車試乗レポート[提供:オートバイテル]
────────────────────────────────────
新型車やモデルチェンジした車をモータージャーナリストがテストドライブ。
乗り心地はもちろん、室内空間の快適性やスペックなども詳しく解説します。


◎ホンダ フィット【2代目フィットは初代を超えるか】

生みの親であるホンダ自らの予想すらを超えるヒット作となった初代フィット。
日本はもちろん世界中で愛され、結果すでに200万台以上の世界セールスを達成
したこのモデルがついに初めてのフルモデルチェンジを行った。

<続きはコチラ>
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=carmag_fis 
<フィットの新車見積りはコチラ>
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=carmag_fi 

------------------------------------------------------------------------
◎ボルボ XC70【プラットフォームの変更が進化の証】

近年、ドイツ列強をはじめとするプレミアムブランド各社は、以前にも増して
ラインアップを拡充するなどして勢力を拡大しているが、ボルボもその良い流
れに上手く乗ったブランドのひとつといえる。

<続きはコチラ>
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=carmag_xc70s 
<XC70の新車見積りはコチラ>
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=carmag_xc70 

------------------------------------------------------------------------
◎ミニ クーパーS クラブマン【最小のサイズで最大の室内空間】

最小のサイズで最大の室内空間。そんな理詰めのパッケージングが後に機能美
として賞賛され、1950年代末の発売以来40年以上に渡って発売されてきた“ク
ラシック・ミニ”。一方、英国自動車産業の歴史の一端を表すそうしたモデル
のエクステリア/インテリア・デザインを“アイコン”として採り入れ、かの
ドイツBMW社のプロデュースによって現代に生まれ変わったのが、今も販売
が続く“ニュー・ミニ”だ。

<続きはコチラ>
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=carmag_minis 
<クーパーSの新車見積りはコチラ>
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=carmag_mini 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■要チェック!新車&モデルチェンジ情報        [提供:ガリバー]
────────────────────────────────────
今月発売された新型車、モデルチェンジした車をおさらいしておきましょう。

●5代目 「ホンダNEWインスパイア」デビュー
先の東京モーターショーで参考出品されたホンダの上級セダン「インスパイア」
がいよいよ正式に発売となった。当モデルで5代目となる新型は、ホンダの最
上級モデル「レジェンド」に迫るV6 3.5リッターエンジンに拡大。レギュラー
ガソリン仕様ながら最高出力280psを実現。
http://car.mag2.com/carnews/carnews20071225.html 

●「マセラティ クアトロポルテ スポーツGT S」を発表
マセラティの日本総代理店コーンズは、マセラティ究極のフラッグシップスポー
ツカー「マセラティ クアトロポルテ スポーツGTS」を発表する。同車は、
今年9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアを飾り、日本上
陸が待ち望まれていた。
http://car.mag2.com/carnews/carnews20071130.html 

≪新車関連情報はコチラ≫
http://car.mag2.com/shinsha_info/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『車のまぐまぐ!』カーライフお役立ち情報
────────────────────────────────────
「自分の愛車は今いくらで売れるの?」「自動車保険って何を選べばいいの?」
「サービスの良い車検ってないのかな?」などなど車に関する疑問やお悩みは
こちらで解決!あなたにぴったりの答えが見つかるはずです。

【愛車査定】あなたの愛車、今いくら?約3分の簡単な入力でわかります!
http://car.mag2.com/satei.html 

【マイカー『売り時』チェックテスト】今の愛車が高く売れる可能性を診断
http://car.mag2.com/check/ 

【カーライフカード】ガソリン代やETCが割引に!お得な特典が満載です
http://car.mag2.com/carlifecard/ 

【中古車探し】全国約4000台の在庫から、あなたにぴったりの車が探せます
http://car.mag2.com/usedcar.html 

【自動車保険】最大11社を無料で比較!ご希望の自動車保険が見つかります
http://car.mag2.com/hoken.html 

【車検見積もり】最大30件まで一括見積もり!サービス内容も調べられます
http://car.mag2.com/syaken.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ☆モーターライフ充実の新着メルマガをご紹介!
────────────────────────────────────
クルマ・バイクのある生活をもっと賢く、楽しく送るためのテク満載の、新着
メールマガジンをご紹介!たくさん読んで、お気に入りを見つけてください♪

………………………………………………………………………………【 クルマ 】
●中古車を上手に買う・乗る・売る方法
http://www.mag2.com/m/0000254083.html  週刊
現役の中古車バイヤーである筆者が、中古車をいかに上手に買うか、また購入
ごのカーライフを快適に過ごす方法、そしていつか車を手放すときにいかに高
く引き取ってもらえるか・・・この三点をマガジンでアドバイスいたします。

●車はまだ買うな!
http://www.mag2.com/m/0000253547.html  不定期
車の購入を考えている方へ。まだ車を安易に購入してはいけません。車は本当
に高額なお買い物です。安くて良いものを購入するのが当たり前なんです。そ
んなあなたにこの情報は必要不可欠ですよ。読まないと超高値で買わされちゃ
います。

●トラックショップジェット通信
http://www.mag2.com/m/0000253616.html  不定期
トラックショップジェットの新商品情報・入荷情報・イベント情報など、お得
な情報をお知らせいたします。

●徒然ドライブ日記  《HTML形式》
http://www.mag2.com/m/0000253823.html  不定期
私がドライブに行った写真や出来事をダラダラ書いたメルマガです。至らない
ところもありますがどうぞよろしく。

      ☆★  もっと車・バイクのメルマガが読みたい方はコチラ!  ★☆
                  ≫≫ http://www.mag2.com/j/car/ ≪≪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アナタの愛車は大丈夫?12月のリコール情報
────────────────────────────────────
各自動車メーカーから12月に発表されたリコール情報をお知らせします。

●クルマ……………………………………………………………………………………
トヨタ(クラウン、マークX)、レクサス(GS350、IS250、IS350)
  対象台数215,020台 危険度:★★★☆☆
http://car.mag2.com/recall.html 

マツダ(アクセラ)
  対象台数46,126台 危険度:★★★☆☆
http://car.mag2.com/re_mazda.html 

スズキ(エスクード)
  対象台数330台 危険度:★★★☆☆
http://car.mag2.com/re_suzuki.html 

メルセデス・ベンツ(Eクラス、CLSクラス他)
  対象台数64,550台 危険度:★★★★☆
http://car.mag2.com/re_abroad.html 

ホンダ(レジェンド)
  対象台数8,657台 危険度:★★★★☆
http://car.mag2.com/re_honda.html 

スズキ(ワゴンR)、マツダ(AZ−ワゴン、デミオ、プレマシー)
  対象台数8,518台 危険度:★★★★☆
http://car.mag2.com/re_suzuki.html 

三菱(アウトランダー)
  対象台数10,123台 危険度:★★☆☆☆
http://car.mag2.com/re_mitsubishi.html 

クライスラー(ジープ・グランドチェロキー/コマンダー/ラングラー)
ダッジ(ナイトロ)
  対象台数1,389台 危険度:★★★☆☆
http://car.mag2.com/re_abroad.html 


●リコール情報を一覧で確認
  ⇒ http://car.mag2.com/recall.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日本最大級!月極駐車場検索サイト『パ王』
────────────────────────────────────
ご希望に合わせて、駐車場を検索できるサイト『パ王』。検索エリア拡大中!
     ─────────────────────────
       【あなたの駐車場を思い出してください】
       □ 夜間、駐車場内が暗く治安が悪い気がする
       □ 現に落書きなどの被害が発生している
       □ 舗装されていない
       □ 賃料が高い
       □ 自宅から遠い
     ─────────────────────────
      ひとつでもチェックがついたら『パ王』に相談!!
      → 空きがすぐにみつかる。
      → 屋内・屋外もおもいのまま!
      → ネットだから24時間受付中!

   ◆日本最大の月極駐車場検索サイト『パ王』 http://p-king.jp/ 


──────────────m───m─────────────────
     ≪こちらもいかが (●^∇^●)/ まぐまぐ公式情報メール≫
────────────────────────────────────
まぐまぐ!には、テーマ別に様々な、まぐまぐ公式情報メールがあります。英
語や懸賞、競馬など気になるメルマガがありましたら、ぜひご登録ください。

   ◎マネーのまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/money.html 
   ◎英語のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/english.html 
   ◎育児のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/ikuji.html 
   ◎教育のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/education.html 
   ◎競馬のまぐまぐ! http://www.mag2.com/wmag/keiba.html 
   ◎懸まぐ!スピードくじメール http://present.mag2.com/mag/ 
   ◎ウィークリー女子まぐ! http://woman.mag2.com/mag/ 
   ◎キャリまぐ!     http://www.mag2.com/wmag/career.html 
   ◎まぐギャザ!新入荷情報 http://www.mag2.com/m/0000148030.html 
   ◎うらないまぐ     http://uranai.mag2.com/ 


┏━━━━ ▽ウィまぐスピードくじ☆毎週10万円が当たります▽ ━━━━┓

 毎週火曜日の午後5時から、翌週火曜日午後4時まで開催しているウィまぐ
 スピードくじ。今週も厳正な抽選により当選者は既に決まっています!当選
 者がスピードくじに参加しなかった場合、今週分の10万円は翌週に持ちこし!
 キャリーオーバーで最高1000万円!只今、ポイントの数だけ当選確率が上が
 る「スピードくじ確変ポイント」プレゼント中!ポイントをためて当選確率
 を上げよう!『ウィークリーまぐまぐ』登録中のメールアドレスで挑戦♪

       【通常版】 http://lucky.mag2.com/wmagspeedkuji/tsujo 
       【仕事中】 http://lucky.mag2.com/wmagspeedkuji/oshigoto 

┗━ △挑戦すればするほど当選確率が上がる!チャレンジしなきゃ損!△ ━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■スタッフ今日の物置代わり
ベッドにとりあえず揃えて置くんですけど、寝る前にぜんぶ床に落とすんです。
                                                                (みお)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【車のまぐまぐ!増刊号】2007/12/27号
 まぐまぐ公式情報メールとして『まぐまぐ!』内『クルマ・バイク/クルマ、
 ドライブ・ツーリング』カテゴリのメールマガジンを登録中の方、ご自身で
 配信を希望された方にお送りしています。
  配信中止はこちらから↓
  http://www.mag2.com/wmag/car.html 
 ご意見&ご感想はこちらから↓
  http://www.mag2.com/goiken/?mn=car&d=20071227

まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。
発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
広告取扱:株式会社まぐクリック http://www.magclick.com/ 
     広告掲載をご検討の方は、まぐクリックまでお問い合わせください
配送技術:株式会社ネットアイアールディー http://www.netird.ad.jp/ 

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です (第A821652(01)号)
【車のまぐまぐ!は、転載, 複写, 起きたら自分も 大歓迎です。】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




車のまぐまぐ!(毎週火曜日発行)
規約に同意して 登録 解除

このページのトップへ